HashHubが年率国内最高水準の暗号資産貸出サービスを開始

編集部おすすめ

HashHubが年率国内最高水準の暗号資産貸出サービスを開始

株式会社HashHubが2021年1月6日、暗号資産貸出サービスの「HashHubレンディング」の先行利用ユーザーの募集を開始したことを発表した。

HashHubレンディングは、ユーザーが保有しているビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの暗号資産を貸出しながら貸借料を得られるサービス。また先行公開という形式のため100万円相当以上の暗号資産を申込むユーザーのみが対象となっている。

HashHubレンディング4つの特徴

HashHubレンディングには次の4つの特徴がある。

国内最高水準の年率

HashHubレンディングの年率は国内最高水準となっている。2020年1月時点での募集年率はBTC6%、ETH6%、DAI10%。

貸しておくだけ、毎月増える

貸出暗号資産に対して毎月貸借料が付与されるため、複利的な効果が期待できる。また毎月自動で再貸し出しされるため、ユーザは一度レンディングを始めれば何もしなくても暗号資産を増やすことが可能となっている。

解約手数料なし、好きな月に引き出し可能

HashHubレンディングでは、長期間のロックアップや解約手数料が発生しないため、ユーザーは柔軟なポートフォリオ管理が可能。契約は1ヶ月ごとの自動更新で、ユーザーはいつでも引き出し申請を行うことができるも特徴の1つ。

セキュリティ重視のサービス設計

HashHubレンディングを行うチーム内でのセキュリティ体制、返還時のホワイトリスト必須化など万全な状態で管理しており、AMLにも対応。

レンディングサービスローンチの背景

ビットコインやイーサリアムをはじめとする暗号資産は重要な資産クラスとしての地位を着実に高めている一方で、法定通貨はインフレーションにより相対的価値を落としているということがある。

プレスリリースによると、HashHubがレンディングサービスをローンチした背景にはそういった状況を踏まえて、暗号資産を元に安心して資産形成できる選択肢を提供したいと考え、サービスを開始したとしている。正式な公開は2021年初夏の予定。

■HashHubレンディング:https://hashhub-lending.com/
HashHub暗号資産貸出サービスを開始

【こんな記事も読まれています】
2020年に大きく成長したレンディングプラットフォームのAaveとは?
仮想通貨レンディングサービスのBlockFiが約55億円の資金調達を発表
テラ(Terra)の分散型金融(DeFi)レンディングプロジェクト「Anchor」とは?


前のニュース【墨汁速報】仮想通貨ファンドグレースケールのGDLC リップル(XRP)を全売却しBTCやETHへ投資
次のニュースシンガポールがアジアのシリコンバレー実現を目指す、手始めにブロックチェーン商用化
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。