【墨汁速報】米グレースケール 初となる仮想通貨関連企業ETFをローンチ

GBTCで広く知られている仮想通貨ファンドのグレースケール(Grayscale)は、初となる「Grayscale Future of Finance ETF($GFOF)」をローンチしたと発表。Grayscale Future of Finance ETFは仮想通貨関連企業の株価のインデックスに連動を目指すETFとなる。

関連記事:【墨汁速報】最大手仮想通貨ファンドGrayscale ビットコインETF上場を画策か

グレースケール初のETFをローンチ

グレースケールのGFOFは今年1月19日にローンチしたBloombergの「Grayscale Future of Finance Index」に連動を目指すETFであり、このインデックスは米仮想通貨最大手取引所のコインベース(Coinbase)、仮想通貨機関投資家向け銀行であるシルバーゲート銀行の親会社であるシルバーゲートキャピタル、仮想通貨プロジェクトに多くの投資を行うギャラクシー・デジタル(Galaxy Digital)、2020年より仮想通貨事業に参入したPayPal、米ミレニアム世代に人気を博す取引所ロビンフッド(Robinhood)などで構成する仮想通貨関連企業のETFだ。

出典:Grayscale - Bloomberg Grayscale Future of Finance Index

関連記事:【墨汁速報】米コインベース 過去にビットコインなどの仮装売買を行ったとしCFTCが罰金支払い命令

仮想通貨事業拡大のためにBloombergとの提携

グレースケールのCEO Michael Sonnenshein氏は、「未来の金融はより幅広い領域での需要があるため、グレースケールは仮想通貨事業の戦略的拡大に伴いBloombergとパートナーシップを結んだ。このプロダクト($GFOF)は仮想通貨ファンドとして実績のあるグレースケールの強みを活かし、投資家に”時の試練”を耐えるポートフォリオを構成する助けとなるだろう」と述べている。

Grayscale Future of Finance Indexは「未来の金融」を表する3つの支柱を有しており、下記の3つで構成されている。

1.金融基盤(アセットマネージャー、ブローカーや取引所など)
2.テクノロジーソリューション(デジタル・エコノミーを促進する技術を持つ企業)
3.仮想通貨インフラ(マイニング企業など)

投資家はGFOGを介して関節的に仮想通貨産業の成長の恩恵を得ることができ、より幅広い戦略ポートフォリオを構築することができるようになるだろう。

▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアムをマージで分裂させるイーサリアムPoW(ETHW)のソフトウェアが公開
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアムをマージで分裂させるイーサリアムPoW(ETHW)のソフトウェアが公開
イーサリアムがマイニングを廃止してプルーフ・オブ・ステークへ完全移行する一大大型アップデート「The Merge(マージ)」に向けて、中国人マイナー達は自身の利益を守るためにイーサリアムをフォーク(分裂)させるための「イーサリアムPoW(ETHW)のソフトウェアであるGethを公開した
【墨汁速報】仮想通貨最大手ブローカレッジ「ジェネシス」破産の可能性を警告 FTX破産の連鎖倒産か?
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】仮想通貨最大手ブローカレッジ「ジェネシス」破産の可能性を警告 FTX破産の連鎖倒産か?
仮想通貨ブローカレッジ最大手のジェネシス(Genesis)は投資家に対して破産申請を行う可能性を警告した。FTXグループの破産に伴いジェネシスのレンディングユニットは11月16日に出金と新たなローンの停止を発表しており、仮想通貨取引所のジェミニ(Gemini)はこの影響でGemini Earnからの引き出しを停止していた。