• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • モナコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • リスク 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアムクラシック 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • BitTrade (ビットトレード)
  • バイナンス(BINANCE)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • coincheck(コインチェック)
  • クラーケン (Kraken)
  • みんなのビットコイン
  • ポートフォリオ
  • PR

相場・価格

仮想通貨相場チャート情報

TradingViewによる市場の相場

相場・価格とは、仮想通貨の値動きに関することです。仮想通貨の相場はとても乱高下しています。ビットコインに関しては、2017年の1BTC当たりの価格は2015年に比べて24倍近くに膨れ上がっており、特に今年は価格が急上昇しています。ビットコインを大量に買って保管していた人はとても収益を得ている状態です。

対して、下がり幅も激しく、5月下旬にはビットコインの価格が35~21万の幅で動きました。では、なぜここまで仮想通貨は価格の乱高下が激しいのでしょうか。複数の要因がそこには絡んでいます。

一つにストップ高、ストップ安が存在しないことが挙げられます。株式市場では、一日当たりの価格変動の制限が決まっています。しかし、仮想通貨はそれがないために際限なく上下してしまうのです。

次に、取引参加者数が少ないということが挙げられます。近年増えてきたといっても、他の投資に比べるとけた違いに少ないのです。そのため、小さな要因でも乱高下してしまうことが多々あります。株式のように企業ではないので実績が加味されないので、単なる需給だけで価格が決定されてしまうのです。このような要因で価格が乱高下しがちになります。

仮想通貨を日常的に用いるために保有するのにはまだリスクが高いかもしれません。また、投資目的で保有する際にはとてもハイリスクハイリターンな資産となりそうです。どちらにしろ、これからの動向に十分注意しつつ保有することが求められます。

相場・価格の記事一覧
相場・価格に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

ビットコイン(BTC)はボトム脱出! 45万円突破ならダブルボトム形成へ

ビットコイン(BTC)はボトム脱出! 45万円突破ならダブルボトム形成へ

仮想通貨市場がようやく活気づいてきたとひろぴー氏。ビットコインも反発し、執筆現在43万円付近を推移しています。本稿ではミンブルウィンブルの実装期待で上昇しているとされるライトコイン(LTC)とビットコインの今後のトレード戦略を紹介します。
ビットコイン(BTC)の行方はイーサリアム(ETH)に聞け

ビットコイン(BTC)の行方はイーサリアム(ETH)に聞け

ビットコインの価格に振り回された…そんな経験をお持ちの方も多いと思いますが、トレードをしている方にとって相場を先読みできる方法があればどんなに嬉しいことか。本コラムではBTCの先行きを知る手がかりになるかもしれない1つの考え方を紹介します。
ビットコイン(BTC)は40万円回復なるか?バイナンストークン(BNB)は絶好調!

ビットコイン(BTC)は40万円回復なるか?バイナンストークン(BNB)は絶好調...

仮想通貨市場は先週まで軟調な動きを見せていましたが、ビットコイン(BTC)は40万円をうかがう展開になりそうな予感。ポジティブなニュースもあり今後の相場から目が離せません。本日はBTCとBNB(バイナンストークン)の分析を行っています。
仮想通貨市場はバイナンス(Binance)銘柄が元気!BTTやBNBが好調か

仮想通貨市場はバイナンス(Binance)銘柄が元気!BTTやBNBが好調か

ビットコイン(BTC)をはじめ仮想通貨市場は軟調な状況が続いていますが、ここにきてバイナンス(Binance)銘柄の動きが目立ってきています。今回は、いま勢いのあるBTTとBNBの値動きをチャートで追っています。
仮想通貨市場全体が軟調の中トロン(TRX)は好調、ライトコイン(LTC)も踏ん張りを見せる

仮想通貨市場が軟調の中トロン(TRX)は好調、ライトコイン(LTC)も踏ん張りを...

仮想通貨の市場全体が軟調になってきており、ビットコイン(BTC)も下落中。そんな中でもトロン(TRX)は好調な動きを見せています。他にもライトコイン(LTC)が踏ん張っており、今後どんな動きとなるのか、ひろぴー氏のトレード戦略を公開します。
じっくり行こう!2019年1月のビットコイン(BTC)相場を読む

じっくり行こう!2019年1月のビットコイン(BTC)相場を読む

2017年の仮想通貨バブルから下落した2018年、そして2019年がスタートしてから約1ヶ月の今、ビットコイン(BTC)相場はどのようになっているのでしょうか?仮想通貨の時価総額、BTCチャートなどから、今後の相場を考察しました。
ライトコイン(LTC)が底堅い!?ビットコイン(BTC)は1時間足でダマシの連発

ライトコイン(LTC)が底堅い!?ビットコイン(BTC)は1時間足でダマシの連発...

2019年1月は38〜42万円で推移するビットコイン(BTC)市場。ひろぴー氏によるトレード戦略を公開。今回は、ビットコインよりもテクニカル条件が好転し、ひろぴーが注目するライトコイン(LTC)の分析も紹介。
イーサリアムのコンスタンティノープルが再延期!タイミングの悪い悪材料に…

イーサリアムのコンスタンティノープル再延期!このタイミングで悪材料に…

近日中に予定されていたイーサリアムのアップデートのコンスタンティノープルの実装が延期なったことで、相場にも影響が出ているようです。ここにきての延期は正直イタイとひろぴー氏。本日~週末にかけてのトレード戦略を公開します。
仮想通貨市場はリスクオン?底堅い値動きから今月中旬を予測!

仮想通貨市場はリスクオン?底堅い値動きから今月中旬を予測!

2019年一発目のひろぴー氏による相場分析コラム。今回は、徐々に反発形状になりつつあるビットコインやその他ライトコインの日足チャートを分析しています。目先のターゲットはいくらなのか?今月中旬を予測しました。
業界人の予想は当たったのか?2018年のビットコイン(BTC)価格予想を検証

業界人の予想は当たったのか?2018年のビットコイン(BTC)価格予想を検証

1月1日時点で167万円だったビットコイン(BTC)の価格は、大きく下がり、仮想通貨にとって苦しい1年だったのではないでしょうか。そんななか、さまざまな業界人はビットコイン価格について予想を発表してきました。その予想をまとめて紹介します。
仮想通貨市場は戻りの調整を終えたか?2018年最終週に向けたトレード戦略

仮想通貨市場は戻りの調整を終えたか?2018年最終週に向けたトレード戦略

2018年の仮想通貨市場は大きな動きがあった1年でした。12月になった今も、BTCが反落を始めており気が抜けない状況。本コラムはひろぴーさんによる2018年最後のトレード戦略となります。年末にかけてどのような手法をとっているのか解説します。
イーサリアム(ETH)価格チャート分析、予想される2019年の展開とは?

イーサリアム(ETH)価格チャート分析、予想される2019年の展開とは?

イーサリアム(ETH)はおよそ1年前より大幅な下落(約94%)を記録しました。2019年はコンスタンティノープルの実装を1月に控えていることから、ETH価格について、来年に予想される展開を墨汁うまい氏に考察していただきました。
大底をつけトレンド転換か?ビットコイン(BTC)の価格チャート分析

大底をつけトレンド転換か?ビットコイン(BTC)の価格チャート分析

11月下旬からの仮想通貨下落相場。大底をつけたビットコイン(BTC)はついにトレンド転換なのか?過去と現在のビットコインチャートを比較して、チャート分析を行いました。次なるターゲットについて、投資家ボリ平さんに考察していただいてます。
ビットコイン(BTC)ショートカバー炸裂!日足レベルでレンジ相場に移行か?

ビットコイン(BTC)ショートカバー炸裂!日足レベルでレンジ相場に移行か?

しばらく30万円台を推移していたビットコイン(BTC)が急反発し40万円を超えていきました。本コラムでは投資家ひろぴー氏に最近のビットコインの値動きを踏まえたBTCトレードの戦略を紹介していただきました。
仮想通貨市場は軟調な様相、しばし下限でレンジ相場?下値ラインと戻りラインを探る展開か?

仮想通貨市場は軟調な様相、しばし下限でレンジ相場?下値ラインと戻りラインを探る展...

11月下旬より続く仮想通貨の下落相場ですが、ビットコイン(BTC)は30万台、イーサリアム(ETH)も1万円割れをする場面が。本コラムでは投資家ひろぴー氏に週後半のBTCトレード戦略や最近の気になるトピックスについて紹介していただきました。
仮想通貨の今後予測される動きは?2019年、その先はどうなる…?

仮想通貨の今後予測される動きは?2019年、その先はどうなる…?

下落相場が続く仮想通貨界隈では今年もさまざまな事件が起こりました。そんな2018年の主な出来事を振り返りました。また2019年のさまざまな予定など、ファンダメンタルな面から仮想通貨のこれからを考察します。
暗号通貨市場が11月後半に大きく下落をした5つの要因とは?

暗号通貨市場が11月後半に大きく下落した5つの要因とは?

ほぼ一貫してベアマーケットだった2018年の暗号通貨市場。11月には今年2番目となる大幅な値下げを記録しました。ビットコインキャッシュ(BCH)のハッシュウォーをはじめ、今回の下落の原因と考えられる5つの出来事を紹介します。
ビットコイン(BTC)相場、戻りは限定的か?

ビットコイン(BTC)相場、戻りは限定的か?

明るいニュースが流れているものの、依然として苦しい状態が続く仮想通貨市場。本コラムではハッシュレートから見るビットコイン(BTC)の値動き、チャートから考える今後の価格予測、ひろぴー氏の戦略を紹介します。
ビットコイン(BTC)暴落の要因は?最高値240万円から40万円までの下落はなぜか

ビットコイン(BTC)暴落の要因は?最高値240万円から40万円までの下落はなぜ...

2018年11月下旬に起きたビットコイン(BTC)の暴落相場。2017年末には240万円を記録したビットコインに一体何が起きたのか?価格が下落したきかっけと考えられる直近の出来事に加え、相場全体をファンダメンタル中心に考察を行いました。
マーケット構造の変化:2018年に起きたこと&今後起こり得ること

マーケット構造の変化:2018年に起きたこと&今後起こり得ること

2018年で起きたマーケット構造の変化と、今後起こりうるマーケット構造の変化についてのコラムです。Coinbase(コインベース)の動向を参考にし、2018年と2017年と比較して、今後起こりうる変化を考察しました。
仮想通貨ポートフォリオ ChoiFoli

【シェア機能/複数ポートフォリオ管理実装】仮想通貨ポートフォリオ:ChoiFol...

仮想通貨ポートフォリオのChoiFoliが、Twitter、フェイスブック、ラインなどでのシェア機能、複数ポートフォリオを作成できる機能を追加しました。使いやすいツールとなっているので、仮想通貨を保有している方は是非、一度ご利用頂ければと思います。
仮想通貨市場は戻り売り相場、ビットコイン(BTC)は40万円台のレンジ形成か?

仮想通貨市場は戻り売り相場、ビットコイン(BTC)は40万円台のレンジ形成か?

仮想通貨市場は下落が続いています。ビットコインは40万円台が続き、どうやらコアレンジに移行した可能性もでてきました。本コラムではビットコイン(BTC)の現在の値動き、今後の価格予測、ひろぴー氏のトレード戦略を公開しています。
下落相場に買い向かう!ビットコイン(BTC)購入の重要ポイント

下落相場に買い向かう!ビットコイン(BTC)購入の重要ポイント

下落中のビットコイン(BTC)相場。投資家のボリ平さんはBTCを1枚買い増したそうです。どのようなタイミングで買い増しを行ったのか?いくらで購入したのか、購入時の注意点など、購入時の相場状況とともに解説します。
大幅下落のビットコイン(BTC)・仮想通貨相場、年末までの心構え

大幅下落のビットコイン(BTC)・仮想通貨相場、年末までの心構え

ビットコイン相場は、BTC/USD相場でも4,000ドル割れをするなど急落、仮想通貨市場も全面安となっています。昨年と比較すると2018年は調整相場になったとボリ平氏。残り1ヶ月の年末相場に向けて知っておくべきことや心構えなどを紹介します。
仮想通貨急落の舞台裏:SECが未登録ICOに罰金約2,820万円、投資家には朗報もICO企業には悪夢?

仮想通貨急落の舞台裏:SECが未登録ICOに罰金約2,820万円、投資家には朗報...

直近で起きた仮想通貨の急落について、背景にはどのようなことが起きていたのか。11月16日にSECが発表した未登録ICO企業に罰金約2,820万円を課した件、この事例が投資家には朗報でもICO企業には悪夢となるかもしれない理由を紹介します。
ビットコイン(BTC)は200日線を割ってはいけない、その理由とは?

ビットコイン(BTC)は200日線を割ってはいけない、その理由とは?

11月下旬はビットコイン(BTC)を含む仮想通貨の価格が大きく下落しました。そこで、トレーダーや投資家なら意識しておくべき200日移動平均線の見方やなぜ大切なのかといった点、そして価格が200日線を割ってしまうとどうなるのか等を解説。
ビットコイン(BTC)が大底割れ、世界は仮想通貨に少々嫌気?

ビットコイン(BTC)が大底割れ、世界は仮想通貨に少々嫌気?

先週のビットコインハードフォークが引き金となったのか、ビットコイン(BTC)は60万円、そして50万円を割り込む相場に。最近の重要トピックを紹介しつつ、週後半のビットコイントレード戦略、そしてリップルのXRPの相場状況についても紹介します。
ビットコインキャッシュ(BCH)がハードフォークへ、フォーク後の仮想通貨価格を予想

ビットコインキャッシュ(BCH)がハードフォークへ、フォーク後の仮想通貨価格を予...

ビットコインキャッシュ(BCH)が11月15日にハードフォークを予定。それにあわせて、ビットコインキャッシュ円(BCH/JPY)の価格分析や、ひろぴーさんの独自の見解をコメントしいます。どのような結果になるのか、展開を見守りましょう。
仮想通貨の市場が全体に盛り上がる!Bull(強気な)相場入りなのか?

仮想通貨の市場が全体的に盛り上がる!Bull(強気な)相場入りなのか?

ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)に続き、仮想通貨市場が全体的に盛り上がってきました。年末にかけてどのような動きを見せるのか?本コラムではビットコイン(BTC)の動きを含めひろぴー氏の今週後半のトレード戦略を公開します。
ビットコイン(BTC)小急落も下値ブレイク失敗?!リップル(XRP)は主要アルトコインの中で堅調維持

ビットコイン(BTC)小急落も下値ブレイク失敗?!リップル(XRP)は主要アルト...

ひろぴー氏による週後半のトレード戦略を公開!今週は変動(小急落)のあったビットコイン、そして動きが堅調なリップル(XRP)に焦点を当てて解説をしています。果たしてXRPの上値ブレイクはいつになるのか?サポートラインはどの辺りなのでしょうか?
相場が下落したらビットコイン(BTC)を使えばいい「現受け」という考え方

相場が下落したらビットコイン(BTC)を使えばいい「現受け」という考え方

「現受け」とは何か?一部のFX会社で取り扱っているサービスだが、現受けは、円を売り得た外貨(通貨)を、円に戻さずそのまま使う方法のことをさす。これをビットコイン(BTC)など仮想通貨で出来たら…という点について考えてみた。
仮想通貨市場は2,000兆円越えに?ドバイの企業が10年後の予想を発表

仮想通貨の市場規模は2,000兆円越えに?ドバイの企業が10年後の予想を発表

投資顧問業のdeVere GroupのCEOが、今後10年の間に仮想通貨市場が少なくとも5000%以上拡大し、2,000兆円を超えるとの予想を発表。また市場は拡大する一方で、ビットコイン(BTC)の影響力は減少する理由とは?
テザー(USDT/Tether)問題から一服。ビットコイン(BTC)はさらに小動きへ

テザー(USDT/Tether)問題から一服。ビットコイン(BTC)はさらに小動...

仮想通貨(ビットコイン)の今週(2018年10月22日~28日)の中間トレード戦略をひろぴー氏が解説。今月のテザー(USDT/Tether)価格急落問題から一旦落ち着きを取り戻し、最近のトピックスを紹介しつつBTCテクニカル分析をお届け。
仮想通貨の相場分析:ビットコイン(BTC)チャート移動平均線の本当の使い方

仮想通貨の相場分析:ビットコイン(BTC)チャート移動平均線の本当の使い方

仮想通貨に限らずFXなど投資におけるテクニカル分析で役に立つ移動平均線(MA)についての説明コラム。どのように相場・チャート分析をしたらいいのか、移動平均線の仕組み、使い方、チャート、基礎の用語を併せてわかりやすく解説します。
仮想通貨の全面安は株式市場下落のせいではない?その理由とは

仮想通貨の全面安は株式市場下落のせいではない?その理由とは

10月10日に大幅下落を記録した米株式市場。果たしてこの下落は続くのか?そして仮想通貨市場に影響はあるのかなどをデータから解析。仮想通貨、日本株、米国株といった各市場の時価総額ランキングから読み取れる今後の仮想通貨市場を考察しました。
今年最低のボラティリティ!?ビットコイン(BTC)は少し下押しの展開か

今年最低のボラティリティ!?ビットコイン(BTC)は少し下押しの展開か

週後半にかけてのトレード戦略コラムです。本日(2018/10/10)はビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)のチャート分析を紹介。仮想通貨の市場全体的に下押ししそうな状況ですが、ひろぴー氏は一体どういった戦略に出るのか?
相場・チャートで見るビットコイン(仮想通貨)の上手な買い方とは?

相場・チャートで見るビットコイン(仮想通貨)の上手な買い方とは?

仮想通貨の取引には現物と先物がありますが、今回は現物の仮想通貨の購入方法を解説。買い方は「上昇トレンドで買う」「下落トレンドで買う」の2パターンあります。ビットコイン(BTC)を例にして、それぞれの買い方ポイントなどをまとめました。
リップル(XRP)は短期的にショート戦略?RCI、ボリンジャーバンドを使ったテクニカル分析

リップル(XRP)は短期的にショート戦略?RCI、ボリンジャーバンドを使ったテク...

米国にて開催されたリップル(Ripple)主催のカンファレンス「SWELL 2018」イベント後はどのようなXRP相場が予測できるのか?ひろぴー氏のトレード戦略は短期的にショートというその理由やRCI、ボリンジャーバンドを使った分析を紹介。
リップル(XRP)価格の上昇、次の目標はいくら?仮想通貨トレード戦略

リップル(XRP)価格の上昇、次の目標はいくら?仮想通貨トレード戦略

2018年9月末のリップルのXRP上昇は多くのリップラーはじめ、仮想通貨市場を盛り上げました。本稿ではリップル保有者のボリ平氏がXRPのチャート分析、そして次のXRP価格のターゲットなどを投資家の視点から解説しています。
仮想通貨市場に反転の兆し?ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)のトレンドの見極め方

仮想通貨市場に反転の兆し?ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)のトレン...

仮想通貨市場に反転の兆しが見えてきたかもしれない。FX、株、仮想通貨の(投資家兼)トレーダーひろぴー氏がビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のチャートを分析。仮想通貨関連の重要ニュースなども併せて解説しています。
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)相場をスマホチャートで読むポイントを解説

ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)相場をスマホチャートで読むポイントを解...

2018年9月20日に起きたZaif(ザイフ)のハッキング。この影響もあって一時相場に影響があった。被害のあったビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH/BCC)、モナコイン(MONA)、他にもリップル(XRP)の価格動向を分析。
仮想通貨ガチホ勢も下落相場で稼ぐ!レバ勢は利率を見て稼ぐ!その方法とは?

仮想通貨ガチホ勢も下落相場で稼ぐ!レバ勢は利率を見て稼ぐ!その方法とは?

仮想通貨の相場盛り上がりは2017年に比べると落ち着いており、価格も長らく下落傾向にあります。このような相場でも稼げる方法があるとボリ平氏。レンディングサービスを使った稼ぐ方法とは?実際にレンディングをやってみた実践レポートもお届けします。
ビットコイン(BTC)は狭いレンジで推移、ポイントは65万円?週後半トレード戦略

ビットコイン(BTC)は狭いレンジで推移、ポイントは65万円?週後半トレード戦略...

投資家ひろぴー氏による週後半トレード戦略。ビットコイン(BTC)はここ最近狭いレンジでの動きとなっており、分析しにくい相場となっています。本稿ではRCIを参考にビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)の分析を行いました。
ビットコイン(BTC)取引量は円建てシェア低下、チャート節目の読み方を変えるべき?

ビットコイン(BTC)取引量は円建てシェア低下、チャート節目の読み方を変えるべき...

一年前はビットコイン(BTC)シェア数の多かった日本円ですが、2018年9月時点での現段階は1位がUSDT建てになっています。このことをふまえたチャート分析、ドル建てと日本円建ての関係性について、ボリ平氏が解説を行いました。
ビットコイン(BTC)は週末に下落トレンド転換?下げ止まるか?

ビットコイン(BTC)は週末に下落トレンド転換?下げ止まるか?

週末のひろぴートレード戦略を公開。今週はアルトコインがさらに下落した1週間でETHも2万円を切る場面も。今回はビットコイン(BTC)/円、イーサリアム(ETH)/円で一目均衡表を使ったチャート分析で、週末の戦略を解説しています。
ビットコイン(BTC)価格急落にて、振り出しへ!なんとも不可解な値動き

ビットコイン(BTC)価格急落にて振り出しへ!なんとも不可解な値動き

今週はビットコイン(BTC)価格が急落しました。この下落要因は一体何なのでしょうか?本稿では、週末のビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)のトレード戦略を公開。ひろぴー氏はどのポイント、価格に注目しているのでしょうか。
ビットコイン(BTC)価格、週末は80万円回復へ!?ボトム圏完全脱出を図る

ビットコイン(BTC)価格、週末は80万円回復へ!?ボトム圏完全脱出を図る

2018年8月最終日のひろぴーのビットコイン(BTC)価格の週末トレード戦略。最近のホットなニュースに加え、ビットコイン(BTCJPY-FX)のテクニカル分析を行った。週末は80万円台回復を予測か?注目の相場状況をチェック!
仮想通貨の購入時、どのコインがお買い得なのかを確認する方法とは?【初心者向け】

仮想通貨の購入時、どのコインがお買い得なのかを確認する方法とは?【初心者向け】

初心者の方が仮想通貨を購入する時どういった判断で購入を決めればいいのでしょうか?特定の通貨が決まっていない場合は、まずコインを購入する際に一度、仮想通貨の時価総額ランキングリストを見てみることをおすすめします。その理由を解説します。
ビットコイン(BTC)週末トレード戦略:SECによるETF承認は否決、下落も限定的だが…

ビットコイン(BTC)週末トレード戦略:SECによる9本のETF否決、下落も限定...

ビットコイン(BTC)は、SECによるビットコインETFの却下報道で相場への影響を予想していたが、下落は限定的。現在のビットコイン価格、今後の想定レンジ、週末の抑えておきたいポイントなど、ひろぴーのトレード戦略を公開!
仮想通貨リップル(XRP)の買い増しターゲットポイントとは?

仮想通貨リップル(XRP)の買い増しターゲットポイントとは?

リップル(XRP)はボリ平さんも好きな仮想通貨の1つ。しかし2018年に入り価格は下落傾向。ここでボリ平さんは買い増しを決意。どのタイミングで買い増したのか?ターゲットポイントはどこなのか?買い増しの一連の流れを紹介。

仮想通貨相場チャート情報

TradingViewによる市場の相場

相場・価格とは、仮想通貨の値動きに関することです。仮想通貨の相場はとても乱高下しています。ビットコインに関しては、2017年の1BTC当たりの価格は2015年に比べて24倍近くに膨れ上がっており、特に今年は価格が急上昇しています。ビットコインを大量に買って保管していた人はとても収益を得ている状態です。

対して、下がり幅も激しく、5月下旬にはビットコインの価格が35~21万の幅で動きました。では、なぜここまで仮想通貨は価格の乱高下が激しいのでしょうか。複数の要因がそこには絡んでいます。

一つにストップ高、ストップ安が存在しないことが挙げられます。株式市場では、一日当たりの価格変動の制限が決まっています。しかし、仮想通貨はそれがないために際限なく上下してしまうのです。

次に、取引参加者数が少ないということが挙げられます。近年増えてきたといっても、他の投資に比べるとけた違いに少ないのです。そのため、小さな要因でも乱高下してしまうことが多々あります。株式のように企業ではないので実績が加味されないので、単なる需給だけで価格が決定されてしまうのです。このような要因で価格が乱高下しがちになります。

仮想通貨を日常的に用いるために保有するのにはまだリスクが高いかもしれません。また、投資目的で保有する際にはとてもハイリスクハイリターンな資産となりそうです。どちらにしろ、これからの動向に十分注意しつつ保有することが求められます。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@





@coinchoice