イーサリアムは価値の保存としてビットコインに勝る、豪州の大学教授4人の研究

オーストラリアの学術研究者はこのほど、イーサリアム(ETH)はビットコイン(BTC)より優れたインフレヘッジ特性を持ち、イーサリアムはビットコインより長期的に優れた「価値の保存を提供する」との結論を公表しました。

EIP-1559アップグレード以後のイーサリアムは価値の保存として期待

オーストラリアの4人の研究者は、ブロックチェーンコードを簡単に微調整すると、暗号資産(仮想通貨)はデフレ傾向という特質に変わり、優れた資産保存としての役割を果たすチャンスが高まるとの結論に達しました。

研究者らは、シドニー工科大学のエステル・フェレス・ビニャス(Ester Felez-Vinas)、マッコーリー大学のショーン・フォーリー(Sean Foley)、西オーストラリア大学のジョナサン・カールセン(Jonathan Karlsen)、シドニー大学のジリ・スベック(Jiri Svec)の4氏。4氏は、イーサリアムブロックチェーンの最近のアップグレード(EIP1559)は、価値の保存としてのビットコインブロックチェーンの一歩先を進んでいる可能性があると述べています。

アップグレードを通じて、ETH取引手数料の一部がバーン(焼却)され、時にはマイニング(採掘)量より速い速度で燃やされています。EIP-1559のアップグレード以降のETH生成率を年換算すると、総供給量の増加率は0.98%に過ぎず、BTCの1.99%の半分に届きません。

アップグレード後、5000億円以上バーンされる

研究者らは結論として、「イーサリアムはビットコインより優れたインフレヘッジの特性を提供し、「イーサリアムはビットコインより優れた長期的な価値の保存を提供する」との結論に達しました。

イーサリアムブロックチェーンに関する情報確認できるイーサチェーン(Etherchain)のデータによると、EIP-1559アップグレードが8月に公開されて以来、ETHは合計109万7,440枚がバーン(焼却)されています。その金額は5,000億円以上になります。

【参考】
Better than Bitcoin? Can cryptocurrencies beat inflation?

【こんな記事も読まれています】
米FRBはデジタルドルの発行についてまだ「一致した見解はない」とイエレン財務長官
「仮想通貨関連企業の評価額は約74兆円」データ分析企業が発表
クリプトリテラシーの仮想通貨保有率調査、アメリカでは人種によって大きな差

おすすめの記事
【墨汁速報】顧客資産1200億円以上を使い込み 韓国仮想通貨レンディングの元CEOを逮捕
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】顧客資産1200億円以上を使い込み 韓国仮想通貨レンディングの元CEOを逮捕
破産した韓国の仮想通貨(暗号資産)レンディング企業「ハル・インベスト(Haru Invest)」のCEO及び経営陣が顧客資産の使い込みで逮捕された。ハル・インベストは最大年利12%を謳う高金利仮想通貨レンディングであり、2023年6月に出金を停止し、同年7月に事実上の破綻となっていた。