イーサリアム(ETH)

イーサリアムとは?

仮想通貨と聞けば誰しもがまずビットコインを思い浮かべるでしょう。その次に?と聞くとすれば時価総額が2位でほぼ全ての取引所が上場している「イーサリアム」と誰もが思い浮かべます。では、イーサリアムとはそもそも何なのでしょうか?「スマートコントラクトがすごい?」や「ビットコインの覇権を奪い主軸通貨になる?」、「Dappsのプラットフォーム?」どれも漠然としており不明瞭です。

イーサリアムはワールドコンピュータ

イーサリアムとは、ネットワーク内の通貨Etherを使用することで誰もがそのネットワークの計算力を使用することができ、改ざんが事実上不可能であるブロックチェーンの特性を利用したP2Pネットワーク上に存在する「ワールドコンピュータ」を目指しており、現在もβ版として開発中です。

イーサリアムといえばスマートコントラクトなのか?

これには正しくもあり間違えであるとも言えます。スマートコントラクトの歴史は古く、暗号学者のNick Szabo氏により1994年により提唱。イーサリアムをはじめとするブロックチェーンの特性を活かした分散型プロトコルに多く実装されています。
ビットコインも同様でブロックチェーン上に展開できるスマートコントラクトとしてマルチシグアカウントや、ペイメントチャンネル、ライトニングネットワークに使用されているTimelockなどがあります。また2014年にはリップルラボのCodiusなども同様にスマートコントラクトを実装しようと試みていました(2015年に中止)。この様にスマートコントラクトはイーサリアム特有のものではないということがわかります。

イーサリアムはスマートコントラクトに適している

チューリング不完全なスクリプト言語により簡易なスマートコントラクトを使用できるビットコインに対し、イーサリアムはチューリング完全であるためより自由度の高く複雑なプログラミングが可能であり、スマートコントラクトを実行するのに適していると言えるでしょう。ビットコインではサイドチェーンプロジェクト(例:RSK)により、より自由度の高いスマートコントラクトを今後使用することができる様になりますが、あくまでイーサリアムライクなものとなります。

またビットコインの単位に発明者の名前であるSatoshiが使用される様に、Szabo氏の功績を称えイーサリアムにもSzaboという単位で使用されています。

1Ether = 1,000,000,000,000,000,000wei
1Szabo = 1,000,000,000,000wei

ワールドコンピュータの構築

ではイーサリアムはワールドコンピュータをどのように構築するのでしょうか?まずは普段使用しているコンピュータを思い浮かべると複雑な処理を行うCPUや並列演算処理の得意なGPU、WordやExcelなどの文章作成などに最適なソフトウェア、写真や動画、文章を保存するHDDやSDDといったもので構成されています。簡単にイーサリアムで例えると

・CPU・GPU = ネットワーク全体の計算力とEVM
・Word・Excel = Dapps(非中央集権アプリ)
・HDD・SSD = SwarmやIFPSなどの分散ストレージ

と例えることができるでしょう。つまり「Dappsのプラットフォーム」という抽象的な表現ではなく、イーサリアムとイーサリアムブロックチェーン上に展開されるDappsやサイドチェーンのPlasma、Grid+、オフチェーンのライデンネットワークなどを含めたエコシステム全体でネットワーク上の仮想のコンピュータである“ワールドコンピュータ”を構築します。

スケーラビリティはビットコインよりもシビア

スケーラビリティとは増える需要に対して対応できる能力を表します。ビットコインはブロック伝達問題によりセキュリティを確保するため1MBというブロックサイズを継続しています。限られたブロックサイズによりスケーラビリティ問題に直面しており秒間のトランザクション(以下TPSとする)は5~7TPSとなっており、ライトニングネットワークなどのオフチェーン解決方法を模索しています。

対してイーサリアムはスマートコントラクトを素早く実行するため約15秒というブロック生成時間を簡易GHOSTプロトコルにより可能にしており、ビットコインの約3倍となる15TPSと言われています。 大型アップデートのセレニティで完成したワールドコンピュータとして今後更にイーサリアムエコシステムが拡大していくことを考慮すると15TPSでは話にならないでしょう。

イーサリアムはPoSのCasper移行による安定したセキュリティとサイドチェーン、オフチェーンプロジェクトを駆使して最終的にVISAの約5倍となる10,000TPSを目指しており、ワールドコンピュータとしてのスケーラビリティは必須条件となっています。安全な決済手段やデジタルゴールドとしてのビットコインとは違い、スケーラビリティ問題によりシビアなのはコンセプト上イーサリアムとなることがわかります。
(解説:墨汁うまい|Twitter:@bokujyuumai

イーサリアム(ETH) 相場チャート


イーサリアム リアルタイムレートへ
通貨単位:ETH
公開日:2015年7月
上限:なし
システム:PoW/PoS

イーサリアム(ETH)の記事一覧
イーサリアム(ETH)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

下落するイーサリアム、ICOプロジェクトがETHを売っている噂は本当か?

下落するイーサリアム、ICOプロジェクトがETHを売っている噂は本当か?

引き続き下落トレンドが続きそうなイーサリアム(ETH)が、実はICOのプロジェクトが保有ETHを売却しているのでは?という噂がある。この噂(指摘)は本当なのか?市場での推測をデータから読み取り解説、今後の価格に関して考察を行った。
イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーン、ハリケーンの被災者補償で活躍

イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーン、ハリケーンの被災者補償で活躍

近年アメリカを襲う巨大ハリケーン。その甚大な被害に解決策の一つして、保険会社によるイーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンの応用が注目されている。災害時の膨大な補償申請の対応を効率化し、コスト削減にもつながるという。
イーサリアムのコンスタンティノープルでの問題点と進行状況

イーサリアムのコンスタンティノープルでの問題点と進行状況

イーサリアムの大幅アップデートが現在進行中である。本稿ではコンスタンティノープルハードフォークについて、完成版となるセレニティまでどんなことがされていくのか、そしてマイナーと開発者目線での今後とタイムラインについてを詳しく解説。
イーサリアム(ETH)価格が最安値を更新、ファンダメンタル&テクニカルチャート分析

イーサリアム(ETH)価格が最安値を更新、下落トレンドはいつまで続くのか

イーサリアム(ETH)の価格が2018年4月の最安値を更新した。仮想通貨の下落トレンドが続いているが、これはいつまで続くのだろうか?気になるビットコインETF、ファンダメンタル、そしてテクニカルチャート分析から考察を行った。
イーサリアム(Ethereum)が『com』と同様のトップレベルドメインネームを提供へ

イーサリアム(Ethereum)が『com』と同様のトップレベルドメインネームを...

イーサリアムのEthereum Name Service(ENS)が、comなどのドメインを所有するMMXと提携し、自身のアドレスにトップレベルのドメインネームをつけることができるようなサービスを開発中。2018年10月末にはローンチ予定。
イーサリアムが次のハードフォークで大幅アップデート、Constantinopleのコード実装とは?

イーサリアムが次のハードフォークで大幅アップデート、Constantinople...

イーサリアム(Ethereum)が、次のハードフォークへ向けて大幅アップデートの準備をしている。現在のMetropolisアップグレードの第2弾となるConstantinople(コンスタンティノープル)のコード実装をスタートさせたという。
中国がビットコイン、イーサリアムマイナー排除を開始。長期的な影響と利点とは

中国がビットコイン、イーサリアムマイナー排除を開始。長期的な影響と利点とは

中国には大きな演算力を持つマイナーが多くいます。先日、中国国内でビットコインやイーサリアムなどのマイナーを排除するという新たな動きがあると報じられました。この動きがイーサリアムやビットコインへ与える大きな影響について解説します。
イーサリアム(ETH)のマイニング報酬引き下げ提案は価格に大きく影響するのか?

イーサリアム(ETH)のマイニング報酬引き下げ提案は価格に大きく影響するのか?

イーサリアム(ETH)のマイニング報酬に関する墨汁うまい氏のコラム。マイニング報酬引き下げ提案であるEIPがイーサリアム(ETH)価格に与える影響について解説&考察を行った。マイナーの収益性を上げるとどうなるのか?についても深掘りしている。
イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンが毎秒100万トランザクションの第2フェーズへ

イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンが毎秒100万トランザクションの...

先日開催されたRISEカンファレンスにてイーサリアムの共同開発者ジョセフ・ルービン氏が「イーサリアムは第2フェーズに入る。毎秒100万トランザクションを目指す」旨の内容を語った。第2フェーズは2018年中に実装予定だという。
Google共同創設者、自身がイーサリアム(ETH)マイナーであることをブロックチェーンサミットで明らかに

Google共同創設者、イーサリアム(ETH)マイナーであることをブロックチェー...

Google共同創設者でAlphabet Inc.代表のセルゲイ・ブリン氏がモロッコで開催のブロックチェーンサミットで「10歳の息子とETHのマイニングをしている」と発言。Googleは仮想通貨関連広告を禁止する方針なだけに発言が注目されている。
EOS(イオス)が30万ETH売却によるイーサリアム価格の下落

EOS(イオス)が30万ETH売却によるイーサリアム価格の下落

墨汁うまい氏によるイーサリアム(ETH)、仮想通貨全体の相場分析コラムです。イーサリアムの下落はEOSが30万分のETHを売ったことによる影響と考えられます。マイニング収益やドミナンス、テクニカルチャート分析で考察を行っています。
イーサリアムDappsの急激な成長と開発、ERC-1155が変えるゲーム

イーサリアムDappsの急激な成長と開発、ERC-1155が変えるゲーム

イーサリアム(Ethereum)は仮想通貨以外にも様々な分野で利用されており、仮想通貨の中で最も大きなエコシステムを構築している途中です。その中でも特に今年注目とされている「Dapps」について墨汁うまい氏がわかりやすく解説しています。
電話番号だけでETH(暗号通貨)を送れるアプリが登場、このサービスはどのようにユーザー体験を変えるのか

電話番号だけでETH(暗号通貨)を送れるアプリが登場、このサービスはどのようにユ...

相手の仮想通貨アドレスがわからなくても、電話番号だけわかっていればイーサリアム(仮想通貨)が送付可能なアプリが登場した。どういった仕組みのserviceなのか、またこのサービスが今後どのようにユーザー体験を変えるのかを考察。
イーサリアム(Ethereum)上のアプリケーションはほとんど使用されていないという指摘、数字とともに解説

イーサリアム(Ethereum)上のアプリケーションはほとんど使用されていないと...

海外でイーサリアム上のアプリケーションはほとんど使用されていないと話題になっています。Dapp Readerを利用してアプリケーションのトランザクション数を追い、使用されているトップ5位を確認。数字を見た上での解説・考察を行いました。
「ETHは証券ではない」とのSEC発表でイーサリアム先物上場が近づく:CBOE社長

「ETHは証券ではない」とのSEC発表でイーサリアム先物上場が近づく:CBOE社...

イーサリアム(ETH)は証券ではないという米SECの発表後、CBOE社長がイーサリアムが先物として上場する為の障害が取り除かれたと歓喜した。一方でイーサリアム先物上場をすると相場が下がるのではという懸念もある。それは一体なぜなのか?
米SECによるイーサリアム(ETH)は証券ではないという見解と、その影響について

米SECによるイーサリアム(ETH)は証券ではないという見解と、その影響について...

先日、米SECの高官が「ETHは証券ではない」という見解を発表し話題となりました。イーサリアムにとっては良いニュースで相場も上昇しています。本稿では証券ではないことによる今後の影響やイーサリアムに対する見解を解説します。

ビットコイン(BTC)の本当の下落要因とは?仮想通貨とイーサリアム(ETH)相場...

イーサリアムは安定していたものの再び下落、執筆時点ではフィアット建てで5万円台に。本稿ではETHに影響を与えたビットコイン(BTC)の下落要因やETH価格の相場分析をお届け。ファンダメンタルズやテクニカル、マイニング収益性から考察を行った。
イーサリアムは「最も優れたブロックチェーン・プラットフォーム」とGolemのCEOがコメント

イーサリアムは「最も優れたブロックチェーン・プラットフォーム」とGolemのCE...

Golem(ゴーレム)のCEOがTNW Answersのセッションの中で「イーサリアムは最も有望なブロックチェーンでありプラットフォームだ」と回答して話題となっている。この発言のきっかけやGolemとイーサリアムの関係についても紹介する。
イーサリアム(ETH)価格ファンダメンタルズ分析、仮想通貨全体の行く末を考察

イーサリアム(ETH)価格ファンダメンタルズ分析、仮想通貨全体の行く末を考察

墨汁うまい氏によるイーサリアム(ETH)ファンダメンタルズ分析。時価総額やハッシュレートなどを参考に、いつもとはちょっと違った視点からの分析・考察を行っています。仮想通貨の未来は明るい?…今後の仮想通貨の行く末についてもコメント。
1億5000万円相当のイーサリアム(ETH)が盗まれた! 取引アプリTaylor社がハッキング被害

1億5000万円相当のイーサリアム(ETH)が盗まれた! 取引アプリTaylor...

仮想通貨アプリTaylorが1億5000万円相当のイーサリアム(ETH)を盗まれるハッキング被害に遭った。手元に残ったのはわずか270万円ほどだという。Taylor運営はこれから被害ユーザーへどのように補償を行っていくのだろうか。
イーサリアムが与えるマイニング業界への影響【マイニングの今後】

イーサリアム(Ethereum)が与えるマイニング業界への影響【マイニングの今後...

マイニングの今後について墨汁うまい氏の考察コラムです。イーサリアムがもたらすマイニング業界への影響についてを深掘り、マイニング報酬を減らすと、価格やPow、その他仮想通貨への影響はあるのでしょうか?わかりすく解説していただきました。
イーサリアム(Ethereum)が与えるマイニング業界への影響【基礎知識編】

イーサリアム(Ethereum)が与えるマイニング業界への影響【基礎知識編】

イーサリアムはロードマップで発表されているようにPoSへ移行する予定である。これによりCasper移行前のPoWとのかけ合わせによりマイナー報酬は減る方向へ。本稿ではイーサリアムがマイニング業界へもたらす影響にまつわる基礎知識についての解説。
イーサリアムテクニカル分析、ETHは下降トレンドへ突入

イーサリアムテクニカル分析、ETHは下降トレンドへ突入

2018年5月後半、イーサリアム(ETH)はビットコイン(BTC)の下落に引っ張られず耐えていたものの、ついに下落トレンドへ突入、時価総額全体も下落しています。今回はファンダメンタルとテクニカル両方の視点で墨汁うまい氏が分析を行いました。
イーサリアム(ETH)価格の安定と2018年の動向予測

イーサリアム(ETH)価格の安定と2018年の動向予測

イーサリアム(ETH)は8万円を回復し順調に推移。本稿ではファンダメンタルズやマイニング収益、トランザクション数の推移などから価格との関係性を考察・分析し、そこからわかる2018年のETH価格動向を長期的な目線で予測しています。
イーサリアムのシャーディング(分裂)が間近?トランザクション規模拡大実現へ

イーサリアムのシャーディング(分裂)が間近?トランザクション規模拡大実現へ

イーサリアム(ETH)開発者のヴィタリック・ブテリン氏は5月1日にTwitterでイーサリアムのシャーディング(分裂)時期がもうじきであることを発表。本稿ではシャーディング(分裂)とは何なのか?実装後はどんなことが期待されているのかを解説。
イーサリアム(ETH)は証券かどうかの決着迫る?本日(5/7)が山場となるか

イーサリアム(ETH)は証券かどうかの決着迫る?本日(5/7)が山場となるか

米国の規制当局は2018年5月6からの週(恐らく7日)に、イーサリアム(ETH)が証券かどうかを含む仮想通貨関連の議論を行うとされている。ETHが証券となった場合はどういったことが予想されるのだろうか?その他最新の状況を解説します。
くりぷ豚(とん)

仮想通貨イーサリアムで取引可能:Dapps活用のブロックチェーンゲーム「くりぷ豚...

株式会社セレスと株式会社グッドラックスリーが共同開発をした、イーサリアムブロックチェーン技術を活用したスマホ向けのゲーム「くりぷ豚(とん)」が今春(2018年)にもリリースするとのこと。メディア向け発表会へ参加したので、その内容を紹介。
イーサリアム(ETH)とリップル(XRP)を証券と見なす動きが強まる、発行両者は猛反発

イーサリアム(ETH)とリップル(XRP)を証券と見なす動きが強まる、発行両者は...

米国の元CFTC委員長が講演で「イーサリアムとリップルは証券と見れる根拠がある」という旨の発表をした。これを受けETHとXRPの発行関係者は反発の声明を出している。ETHは免除の可能性も出てきているがXRPは極めて難しい立場にあるとのこと。
NASAから33万ドルの助成金:イーサリアムブロックチェーン技術を活用した宇宙船開発へ

NASAから33万ドルの助成金:イーサリアムブロックチェーン技術を活用した宇宙船...

イーサリアム(Ethereum)の技術が宇宙船の開発に活用するプロジェクトが進められている。成功すれば宇宙船の宇宙ゴミ回避問題に役立つとされている。この研究のためにNASAから33万ドル(約3500万円)の資金提供があったこともわかった。
ethereumasic-and-rate-relation

イーサリアムASICとETH価格の関係性を考察する

Bitmainはイーサリアム専用のASICを発売しているが、イーサリアムASICの影響と価格に関係性はあるのか?また今後イーサリアムがどうなっていくか(ハードフォークするのか)等、イーサリアムの未来について様々なデータから考察を行いました。
イーサリアム(ETH)は上昇トレンド復活?考えられる多くの要因

イーサリアム(ETH)は上昇トレンド復活?考えられる多くの要因とは

イーサリアム(ETH)がしばらく振りとなる上昇トレンドを形成している。1週間前のファンダメンタルズ分析でも上昇の兆しが見えていたが予測通りの動きをみせている。今回はテクニカル分析などから上昇トレンド復活の要因などの考察を行っています。
イーサリアム(ETH)に上昇の兆しか?ファンダメンタル分析

イーサリアム(ETH)に上昇の兆しか?!ファンダメンタル分析

イーサリアム(ETH)のマイニング収益は未だ史上最低収益を推移していますが、価格はこれから上昇するのでしょうか?今回はファンダメンタルズを中心にマイニング収益に焦点を当てて分析を行っています。
イーサリアムのエイプリルフールジョークが現実に?ETH発行枚数の制限の影響とは

イーサリアムのエイプリルフールジョークが現実に?ETH発行枚数の制限の影響とは

Vitalik氏が先日のエイプリルフール(4月1日)に提案したETH最大発行枚数の制限に関するジョークは、結果的にメタジョークだとわかり実際に議論されることに。今回はETH最大発行枚数の制限について初心者向けにわかりやすく解説しています。
イーサリアム相場分析:テクニカルとファンダメンタルから見る価格変動

イーサリアム相場分析:テクニカルとファンダメンタルから見る価格変動

墨汁うまい氏いよるテクニカル(中期、長期、対フィアット)とファンダメンタル(ビットコインドミナンス、時価総額)で見るイーサリアムのチャート分析です。果たして現在の価格が最低価格なのか?考察および今後の相場見通しを解説していただきました。
マイニングの特性からイーサリアム(ETH)価格の底を予測する

マイニングの特性からイーサリアム(ETH)価格の底を予測する

マイニングを必要とする仮想通貨特有の視点から、イーサリアム(ETH)の価格の底を予測および分析を墨汁うまい氏が解説。気になる今後のイーサリアム動きとは?また、買い時はいつになるのか?戦略を立てる際の参考にどうぞ。
イーサリアム(ETH)の抱えるスケーラビリティ問題とは?

イーサリアム(ETH)の抱えるスケーラビリティ問題とは?

イーサリアム(ETH)はビットコインとは違う未来を目指しています。それはどういった未来なのでしょうか?また、ブロックチェーンでよく出てくる「スケーラビリティ」の意味やイメージの難しいスケーリング問題についてを墨汁氏がわかりやすく解説。
5分でわかる!イーサリアム(Ethereum)について最低限知っておくべきこととは?

5分でわかる!イーサリアム(Ethereum)について最低限知っておくべきことと...

イーサリアム(Ethereum)の概要、仕組み、エコシステムについて5分でわかるように簡潔にまとめました。最低限ここまでは知っておくくと良いという内容を五月雨まくら氏が凝縮してお届け。勉強する時間がない方の為のコラムとなっています。
イーサリアム(ETH)の「Solidity」ってどんな言語?ノンプログラマー向けに解説

イーサリアム(ETH)の「Solidity」ってどんな言語?ノンプログラマー向け...

イーサリアム(Ethereum/ETH)のスマートコントラクトを記述するときに主に使用されている言語「Solidity」について、五月雨まくら氏がわかりやすくノンプログラマー向けに解説をされています。ぜひご覧ください。
イーサリアム(ETH)がテクニカル的に妙味!?ビットコイン(BTC)週末戦略

イーサリアム(ETH)がテクニカル的に妙味!?ビットコイン(BTC)週末戦略

ひろぴー氏によるビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)相場分析コラムです!3/2~3/5までの週末戦略となります。次のターゲットはいくらなのか?値動きがあった場合どのような対応をしたほうが良いのか?ひろぴー氏の戦略を参考にしてみましょう。
イーサリアム(ETH) 下落トレンドブレイク

イーサリアム(ETH) 下落トレンドをブレイク~相場チャート・テクニカル分析~

イーサリアム、ビットコインのドミナンスの関係性からのテクニカル分析を行っていきます。200日線、RSIを軸にしてイーサリアム/円、イーサリアム/ドルを見ます。インド取引所のZebpay(ゼブペイ)にイーサリアムが上場したのを機会に反発となっています。
イーサリアム(ETH)相場分析

イーサリアム(ETH)相場分析:今後の動きをチャートから考察

墨汁うまい氏によるイーサリアム(ETH)の相場分析。をテクニカルとファンダメンタルで分析。ビットコイン(BTC)のドミナンスと時価総額を踏まえた考察やチャートによる価格変動を解説。今後のイーサリアムはどういった動きになるのか要チェックです。
イーサリアムが今後高騰し下落し辛い理由

イーサリアム(ETH)12万超え:価格が安定する理由と下落しづらい理由

ビットコインは100万円を今にも割れそうですが、イーサリアム(ETH)の価格はその影響を受けず、今後も高騰していくと予想。そしてイーサリアム(ETH)急騰後は下落しづらいと墨汁うまい氏は解説しています。その理由とは?
空港でもビットコイン(BTC)が使える?ブリスベン空港の試み

空港でもビットコイン(BTC)が使える?ブリスベン空港の試み

オーストラリアのブリスベン空港のターミナル内にて、仮想通貨の支払いができるようになるプロジェクトが進められています。TravelbyBit(トラベルバイビット)と協業しターミナル内のあらゆるショップで使えるようになると注目されています。
ビルドコインって知ってる?ブラジル・サンパウロでインフラ建設プロジェクトが計画中

サンパウロ市 ICOでインフラ建設計画中:イーサリアムと交換可能トークン

ブラジルのサンパウロ市でICOを使ったインフラ建設プロジェクトが計画中だそうです。ビルドコインというトークンを発行してICOによるプロジェクトということで、ブラジルでも仮想通貨への関心が高まってきたといえるでしょう。詳細は記事をご覧下さい。
Vitalikが提唱したDAICOの概要と考察・問題点

Vitalikが提唱したDAICOの概要と考察・問題点

ブロックチェーンの事業家で革新家のVitalik Buterin氏が提唱した新しいICOのコンセプト「DAICO」の概要、考察、そして問題点について平野氏に解説いただきました。
イーサリアムの今後を時価総額とドミナンスから考察する

イーサリアムの今後を時価総額とドミナンスから考察する

イーサリアム(Ethereum)の今後について、墨汁うまい氏にファンダメンタルズ分析をしていただきました。イーサリアム(Ethereum)を保有またはこれから購入しようと思っている方にぜひ読んでいただきたい記事です。

イーサリアムの相場テクニカル分析

前回のイーサリアムのテクニカル分析記事で記述した様にETH価格は0.052BTCをブレイクした後、9月以来の0.08BTCまで回復。更にはフィアット建てで16万円を記録し、1年前のビットコイン価格を上回りました。

イーサリアムもハードフォーク?Casper移行のインセンティブを解説

イーサリアムはご存知の通りまだまだ開発中なので、ハードフォークを伴うアップグレードをする必要があります。今回注目が集まるのは「キャスパー」と名づけられたシステムへの移行ですが、懸念点やインセンティブについて考えてみましょう。
仮想通貨単位

知ってる?ビットコイン、イーサリアム、リップル、モナコイン、ライトコインの通貨単...

仮想通貨の価格が上がると表記の仕方、呼び方が複雑になっていきます。そこでビットコイン、イーサリアム、リップル、モナコイン、ライトコインの通貨単位に関しての記事です。近い未来にこちらの表記が変わってくるかもしれません。
イーサリアム相場分析:テクニカルとファンダメンタル

イーサリアム相場分析:テクニカルとファンダメンタル

あっという間に2017年も終わりを迎えようとしています。今年イーサリアム価格は9月に44,000円という最高価格を更新、その後一旦下げた期間はあったものの、現在は9万円前後を推移しています。

イーサリアムとは?

仮想通貨と聞けば誰しもがまずビットコインを思い浮かべるでしょう。その次に?と聞くとすれば時価総額が2位でほぼ全ての取引所が上場している「イーサリアム」と誰もが思い浮かべます。では、イーサリアムとはそもそも何なのでしょうか?「スマートコントラクトがすごい?」や「ビットコインの覇権を奪い主軸通貨になる?」、「Dappsのプラットフォーム?」どれも漠然としており不明瞭です。

イーサリアムはワールドコンピュータ

イーサリアムとは、ネットワーク内の通貨Etherを使用することで誰もがそのネットワークの計算力を使用することができ、改ざんが事実上不可能であるブロックチェーンの特性を利用したP2Pネットワーク上に存在する「ワールドコンピュータ」を目指しており、現在もβ版として開発中です。

イーサリアムといえばスマートコントラクトなのか?

これには正しくもあり間違えであるとも言えます。スマートコントラクトの歴史は古く、暗号学者のNick Szabo氏により1994年により提唱。イーサリアムをはじめとするブロックチェーンの特性を活かした分散型プロトコルに多く実装されています。
ビットコインも同様でブロックチェーン上に展開できるスマートコントラクトとしてマルチシグアカウントや、ペイメントチャンネル、ライトニングネットワークに使用されているTimelockなどがあります。また2014年にはリップルラボのCodiusなども同様にスマートコントラクトを実装しようと試みていました(2015年に中止)。この様にスマートコントラクトはイーサリアム特有のものではないということがわかります。

イーサリアムはスマートコントラクトに適している

チューリング不完全なスクリプト言語により簡易なスマートコントラクトを使用できるビットコインに対し、イーサリアムはチューリング完全であるためより自由度の高く複雑なプログラミングが可能であり、スマートコントラクトを実行するのに適していると言えるでしょう。ビットコインではサイドチェーンプロジェクト(例:RSK)により、より自由度の高いスマートコントラクトを今後使用することができる様になりますが、あくまでイーサリアムライクなものとなります。

またビットコインの単位に発明者の名前であるSatoshiが使用される様に、Szabo氏の功績を称えイーサリアムにもSzaboという単位で使用されています。

1Ether = 1,000,000,000,000,000,000wei
1Szabo = 1,000,000,000,000wei

ワールドコンピュータの構築

ではイーサリアムはワールドコンピュータをどのように構築するのでしょうか?まずは普段使用しているコンピュータを思い浮かべると複雑な処理を行うCPUや並列演算処理の得意なGPU、WordやExcelなどの文章作成などに最適なソフトウェア、写真や動画、文章を保存するHDDやSDDといったもので構成されています。簡単にイーサリアムで例えると

・CPU・GPU = ネットワーク全体の計算力とEVM
・Word・Excel = Dapps(非中央集権アプリ)
・HDD・SSD = SwarmやIFPSなどの分散ストレージ

と例えることができるでしょう。つまり「Dappsのプラットフォーム」という抽象的な表現ではなく、イーサリアムとイーサリアムブロックチェーン上に展開されるDappsやサイドチェーンのPlasma、Grid+、オフチェーンのライデンネットワークなどを含めたエコシステム全体でネットワーク上の仮想のコンピュータである“ワールドコンピュータ”を構築します。

スケーラビリティはビットコインよりもシビア

スケーラビリティとは増える需要に対して対応できる能力を表します。ビットコインはブロック伝達問題によりセキュリティを確保するため1MBというブロックサイズを継続しています。限られたブロックサイズによりスケーラビリティ問題に直面しており秒間のトランザクション(以下TPSとする)は5~7TPSとなっており、ライトニングネットワークなどのオフチェーン解決方法を模索しています。

対してイーサリアムはスマートコントラクトを素早く実行するため約15秒というブロック生成時間を簡易GHOSTプロトコルにより可能にしており、ビットコインの約3倍となる15TPSと言われています。 大型アップデートのセレニティで完成したワールドコンピュータとして今後更にイーサリアムエコシステムが拡大していくことを考慮すると15TPSでは話にならないでしょう。

イーサリアムはPoSのCasper移行による安定したセキュリティとサイドチェーン、オフチェーンプロジェクトを駆使して最終的にVISAの約5倍となる10,000TPSを目指しており、ワールドコンピュータとしてのスケーラビリティは必須条件となっています。安全な決済手段やデジタルゴールドとしてのビットコインとは違い、スケーラビリティ問題によりシビアなのはコンセプト上イーサリアムとなることがわかります。
(解説:墨汁うまい|Twitter:@bokujyuumai

イーサリアム(ETH) 相場チャート


イーサリアム リアルタイムレートへ
通貨単位:ETH
公開日:2015年7月
上限:なし
システム:PoW/PoS

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@





@coinchoice