暗号資産サービス「HashHubレンディング」最大年率14%に大幅引き上げ

編集部おすすめ

HashHubが年率国内最高水準の暗号資産貸出サービスを開始

株式会社HashHubが2月25日、貸し暗号資産サービス「HashHubレンディング」のETHとDAIの貸借料率(年間利率)の引上げを発表しました。なお、BTC貸借料率の変更はありません。

年率は最大14%

HashHubレンディングは、ユーザーが保有している暗号資産(BTCやETH)を貸出しながら貸借料を得られるサービスです。

3月以降の募集年率(貸借料率)は以下が適用されます。

  • BTC 7%
  • ETH 12.5%
  • DAI 14%

貸し暗号資産サービスとしては、国内最高水準の年率で、お手持ちの暗号資産を増やすことができます。HashHubレンディングは暗号資産を最大限効率的に増やす機会を提供します。

年率(貸借料率)引上げの背景

HashHubは募集年率(貸借料率)引上げの背景として、暗号資産市場で収益機会が豊富である点を挙げています。また同社は、事業を継続しながら顧客保護やセキュリティに積極投資をし続ける収益水準を確保しながらも、ユーザーに魅力的な貸借料率を提案することを基本方針としてるため、収益機会が豊富な現状を、貸借料率を引上げることでユーザーに還元したい考えであるとしています。

HashHubレンディングでは、リスクコントロールに最大限の注意を払いつつ、アービトラージ・第三者への貸出し・ステーキング・DeFiを含んださまざまな暗号資産の活用を行う方針です。

HashHubが元より強みにしている暗号資産の市場理解やセキュリティリスク調査に加えて、金融機関出身者による収益管理と金融リスク管理ノウハウを組み合わせて本事業を遂行するとしています。

暗号資産に関する内部ルール

HashHubレンディングでは、事業開始時点より顧客の暗号資産について、以下の取引を禁止する内部ルールを定めています。

  • 顧客借入資産の売却および空売り禁止
  • レバレッジロングなど価格リスクを伴う全ての取引の禁止
  • 個別銘柄の売買の禁止(例:BTCをETHに転換)

これらは最も基本的な内部ガイドラインであり、その他にも厳格な収益管理とリスク管理を行い、リスクをコントロールしたうえで暗号資産貸し出しサービスを展開しています。

HashHubレンディングは安心して利用でき、かつ高い年率(貸借料率)を提供することで、日本においても暗号資産が新しい資産形成の手段であることを証明したいと考えを思っています。また、今回の貸借料率の変更は、2021年3月の貸借料率(年率換算)であり、4月以降に変更される可能性もあります。

正式版リリースについて

HashHubレンディングは現在は先行版サービスとして運用中です。正式リリースは2021年初夏を予定しています。先行版ではユーザーエクスペリエンスの観点で一部不便をおかけしておりますが、正式版リリースに向けて鋭意準備中ですので、何卒宜しくお願いします。
Hashhubレンディング
HashHubレンディングは暗号資産を最大限効率的に増やす機会を提供します。申込みはこちらから。
HashHubレンディング


HashHubについて
2018年4月に設立。「We Build Choice」を掲げて新しいコンテキストを前提にした選択肢を創出します。ブロックチェーン総合企業としてHashHubレンディングをはじめとした金融サービス、ブロックチェーン業界リサーチレポート提供、国内企業をクライアントにしたブロックチェーン関連の開発支援などを行っています。また、東京大学周辺エリアを拠点に国内外のブロックチェーンのスタートアップ・開発者が集うコワーキングスペースを運営しています。

社名:株式会社HashHub
所在地:東京都文京区本郷3–38–1 本郷信徳ビル7階
サイト:https://hashhub.tokyo/
本件に関するお問い合わせ:lending@hashhub.tokyo


前のニュース【墨汁速報】仮想通貨ファンドグレースケールのGDLC リップル(XRP)を全売却しBTCやETHへ投資
次のニュースシンガポールがアジアのシリコンバレー実現を目指す、手始めにブロックチェーン商用化
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。