仮想通貨へ投資する女性が急増、ビットスタンプでは昨年同期比198%の大幅増 

暗号資産(仮想通貨)業界における男性の優位性は間もなく終わる可能性があります。仮想通貨取引所ビットスタンプ(Bitstamp)のデータによると、2021年1月~9月まで間、2020年の同期間と比較して、仮想通貨の女性投資家の数が198%も増加していることが分かりました。

女性投資家の増加は、仮想通貨の普及を示す一つの指標

これまで男性の占める割合が高かった仮想通貨業界で、急速なペースで女性が進出しジェンダーバランスを作り出す可能性が出ています。

ビットスタンプによれば、女性投資家の割合が最も高いのは30‐35歳です。そして仮想通貨取引の取引量が多い女性投資家は、55‐60歳の間であることが分かりました。

ビットスタンプの最高コマーシャル責任者であるMel Tsiaprazis氏は、この数字に関して「個人投資家として、あるいはトレーディング会社を設立して参加する女性が増えていることは、大きな進歩です」とし、「仮想通貨を活用したいと考える人がますます増えていることもあり、これは仮想通貨がますます主流になり普及してきたことを示すもう一つの指標です」とコメントしています。

仮想通貨コミュニティーの男性の割合は着実に減少

それでも仮想通貨投資で男女平等の機会を得るまでにはしばらく時間がかかるでしょう。しかし仮想通貨コミュニティーの進化は明らかです。コインダンス(CoinDance)のリポートによると、2018年には男性がコミュニティーの最大91%を占めていました。

そのころから女性は、投資家あるいはトレーダーだけでなく、従業員として仮想通貨業界に参加していきます。CoinMarketCapによると、ブロックチェーンと仮想通貨業界における女性従業員の数は、2020年には43%まで増加しました。

仮想通貨コミュニティーへの流入の主な理由は、オンライン教育の機会が増加したこも関係がありそうです。セルシウス・ネットワーク(Celsius Network)のパートナーシップ責任者であるリア・ジョーナス(Lear Jonas)氏はビジネス・インサイダーの取材に対して、初めて参加したミートアップで女性は自分だけで、その経験は不快なものだったとし「暗号関連のイベントにおけるジェンダーのアンバランスは、女性がデジタル資産分野に関与することをしばしば妨げる参入障壁を作り出し、永続させています」とコメントしています。

仮想通貨業界で著名な女性プレーヤーは、女性がイノベーションに混乱を呼び込み、イノベーションに革新をもたらし、さらなる成長を決定する大きな可能性を秘めていると考えています。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

参考
Crypto bros step aside as female investors dive into digital assets
3 women leaders share their experiences in the male-dominated cryptocurrency industry and what its future looks like for women

【こんな記事も読まれています】
IMFがグローバルで包括的で協調的な仮想通貨の規制を求める
「55%が過去12か月に初めてビットコイン(BTC)購入」グレイスケールが発表
イーサリアムは価値の保存としてビットコインに勝る、豪州の大学教授4人の研究

おすすめの記事
ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設・新規登録の方法、入金などの使い方や評判を解説!
仮想通貨取引所
ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設・新規登録の方法、入金などの使い方や評判を解説!
日本の暗号資産(仮想通貨)取引所の中でも知名度が高いbitFlyer(ビットフライヤー)。そんなビットフライヤーの口座開設方法の流れやアプリの使い方、お得なキャンペーン情報をまとめて紹介します!初心者でも分かりやすいよう、実際の画面画像を使いながら1つ1つ解説していきます。