イーサリアム(ETH)は売り圧力に屈するのか?クジラの資金移動も

第二四半期が弱気市場のまま幕を下ろそうとする今、イーサリアム(ETH)の価格はかろうじて1,000ドル(約14万円)台のギリギリを維持している状況です。イーサリアムはラウンドトップのパターンで、1,045ドルのサポートラインにまで下落し、現在それを割り込んで弱気トレンドの到来が確定的になっています。

高まる売り圧力によるイーサリアム価格下落の可能性

イントゥ・ザ・ブロック(IntoTheBlock)のデータによると、1,108.27ドル~1,141.70ドルの価格帯で買われた706万ETHが価格の下落により損失を被っています。

このまま価格が1,000ドルのラインを割り込むと、再び投げ売り状態に陥る可能性が高くなります。その売り圧力が頂点に達すると、およそ468,000のアドレスが売りに走ってしまい、価格は700ドル以下にまで落ち込む可能性があります。

市場不安を引き起こすクジラの資金移動

もう1つの懸念材料としては、現在休眠中のクジラが今後活動を始め、50万ETH=5億4,500万ドル(約740億円)が市場にあふれる可能性が挙げられます。

暗号資産(仮想通貨)アナリストのコリン・ウー(Colin Wu)のツイッターによると、最近になって5つ以上のクジラと見られるアドレスが、51万5,000ETHを移動したとのことです。この巨額のイーサリアムは、当初ビットフィネックス(Bitfinex)に預けられていたものです。

この移動した資産をすぐにクジラが売りに出すとは限りませんが、大きな市場FUDを生み出す可能性は十分にあります。こうしたケースではサポートラインを割り込む力が加わり、900ドル台にまで価格が下がる可能性もあります。弱気市場がこのまま続けば、6月に記録した883ドル(約11万9,900円)を割り込むかもしれません。

第二四半期は、イーサリアムの価格がさらに10~12%下落するリスクを抱えたまま、完全な弱気市場で終わることになりました。ビットコイン(BTC)価格が20,000ドルを割って、さらに19,000ドルも維持できなくなると、イーサリアムもそれに続くことが予想されます。

参考
Nearly 7 million ETH are Underwater, Will the Ethereum Price Sustain the Selling Pressure?

【こんな記事も読まれています】
ビットコイン(BTC)価格の下落で苦悩するマイニング企業
「ビットコイン」の検索数がグーグルで急上昇
メタバース市場規模は2030年までに約214兆円に成長、年平均成長率は約50%

おすすめの記事
【墨汁速報】ロシア中央銀行 ビットコインなどの仮想通貨取引を規制下の証券取引所で許可する提案を示す
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】ロシア中央銀行 ビットコインなどの仮想通貨取引を規制下の証券取引所で許可する提案を示す
ロシア中央銀行はロシアの規制下にある証券取引所がビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨(暗号資産)などのデジタルトークンを売買できる用にする提案を行っている。業界識者は投資家に対して規制下での仮想通貨取引を行う選択肢を与えたい狙いだとしているとロシアの全国紙であるコメルサントが報道した。