【墨汁速報】イーサリアム「マージ(The Merge)」への正式カウントダウン開始 実装を行うTTDを含むソフトウェアをリリース

イーサリアムクライアントのゲス(Geth)は9月15日前後にプルーフ・オブ・ステーク(PoS)へ完全移行をするマージ(The Merge)のTTDを含んだ最新バージョン「プロマベス(Promavess) v1.10.22」をリリースした。

これによりDeFiやNFTが動いているイーサリアムメインネットでのThe Mergeが正式に9月15日をターゲットにしてカウントダウンが開始されたことになる。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム開発者達 The Mergeのメインネット実装を9月15日前後に設定

イーサリアムGeth マージを実装した最新バージョン公開

8月22日夜、イーサリアムファンデーションが開発を行うイーサリアムのソフトウェアクライアントのゲス(Geth)が「プロマベス(Promavess) v1.10.22」を公開した。このゲスの最新版にはEIP-3676、通称マージ(The Merege)を9月15日をターゲットにしたTTDである58_750_000_000_000_000_000_000が設定されている。

これはマージを行うために使用されるイーサリアムの最終合計難易度「TTD」を設定することで、DeFiやNFTが動いているイーサリアムメインネットでマージを行うための正式なカウントダウンが始まったということだ。

このTTDはマイニングのハッシュレートによって変動するため9月15日前後を目標としているが、事前に開発者達はリサーチを行っており、変動することも考慮しての設定となっている。

関連記事:イーサリアムのマージ(The Merge)でどう変わる?DeFiやNFTへの影響は?

ETH2ステーキングユーザーは9月6日までにアップデート必須

また32ETHをステーキングして参加するイーサリアム2.0の各クライアントも同様にTTDを含む最新版を公開しており、9月6日にイーサリアム2.0側で事前実装されるベラトリクス(Bellatrix)を含んでいる。

バリデータとして運用をしているユーザーは各自利用しているクライアントのアップデートをする必要があり、主要クライアントである

・プリズム(Prysm)
・テク(Teku)
・ライトハウス(Lighthouse)

を利用しているユーザーは9月6日までにアップデートをする必要がある。アップデートをしない場合、最悪スラッシュとインアクティビティリーク(Inactivity Leak)のペナルティを受ける可能性があるため注意が必要だ。

イーサリアム分裂のETHW(イーサリアムPoW)

このTTDが正式に設定されたことで、イーサリアムは9月中にマイニングを破棄することになる。これに危機感を覚えているのは中国人マイナー達であり、マージでイーサリアム自体をコピーして分裂し、マイニングを残すためのイーサリアムPoW(ETHW)のコードを公開している。

このETHWでは重大なバグが発見されたものの、現在は修正されている。一方で約20日前後しか猶予はない中、正式なリリースはされていないため分裂までに間に合うかは不明だ。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアムをマージで分裂させるイーサリアムPoW(ETHW)のソフトウェアが公開

▼墨汁サロンでは投資家向けにDeFiやイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアムL2のスタークネットSTRKのエアドロップを公式に認める スナップショットはいつ?
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアムL2のスタークネットSTRKのエアドロップを公式に認める スナップショットはいつ?
イーサリアムのL2としてゼロ知識証明をベースとしたロールアップであるスタークネット(Starknet)は前日にリークされたSTRKトークンのエアドロップについて公式に認めた。2023年内に実現されれば最大のエアドロップになる可能性を秘めている。