【墨汁速報】OP給付金は最大500万円超え イーサリアムL2"オプティミズム"OP発行開始

イーサリアム上に展開する新たなイーサリアム互換のL2ネットワーク「オプティミズム(Optimism)」は、4月27日に事前発表していたDAOのガバナンストークン「OPトークン」を6月1日に公式にローンチした。

OPトークンをエアドロップされているユーザーはオプティミズムネットワーク上で発行(Claim)ができるようになっており、最大で1OPが9ドル前後を記録した。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアムL2"Optimism"ついにガバナンストークン「OP」のエアドロを発表

オプティミズム「OPトークン」正式に発行開始へ

オプティミズム(Optimism)とはイーサリアムとブロックチェーン外のハイブリッド方式となるロールアップ(Rollup)という技術を採用したレイヤー2(以下L2とする)ネットワーク。オプティミズムはイーサリアムのセキュリティをそのまま使用することができ、手数料が安くてより高速なネットワークとなっており、DeFiやNFTを利用することができるという特徴を持つ。

オプティミズムは公式アナウンスはしていないものの、5月29日にOPを発行(Claim)するためのコントラクトがデプロイされ1日に日付が変わる前後に発行が密かに開始された。もともとのOPエアドロップ給付金の対象を確認するページからはできず、チェックページ(https://app.optimism.io/airdrop/check)からできるようになっている。

OPトークンを発行(Claim)するやり方

OPトークンを発行するには通常の発行手続きと異なり、オプティミズムのQ&Aに答える必要がある。まず発行ページ(https://app.optimism.io/airdrop/check)にアクセスし上記ツイートと同じ「Start claim process」をクリック。

すると画面右側にQ&Aが表示されるので、答えをD→C→Dと順番に回答して一番したの赤いボタンで3回回答する。

さらにOPトークンのエアドロップ規約(Constituion)に同意する必要があり画面右側の「Review the constitution」の下の「I have read and understood the constitution」にチェックを入れて、「Continue」をクリックしよう。

その後OPトークンの委託(Delegate)を勧められるため、エアドロップ第二弾の条件となる可能性があることから筆者は委託署名をすることを推奨する。

「Choose a delegate who shares your values」というページが出てくるので、興味があるものをDeFiなどを選択し、「View delegates」という赤いボタンをクリック。すると委託先の候補が出てくるので、対象を選択(ここではL2BEATのKris Kaczor氏を選択)してDelegateをクリックすることでOPトークンの発行を開始することができる。

OPトークンの発行コントラクトアドレス

ここで注意したいのはOPトークンを発行するだけなら1度で済むという点だ。署名先のコントラクトは

OP発行:0xFeDFAF1A10335448b7FA0268F56D2B44DBD357de

OP委託:0x4200000000000000000000000000000000000042

となっている。

OPトークンのエアドロップは最大518万円

オプティミズムは一人が複数のアカウントを使ってエアドロップ給付金を得る”シビルアタック”を入念に検閲しており、エアドロップの対象から外れたユーザーが有していたOPトークンを対象者全員に付与しなおしたことで、約7%増加している。

もしオプティミズムを常時利用していたユーザーであればOPトークンは一時14ドルをつけたことから、約4万ドル日本円にして”518万円”を最大で得ることができたことになる。またオプティミズムを使用していなくてもアービトラムなどのL2やイーサリアムと互換性のある他のチェーンにブリッジしている場合でも約400OPが対象となっており、最高値で売却できていれば5600ドル約70万円を得ることができたということになるだろう。

L2のエアドロップはアービトラム(Arbitrum)がまだ行っていないため、より利用者の多いアービトラムの方に期待ができるだろう。

【こんな記事も読まれています】
イーサリアムの「高額L2エアドロップ」を得るには?給付金の獲得戦略
仮想通貨はまだ儲かる?投資した人70%が利益を出している事実と方法の特徴
イーサリアム2.0のステーキングのやり方手順を解説!32ETHをステーキングすべき?

▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
PUBGのクラフトンがソラナとブロックチェーンゲームに関する長期的な協力契約を締結
ブロックチェーンゲーム
PUBGのクラフトンがソラナとブロックチェーンゲームに関する長期的な協力契約を締結
世界的な人気を誇るバトルゲーム「PUBG」を開発したKRAFTONが、「ソラナラボ(Solana Labs)」と事業契約の締結を発表しました。ブロックチェーンベースのゲームおよびサービスの設計とマーケティングをサポートするとされています。発表の内容を紹介します。
【墨汁速報】イーサリアム2.0初の大型アップデート”アルタイル(Altair)”の実装が無事成功
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアム2.0初の大型アップデート”アルタイル(Altair)”の実装が無事成功
イーサリアム2.0のBeacon ChainメインネットがEpoch74240を迎え、初となる大型アップデート「アルタイル」ハードフォークが実装された。テストネットでは8月に既にテスト実装されており、メインネットでの実装予定が10月27日前後となっていた。詳細を解説します。