• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

イーサリアム(ETH)

イーサリアムとは?

仮想通貨と聞けば誰しもがまずビットコインを思い浮かべるでしょう。その次に?と聞くとすれば時価総額が2位でほぼ全ての取引所が上場している「イーサリアム」と誰もが思い浮かべます。では、イーサリアムとはそもそも何なのでしょうか?「スマートコントラクトがすごい?」や「ビットコインの覇権を奪い主軸通貨になる?」、「Dappsのプラットフォーム?」どれも漠然としており不明瞭です。

イーサリアムはワールドコンピュータ

イーサリアムとは、ネットワーク内の通貨Etherを使用することで誰もがそのネットワークの計算力を使用することができ、改ざんが事実上不可能であるブロックチェーンの特性を利用したP2Pネットワーク上に存在する「ワールドコンピュータ」を目指しており、現在もβ版として開発中です。

イーサリアムといえばスマートコントラクトなのか?

これには正しくもあり間違えであるとも言えます。スマートコントラクトの歴史は古く、暗号学者のNick Szabo氏により1994年により提唱。イーサリアムをはじめとするブロックチェーンの特性を活かした分散型プロトコルに多く実装されています。
ビットコインも同様でブロックチェーン上に展開できるスマートコントラクトとしてマルチシグアカウントや、ペイメントチャンネル、ライトニングネットワークに使用されているTimelockなどがあります。また2014年にはリップルラボのCodiusなども同様にスマートコントラクトを実装しようと試みていました(2015年に中止)。この様にスマートコントラクトはイーサリアム特有のものではないということがわかります。

イーサリアムはスマートコントラクトに適している

チューリング不完全なスクリプト言語により簡易なスマートコントラクトを使用できるビットコインに対し、イーサリアムはチューリング完全であるためより自由度の高く複雑なプログラミングが可能であり、スマートコントラクトを実行するのに適していると言えるでしょう。ビットコインではサイドチェーンプロジェクト(例:RSK)により、より自由度の高いスマートコントラクトを今後使用することができる様になりますが、あくまでイーサリアムライクなものとなります。

またビットコインの単位に発明者の名前であるSatoshiが使用される様に、Szabo氏の功績を称えイーサリアムにもSzaboという単位で使用されています。

1Ether = 1,000,000,000,000,000,000wei
1Szabo = 1,000,000,000,000wei

ワールドコンピュータの構築

ではイーサリアムはワールドコンピュータをどのように構築するのでしょうか?まずは普段使用しているコンピュータを思い浮かべると複雑な処理を行うCPUや並列演算処理の得意なGPU、WordやExcelなどの文章作成などに最適なソフトウェア、写真や動画、文章を保存するHDDやSDDといったもので構成されています。簡単にイーサリアムで例えると

・CPU・GPU = ネットワーク全体の計算力とEVM
・Word・Excel = Dapps(非中央集権アプリ)
・HDD・SSD = SwarmやIFPSなどの分散ストレージ

と例えることができるでしょう。つまり「Dappsのプラットフォーム」という抽象的な表現ではなく、イーサリアムとイーサリアムブロックチェーン上に展開されるDappsやサイドチェーンのPlasma、Grid+、オフチェーンのライデンネットワークなどを含めたエコシステム全体でネットワーク上の仮想のコンピュータである“ワールドコンピュータ”を構築します。

スケーラビリティはビットコインよりもシビア

スケーラビリティとは増える需要に対して対応できる能力を表します。ビットコインはブロック伝達問題によりセキュリティを確保するため1MBというブロックサイズを継続しています。限られたブロックサイズによりスケーラビリティ問題に直面しており秒間のトランザクション(以下TPSとする)は5~7TPSとなっており、ライトニングネットワークなどのオフチェーン解決方法を模索しています。

対してイーサリアムはスマートコントラクトを素早く実行するため約15秒というブロック生成時間を簡易GHOSTプロトコルにより可能にしており、ビットコインの約3倍となる15TPSと言われています。 大型アップデートのセレニティで完成したワールドコンピュータとして今後更にイーサリアムエコシステムが拡大していくことを考慮すると15TPSでは話にならないでしょう。

イーサリアムはPoSのCasper移行による安定したセキュリティとサイドチェーン、オフチェーンプロジェクトを駆使して最終的にVISAの約5倍となる10,000TPSを目指しており、ワールドコンピュータとしてのスケーラビリティは必須条件となっています。安全な決済手段やデジタルゴールドとしてのビットコインとは違い、スケーラビリティ問題によりシビアなのはコンセプト上イーサリアムとなることがわかります。
(解説:墨汁うまい|Twitter:@bokujyuumai

イーサリアム(ETH) 相場チャート


イーサリアム リアルタイムレートへ
通貨単位:ETH
公開日:2015年7月
上限:なし
システム:PoW/PoS

イーサリアム(ETH)の記事一覧
イーサリアム(ETH)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

イーサリアムコミュニティで話題のProgrammable Money(お金がプログラム可能になる)とは?

イーサリアムコミュニティで話題のProgrammable Money(お金がプロ...

イーサリアム(Ethereum)コミュニティでよく聞かれるProgrammable Money(プログラム可能なお金)という言葉について解説していきます。その面白さとともに、アプリケーションのPool Togetherを紹介。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】サムスン(Samsung) イーサリアムをサポートとしたDApps ...

韓国最大手の電子製品メーカー サムスン(Samsung)は、イーサリアムなどに代表されるブロックチェーン上のアプリケーション”DApps”を開発するSDKのβ版(ソフトウェア開発キット)を公開。詳細を紹介します。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】イーサリアム2.0(セレニティ)今後のタイムラインと方針を提案

イーサリアム2.0(セレニティ)の大まかなタイムラインと方針が、イーサリアムファンデーションのリサーチャーであるJustin Drake氏によって提案。イーサリアム2.0のフェイズ0となる2020年のBeacon Chainローンチをはじめ、2021年にかけてのETH発行数の調整などが提案されている。イーサリアム2.0今後の実装予定の提案Drake氏によると、タイムラインは
イーサリアム(ETH)全供給量の1%以上がEdgewareにロックアップ、EDGトークンを手に入れる方法とは?

イーサリアム(ETH)全供給量の1%以上がEdgewareにロックアップ、EDG...

イーサリアム(Ethereum)のネットワークでコントラクトアドレスにロックアップされているETHが供給量の3%に到達。その中でも最近になって急激に伸びているエッジウェア(Edgeware)のロックドロップについて紹介します。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】仮想通貨取引所bitFlyer 1年ぶりの新規顧客受付け開始を予定

ビットコインなどの売買を提供するbitFlyerは2019年7月2日日、新規アカウントの受付けを再開する予定を発表。2018年6月22日に金融庁より受けた業務改善命令により、自主的に新規アカウント開設を停止してから約1年が経過していた。
イーサリアム2.0(セレニティ)の開発、そして今後どのように変わるのか?

イーサリアム2.0(セレニティ)の開発と今後どのように変わるのか?

フェイズ0のローンチが2020年1月を予定しているイーサリアム2.0(セレニティ)の開発と今後、そしてイーサリアム1.xとイーサリアム2.0の関係について、墨汁うまいさんにできるだけ分かりやすく解説していただきました。
イーサリアム(Ethereum)ベースの分散型動画プラットフォームが約8億円の資金調達

イーサリアム(Ethereum)ベースの分散型動画プラットフォームが約8億円の資...

イーサリアム(Ethereum)ベースの分散型ライブストリーミングプラットフォームのライブピア(Livepeer)が800万ドル(約8億6,000万円)の資金調達したことを発表した。プロトコルやネットワークの構築に利用されるという。

イーサリアム(ETH)のマイニング報酬による市場価値への影響と今後の方針とは

イーサリアム(ETH)はマイニングによる新規発行に、制限がない仮想通貨です。新規発行により、市場への影響は多少あるものの、それはひとつの方針に基づいています。PoSへアルゴリズムを変更予定ですが、今後どのようになっていくのでしょうか。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】イーサリアム2.0 2020年1月3日のローンチを予定

6月13日に行われたイーサリアム2.0の実装会議で、イーサリアム2.0の初期段階の実装となるフェイズ0のローンチを来年2020年の1月3日として提案され、約半年後をターゲットに実装を行う予定であることが明らかになった。
イーサリアム(Ethereum)のイスタンブール(Istanbul)アップデート内容が決定

イーサリアム(Ethereum)のイスタンブール(Istanbul)アップデート...

2019年3月に大型アップデートを迎えたイーサリアム(Ethereum)が同年10月にも更なるアップデートを予定しています。イスタンブール(Istanbul)と呼ばれるアップデートですが、その更新内容がほぼ決定したため、ご紹介します。
イーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンをベースとした証券取引所がバーレーンで開設

イーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンをベースとした証券取引所がバー...

イーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンをベースとしたスプリンクルエックスチェンジ(SprinkleXchange)という証券取引所が開設される予定です。同取引所の特徴とブロックチェーンならではの懸念点について紹介します。
イーサリアム(Ethereum)のDAppsユーザーの実態が明らかに!Metamaskが統計データを発表

イーサリアム(Ethereum)のDAppsユーザーの実態が明らかに!Metam...

イーサリアムの最も主要なウォレットの一つであるメタマスク(Metamask)がこのほど、ユーザーの同意を得てウォレットの利用ケースを調査した統計データを発表。トランザクションや分散型アプリケーション(DApps)の利用状況を紹介。

スマートコントラクトで定期課金ができるイーサリアム(Ethereum)ウォレット...

仮想通貨での定期課金が可能になる流れが来ています。今回登場したウォレットは、支払いをブロック生成数から判断して自動処理をするというものになっています。これからのウォレットには標準的に搭載されていく機能になるのではないでしょうか。
スマートコントラクトとは?契約の流れやメリット、今後の課題を解説!

スマートコントラクトとは?契約の流れやメリット、今後の課題を解説!

イーサリアム(Ethereum)などで利用できる「スマートコントラクト」とはいったい何なのか?その仕組みやメリット、実際にスマートコントラクトが使われている例について解説し、今後の課題も紹介します。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】英 EY(Ernst&Young)イーサリアム上での匿名送金...

世界4大会計事務所として知られるErnst & Youngがこのほどイーサリアム上でZcashのzk-SNARKsを使用したプライベートトランザクションを可能とするプロトコル「Nightfall」を公開。同プロトコルについて紹介する。
元イーサリアム共同創業者兼CTOのギャビン・ウッドが考えるガバナンスの問題点とは?

元イーサリアム共同創業者兼CTOのギャビン・ウッドが考えるガバナンスの問題点とは...

元イーサリアム(Ethereum)の共同創業者兼最高技術責任者(CTO)のギャビン・ウッド(Gavin Wood)氏は、オンチェーンガバナナンスを支持しており、同氏の考える現在のイーサリアムのガバナンス設計に対する主張を紹介。
競合パブリックブロックチェーンと比較したときのイーサリアム(Ethereum)コミュニティの強さとは?

競合パブリックブロックチェーンと比較したときのイーサリアム(Ethereum)コ...

スマートコントラクトを実行できるブロチェーンにおいて最も主要だと言えるイーサリアム(Ethereum)。競合と評価されるようなブロチェーンも出てきているなか、イーサリアムの強みは一体どこにあるのでしょうか?
イーサリアム(Ethereum)の情報はここに!開発者向けのサイトを紹介!

イーサリアム(Ethereum)の情報はここに!開発者向けのサイトを紹介!

イーサリアムの公式がリニューアルし、コンセンシス(ConsenSys)でも開発者用のポータルが公開されました。開発がより勢いづくために、そのほとんどがオープンソースになっており、開発に更なる進展を期待させます。
Ethereum2.0でのバリデータへのリワードについて新しい提案の解説

Ethereum2.0でのバリデータへのリワードについて新しい提案の解説

イーサリアム(Ethereum)の共同創業者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏によるバリデータへのリワードに関する新しい提案について解説します。報酬と台頭するレンディングサービスの関係についても言及します。

イーサリアム上で稼働をするAugurを使用した本格的なスポーツベッティング市場と...

イーサリアム(Ethereum)上で稼働するアプリケーションで、Augur(オーガー)と0x(ゼロエックス)の2つのプロトコルを使用したスポーツのベッティングマーケットであるブリッツプリディクト(BlitzPredict)について紹介します。
イーサリアム(Ethereum)の経済圏と現実世界を繋ぎ合わせ、大衆にアプローチするためツール

イーサリアム(Ethereum)の経済圏と現実世界を繋ぎ合わせ、大衆にアプローチ...

業界以外のユーザーに浸透しているとは言えないブロックチェーンのアプリケーション。そんな課題を解決するために、イーサリアム(ETH)を持っていない人でもアプリを使いやすくするためのツールが次々と登場しています。
イーサリアム上で稼働するアプリ18選!仮想現実(AR)やWebブラウザなど

イーサリアム上で稼働するアプリ18選!仮想現実(AR)やWebブラウザなど

分散型アプリケーション(DApps)がイーサリアム(ETH)上で次々と開発されております。非常に便利なものも多く、また有益なものもあるので、一度は使ってみてほしいアプリケーションを一気にご紹介します!
活発化するイーサリアム(Ethereum)のマイニングアルゴリズムのアップデート議論

活発化するイーサリアム(Ethereum)のマイニングアルゴリズムのアップデート...

イーサリアム(Ethereum)コミュニティでは、ProgPoWについての議論が活発になっています。どのようなことが議論となっているのか、イーサリアムの現状と今後のアップデート、マイナーの影響などを紹介します。
イーサリアムの手数料も削減できるメタトランザクションの仕組みとは?

イーサリアムの手数料も削減できるメタトランザクションの仕組みとは?

イーサリアム(ETH)の環境を最大限に活かすために「メタトランザクション(Meta Transaction)」という技術が注目されています。手数料の問題や、ブロックチェーンゲームに親しみやすくするこの技術は、どのようなものなのでしょうか。
イーサリアム 2.0(Serenity)のPoS移行にあたり投資家が考えはじめるべきこと

イーサリアム 2.0(Serenity)のPoS移行にあたり投資家が考えはじめる...

現在の合意形成アルゴリズムであるPoW(Proof of Work)から将来、PoS(Proof of Stake)に移行するイーサリアム。Ethereum2.0と呼ばれる大型アップデートから投資家が考えるべきことを紹介します。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】カナダのQuadrigaCX 約210億円のビットコインなどの資産を...

最高経営責任者(CEO)の突然の死去により、ウォレットのコントロールを失ってしまった海外取引所のQuadrigaCXが、約210億円にもなるビットコインなどの資産をユーザーに返金できず、破産への道を進んでいる。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】4月1日 MyEtherWallet(MEW)がETHの送金にKYC...

イーサリアム及びERC20トークンウォレットとして需要の高いMyEtherWalletが2019年4月1日に送金するにはKYC(本人確認)が必須になると、ツイッターに投稿。エイプリルフールのジョークの内容を紹介します。
イーサリアム(Ethereum)創業者が関心を寄せるアプリケーションレイヤーやガバナンス、プライバシーについて

イーサリアム(Ethereum)創業者が関心を寄せるアプリケーションレイヤーやガ...

イーサリアム(Ethereum)の情報に特化したポッドキャスト「Into The Either」で配信されたイーサリアムの創業者のヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏のインタビューの内容を簡単に紹介します。
2019年に注目すべき3つのイーサリアム(Ethereum)ベースのトークンとは?

2019年に注目すべき3つのイーサリアム(Ethereum)ベースのトークンとは...

アマーケットが続いていると表現される仮想通貨市場。それでもビットコイン(BTC)の毎日の取引量は、3月15日には110億ドル(約1兆2,000億円)を超え注目されています。そんな中でイーサリアムべースの有望なトークンを紹介します。

MakerDAO(メイカーダオ)など増加するレンディングアプリケーション、それぞ...

イーサリアム(Ethereum)のレンディングプロトコルなどレンディング提供の開始が増えています。これらレンディングサービスやプロトコルでは、それぞれ異なる金利の決定方法があり、その特徴を紹介します。
イーサリアム(Ethereum)などのチェーン上で秘匿アセットを構築できる「Zether」はどんな技術なのか?

イーサリアム(Ethereum)などのチェーン上で秘匿アセットを構築できる「Ze...

ブロックチェーンは公開できる点が評価されていますが、逆にプライバシーについて問題視されることもあります。そこで現在活発になっているのが匿名技術。本稿ではイーサリアム上などで秘匿アセットを構築できる新技術「Zether」について紹介します。
イーサリアム(Ethereum)のトークンで買い物を可能にするオープンソースのペイメントプロセッサ

イーサリアム(Ethereum)のトークンで買い物を可能にするオープンソースのペ...

イーサリアム(Ethereum)のトークンで買い物が可能になる、オープンソースのペイメントプロセッサ「Dexpay(デックスペイ)」の紹介。DAIにも対応しており、DAIをより日常的に使うことを広める目的のあるDexpayの仕組みとは一体?
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】フィデリティの機関投資家向けFDASのサービス開始。イーサリアムの取...

機関投資家向けの仮想通貨取引とカストディを提供するフィデリティのFDASは現在ビットコインをサポートしているが、今後イーサリアムをサポートを予定しているものの、簡単ではないとしている。その理由を紹介。
イーサリアムのハッカソン「ETHDenver」で発表された10のプロジェクトを紹介

イーサリアムのハッカソン「ETHDenver」で発表された10のプロジェクトを紹...

イーサリアムのハッカソンイベントの中でも有数なもののうちの一つである「ETHDenver」が終了しました。その中で発表されたプロジェクトのうち、本コラムでは10個をしぼって紹介します。今年の注目テーマはどのようなものなのでしょうか?
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】BlockFi ビットコインとイーサリアムの高金利をオファー 市場に...

2019年初めにベータローンチした仮想通貨のレンディングサービスを提供するスタートアップ「BlockFi」がBlockFi Interest Account(BIA)を実装。仮想通貨で金利を毎月受け取ることができるサービスを紹介する。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】テザー(USDT)がトロンネットワーク(TRX)上にローンチを発表。...

テザーを発行しているTether Limitedはトロンネットワーク(TRX)上で新たにTetherを発行すると発表。テザーの背景から同社CEOが説明したトロンネットワークを使用する理由まで今回の発表について紹介する。
イーサリアム(Ethereum)の大型アップデートが完了、ブロック報酬削減マイナーへのインパクトを数字で理解

イーサリアム(Ethereum)の大型アップデートが完了、ブロック報酬削減マイナ...

先日(日本時間:2019年3月1日)、イーサリアム(Ethereum)の大型アップデートが実施。本コラムでは、投資家やマイナーが知っておくべきこと、ブロック報酬削減のマイナーへのインパクトについて解説します。
イーサリアム上のスマートコントラクトを利用してトークンの貸出などができるNuo Networkがローンチ

イーサリアム上のスマートコントラクトを利用してトークンの貸出などができるNuo ...

Nuo Networkがローンチ。ユーザーはイーサリアム(Ethereum)上でスマートコントラクトを利用してトークンの貸し出しやレバレッジ取引ができます。Nuo Networkの特徴と借入など具体的な事例を紹介します。
イーサリアム(Ethereum)が2019年1月に実装する「コンスタンティノープル」の意義とは?

イーサリアム(Ethreum)のConstantinople(コンスタンティノー...

イーサリアムのハードフォーク計画「コンスタンティノープル」が目前に迫ってきています。各社の対応状況をまとめられる範囲で、表にしてみました。お取引している方はご注意ください。
イーサリアムのコンスタンティノープル遅延は今後どのような影響を与えるのか?

イーサリアムのコンスタンティノープル遅延は今後どのような影響を与えるのか?

イーサリアム(Ethereum)のコンスタンティノープルは2度の実装延期があり、ブロックは#7,280,000で実装が決定しています。おおよその実装時期や、今回のコンスタンティノープル実装遅延における影響などについて考察を行いました。
イーサリアム(ETH) 下落トレンドブレイク

【墨汁速報】イーサリアムのコンスタンティノープルは2つのフォークを同時実装

イーサリアム(Ethereum)は2度のコンスタンティノープル実装を延期していたものの、イーサリアムクライアントのGethで再度2月27日をターゲットにした実装版 Can'tstantinopleをリリースした。
米フィデリティ(Fidelity) ビットコインカストディローンチは3月か?

米フィデリティ(Fidelity) ビットコインカストディローンチは3月か?

投資信託大手のフィデリティ(Fidelity)は昨年、仮想通貨を安全に保管する”カストディサービス”含む機関投資家向けのサービスを提供すると発表。さらに今回はビットコインカストディサービスを3月を目処にローンチ予定であるという情報が入った。
Ethereum上のレンディングプロトコルは実際どれくらい使用されている?今後の予想も考察

Ethereum上のレンディングプロトコルは実際どれくらい使用されているのか?

レンディングプラットフォームのBloqboardが、数字データから見る分散型レンディングのレポートを公表しています。実際にどのくらい使用されているのか?そして今後の分散型レンディングプロトコルの予想、考察を行いました。
イーサリアムのハードフォークであるコンスタンティノープル実装が延期、遅れる理由とは?

イーサリアムの大型アップデート「コンスタンティノープル」実装が延期、遅れる理由と...

実装まであと1日と迫った本日、イーサリアムの大型アップデートである「コンスタンティノープル」の実装が延期されるとの発表がありました。遅れる理由となった原因は一体何だったのか?そしてユーザーはどんな対応をすれば良いのか等を解説しています。
イーサリアムのコンスタンティノープル実装迫る!ETHホルダーが知っておくべき事とは?

イーサリアムのコンスタンティノープル実装迫る!ETHホルダーが知っておくべき事と...

イーサリアム(Ethereum)のコンスタンティノープル実装日がいよいよ近づいてきました。本稿ではこのハードフォーク実装を控えた今、ETHホルダーが知っておくべき(やっておくべき)ことを初心者向けにまとめて紹介しています。
イーサリアム(Ethereum)ハードフォークが2019年1月14日に実施、その概要とは?

イーサリアム(Ethereum)ハードフォークが2019年1月14日に実施、その...

イーサリアム(Ethereum)のハードフォーク「コンスタンティノープル」が2019年1月14日に実施される予定です。今回のアップグレードは重要な変更がありますが、本稿ではその5つの改善案(EIP)について解説します。
イーサリアム(ETH)価格チャート分析、予想される2019年の展開とは?

イーサリアム(ETH)価格チャート分析、予想される2019年の展開とは?

イーサリアム(ETH)はおよそ1年前より大幅な下落(約94%)を記録しました。2019年はコンスタンティノープルの実装を1月に控えていることから、ETH価格について、来年に予想される展開を墨汁うまい氏に考察していただきました。
コンセンシス社が組織変革をする意味、競争と淘汰が進み価値あるプロジェクトが輩出されるフェーズへ

コンセンシス社が組織変革をする意味、競争と淘汰が進み価値あるプロジェクトが輩出さ...

コンセンシス(ConcenCys)社が従業員の約1,000名に送った書簡が話題となっています。本稿ではコンセンシスの主な概要、送られた書簡内容、その他コンセンシスのビジネスモデルについてなどを概観し今後の展開を考察します。
イーサリアム(Ethereum)の大型アップデートから見る今後のETH価格

イーサリアム(Ethereum)の大型アップデートから見る今後のETH価格

イーサリアムのコアデベロッパー会議でコンスタンティノープルの実装日が2019年1月16日に決定。この予定が確定した今、仮想通貨やETHの価格・相場にどう影響するのか、売り圧、インフレ率、テクニカル分析などから考察を行いました。
イーサリアム(Ethereum)1.xとは?2019年の発展に期待

イーサリアム(Ethereum)1.xとは?2019年の発展に期待

今年5度目となる大型アップデートを実装したイーサリアム(Ethereum)。本稿では来年に予定されているに大幅に改良するイーサリアム1.xについて解説します。また2019年のイーサリアムの展望についても紹介。

イーサリアムとは?

仮想通貨と聞けば誰しもがまずビットコインを思い浮かべるでしょう。その次に?と聞くとすれば時価総額が2位でほぼ全ての取引所が上場している「イーサリアム」と誰もが思い浮かべます。では、イーサリアムとはそもそも何なのでしょうか?「スマートコントラクトがすごい?」や「ビットコインの覇権を奪い主軸通貨になる?」、「Dappsのプラットフォーム?」どれも漠然としており不明瞭です。

イーサリアムはワールドコンピュータ

イーサリアムとは、ネットワーク内の通貨Etherを使用することで誰もがそのネットワークの計算力を使用することができ、改ざんが事実上不可能であるブロックチェーンの特性を利用したP2Pネットワーク上に存在する「ワールドコンピュータ」を目指しており、現在もβ版として開発中です。

イーサリアムといえばスマートコントラクトなのか?

これには正しくもあり間違えであるとも言えます。スマートコントラクトの歴史は古く、暗号学者のNick Szabo氏により1994年により提唱。イーサリアムをはじめとするブロックチェーンの特性を活かした分散型プロトコルに多く実装されています。
ビットコインも同様でブロックチェーン上に展開できるスマートコントラクトとしてマルチシグアカウントや、ペイメントチャンネル、ライトニングネットワークに使用されているTimelockなどがあります。また2014年にはリップルラボのCodiusなども同様にスマートコントラクトを実装しようと試みていました(2015年に中止)。この様にスマートコントラクトはイーサリアム特有のものではないということがわかります。

イーサリアムはスマートコントラクトに適している

チューリング不完全なスクリプト言語により簡易なスマートコントラクトを使用できるビットコインに対し、イーサリアムはチューリング完全であるためより自由度の高く複雑なプログラミングが可能であり、スマートコントラクトを実行するのに適していると言えるでしょう。ビットコインではサイドチェーンプロジェクト(例:RSK)により、より自由度の高いスマートコントラクトを今後使用することができる様になりますが、あくまでイーサリアムライクなものとなります。

またビットコインの単位に発明者の名前であるSatoshiが使用される様に、Szabo氏の功績を称えイーサリアムにもSzaboという単位で使用されています。

1Ether = 1,000,000,000,000,000,000wei
1Szabo = 1,000,000,000,000wei

ワールドコンピュータの構築

ではイーサリアムはワールドコンピュータをどのように構築するのでしょうか?まずは普段使用しているコンピュータを思い浮かべると複雑な処理を行うCPUや並列演算処理の得意なGPU、WordやExcelなどの文章作成などに最適なソフトウェア、写真や動画、文章を保存するHDDやSDDといったもので構成されています。簡単にイーサリアムで例えると

・CPU・GPU = ネットワーク全体の計算力とEVM
・Word・Excel = Dapps(非中央集権アプリ)
・HDD・SSD = SwarmやIFPSなどの分散ストレージ

と例えることができるでしょう。つまり「Dappsのプラットフォーム」という抽象的な表現ではなく、イーサリアムとイーサリアムブロックチェーン上に展開されるDappsやサイドチェーンのPlasma、Grid+、オフチェーンのライデンネットワークなどを含めたエコシステム全体でネットワーク上の仮想のコンピュータである“ワールドコンピュータ”を構築します。

スケーラビリティはビットコインよりもシビア

スケーラビリティとは増える需要に対して対応できる能力を表します。ビットコインはブロック伝達問題によりセキュリティを確保するため1MBというブロックサイズを継続しています。限られたブロックサイズによりスケーラビリティ問題に直面しており秒間のトランザクション(以下TPSとする)は5~7TPSとなっており、ライトニングネットワークなどのオフチェーン解決方法を模索しています。

対してイーサリアムはスマートコントラクトを素早く実行するため約15秒というブロック生成時間を簡易GHOSTプロトコルにより可能にしており、ビットコインの約3倍となる15TPSと言われています。 大型アップデートのセレニティで完成したワールドコンピュータとして今後更にイーサリアムエコシステムが拡大していくことを考慮すると15TPSでは話にならないでしょう。

イーサリアムはPoSのCasper移行による安定したセキュリティとサイドチェーン、オフチェーンプロジェクトを駆使して最終的にVISAの約5倍となる10,000TPSを目指しており、ワールドコンピュータとしてのスケーラビリティは必須条件となっています。安全な決済手段やデジタルゴールドとしてのビットコインとは違い、スケーラビリティ問題によりシビアなのはコンセプト上イーサリアムとなることがわかります。
(解説:墨汁うまい|Twitter:@bokujyuumai

イーサリアム(ETH) 相場チャート


イーサリアム リアルタイムレートへ
通貨単位:ETH
公開日:2015年7月
上限:なし
システム:PoW/PoS

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@