• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

相場・価格

仮想通貨相場チャート情報

TradingViewによる市場の相場

相場・価格とは、仮想通貨の値動きに関することです。仮想通貨の相場はとても乱高下しています。ビットコインに関しては、2017年の1BTC当たりの価格は2015年に比べて24倍近くに膨れ上がっており、特に今年は価格が急上昇しています。ビットコインを大量に買って保管していた人はとても収益を得ている状態です。

対して、下がり幅も激しく、5月下旬にはビットコインの価格が35~21万の幅で動きました。では、なぜここまで仮想通貨は価格の乱高下が激しいのでしょうか。複数の要因がそこには絡んでいます。

一つにストップ高、ストップ安が存在しないことが挙げられます。株式市場では、一日当たりの価格変動の制限が決まっています。しかし、仮想通貨はそれがないために際限なく上下してしまうのです。

次に、取引参加者数が少ないということが挙げられます。近年増えてきたといっても、他の投資に比べるとけた違いに少ないのです。そのため、小さな要因でも乱高下してしまうことが多々あります。株式のように企業ではないので実績が加味されないので、単なる需給だけで価格が決定されてしまうのです。このような要因で価格が乱高下しがちになります。

仮想通貨を日常的に用いるために保有するのにはまだリスクが高いかもしれません。また、投資目的で保有する際にはとてもハイリスクハイリターンな資産となりそうです。どちらにしろ、これからの動向に十分注意しつつ保有することが求められます。

相場・価格の記事一覧
相場・価格に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

【墨汁速報】イーサリアムETFの準備か?米グレースケール イーサリアムトラストの...

イーサリアムトラスト($ETHE)を運用するグレースケールは、8月6日付けで米国証券取引委員会の報告会社への登録となるForm 10を申請したと発表。同ファンドは2019年11月にビットコイントラストの申請を済ませており、SECの報告会社となっていた。

【墨汁速報】”イーサリアム”の検索数が中国と米国で急上昇...

イーサリアムは5周年を迎え36,500円に高騰、その結果Google上でのイーサリアム検索数は過去3年で比較して最高値を記録している。Googleによると、「イーサリアム」の世界中での検索結果がこの2年で最高値に上昇している。

【墨汁速報】イーサリアム2.0 2020年11月ローンチを予定と見積もり 最新ロ...

イーサリアム2.0マルチテストネットのデベロッパーによると、全てがうまく行けばイーサリアム2.0フェイズ0のローンチは2020年11月になると見られるという。イーサリアム2.0は6月現在、v0.12.1を公開しており、最終実装候補となっている。

【墨汁速報】現物決済イーサリアム先物をErisXがローンチ米CFTC規制下で初

ErisXはイーサリアム先物をCFTC(米商品先物取引委員会)の規制下で2020年5月11日ローンチ。ErisXは、Bakktと同様に現物決済されるビットコイン先物を提供しており、CFTC規制下でのイーサリアム先物は世界で初となる。

【墨汁速報】半減期!ビットコイン新規発行数が半減 BTCマイナーへの影響は?

ビットコイン(BTC)の半減期はブロック高630000となり、2020年5月12日日本時間午前4:23となった。次回の半減期は21万ブロック後の840000ブロックとなり、2024年5月頃を予定している。

【墨汁速報】ビットコイン13%高騰 米FRB コロナショックによる無制限量的緩和...

米中央銀行であるFRBは、新型コロナウィルス(COVID-19)によるリセッション懸念により、無制限量的緩和政策を発表。この発表でビットコインは約9%の高騰を記録した。日本円で約110兆円にも及ぶドルが新たに市場に投入されることになる。

【墨汁速報】ゴールドがビットコインを打ち負かす コロナショック S&P5...

週末開け、米市場のオープン後NYダウは約7.3%の下落を記録。CMEの提供するビットコイン先物も9日月曜にオープンし、12.61%もの下落を記録。2月末から続くコロナショックの第二波となった。相場の動きを紹介する。
金融市場が半壊の一撃!株もコモデティもビットコイン(BTC)も急落!

金融市場が半壊の一撃!株もコモデティもビットコイン(BTC)も急落!

新型コロナウィルスの影響を大きく受ける世界の金融市場。ダウ平均やNASDAQ、日経平均は軒並み下落しています。急落に見舞われるビットコインをはじめとする暗号通貨市場に関して、これからどのような動きをみせるのか、ひろぴー氏の分析を紹介します。
急落したビットコイン(BTC)の分析、気になる今後の値動きは?

急落したビットコイン(BTC)の分析、気になる今後の値動きは?

日本時間の2月20日午前6時ごろに急落したビットコイン(BTC)。ビットメックス(BitMEX)から2.5万枚を超えるBTCの売りが入ったとのうわさもあります。当時のチャートの振り返りと、今後の値動きをみていきます。
パーフェクトオーダー発生!ビットコイン(BTC)相場分析

パーフェクトオーダー発生!ビットコイン(BTC)相場分析

2020年が始まってから価格を順調に上昇させてきたビットコイン(BTC)。時価総額も2019年8月以来の30兆円台に到達しました。パーフェクトオーダーが発生したビットコインの相場に関してボリ平氏の分析を紹介します。
イーサリアム(ETH)10日間足らずで50%上昇!視界良好、ターゲットは4万円に!

イーサリアム(ETH)10日間足らずで50%上昇!視界良好、ターゲットは4万円に...

1万ドルまで回復したビットコイン(BTC)。2月13日にはイーサリアム(ETH)が3万円に到達し、1週間50%のアップと非常に強いトレンドをみせています。そんなビットコインとイーサリアムの相場についてひろぴー氏の戦略を紹介します。
ビットコイン(BTC)価格1万ドル!三役好転の買いシグナル

ビットコイン(BTC)価格1万ドル!三役好転の買いシグナル

2019年10月ぶりにビットコイン(BTC)が1万ドルまで回復しました。そこで、今後のビットコインがどのように動いていくのかボリ平氏に一目均衡表を用いて考察していただきました。今後のトレードの参考にしてみてください。
市場全体堅調もビットコイン(BTC)ドミナンス低下傾向、アルトコインに資金流入か?

市場全体堅調もビットコイン(BTC)ドミナンス低下傾向、アルトコインに資金流入か...

1月に100万円を越えてからその価格をキープしているビットコイン(BTC)。アルトコインも価格が上昇し始め、先週と比較するとその上昇率はどうやらアルトコインの方に分がありそうです。そんな最近の相場に関するひろぴー氏の分析を紹介します。
ビットコイン(BTC)は上昇へ、新型コロナウイルスから始まったリスクオフ相場

ビットコイン(BTC)は上昇へ、新型コロナウイルスから始まったリスクオフ相場

世界では新型コロナウイルスの感染者拡大や再度アメリカとイランの緊張高まる動きがあるなか、ビットコイン(BTC)には追い風のファンダメンタルズが続くと判断するひろぴー氏の今週の相場分析と戦略を紹介します。
上昇トレンド転換に期待、2020年1月ビットコイン(BTC)相場分析

上昇トレンド転換に期待、2020年1月ビットコイン(BTC)相場分析

2020年のビットコイン(BTC)相場は期待できるのか?トリプルボトムを形成し、1月19日には一時100万円を突破したビットコイン。その後、91万円付近まで下落し、これからどう動くのでしょうか?ボリ平氏の分析を紹介します。
ビットコイン(BTC)はフィボナッチのリズムで動く!?重要ライン上値までは上昇

ビットコイン(BTC)はフィボナッチのリズムで動く!?重要ライン上値までは上昇

1月の第二週に一時90万円を突破したビットコインは、その後85万円を割りそして1月16日時点で95万円を超えてきています。このまま仮想通貨市場は強気相場へと変わるのでしょうか。今週のひろぴー氏の戦略を紹介します。
ビットコイン(BTC)トリプルボトム完成で買いサイン点灯か?

ビットコイン(BTC)トリプルボトム完成で買いサイン点灯か?

ビットコイン(BTC)は2020年1月3日に3回目の底をつける動きがあり「トリプルボトム」を形成。1月7日時点でネックラインを越える強い上昇を見せています。ボリ平氏によるビットコインのトレード戦略を紹介します。
ソレイマニ司令官殺害から勃発、世界の市場はオールバブルへ!?ビットコイン(BTC)は?

ソレイマニ司令官殺害から勃発、世界の市場はオールバブルへ!?ビットコイン(BTC...

アメリカによるソレイマニ司令官らの殺害により、高まる地政学リスク。世界的に株高も続き、ゴールドと債券、ビットコイン(BTC)価格も上昇しています。そんなビットコインの今後についてひろぴー氏の戦略を紹介します。
ついに90%を超えたビットコイン(BTC)買い!好材料先回りの買いなのか?果たして……

ついに90%を超えたビットコイン(BTC)買い!好材料先回りの買いなのか?果たし...

ついにビットフィネックス(Bitfinex)のビットコイン(BTC)売買ポジション比率で買いが90%を超えました。12月末にはまた大きく下落する可能性があるのか?ひろぴー氏の今週の分析とトレード戦略を紹介します。
ビットコイン(BTC)相場反発?勢いが増すのはどのタイミングか?

ビットコイン(BTC)相場反発?勢いが増すのはどのタイミングか?

長らく下落トレンドが続いているビットコイン(BTC)相場ですが、反転の兆しが見えかけています。そろそろ強気相場が戻ってくるのでしょうか?そこで、覚えておきたいチャートパターンと最近の事例を紹介します。
ビットコイン(BTC)はありえないポジションの偏り具合、70万円に迫る展開か?

ビットコイン(BTC)はありえないポジションの偏り具合、70万円に迫る展開か?

2019年12月の第二週から引き続き、ビットコイン(BTC)のポジションは偏りすぎています。引き続きビットコイン相場は下方向に動くと見るひろぴー氏の今週のビットコイン相場分析とトレード戦略を紹介します。
2019年前半上昇、後半下落のビットコイン(BTC)相場分析

2019年前半上昇、後半下落のビットコイン(BTC)相場分析

2019年のビットコイン(BTC)の動きは、前半に上昇したものの後半に入りそこから下落しています。年末に向けてビットコインはどのような値動きをみせるのでしょうか?そしてターニングポイントとなる価格とは?
ビットコイン(BTC)はまだ下がる?買い比率は86%越え!

ビットコイン(BTC)はまだ下がる?買い比率は86%越え!

ビットコイン(BTC)は買いに偏りすぎ?ビットフィネックス(Bitfinex)取引所の売買比率は、86%を超えを記録しました。ここ1カ月は下落基調が続くビットコインについて、ひろぴー氏の今週のトレード戦略を紹介します。
12月相場スタート!ビットコイン(BTC)相場は上がるのか?

12月相場スタート!ビットコイン(BTC)相場は上がるのか?

2019年8月以降、ビットコイン(BTC)ロンガーにとっては厳しい相場が続いています。11月末から12月にかけて反発する動きをみせるなか、今後ビットコインはどう動いていくのかボリ平氏の考察を紹介します。
ビットコイン(BTC)急騰あるも戻り優勢、買いに偏りすぎ

ビットコイン(BTC)急騰あるも戻り優勢、買いに偏りすぎ

12月4日の夜に一時急騰したビットコイン(BTC)。その後また価格を戻す展開になりました。年末にバブル相場なるという見方があったもの、その通りにはなっていません。ひろぴー氏のビットコイン相場分析と戦略を紹介します。
11月のビットコイン(BTC)相場、今は重要な局面

11月のビットコイン(BTC)相場、今は重要な局面

一時80万円台まで下落していたビットコイン(BTC)が10月最終週に急騰!110万円まで上昇し、現在は95万円前後で動くビットコインの価格の今後は?トレードにおける重要なポイントなどボリ平氏が解説。

全然上がらないビットコイン(BTC)相場、底値はどこに?

9月の暴落から未だに下がり続けているビットコイン(BTC)。ここが底かと思いきや、更に底を割るといった状況になっています。どこまで落ちるのでしょうか?市場の活気のためにも、反転からの上昇を期待するばかりです。
レンジ相場脱せず、嫌な深い押し目がきているビットコイン(BTC)相場概況

レンジ相場脱せず、嫌な深い押し目がきているビットコイン(BTC)相場概況

83~95万円のレンジで推移が続き、これといった値動きを見せないビットコイン(BTC)。今週後半は86~90万円レンジをもう一往復する可能性が高いと予想するひろぴー氏のBTC相場分析と戦略を紹介します。
売り・買いしずらい10月のビットコイン(BTC)相場と今後の行方

売り・買いしずらい10月のビットコイン(BTC)相場と今後の行方

8月に比べ仮想通貨全体の時価総額は10兆円減少。ドミナンスが低下するビットコイン(BTC)は今後どのような動きをみせるのか?ボリ平氏による現在のビットコインの相場分析と今後の戦略や予想を紹介します。
CMEビットコイン(BTC)先物は依然ショートポジション比率が多い

CMEビットコイン(BTC)先物は依然ショートポジション比率が多い

小動きが続く仮想通貨市場でビットコイン(BTC)は80万円台からなかなかその動きを見せません。その80万円割れへと動く可能性もあると考ええるひろぴー氏による、今週のBTC相場分析と戦略を紹介します。
ビットコイン(BTC)は下方ブレイク!ロングポジションは含み損に

ビットコイン(BTC)は下方ブレイク!ロングポジションは含み損に

8月後半から9月中旬にかけてあまり動きのなかったビットコイン(BTC)ですが、ついに三角保ち合いが崩れました。今回のビットコイン価格下落に関して、ボリ平氏のトレードの振り返りと今後の戦略を紹介しましす。
ビットコイン(BTC)急落に仕掛けあり!Coinbaseの売りの影にOKcoinで先回りか?

ビットコイン(BTC)急落に仕掛けあり!Coinbaseの売りの影にOKcoin...

日本時間9月25日(水)の早朝、突然の急落が起こったビットコイン(BTC)。ひろぴー氏が、大手取引所各社におけるチャートの動きからその背景を分析。そして今後のビットコインの値動きとトレード戦略を紹介します。

9月後半に期待?ビットコイン(BTC)価格を分析

最近のビットコイン相場は6月に大きく上に跳ねてたもの、8月~9月前半にかけては、売り方・買い方優勢が交互に来るような動きが続いています。そんなビットコインの相場についてボリ平氏による相場分析をお伝えします。
わずかな変化が見られたイーサリアム(ETH)、ビットコイン(BTC)から資本吸収ターンに入り始めるか?

わずかな変化が見られたイーサリアム(ETH)、ビットコイン(BTC)から資本吸収...

ビットコイン(BTC)の価格が105~115万円と動きが鈍く、相変わらずのレンジ相場です。そこで今週はイーサリアム(ETH)について、ひろぴー氏が注目した理由と相場の分析とトレードの戦略を紹介します。
ビットコイン(BTC)は反発余地は限定的?レンジ相場はまだ続く?

ビットコイン(BTC)は反発余地は限定的?レンジ相場はまだ続く?

8月上旬はリスクオフ相場と同時に上昇傾向にあったビットコイン(BTC)もその勢いは継続せずに反落して今に至ります。9月にはさまざまなイベントを控えているビットコインについてひろぴーさんの相場分析と戦略を紹介します。
ビットコイン(BTC)100万円の攻防はまだ続くのか?オシレータ的には条件は薄め。

ビットコイン(BTC)100万円の攻防はまだ続くのか?オシレータ的には条件は薄め...

8月に入り一時は大きく回復したビットコイン(BTC)。その後は、下落と上昇を繰り返す形になり、ビットコインの価格は変わらないけれども総資産は減ってしまったという方も。ひろぴー氏のBTCとETHの相場分析と今週の戦略を紹介します。

ビットコイン(BTC)価格はまだまだ上がる?8月の相場を分析

8月はやや弱気相場となってビットコイン(BTC)ですが、チャートではまだ価格の上昇がありそうな様相を示しています。他のアルトコインから独走を続けている中、これからの動きはどのようになるのでしょうか?
ビットコイン(BTC)FXのナンピントレードとは?

ビットコイン(BTC)FXのナンピントレードとは?

ビットコイン(BTC)FXをBITMEXでレバレッジをかけて取り組むボリ平さんに7月から8月頭にかけて行ったトレードの報告をしていただきました。また決済価格の設定や相場手法の1つのナンピンについても解説。
ビットコイン(BTC)のゴールデンクロスは買いサインか?

ビットコイン(BTC)のゴールデンクロスは買いサインか?

8月第二週から上昇をみせるビットコイン(BTC)相場を移動平均線のシグナルを使って説明。2017年からの大まかな相場の動きをおさらいし、ゴールデンクロスとは何か、チャートを確認する際の注意点などを紹介します。
ビットコイン(BTC)価格観測レポート

【2019年8月2日】ビットコイン(BTC)価格観測レポート

仮想通貨の初心者から中級者に向けて、ビットコイン(BTC)の現在の市場状況などを解説していきます。他にもビットコイン計算機の利用方法などの記載もあるのでお気軽に読める内容になっています。
狙いは8月1日水星巡行モードから、ビットコイン(BTC)は92−95万円がターゲット

狙いは8月1日水星巡行モードから、ビットコイン(BTC)は92−95万円がターゲ...

7月は乱高下しながらも徐々に下落傾向が続くビットコイン(BTC)。今月末には引き続き論争中のテザー問題に関する裁判など、警戒ムード漂うビットコインの相場についてひろぴー氏の分析と今週の戦略を紹介します。
ビットコイン(BTC)価格観測レポート

【2019年7月23日】ビットコイン(BTC)価格観測レポート

仮想通貨の初心者から中級者に向けて、ビットコイン(BTC)の過去のデータと現在の状況を紹介します。ビットコインの価格に影響を与える可能性のあるハッシュレートやドミナンスなどを解説します。
ビットコイン(BTC)だけが上がる相場は継続か?あと40%の上昇で200万円

ビットコイン(BTC)だけが上がる相場は継続か?あと40%上昇で200万円

一時150万円付近を付けて105万円まで反落したビットコイン(BTC)ですが、7月10日時点で140万円台を推移しています。最近のビットコインの値動きについてひろぴー氏の分析と今後の戦略を紹介します。
ビットコイン(BTC)上昇!「買い方向」へのレバレッジ取引作戦

ビットコイン(BTC)上昇!「買い方向」へのレバレッジ取引作戦

7月8日18時ごろ、ビットコイン(BTC)が突如上昇!仮想通貨取引所のBITMEXでは現物価格に先行して12,000ドルを付ける大きな上げ幅となりました。ボリ平さんの最近のビットコイン取引の作戦を紹介します。
ビットコイン(BTC)があっという間に130万円突破、米国での取引高が急増中!?

ビットコイン(BTC)があっという間に130万円突破、米国での取引高が急増中!?...

ビットコイン(BTC)があっという間に130万円を突破しました。CFTCがビットコイン先物を可能とするDCMをLedgerXに認可したニュースなどアメリアの動きが活発です。ひろぴーさんのビットコイン相場分析、今週後半の戦略を紹介します。

滞空時間長し!ビットコイン(BTC)100万円付近で揉み合い後、じり高展開か?

ビットコイン(BTC)が先日100万円台を突破し、現在はその価格帯で推移しています。Facebookの本格参入のニュースもあった中、ビットコインとイーサリアム(ETH)の価格変動をひろぴーさんが分析、今週後半の戦略を紹介します。
ビットコイン100万円!年初来高値更新、今後さらに期待できる相場に

ビットコイン100万円!年初来高値更新、今後さらに期待できる相場に

ビットコイン(BTC)が2018年5月ぶりに100万円を突破しました。しっかりと底を固めての上昇であることが、ドミナンスや24時間内の出来高からわかります。短期で見れば、ここで利確する人もいるかもしれませんが、これからの期待も大きいです。
ビットコイン(BTC)7,500〜8,000ドルの攻防が明確に!円建てよりドル建てを見よ!

ビットコイン(BTC)7,500〜8,000ドルの攻防が明確に!円建てよりドル建...

この1週間、81万円〜87万円で乱高下を繰り返しているビットコイン(BTC)の価格。このような最近の動きをふまえて、ビットコインの価格変動をひろぴーさんが分析、今週後半のポジションなどの戦略を紹介します。
ビットコイン(BTC)急落!日足レベルで調整開始、80万円割れか?

ビットコイン(BTC)急落!日足レベルで調整開始、80万円割れか?

一時90万円後半を推移していたビットコイン(BTC)も、今週に入って急落し85万円を割っています。そんなビットコインとイーサリアム(ETH)の価格変動をひろぴーさんが分析、今週後半の戦略を紹介します。
海外では1万ドルが意識されて始めるビットコイン(BTC)、浅い押し目買い継続も90万円割れには要注意!

海外では1万ドルが意識され始めるビットコイン(BTC)、浅い押し目買い継続も90...

5月24日に再度90万円を突破し、一時的に97万円を超えたビットコイン(BTC)。その後は90万円を切ることなく推移し、海外では1万ドル(110万円)も意識されています。そんなビットコインの今週後半の戦略を紹介します。

仮想通貨相場チャート情報

TradingViewによる市場の相場

相場・価格とは、仮想通貨の値動きに関することです。仮想通貨の相場はとても乱高下しています。ビットコインに関しては、2017年の1BTC当たりの価格は2015年に比べて24倍近くに膨れ上がっており、特に今年は価格が急上昇しています。ビットコインを大量に買って保管していた人はとても収益を得ている状態です。

対して、下がり幅も激しく、5月下旬にはビットコインの価格が35~21万の幅で動きました。では、なぜここまで仮想通貨は価格の乱高下が激しいのでしょうか。複数の要因がそこには絡んでいます。

一つにストップ高、ストップ安が存在しないことが挙げられます。株式市場では、一日当たりの価格変動の制限が決まっています。しかし、仮想通貨はそれがないために際限なく上下してしまうのです。

次に、取引参加者数が少ないということが挙げられます。近年増えてきたといっても、他の投資に比べるとけた違いに少ないのです。そのため、小さな要因でも乱高下してしまうことが多々あります。株式のように企業ではないので実績が加味されないので、単なる需給だけで価格が決定されてしまうのです。このような要因で価格が乱高下しがちになります。

仮想通貨を日常的に用いるために保有するのにはまだリスクが高いかもしれません。また、投資目的で保有する際にはとてもハイリスクハイリターンな資産となりそうです。どちらにしろ、これからの動向に十分注意しつつ保有することが求められます。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram