相場・価格

仮想通貨相場チャート情報

TradingViewによる市場の相場

相場・価格とは、仮想通貨の値動きに関することです。仮想通貨の相場はとても乱高下しています。ビットコインに関しては、2017年の1BTC当たりの価格は2015年に比べて24倍近くに膨れ上がっており、特に今年は価格が急上昇しています。ビットコインを大量に買って保管していた人はとても収益を得ている状態です。

対して、下がり幅も激しく、5月下旬にはビットコインの価格が35~21万の幅で動きました。では、なぜここまで仮想通貨は価格の乱高下が激しいのでしょうか。複数の要因がそこには絡んでいます。

一つにストップ高、ストップ安が存在しないことが挙げられます。株式市場では、一日当たりの価格変動の制限が決まっています。しかし、仮想通貨はそれがないために際限なく上下してしまうのです。

次に、取引参加者数が少ないということが挙げられます。近年増えてきたといっても、他の投資に比べるとけた違いに少ないのです。そのため、小さな要因でも乱高下してしまうことが多々あります。株式のように企業ではないので実績が加味されないので、単なる需給だけで価格が決定されてしまうのです。このような要因で価格が乱高下しがちになります。

仮想通貨を日常的に用いるために保有するのにはまだリスクが高いかもしれません。また、投資目的で保有する際にはとてもハイリスクハイリターンな資産となりそうです。どちらにしろ、これからの動向に十分注意しつつ保有することが求められます。

相場・価格の記事一覧
相場・価格に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

仮想通貨市場の上昇を示唆する時価総額のデータからわかること

仮想通貨市場の上昇を示唆する時価総額のデータからわかることとは?

仮想通貨市場の価格と関連が高い時価総額。この指標は定期的にチェックすることで、市場の動き(全体像)が見えてくるといいます。今回はボリ平さんに過去データや直近のデータをもとに、時価総額という指標からわかることを解説していただきました。
ビットコイン(BTC)反発!価格上昇の目安をかんたんに見る方法とは?

ビットコイン(BTC)反発!価格上昇の目安をかんたんに見る方法とは?

先週急落したビットコイン(BTC)は現在、価格は78.6%のところまで反発してきています。価格は下落もあれば上昇もあります。投資家の方々はもうそろそろかも…と、上昇予想をたてるようです。では、どうやったらその目安がわかるのでしょうか?
ビットコイン100万円台回復

11日ぶりにビットコイン100万円台に回復

ビットコインの価格が11日ぶりに100万円台に回復した。一時65万円まで値を下げた場面もあったが、徐々に回復してきた形だ。今後の推移に関して、注視していきいたい。
仮想通貨大暴落劇 損失拡大中

仮想通貨大暴落劇 損失拡大中|目標1,000万!250万からの挑戦

大きく価格が落ちてる仮想通貨業界でのリアルトレード体験記です。株などをやっており、株価が半分以下になったことを経験しているので、暴落しても「下がったか」くらいの感情しかないのが嬉しいところです。投資は余剰資金でやるようにしましょう。
ビットコイン(BTC)が一時68万円台に!1週間でマイナス約60%を記録

ビットコイン(BTC)が一時68万円台に。1週間で約60%の下落を記録

本日(2018年2月6日)ビットコインがついに60万円台にまで下落した。2017年12月に220万円まで上昇したビットコインはわずか2ヵ月で2017年10月ころと同じくらいの価格まで下落したということになる。
週末はセリングクライマックスくるか!?ビットコイン・NEM(XEM)週末戦略2月2日~

週末はセリング・クライマックスくるか!?ビットコイン(BTC)&NEM(XEM)...

ひろぴーさんによる、ビットコイン(BTC)&ネム(NEM)の週末戦略を公開!コインチェック関連のニュースが多かったりと非常に読みづらい相場ではありますが、ひろぴーさんはある可能性を考えているようです。それは一体…?
2018年2月2日仮想通貨急落

仮想通貨暴落 ビットコイン95万、イーサリアム10.5万、リップル95円

仮想通貨市場の急落が止まらない。coinmarketcapのデータだと、2018年1月8日から下がりはじめて、現在は2017年12月中旬頃の時価総額と同じくらいまで下げている状況。要因としては、様々あるが、今後注意していきたい。
テザー(Tether)問題再燃?ビットコイン(BTC)ついに100万円割れなるか!?

テザー(Tether・USDT)問題再燃?ビットコイン(BTC)週後半戦略、つい...

2017年末あたりから話題になりはじめたTether(テザー)問題ですが、最近また再燃しそうな気配だとか。USDTとテザー問題について、そして週後半のビットコイン(BTC)戦略をひろぴーさんに解説していただきました。
1年間で100倍の価値?2018年はやっぱりLISK(リスク)に期待!

リリース1年で100倍の価値?2018年はLISK(リスク)に期待!

1年間で100倍の価格へと上昇したリスク(LISK)は、ボリ平さんも注目されています。 2016年7月当時の価格は1LISK=34円、それがたった一年で100倍の価格に!2018年はやっぱりLISK(リスク)に期待!のようです。
BTC、モナコイン、リップル、NEM(XEM)のポートフォリオ

BTC、モナコイン、リップル、NEM(XEM)のポートフォリオ|目標1,000万...

ポートフォリオは、モナコイン、ネム、リップルとビットコイン少々という形です。今はペペキャッシュをどこで狙うか考えている状態です。先週の暴落から盛り返し、多少安定してる感があるので、材料があれば急騰も急落もあり得るということを考えて、次の一手を考え中です。

仮想通貨相場チャート情報

TradingViewによる市場の相場

相場・価格とは、仮想通貨の値動きに関することです。仮想通貨の相場はとても乱高下しています。ビットコインに関しては、2017年の1BTC当たりの価格は2015年に比べて24倍近くに膨れ上がっており、特に今年は価格が急上昇しています。ビットコインを大量に買って保管していた人はとても収益を得ている状態です。

対して、下がり幅も激しく、5月下旬にはビットコインの価格が35~21万の幅で動きました。では、なぜここまで仮想通貨は価格の乱高下が激しいのでしょうか。複数の要因がそこには絡んでいます。

一つにストップ高、ストップ安が存在しないことが挙げられます。株式市場では、一日当たりの価格変動の制限が決まっています。しかし、仮想通貨はそれがないために際限なく上下してしまうのです。

次に、取引参加者数が少ないということが挙げられます。近年増えてきたといっても、他の投資に比べるとけた違いに少ないのです。そのため、小さな要因でも乱高下してしまうことが多々あります。株式のように企業ではないので実績が加味されないので、単なる需給だけで価格が決定されてしまうのです。このような要因で価格が乱高下しがちになります。

仮想通貨を日常的に用いるために保有するのにはまだリスクが高いかもしれません。また、投資目的で保有する際にはとてもハイリスクハイリターンな資産となりそうです。どちらにしろ、これからの動向に十分注意しつつ保有することが求められます。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@