相場・価格

仮想通貨相場チャート情報

TradingViewによる市場の相場

相場・価格とは、仮想通貨の値動きに関することです。仮想通貨の相場はとても乱高下しています。ビットコインに関しては、2017年の1BTC当たりの価格は2015年に比べて24倍近くに膨れ上がっており、特に今年は価格が急上昇しています。ビットコインを大量に買って保管していた人はとても収益を得ている状態です。

対して、下がり幅も激しく、5月下旬にはビットコインの価格が35~21万の幅で動きました。では、なぜここまで仮想通貨は価格の乱高下が激しいのでしょうか。複数の要因がそこには絡んでいます。

一つにストップ高、ストップ安が存在しないことが挙げられます。株式市場では、一日当たりの価格変動の制限が決まっています。しかし、仮想通貨はそれがないために際限なく上下してしまうのです。

次に、取引参加者数が少ないということが挙げられます。近年増えてきたといっても、他の投資に比べるとけた違いに少ないのです。そのため、小さな要因でも乱高下してしまうことが多々あります。株式のように企業ではないので実績が加味されないので、単なる需給だけで価格が決定されてしまうのです。このような要因で価格が乱高下しがちになります。

仮想通貨を日常的に用いるために保有するのにはまだリスクが高いかもしれません。また、投資目的で保有する際にはとてもハイリスクハイリターンな資産となりそうです。どちらにしろ、これからの動向に十分注意しつつ保有することが求められます。

相場・価格のニュース一覧

相場・価格に関する最新ニュースやコラムなどを掲載しています
ボリ平のリップル(XRP)投資法を紹介!逆張り、損益分岐点とは…?

ボリ平のリップル(XRP)投資法を紹介!逆張り、損益分岐点とは…?

仮想通貨の中でもファンの多いリップル(XRP)は、ボリ平さんも保有する通貨の一つ。今回はボリ平流リップルの投資法を紹介!逆張りや損益分岐点はいくらなのか?リップラーの方々は今後の投資戦略を立てる際の参考にしてみてはいかがでしょうか?
ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の相場分析&買いシグナルの確認方法

ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の相場分析&買いシグナルの確認方法...

ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の相場分析コラムです。先週、仮想通貨市場は上昇傾向で今後の動きが期待されました。今回はボリ平さんによる相場分析と、Tradingviewで見る「売り・買いシグナル」の見方について解説しています。
仮想通貨市場は堅調に推移、今月中にビットコイン(BTC)100万円タッチなるか?!

仮想通貨市場は堅調に推移、今月中にビットコイン(BTC)100万円タッチなるか?...

仮想通貨相場はじわじわ上昇傾向。ビットコイン(BTC)始めイーサリアム(ETH)やビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)なども上向きに推移を始めているようです。週末はどんな相場になるのか?BTCとETHのチャート分析を行いました。
リップル(XRP)は上昇傾向?価格の下げ止まりポイント&上昇の目安はここ!

リップル(XRP)は上昇傾向?価格の下げ止まりポイント&上昇の目安はここ!

リップル(XRP)は2017年の上昇相場の後、2018年に入り下落が続いていましたが、ようやく価格の下げ止まりか?今回はボリ平氏にリップル(XRP)価格の下げ止まりのポイント、そして上昇の目安についてチャート検証を行っていただきました。
ビットコイン(BTC)の価格反騰きっかけとは?弱気市場の底は6500ドルだった説

ビットコイン(BTC)価格反騰のきっかけとは?弱気市場の底は6500ドルだった説...

ビットコイン(BTC)価格は2018年4月12日頃から5日間連続で8000ドルを超えるまで反騰してきている。仮想通貨コミュニティーでは以前よりBTCの底値は6500ドル説が流れていた。その理由は一体何なのだろうか?最近の動きについて解説します。
ビットコイン(BTC)はいよいよトレンド転換か?相場のポイントを解説

ビットコイン(BTC)はいよいよトレンド転換か?相場のポイントを解説

2018年2月以降、下落トレンドを続けていた仮想通貨相場(ビットコインを含む)ですが、ついに先日ビットコイン相場に変化が。上昇トレンドを描き始め一気に雰囲気が変わりました。今後の相場予測・見通しをボリ平さんにEMAを使って解説していただきました。
ethereumasic-and-rate-relation

イーサリアムASICとETH価格の関係性を考察する

Bitmainはイーサリアム専用のASICを発売しているが、イーサリアムASICの影響と価格に関係性はあるのか?また今後イーサリアムがどうなっていくか(ハードフォークするのか)等、イーサリアムの未来について様々なデータから考察を行いました。
イーサリアム(ETH)は上昇トレンド復活?考えられる多くの要因

イーサリアム(ETH)は上昇トレンド復活?考えられる多くの要因とは

イーサリアム(ETH)がしばらく振りとなる上昇トレンドを形成している。1週間前のファンダメンタルズ分析でも上昇の兆しが見えていたが予測通りの動きをみせている。今回はテクニカル分析などから上昇トレンド復活の要因などの考察を行っています。
イスラム法でビットコイン容認!?BTCは大陽線出現で上昇トレンド再開か?

イスラム法でビットコイン容認!?BTCは大陽線出現で上昇トレンド再開か?

イスラム法でビットコイン(BTC)が容認されたとの情報があり、ビットコイン価格が上昇しています。またリップル(XRP)も海外送金アプリが運用開始とのポジティブニュースも入ってきており、週末は久しぶりに仮想通貨市場が活発になるかもしれません。
急騰!マネックスグループの株価とビットコイン(BTC)価格は連動してたのか?

急騰!マネックスグループの株価とビットコイン(BTC)価格は連動してた?

今週の仮想通貨市場はマネックスのコインチェック買収報道で相場が転換する?という期待が高まり、報道が流れた後のマネックスG株価は急騰。ボリ平さんはビットコイン(BTC)価格と連動しているのでは?と推測。チャートを見ながら分析・検証を行いました。
上値はやはり重い展開か?コインチェック買収が確定、マネックスの正式発表は明日

上値はやはり重い展開か?コインチェック買収が確定、マネックスの正式発表は明日

今週はマネックスグループのCoinCheck(コインチェック)買収報道や、金融庁から複数の仮想通貨取引所を一斉に行政処分するという報道があった影響からか、相場にも動きが出ています。やはり上値は重いのか…?4/6の買収に関する公式発表に期待。
ビットコイン(BTC)相場の急落から利益を得る4つの基本的戦略!

ビットコイン(BTC)相場の急落から利益を得る4つの基本的戦略!

仮想通貨投資をしている人は、リスクはつきものといえど相場が急変すると不安になるのは仕方ありません。今回は投資初心者向けに、4つの基本的戦略を五月雨まくら氏に解説していただきました。自分にあった戦略を見つけてみてください。
ビットコインはもう終わりなの?仮想通貨投資に疲弊している人に見てほしい◯◯データ

ビットコインはもう終わりなの?仮想通貨投資に疲弊している人に見てほしい◯◯データ...

最近の仮想通貨市場は大きな価格変動はなく推移。「ビットコインはもう終わり?世間の興味はもう薄れた?」という声が聞こえてきてもおかしくない状況。そんな時はぜひ過去のデータをチェックしてください。仮想通貨の未来を考えるいいきっかけになります。
イーサリアム相場分析:テクニカルとファンダメンタルから見る価格変動

イーサリアム相場分析:テクニカルとファンダメンタルから見る価格変動

墨汁うまい氏いよるテクニカル(中期、長期、対フィアット)とファンダメンタル(ビットコインドミナンス、時価総額)で見るイーサリアムのチャート分析です。果たして現在の価格が最低価格なのか?考察および今後の相場見通しを解説していただきました。
仮想通貨市場バブル崩壊!?ビットコインが65万円割れならば50万円が視野に

仮想通貨市場バブル崩壊!?ビットコイン(BTC)65万円割れならば50万円が視野...

仮想通貨市場全体の価格は下落し続けています。記事執筆時、ビットコイン(BTC)価格は80万円を割っています。今後どこまで下がるのか?底値は一体?また、その他イーサリアムの相場分析も行い、ひろぴーさんの今後の価格予測、戦略を公開します。
ビットコイン(BTC)価格はいつ上がる?かんたんチャート検証

ビットコイン(BTC)価格はいつ上がる?かんたんチャート検証

最近の相場はあまり大きい変動はありません。ポジティブ情報は反応が薄く、ネガティブ情報では下落する傾向にあるようです。今回はボリ平さんが移動平均線を使ったテクニカル分析を行い、今後の相場予想をしています。果たしてBTCはいつ上がるのでしょうか?
金融庁が警告!BINANCEの営業行為を違法と判断:ビットコイン週末戦略(3/23~)

金融庁が警告!BINANCEの営業行為を違法と判断:ビットコイン週末戦略(3/2...

本日金融庁から発表のあった香港に本社を置く仮想通貨最大手取引所の一つBINANCEへの警告。これはビットコイン(BTC)相場には影響はあるのでしょうか。またどのくらいのレンジでBTCは推移するのか、ひろぴー氏に週末戦略を公開していただきました。
Google広告規制ビットコインへの影響

ビットコイン急落:Googleが仮想通貨広告を禁止で!?【週末戦略】

FaceBookに続きGoogleの仮想通貨広告規制した影響で、ビットコインが下落しましたが、米最大手取引所のcoinebaseがバークレイズ銀行と業務提携をするというポジティブなニュースもあります。市場としては、重苦しい雰囲気になっています。
NEM(XEM)価格が16%上昇する中、主要の仮想通貨は続々と下落

NEM(XEM)価格が16%上昇、要因はコインチェック社の被害者補償?

今週初め、主要仮想通貨100種類のうち97種類が下落する中NEM(XEM)だけが上昇したいた。その割合も16%も上昇していたのことで投資家達がかなり注目している。要因はコインチェックのNEM盗難事件の被害者補償なのか、詳細は記事をご覧ください。
株式市場もビットコイン(BTC)の動きに注目している?その理由とは…

株式市場もビットコイン(BTC)の動きに注目している?その理由とは…

海外メディアで伝えられたアメリカの新債券王の「株価の動向を知りたければ、ビットコインを見るべきだ」という言葉にボリ平さんは注目。独自の見解を解説。仮想通貨と各市場の動きには相関性があるのでしょうか?詳しくはコラムをご覧ください。
MtGox(マウント・ゴックス)の残資産、2000億の売りが重し?ビットコイン(BTC)週末戦略

マウント・ゴックス(MtGox)の残資産、2000億の売りが重し?ビットコイン(...

マウント・ゴックスの管財人を務める小林弁護士が今後2000億円規模の仮想通貨を随時売却していく意思があることを明らかにした。かなり大きな規模なのでビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)にも影響があるかも?!詳細はコラムをご覧ください。
今は売り?買い?仮想通貨の市場動向を探る方法~eToro(イートロ)の使い方~

今は売り?買い?仮想通貨の市場動向を探る方法【eToro(イートロ)の使い方】

仮想通貨の市場を探る一つの方法として、ボリ平さんはeToro(イートロ)を活用しているそうです。今回はeToroの使い方と実際にどのようにして市場動向を探っているのか、詳細を画像つきでわかりやすく解説していただきました!
週末はビットコイン(BTC)買い場到来なるか!?NEM(XEM)が安い!

ビットコイン(BTC)買い場到来なるか!?NEM(XEM)が安い!【週末戦略】

ひろぴーさんの週末戦略(2月23日~25日)です。ビットコイン(BTC)は買い場の到来となるのでしょうか?また、現在NEM(XEM)の価格が下がり今年の最安値更新となるかもしれません。下落している要因は何なのでしょうか?詳細は記事をご覧ください。
私のコインチェック銘柄の状況と、他社より価格が安すぎるのは何故か?について

コインチェックのレートが他社より安すぎるのはなぜ?ビットコイン(BTC)とリップ...

コインチェック(coincheck)社のNEM流出事件からもう少しで1ヵ月が経とうとしています。現在コインチェック仮想通貨レートが他社よりも安い状況。これは一体なぜなのでしょうか?また、利用可能・停止中のサービスもまとめて一覧で紹介します。
仮想通貨市場の上昇を示唆する時価総額のデータからわかること

仮想通貨市場の上昇を示唆する時価総額のデータからわかることとは?

仮想通貨市場の価格と関連が高い時価総額。この指標は定期的にチェックすることで、市場の動き(全体像)が見えてくるといいます。今回はボリ平さんに過去データや直近のデータをもとに、時価総額という指標からわかることを解説していただきました。
ビットコイン(BTC)反発!価格上昇の目安をかんたんに見る方法とは?

ビットコイン(BTC)反発!価格上昇の目安をかんたんに見る方法とは?

先週急落したビットコイン(BTC)は現在、価格は78.6%のところまで反発してきています。価格は下落もあれば上昇もあります。投資家の方々はもうそろそろかも…と、上昇予想をたてるようです。では、どうやったらその目安がわかるのでしょうか?
ビットコイン100万円台回復

11日ぶりにビットコイン100万円台に回復

ビットコインの価格が11日ぶりに100万円台に回復した。一時65万円まで値を下げた場面もあったが、徐々に回復してきた形だ。今後の推移に関して、注視していきいたい。
仮想通貨大暴落劇 損失拡大中

仮想通貨大暴落劇 損失拡大中|目標1,000万!250万からの挑戦

大きく価格が落ちてる仮想通貨業界でのリアルトレード体験記です。株などをやっており、株価が半分以下になったことを経験しているので、暴落しても「下がったか」くらいの感情しかないのが嬉しいところです。投資は余剰資金でやるようにしましょう。
ビットコイン(BTC)が一時68万円台に!1週間でマイナス約60%を記録

ビットコイン(BTC)が一時68万円台に。1週間で約60%の下落を記録

本日(2018年2月6日)ビットコインがついに60万円台にまで下落した。2017年12月に220万円まで上昇したビットコインはわずか2ヵ月で2017年10月ころと同じくらいの価格まで下落したということになる。
週末はセリングクライマックスくるか!?ビットコイン・NEM(XEM)週末戦略2月2日~

週末はセリング・クライマックスくるか!?ビットコイン(BTC)&NEM(XEM)...

ひろぴーさんによる、ビットコイン(BTC)&ネム(NEM)の週末戦略を公開!コインチェック関連のニュースが多かったりと非常に読みづらい相場ではありますが、ひろぴーさんはある可能性を考えているようです。それは一体…?
2018年2月2日仮想通貨急落

仮想通貨暴落 ビットコイン95万、イーサリアム10.5万、リップル95円

仮想通貨市場の急落が止まらない。coinmarketcapのデータだと、2018年1月8日から下がりはじめて、現在は2017年12月中旬頃の時価総額と同じくらいまで下げている状況。要因としては、様々あるが、今後注意していきたい。
BTC、モナコイン、リップル、NEM(XEM)のポートフォリオ

BTC、モナコイン、リップル、NEM(XEM)のポートフォリオ|目標1,000万...

ポートフォリオは、モナコイン、ネム、リップルとビットコイン少々という形です。今はペペキャッシュをどこで狙うか考えている状態です。先週の暴落から盛り返し、多少安定してる感があるので、材料があれば急騰も急落もあり得るということを考えて、次の一手を考え中です。
仮想通貨の年始大暴落相場は1月のアノマリーか?

仮想通貨の年始大暴落相場は1月のアノマリーか?

相場の格言・アノマリー(法則)に「ジャニュアリー・エフェクト:1月効果」というものがあります。ビットコインは、その年の1月に最安値をつける大暴落が毎年発生しています。2015年から振り返って、どれくらいの暴落があったのかを考察してきます。
AntpoolがセルフGOX?!ビットコイン暴落の要因を分析

AntpoolがセルフGOX?!ビットコイン暴落の要因を分析

年始早々(1月16日)に大暴落となったビットコイン相場ですが、どうして大幅な下落となったのでしょうか。AntpoolがセルフGOXしたから?仮想通貨規制ラッシュが続いているから?考えられる要因を墨汁うまい氏が解説しています。
2018年1月16日ビットコイン暴落の考察

『ビットコイン暴落Xデー』 今、何が起きてるのか?

2018年1月16日、ビットコインの大暴落が起こり、一時100万円を割る場面もありました。1月18日現在のレートは安定していますが、何が起きていたのかを、取引ボリュームからのアプローチで考察していきます。
急落相場のビットコイン大口アドレス推移観測

急落相場のビットコイン 大口アドレス推移観測

仮想通貨が全体的に急落中。急騰もあれば急落もあります。ビットコインの大口アドレス(ユーザー)に動きはあったのでしょうか。大口アドレス保持者の推移観測をしてみました。
ビットコイン含め仮想通貨大幅下落

ビットコイン含め仮想通貨全体大幅下落 140万円台一時突入

2018年1月16日、仮想通貨が大幅下落している。ビットコインを筆頭に下落しており、20%以上の下落がある通貨が多数ある。時価総額に関しても大きく下がっている状況。
リップルに似ている?ステラ(Stellar)が高騰!その特徴も

リップルに似ている?ステラ(Stellar)が高騰!その特徴も

今回は、長らく存在していたものの若干存在感を示せずにいたステラ―についてボリ平さんが紹介。4200円の投資資金が半年で14万円になっているようです。
韓国の追加規制報道を受け、ビットコインの上値が重い。BTC週末戦略12月28日〜

ビットコイン週末戦略12月28日: 韓国の規制報道で上値が重い

本日は2017年ラストのひろぴーコラム。週末のビットコイン戦略をどう考えるのでしょうか?2017年、韓国では様々な事件が起きました。こういった影響から韓国では規制が強くなってきています。こういった影響は相場に現れているのか、詳細は記事をご覧下さい。
仮想通貨市場暴落の原因は何か?

仮想通貨市場暴落の原因は何か?

12月22日、ビットコインの価格は急落しました。その理由は一体なんだったのでしょうか、そしてこれから価格はどこへ向かうのでしょうか?
仮想通貨(ビットコイン)で250万を目標1000万に挑戦

12/25 仮想通貨(ビットコイン)目標1,000万!250万からの挑戦

ビットコインの価格が落ち込んできています。12/25 11時45分時点で159万となっています。先週200万を超えていたので大きなボラティリティなので、トレードする際は十分注意してください。
ウクライナの取引所Liquiがハッキング被害?BTC週末戦略

ウクライナの取引所Liquiがハッキング被害?ビットコイン週末戦略

本日、ウクライナの取引所である「Liqui」が6万枚のビットコイン(BTC)がハッキングされるという事件が起きました。すでに売りに出されたらしいとの情報もあるようです。この件についてひろぴーさんは週末の戦略を立てるのでしょうか?

ビットコイン週末戦略12月15日〜:200万円台トライなるか?

200万円手前で数日間落ち着いていたビットコインの価格。これからの動きはどうなるのか、ひろぴーが分析します。200万円をこえてさらに勢いづく可能性があるもののCME先物スタート後にセル・ザ・ファクトで急落も警戒・・・

CBOEでビットコインの先物取引スタート

シカゴオプション取引所でビットコインの先物取引がスタートした。ビットコインの価格は、先週金曜日の終値は198万円だったものの、土日は2日続けて下落し、ボラティリティの高い相場となった。
仮想通貨(ビットコイン)で250万を目標1000万に挑戦

12/11 仮想通貨(ビットコイン)目標1,000万!250万からの挑戦

ビットコインの相場は先週から大きく変動しています。240万から140万のレンジでの動きとなっていました。現物で購入のみであれば、良いのですがFXで売りから入る場合などは注意が必要です。くれぐれも無理のない投資をお勧めします。

リップル社がロックアップを発表してXRP急騰!どう動いたか?

リップルが約束していたロックアップの詳細を発表。これまでは平均月に3億XRP放出していましたが、2018年から毎月10億XRPまでリップル社が使えるようになるとのこと。市場で売却したり、マーケットメーカーへのインセンティブとして使われる予定とのことです。

ビットコインのチャート分析、週末戦略12月8日〜

急上昇を続けているビットコイン、今週末は激しい相場の動きに備えて、一旦手じまい、あえててを出さない方針のようです。

チャート分析~時間帯でみる200万突破ビットコイン価格動向

ボラティリティの激しいビットコイン。今回は、東京時間、欧州時間、NY時間と、時間帯別にビットコイン相場のトレンドを分析してみます。
モナコイン急騰相場に乗ってみた。投資ポイントはここだ!

モナコイン急騰相場に乗ってみた。投資ポイントはここだ!

モナコインは10月から定期的に急騰場面がありましたが、直近では11月28日に史上最高値700円台を超え上昇、大きな話題となりました。今回はそのモナコイン”第2波からの投資法”について解説します。
モナコイン

モナコイン1,000円、2ヶ月足らずで10倍に

モナコインの価格が2017年12月5日に1000円を突破した。モナコインは、日本で生まれた仮想通貨であり、活発なコミュニティなどもある。ツイッター上でお互いにモナコインを送りあえるTipmonaで投げ銭も出来る

仮想通貨相場チャート情報

TradingViewによる市場の相場

相場・価格とは、仮想通貨の値動きに関することです。仮想通貨の相場はとても乱高下しています。ビットコインに関しては、2017年の1BTC当たりの価格は2015年に比べて24倍近くに膨れ上がっており、特に今年は価格が急上昇しています。ビットコインを大量に買って保管していた人はとても収益を得ている状態です。

対して、下がり幅も激しく、5月下旬にはビットコインの価格が35~21万の幅で動きました。では、なぜここまで仮想通貨は価格の乱高下が激しいのでしょうか。複数の要因がそこには絡んでいます。

一つにストップ高、ストップ安が存在しないことが挙げられます。株式市場では、一日当たりの価格変動の制限が決まっています。しかし、仮想通貨はそれがないために際限なく上下してしまうのです。

次に、取引参加者数が少ないということが挙げられます。近年増えてきたといっても、他の投資に比べるとけた違いに少ないのです。そのため、小さな要因でも乱高下してしまうことが多々あります。株式のように企業ではないので実績が加味されないので、単なる需給だけで価格が決定されてしまうのです。このような要因で価格が乱高下しがちになります。

仮想通貨を日常的に用いるために保有するのにはまだリスクが高いかもしれません。また、投資目的で保有する際にはとてもハイリスクハイリターンな資産となりそうです。どちらにしろ、これからの動向に十分注意しつつ保有することが求められます。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@