仮想通貨からの脱却を目指すロシア、CBDC取引への手数料設定と試験運用を準備中

ロシアはCBDC取引に極小の手数料を設定予定

中央銀行デジタル通貨(CBDC:Central Bank Digital Currencies)は、今や世界各国で開発や導入を検討しています。ただし必要性を認識したばかりの国もあり、その反対に着々と準備を進めている国もあります。ロシアは後者となる国の1つで、すでに長期にわたってCBDCの開発を進めています。最新のレポートによると、ロシアはリリース前のデジタル・ルーブルについて、ロシア政府はデジタル・ルーブルを使用する際には取引手数料を課すことを検討しているとのことです。

レポートの中で、ロシア連邦中央銀行(Bank of Russia)の金融技術ディレクターであるキリル・プローニン(Kirill Pronin)氏は、CBDCを使用する際に発生する手数料について、電信送金よりも少額となる手数料を課すことと、FPS(Faster Payment System:ファスターペイメントシステム)よりも高い手数料にはならないことに言及しています。

FPSはロシアの銀行間で迅速な処理を可能にする支払いシステムです。2019年にローンチされ、取引金額が1,360ドル(約15万5,500円)までであれば手数料はかかりません。その金額を超える場合には0.5%の手数料が課されますが、ユーザーの手数料が20ドル(約2,290円)を超えることはありません。

最新レポートではさらに、2022年初頭にロシア連邦中央銀行がデジタル・ルーブルの試験運用を計画していると述べています。また同行によれば、デジタル通貨の最大の利点の1つが、他の支払いシステムと比較してより低額な取引手数料になるとのことです。

CBDC実用化で仮想通貨への依存を脱却

中央銀行総裁のエルビラ・ナビウリナ(Elvira Nabiullina)氏は、ロシア国内でCBDCの開発と使用が実現すれば、ビットコイン(BTC:Bitcoin)のようなデジタル資産に対する依存から脱却することになるだろうと述べています。

ナビウリナ氏はロシア国家院(Duma)による連邦議会において、世界の国々はデジタル資産の使用を促してはいけないと述べました。この否定的な意見の理由として、暗号資産(仮想通貨)には責任を負う立場となる特定の開発者がいないために法的なバックアップが受けられないことと、仮想通貨が現金を真似た仕組みにこだわっていることを挙げています。

多くの人々が代替となると投資先を求めている中、ナビウリナ氏は各国が自国のCBDC開発に本腰を入れる可能性があるとも述べています。ロシア連邦中央銀行は依然として仮想通貨の採用に否定的ではあるものの、国内の投資先には仮想通貨が採用されているところもあります。ロシア国家院は最近になって、仮想通貨の規制に関わる委員会の創設を命じました。

また、ロシアのエルミタージュ美術館では、仮想通貨の採用を喚起するため、仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)を通じて行なったオークションにて40万ドル(約4,574万8,000円)の資金を調達しました。この動きを支持するように、ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領も、仮想通貨は不安定な特性があることから、現金を保全する用途に限って仮想通貨の価値を認めることについて言及しています。

参考
Bank of Russia will charge fees for CBDC transactions

【こんな記事も読まれています】
「仮想通貨関連のクリスマスギフトを送る人は25.8%」クリプトドットコムが調査結果発表
米当局、押収した64億円相当の仮想通貨を清算へ
【墨汁速報】BlockFi仮想通貨レンディングが証券の可能性か?SECによる調査を受ける

おすすめの記事
イーサリアムベルリンのETHへの影響は? 同期できないバグの原因
テクノロジー
イーサリアムベルリンのETHへの影響は? 同期できないバグの原因
イーサリアムは2021年初の大型アップデート「ベルリンハードフォーク」を実装。この実装では、イーサリアムクライアントOpenEthereum(元Parity)に不具合があり、一部サービスに影響が出ました。本稿ではベルリンアップデートのトラブルとETHにどのような影響があるのかについて解説します。
【墨汁速報】バイデン大統領ロシアの仮想通貨利用に対策か コインベースがロシアユーザーをブロック
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】バイデン大統領ロシアの仮想通貨利用に対策か コインベースがロシアユーザーをブロック
Bloombergへのリークによるとバイデン大統領はロシアが仮想通貨を利用して経済制裁を逃れる可能性から、仮想通貨規制の変更を行う大統領命令に今週署名をするという。また米コインベースはロシアに紐づくユーザーのアクセスとウォレットをブロックしたと発表した。