• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ポートフォリオ
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • 仮想通貨取引所比較
  • PR
  • イベントまとめ

イーサリアム(ETH)

イーサリアムとは?

仮想通貨と聞けば誰しもがまずビットコインを思い浮かべるでしょう。その次に?と聞くとすれば時価総額が2位でほぼ全ての取引所が上場している「イーサリアム」と誰もが思い浮かべます。では、イーサリアムとはそもそも何なのでしょうか?「スマートコントラクトがすごい?」や「ビットコインの覇権を奪い主軸通貨になる?」、「Dappsのプラットフォーム?」どれも漠然としており不明瞭です。

イーサリアムはワールドコンピュータ

イーサリアムとは、ネットワーク内の通貨Etherを使用することで誰もがそのネットワークの計算力を使用することができ、改ざんが事実上不可能であるブロックチェーンの特性を利用したP2Pネットワーク上に存在する「ワールドコンピュータ」を目指しており、現在もβ版として開発中です。

イーサリアムといえばスマートコントラクトなのか?

これには正しくもあり間違えであるとも言えます。スマートコントラクトの歴史は古く、暗号学者のNick Szabo氏により1994年により提唱。イーサリアムをはじめとするブロックチェーンの特性を活かした分散型プロトコルに多く実装されています。
ビットコインも同様でブロックチェーン上に展開できるスマートコントラクトとしてマルチシグアカウントや、ペイメントチャンネル、ライトニングネットワークに使用されているTimelockなどがあります。また2014年にはリップルラボのCodiusなども同様にスマートコントラクトを実装しようと試みていました(2015年に中止)。この様にスマートコントラクトはイーサリアム特有のものではないということがわかります。

イーサリアムはスマートコントラクトに適している

チューリング不完全なスクリプト言語により簡易なスマートコントラクトを使用できるビットコインに対し、イーサリアムはチューリング完全であるためより自由度の高く複雑なプログラミングが可能であり、スマートコントラクトを実行するのに適していると言えるでしょう。ビットコインではサイドチェーンプロジェクト(例:RSK)により、より自由度の高いスマートコントラクトを今後使用することができる様になりますが、あくまでイーサリアムライクなものとなります。

またビットコインの単位に発明者の名前であるSatoshiが使用される様に、Szabo氏の功績を称えイーサリアムにもSzaboという単位で使用されています。

1Ether = 1,000,000,000,000,000,000wei
1Szabo = 1,000,000,000,000wei

ワールドコンピュータの構築

ではイーサリアムはワールドコンピュータをどのように構築するのでしょうか?まずは普段使用しているコンピュータを思い浮かべると複雑な処理を行うCPUや並列演算処理の得意なGPU、WordやExcelなどの文章作成などに最適なソフトウェア、写真や動画、文章を保存するHDDやSDDといったもので構成されています。簡単にイーサリアムで例えると

・CPU・GPU = ネットワーク全体の計算力とEVM
・Word・Excel = Dapps(非中央集権アプリ)
・HDD・SSD = SwarmやIFPSなどの分散ストレージ

と例えることができるでしょう。つまり「Dappsのプラットフォーム」という抽象的な表現ではなく、イーサリアムとイーサリアムブロックチェーン上に展開されるDappsやサイドチェーンのPlasma、Grid+、オフチェーンのライデンネットワークなどを含めたエコシステム全体でネットワーク上の仮想のコンピュータである“ワールドコンピュータ”を構築します。

スケーラビリティはビットコインよりもシビア

スケーラビリティとは増える需要に対して対応できる能力を表します。ビットコインはブロック伝達問題によりセキュリティを確保するため1MBというブロックサイズを継続しています。限られたブロックサイズによりスケーラビリティ問題に直面しており秒間のトランザクション(以下TPSとする)は5~7TPSとなっており、ライトニングネットワークなどのオフチェーン解決方法を模索しています。

対してイーサリアムはスマートコントラクトを素早く実行するため約15秒というブロック生成時間を簡易GHOSTプロトコルにより可能にしており、ビットコインの約3倍となる15TPSと言われています。 大型アップデートのセレニティで完成したワールドコンピュータとして今後更にイーサリアムエコシステムが拡大していくことを考慮すると15TPSでは話にならないでしょう。

イーサリアムはPoSのCasper移行による安定したセキュリティとサイドチェーン、オフチェーンプロジェクトを駆使して最終的にVISAの約5倍となる10,000TPSを目指しており、ワールドコンピュータとしてのスケーラビリティは必須条件となっています。安全な決済手段やデジタルゴールドとしてのビットコインとは違い、スケーラビリティ問題によりシビアなのはコンセプト上イーサリアムとなることがわかります。
(解説:墨汁うまい|Twitter:@bokujyuumai

イーサリアム(ETH) 相場チャート


イーサリアム リアルタイムレートへ
通貨単位:ETH
公開日:2015年7月
上限:なし
システム:PoW/PoS

イーサリアム(ETH)の記事一覧
イーサリアム(ETH)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

【墨汁速報】テスト結果は?イーサリアム2.0 Zinkenテストネットが無事ロー...

イーサリアムファンデーションは10月12日、Zinken ETH2テストネットをローンチ。Spadinaに続いてイーサリアム2.0の正式稼働開始を確実にするため、"ジェネシスローンチ"のテストを行った。

【墨汁速報】グレースケール 仮想通貨ファンドの”イーサリアムトラスト...

米仮想通貨ファンドグレースケールの「イーサリアムトラスト」がビットコイントラストに続きSECの報告会社に登録された。同社は2020年8月、SEC報告会社として登録するためのForm10をSECに提出していた。

【墨汁速報】イーサリアム上のドル”USDT” テザー社に...

仮想通貨取引所ビットフィネックス(Bitfinex)の運営企業テザー(Tether)社が発行するステーブルコイン「USDT」に関して、送受信が行われないように凍結するブラックリストへのアドレス追加件数が100件を超えた。

【墨汁速報】ジョン・マカフィースペインで逮捕 仮想通貨ICOの広告で24.4億円...

セキュリティソフト「マカフィー」の創設者であるジョン・マカフィー(John McAfee)が仮想通貨の資金調達「ICO」の広告をTwitterで行い約24.4億円を受取ったとし、証券違反として告訴された。

【墨汁速報】イーサリアム2.0 “Zinken”で再度ロ...

イーサリアム2.0リサーチャーによると、29日に行われたETH2のローンチテスト専用のテストネットSpadinaでの結果からZinkenという新たなテストネットで再度ジェネシスからテストを行うと発表。

【墨汁速報】イーサリアム2.0開始テストの結果は?Spadinaテストネット開始...

イーサリアム2.0のローンチテストを行うSpadinaテストネットが無事ローンチした。SpadinaではETHユーザー用のUIである”ローンチパッド”が使用でき、イーサリアム発明者のVitalik氏らが見守る中、各種チェックが行われた。

【墨汁速報】イーサリアムの使用過去最高を記録!DeFiの白熱で2年前のバブルを超...

イーサリアムのトランザクションは、2018年1月4日にETH価格が最高値となる約15万円をつけた時に過去最高となっていたが、2020年9月18日に仮想通貨バブル以来の最高値を更新し、過去最高(ATH)となる140万件を1日に記録した。
イーサリアムDeFiで1日で億り人? Uniswapの$UNI配布で何が起きたのか

イーサリアムDeFiで1日で億り人? Uniswapの$UNI配布で何が起きたの...

イーサリアムのDeFiは前回のコラムからさらに白熱しており、その影響でイーサリアム手数料は高騰しています。本稿ではUniswapの$UNI祭りで大幅なイーサリアム手数料高騰となった今回の件について解説を行います。

【墨汁速報】イーサリアム5年半越しの「ETH2 a.k.a セレニティ」の実装の...

イーサリアムファンデーションは5年半越しのイーサリアム完成版となる「イーサリアム2.0(セレニティ)」の実装提案として、EIP-2982が提案。このイーサリアム実装改善提案では、”セレニティ”を実際にローンチするためにEIPとして正式に提案された。

【墨汁速報】イーサリアム2.0 ローンチテストを行うSpadinaを発表

イーサリアムファンデーションによると、現在イーサリアム2.0(ETH2)のテストを行なっているMedallaとは別に、イーサリアム2.0をローンチする前段階のステーキングと、開始をテストするSpadinaをローンチするという。
イーサリアム上で利用されるビットコイン(BTC)が急増、発行形態とシェアを解説

イーサリアム上で利用されるビットコイン(BTC)が急増、発行形態とシェアを解説

イーサリアム(Ethereum)上でビットコイン(BTC)を使用するケースが急速に増加しています。代表的な3つの手法を説明しながら、8月時点でのイーサリアム上のビットコインに関するデータと考察を紹介します。

【墨汁速報】80カ国以上の現地通貨対応 米Circleイーサリアム上のドルで国際...

イーサリアム上でドルを発行する米Circleは、同社のUSDCを使用した国際送金による決済で、80ヵ国を超える現地通貨に対応。フリーランスに対する報酬やエンドユーザーへの支払いをウォレットAPIから自動化する事が可能となった。

【墨汁速報】ゴールド(金)に金利が付く時代到来 BlockFiがPAX Gold...

レンディングプラットフォームのBlockFiは、イーサリアム上でトークナイズされたゴールド(金)であるPAXGとUSDTの取扱いを開始。USDTは最近のテザー社の裁判を考慮してか、米国在住者以外への提供となる。
年利100%超えは詐欺?今イーサリアム上のDeFiで何が起こっているのか

年利100%超えは詐欺?今イーサリアム上のDeFiで何が起こっているのか

今イーサリアム(Ethereum)上の分散型金融(DeFi)が白熱しています。一体なにが起こっているのでしょうか。ステーブルコインやレンディングなどこれまでの歴史とともに2020年のDeFiについて解説していきます。
PoS移行後のETHは債券のような性質を持つアセットに?利子を持つ暗号資産

PoS移行後のETHは債券のような性質を持つアセットに?利子を持つ暗号資産

DeFi(分散型金融)などの情報を配信しているバンクレス(Bankless)が、ETHはPoSの移行後は債券のような性質を持つアセットになるとの見解を発表しました。今回は、債券の性質を持ったETHについて考えていきます。

【墨汁速報】イーサリアムETFの準備か?米グレースケール イーサリアムトラストの...

イーサリアムトラスト($ETHE)を運用するグレースケールは、8月6日付けで米国証券取引委員会の報告会社への登録となるForm 10を申請したと発表。同ファンドは2019年11月にビットコイントラストの申請を済ませており、SECの報告会社となっていた。

【墨汁速報】ETH価格への影響は?イーサリアム2.0Medalla最終テストネッ...

イーサリアム2.0のローンチ前の最終テストネット”Medalla”が遂に開始した。最初の0番目ブロックであるジェネシスブロックが日本時間8月4日22時に無事生成、正式ローンチに向けてカウントダウンが開始された。
EIP1559とは?イーサリアムの手数料モデルの抜本的変更の提案と価格への影響

EIP1559とは?イーサリアムの手数料モデルの抜本的変更の提案と価格への影響

イーサリアム(Ethereum)のトランザクション手数料モデルを抜本的に変更する提案が議論されています。EIP1559と呼ばれるこの提案の新しい手数料モデルの仕組み、そして課題などを紹介していきます。

【墨汁速報】イーサリアム2年ぶりに4万円を超え年始から4倍 32ETHステーキン...

イーサリアム価格は2年ぶりに41,500円を回復。2020年のコロナショックで最安値となる9,700円記録したが、このETH価格の上昇により年始から4倍に高騰したことになる。7月末には"イーサリアム"の検索数が世界中で上昇していた。

【墨汁速報】”イーサリアム”の検索数が中国と米国で急上昇...

イーサリアムは5周年を迎え36,500円に高騰、その結果Google上でのイーサリアム検索数は過去3年で比較して最高値を記録している。Googleによると、「イーサリアム」の世界中での検索結果がこの2年で最高値に上昇している。

【墨汁速報】イーサリアム誕生から5年 2020年はETH2でどうなる?

イーサリアム(Ethereum)は日本時間7月31日、ローンチから5周年を迎えた。イーサリアム5周年では、コロナショックによる暴落で3分の1まで下落したものの、5周年を迎えた31日には34,000円台を推移している。

【墨汁速報】イーサリアム2.0 11月5日開始か?最終テストネットでステーキング...

イーサリアム2.0の新規テストネットをが8月4日にローンチされる予定だ。正式ローンチには最低2〜3ヶ月の安定運用が前提であるため、2020年11月5日のローンチの可能性が高まっている。

【墨汁速報】イーサリアム2.0開始条件の3/4が開始 ETH2アタックネットをロ...

イーサリアム2.0のローンチ条件の一つ、ETH2アタックネット(Attacknet)がイーサリアムファンデーション(Ethereum Foundation)によりローンチ。2020年内のローンチに向けて着々と最終段階へと進んでいる。

【墨汁速報】イーサリアム2.0 Prysm 監査で“オールA”を獲得 ローンチ準...

イーサリアム2.0の主力クライアントであるPrysmは、セキュリティ監査を行うQuantstampの監査を受け、”オールA”の評価を受けた。PrysmはPrysmatic Labsにより開発されており、イーサリアム公式マルチクライアントテストネットの”Altona” に参加している。

【墨汁速報】イーサリアム2.0のローンチ 2021年提案に対しVtalik氏「2...

イーサリアム2.0リサーチャーによると、ETH2.0 フェイズ0のローンチは2021年1月3日のビットコイン12周年を予定したいという。対してイーサリアム開発者のVitalik Burterin氏は2020年内の11月ローンチを推している。

【墨汁速報】イーサリアム上のドル”USDC” 初のブラックリストで凍結実行

イーサリアム(Ethereum)上のドルである”USDC”のブラックリスト機能を使用し、発行者のセンター(CENTRE)が10万ドルに相当するUSDCを凍結。このブラックリスト機能が実行されたのは初のできごと。

イーサリアムの価格はいつ上がる?DeFiの成長速度と合わない理由

コンパウンド(Compound)などDeFi関連トークンが脅威的な値上がりやデリバティブ取り扱い開始といった事例が重なり、人気の投資先となった反面、イーサリアム(ETH)自体にはあまり影響が出ておらず、そこにはとある理由がありました。
イーサリアム2.0ローンチ目前、報酬を得る4つのステーキング方法を解説!

イーサリアム2.0ローンチ目前、報酬を得る4つのステーキング方法を解説!

ブロックチェーンの歴史を変えるイーサリアム2.0が開発方針の決定から2年をかけローンチ直前まで迫ってきています。そこで今回は、イーサリアム2.0による変更点であるステーキングの方法について解説していきます。

【墨汁速報】イーサリアム2.0のカウントダウン開始! Altonaテストネットが...

イーサリアム(Ethereum)はイーサリアム2.0の公式マルチクライアントテストネット"Altona"を6月29日にローンチした。ETH2のメインネットローンチ前の最終段階へとなり、問題なく運用できれば正式ローンチとなる。
実用化のフェーズに入ったイーサリアムのレイヤー2、ユーザー向けサービスも多く登場

実用化のフェーズに入ったイーサリアムのレイヤー2、ユーザー向けサービスも多く登場...

イーサリアム(Ethereum)をはじめとしたパブリックブロックチェーンは取引処理能力に限界があることは広く知られています。2020年に入り、実用化のフェーズになったレイヤー2のアプリケーションについて紹介します。

【墨汁速報】イーサリアム2.0 公式”Altona”テス...

イーサリアム2.0の最新情報がイーサリアムファンデーションによって公開された。ETH2 Quick Update No.12によると、デポジットコントラクトのセキュリティ強化や公式のマルチクライアントテストネット”Altona v0.12”について言及している。 デポジットコントラクトのセキュリティ改善 イーサリアム2.0のデポジットコントラクトは

【墨汁速報】イーサリアム2.0 2020年11月ローンチを予定と見積もり 最新ロ...

イーサリアム2.0マルチテストネットのデベロッパーによると、全てがうまく行けばイーサリアム2.0フェイズ0のローンチは2020年11月になると見られるという。イーサリアム2.0は6月現在、v0.12.1を公開しており、最終実装候補となっている。

【墨汁速報】仮想通貨上場などの補助ツール“ロゼッタ”をコインベースが公開

米コインベースは17日、ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンの統合支援ツール”ロゼッタ(Rosetta)を公開。仮想通貨(暗号資産)取引所はコインベースのロゼッタを活用する事で仮想通貨の新規上場のための統合開発の手間を省けるという。

【墨汁速報】イーサリアム2.0 14日にオニキステストネットが新たにローンチ

イーサリアム2.0の新テストネット、オニキス(Onyx)テストネットが6月14日にジェネシスブロックを生成し、ローンチした。このオニキステストネットは、6月3日に公開されたイーサリアム2.0の最終仕様となるVer.0.12を実装して
イーサリアム(ETH)の価格が、2020年に上昇の期待ができる3つの要素

イーサリアム(ETH)の価格が、2020年に上昇の期待ができる3つの要素

2020年4月ごろから強気相場に入ってきたイーサリアム(ETH)。年始との価格を比較すると約2倍になっており、今年のパフォーマンスはビットコイン(BTC)を上回っています。そこで2020年にイーサリアムの上昇が期待できる3つの要素を紹介します。

eスポーツの賞金も仮想通貨で?コンセンシスがイーサリアム利用のプラットフォームを...

イーサリアム開発のスタートアップであるコンセンシス(ConsenSys)がeスポーツ関連のNPO組織である北米大学リーグ(NACL)と提携し、イーサリアムベースのeスポーツ用プラットフォームの開発・提供を発表しました。

【墨汁速報】イーサリアム”ベルリン”のテスト環境がローンチ!その利点とは?

イーサリアムの大型アップデート”ベルリン(Berlin)”では、今までにない新たなテストスタイルである一時的に使用する”YOLO”仮テストネットのVer.1が遂にローンチ。ベルリンで実装するEIPをテストを他のユーザーを気にせず大胆に行えること
イーサリアム2.0の開発はどこまで進んでるのか?ローンチはいつ?

イーサリアム2.0の開発はどこまで進んでるのか?ローンチはいつ?

ブロックチェーン技術を大幅に変える数多くの実装を含むイーサリアム2.0。投資家を始めとする多くの人が期待を寄せるものの、その開発状況を把握するのは難しいです。そこで イーサリアム2.0の開発状況について整理します。

【墨汁速報】イーサリアム”ベルリンアップデート”の実装予...

イーサリアムの次期大型アップデートベルリン(Berlin)について、コアデベロッパー会議で実装予定日やEIPなどが議論された。ベルリンの実装日はテストネットで6月目標とされていたが、一時期的に使用するYOLOテストネットが提案されている。

【墨汁速報】イーサリアム ライデンネットワークβ版ローンチで大幅改善

イーサリアムのオフチェーンプロジェクト“ライデンネットワーク”は、Alderaanリリースをイーサリアムメインネットへローンチ。ライデンネットワークのAlderaanリリースは、イーサリアムのメインネット初のフルバージョンとなる。

【墨汁速報】イーサリアム2.0最終仕様候補が公開 テストネットで得られたデータを...

イーサリアム2.0のフェイズ0の最終仕様候補となる「イーサリアム2.0 Ver 0.12 Quarantine Haircut 」が5月21日に公開された。重大なセキュリティ問題が発見されない限りほぼ同等の仕様でメインネットローンチの予定。
イーサリアム(ETH)のアップグレード「ETH 2.0」への期待感膨らむ

イーサリアム(ETH)のアップグレード「ETH 2.0」への期待感膨らむ

ここ数ヶ月のイーサリアム(Ethereum)は着実な伸びを見せています。最近の1日あたりの取引量は2020年初めと比べ約2倍に迫る88万件へと急増しています。高まるETH 2.0へのアップグレードの期待について紹介します。

【墨汁速報】JPモルガンチェース ビットコイン取引所をクライアントとして初めて承...

米最大手銀行JPモルガンチェースは、ウィンクルボス兄弟のビットコイン取引所GeminiとCoinbaseをクライアントとして承認したと報道。JPモルガンチェースが仮想通貨産業においてクライアントとして承認したのは初だという。

【墨汁速報】現物決済イーサリアム先物をErisXがローンチ米CFTC規制下で初

ErisXはイーサリアム先物をCFTC(米商品先物取引委員会)の規制下で2020年5月11日ローンチ。ErisXは、Bakktと同様に現物決済されるビットコイン先物を提供しており、CFTC規制下でのイーサリアム先物は世界で初となる。
イーサリアム2.0 2020年5月最新情報 32ETHステーキングでバリデータ検証をしてみた

イーサリアム2.0 2020年5月最新情報 32ETHステーキングでバリデータ検...

イーサリアム2.0フェイズ0のローンチ準備は日に日に進んでおり、2020年ローンチの可能性が高まっています。今回、墨汁うまいさんにイーサリアム2.0の最新動向とトパーズテストネットでの実際のバリデータテストについて解説していただきました。

【墨汁速報】dYdX イーサリアム初となるDEX上のビットコインデリバティブ(B...

イーサリアムレバレッジDEX(非中央集権仮想通貨取引所)を提供するdYdXプロトコルは、ビットコインパーペチュアル(デリバティブ)をイーサリアム上でαローンチ。イーサリアム上のレバレッジDEXでは初となるビットコインデリバティブとなる。

【墨汁速報】イーサリアム ETH2メインネット環境実装の”トパーズテ...

イーサリアム2.0の開発を行うPrysmatic Labsは、初となるETH2のプロダクションレディバージョンとなるv0.11.1の実装を行ったトパーズ(Topaz)テストネットを発表した。詳細を紹介する。

【墨汁速報】イーサリアム2.0(ETH2)最終段階となる最大約108万円のバグバ...

イーサリアムファンデーションはETH2フェイズ0の監査終了に伴い、ETH2フェイズ0のBeacon Chainのバグバウンティプログラムを発表。2020年内のローンチを目前としており、リリース前の最後のバグテストとなる。
イーサリアム2.0(ETH2)の2020年ローンチ目前のカウントダウンへ 現在の進捗は?

イーサリアム2.0(ETH2)の2020年ローンチ目前のカウントダウンへ 現在の...

2020年内にローンチを予定しているイーサリアム2.0、通称ETH2の初期段階であるフェイズ0のローンチ。リーストオーソリティ(Least Authority)社によるETH2の2回目の監査が終了。ローンチ目前に迫った進捗状況を解説します。
イーサリアム2.0は年7月30日か?最大の課題はPoS移行とシャーディング

イーサリアム2.0は年7月30日か?最大の課題はPoS移行とシャーディング

2020年に大きなターニングポイントを迎えるイーサリアム。ETH2のローンチが7月30日になるとの見方が強まる中、改めてETH2の特徴やソリューションの1つであるシャーディング(sharding)について紹介する。

イーサリアムとは?

仮想通貨と聞けば誰しもがまずビットコインを思い浮かべるでしょう。その次に?と聞くとすれば時価総額が2位でほぼ全ての取引所が上場している「イーサリアム」と誰もが思い浮かべます。では、イーサリアムとはそもそも何なのでしょうか?「スマートコントラクトがすごい?」や「ビットコインの覇権を奪い主軸通貨になる?」、「Dappsのプラットフォーム?」どれも漠然としており不明瞭です。

イーサリアムはワールドコンピュータ

イーサリアムとは、ネットワーク内の通貨Etherを使用することで誰もがそのネットワークの計算力を使用することができ、改ざんが事実上不可能であるブロックチェーンの特性を利用したP2Pネットワーク上に存在する「ワールドコンピュータ」を目指しており、現在もβ版として開発中です。

イーサリアムといえばスマートコントラクトなのか?

これには正しくもあり間違えであるとも言えます。スマートコントラクトの歴史は古く、暗号学者のNick Szabo氏により1994年により提唱。イーサリアムをはじめとするブロックチェーンの特性を活かした分散型プロトコルに多く実装されています。
ビットコインも同様でブロックチェーン上に展開できるスマートコントラクトとしてマルチシグアカウントや、ペイメントチャンネル、ライトニングネットワークに使用されているTimelockなどがあります。また2014年にはリップルラボのCodiusなども同様にスマートコントラクトを実装しようと試みていました(2015年に中止)。この様にスマートコントラクトはイーサリアム特有のものではないということがわかります。

イーサリアムはスマートコントラクトに適している

チューリング不完全なスクリプト言語により簡易なスマートコントラクトを使用できるビットコインに対し、イーサリアムはチューリング完全であるためより自由度の高く複雑なプログラミングが可能であり、スマートコントラクトを実行するのに適していると言えるでしょう。ビットコインではサイドチェーンプロジェクト(例:RSK)により、より自由度の高いスマートコントラクトを今後使用することができる様になりますが、あくまでイーサリアムライクなものとなります。

またビットコインの単位に発明者の名前であるSatoshiが使用される様に、Szabo氏の功績を称えイーサリアムにもSzaboという単位で使用されています。

1Ether = 1,000,000,000,000,000,000wei
1Szabo = 1,000,000,000,000wei

ワールドコンピュータの構築

ではイーサリアムはワールドコンピュータをどのように構築するのでしょうか?まずは普段使用しているコンピュータを思い浮かべると複雑な処理を行うCPUや並列演算処理の得意なGPU、WordやExcelなどの文章作成などに最適なソフトウェア、写真や動画、文章を保存するHDDやSDDといったもので構成されています。簡単にイーサリアムで例えると

・CPU・GPU = ネットワーク全体の計算力とEVM
・Word・Excel = Dapps(非中央集権アプリ)
・HDD・SSD = SwarmやIFPSなどの分散ストレージ

と例えることができるでしょう。つまり「Dappsのプラットフォーム」という抽象的な表現ではなく、イーサリアムとイーサリアムブロックチェーン上に展開されるDappsやサイドチェーンのPlasma、Grid+、オフチェーンのライデンネットワークなどを含めたエコシステム全体でネットワーク上の仮想のコンピュータである“ワールドコンピュータ”を構築します。

スケーラビリティはビットコインよりもシビア

スケーラビリティとは増える需要に対して対応できる能力を表します。ビットコインはブロック伝達問題によりセキュリティを確保するため1MBというブロックサイズを継続しています。限られたブロックサイズによりスケーラビリティ問題に直面しており秒間のトランザクション(以下TPSとする)は5~7TPSとなっており、ライトニングネットワークなどのオフチェーン解決方法を模索しています。

対してイーサリアムはスマートコントラクトを素早く実行するため約15秒というブロック生成時間を簡易GHOSTプロトコルにより可能にしており、ビットコインの約3倍となる15TPSと言われています。 大型アップデートのセレニティで完成したワールドコンピュータとして今後更にイーサリアムエコシステムが拡大していくことを考慮すると15TPSでは話にならないでしょう。

イーサリアムはPoSのCasper移行による安定したセキュリティとサイドチェーン、オフチェーンプロジェクトを駆使して最終的にVISAの約5倍となる10,000TPSを目指しており、ワールドコンピュータとしてのスケーラビリティは必須条件となっています。安全な決済手段やデジタルゴールドとしてのビットコインとは違い、スケーラビリティ問題によりシビアなのはコンセプト上イーサリアムとなることがわかります。
(解説:墨汁うまい|Twitter:@bokujyuumai

イーサリアム(ETH) 相場チャート


イーサリアム リアルタイムレートへ
通貨単位:ETH
公開日:2015年7月
上限:なし
システム:PoW/PoS

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram