【墨汁速報】ロシア中央銀行 ビットコインなどの仮想通貨取引を規制下の証券取引所で許可する提案を示す

ロシア中央銀行はロシアの規制下にある証券取引所がビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨(暗号資産)などのデジタルトークンを売買できる用にする提案を行っている。業界識者は投資家に対して規制下での仮想通貨取引を行う選択肢を与えたい狙いだとしているとロシアの全国紙であるコメルサントが報道した。

関連記事:【墨汁速報】ロシア国会議員 対中国でのビットコインやゴールドでの原油取引を提案

ロシア中央銀行”仮想通貨取引”を証券取引所に許可か

ロシアの規制下にある証券取引所と精算機関はビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨及びデジタルトークン化された金融商品(DFS)の取引を許可される可能性があるという。この提案はロシア中央銀行(Central Bank of Russia)と証券取引所、ブローカーやシステムオペレーター、仮想通貨プラットフォームに携わる企業などとの会合でおこなわれたとロシアの全国紙であるコメルサントが報道した。

この会合にはモスクワ証券取引所や主要なブローカー、さらにはDFSの発行を許可されている事業者が参加しており、現地時間火曜日にロシア中央銀行と行ったという。主な内容としてDFSの取引やDFAを発行する許可証となる実利的デジタル権限(UDR)について行われた。

ロシアでの仮想通貨規制

ロシアでの仮想通貨の利用は”On Digital Financial Aseets”という法律で規制されており、2021年1月から施行されており、この規制では仮想通貨を含むデジタル資産の発行及びそれを介したICOやSTOなどの資金調達などが含まれている。

だがこの規制では仮想通貨を構成する基盤となるマイニングや取引、流通は含まれていない。新たに提案されているロシアの仮想通貨規制となる”On Digital Currency”では規制当局がこれらの変更を狙っているという。

証券取引所やブローカーは意欲的

この会合に参加した証券取引所やブローカーは仮想通貨取引に意欲的であるというのに対し、システムオペレーターは懐疑的だという。これはロシアに設立された外国企業や子会社、さらには12ヶ月以内に最低でも183日間ロシアに滞在する個人または団体は仮想通貨を決済に利用できないという規制があるためだとみられる。

その一方でロシアの法律識者は規制当局は仮想通貨の流通を阻止するための財務省との争いに敗れたため、仮想通貨の流通をコントロールするためにも新たなプラットフォームを導入する必要があると述べている。

ロシアはウクライナ侵攻に伴う各国からの経済制裁による大きなダメージを受けており、市場が拡大して金融資産の一つとして頭角を現した仮想通貨による利益を享受したいと見られるだろう。

関連記事:【墨汁速報】EU欧州議会 追加の仮想通貨ウォレット規制を可決 今後非登録取引所を切り離しの可能性も

▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

参考:Bank of Russia Seeks to Allow Stock Exchanges to Trade Digital Assets

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアム”マージ”第1段の”ベラトリックスアップデート”が無事完了 残すは15日のパリのみ
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアム”マージ”第1段の”ベラトリックスアップデート”が無事完了 残すは15日のパリのみ
イーサリアムは超大型アップデート「マージ」の第一弾となるベラトリックス(Bellatrix)を6日20時34分に完了。イーサリアムのマージはETH1とステーキングが必要なETH2の2段階でアップデートが行われ、残すは15日のETH1側のパリアップデートとなる。