【墨汁速報】米SEC VanEckビットコインETF(XBTF)を2例目として承認 取引開始は最短来週月曜か?

米国証券取引委員会(SEC)はVanEckが申請していたビットコイン先物ETFをProSharesに続いて2例目として承認したことを発表。VanEckは2018年からビットコインETFを申請しており、米政府閉鎖などに伴い申請取下げを2回していた。

VanEckビットコイン先物ETFが承認

VanEckは、SolidXと共同でビットコイン現物を運用するビットコインETFを2018年7月に申請し大きな話題を呼んだ。その後トランプ政権で予算の署名に同意が得られないことで米政府が一部閉鎖し、SECの審議にも影響が出たことでVanEckはビットコインETF申請を取下げ、再度ProSharesと同様のビットコイン先物ETFである「Bitcoin Strategy ETF(ティッカー:XBTF)」を申請していた。

SECは米国時間20日、VanEckの「Bitcoin Strategy ETF」を23日付でProSharesと同形式で承認と公表。米国におけるProSharesに続くビットコインETF2例目となる見込みだ。

今回承認されたVanEckのビットコインETFはProSharesと同様であるため、CMEビットコイン先物をベースとしている。そのためSECの発行登録書には、「VanEck Bitcoin Strategy ETFはビットコインまたはその他仮想通貨に直接投資をしない」と明記されている。

取引開始は10月25日か

SECから公開された発行登録書によると、2021年10月23日土曜日以降にVanEckのBitcoin Strategy ETFの取引を許可するという。そのため早ければXBTFの取引開始は2021年10月25日の月曜日に米国2例目のビットコインETFが取引開始されることになる。

同様の仕組みとなるProSharesの$BITOは19日よりニューヨーク証券取引所で取引が開始されており、初日の出来高は10億ドルを記録している。VanEckのビットコインETFが新たに取引が開始されることで、ビットコイン市場はより活気が溢れていくことになるだろう。

#

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアム”マージ”第1段の”ベラトリックスアップデート”が無事完了 残すは15日のパリのみ
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアム”マージ”第1段の”ベラトリックスアップデート”が無事完了 残すは15日のパリのみ
イーサリアムは超大型アップデート「マージ」の第一弾となるベラトリックス(Bellatrix)を6日20時34分に完了。イーサリアムのマージはETH1とステーキングが必要なETH2の2段階でアップデートが行われ、残すは15日のETH1側のパリアップデートとなる。
【墨汁速報】顧客預りのビットコインなど372億円の損失 仮想通貨レンディング企業の巨額損失が次々に明るみに
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】顧客預りのビットコインなど372億円の損失 仮想通貨レンディング企業の巨額損失が次々に明るみに
中国系仮想通貨レンディング企業の”バベルファイナンス(Babel Finance)”は、約1ヶ月前となる6月17日にビットコインやイーサリアムの引出しを停止。その後事業の再建計画を行っている。このバベルファイナンスの再建計画書によると、同社は顧客資産を利用した取引で約372億円の巨額損失を出していたことが判明した。
【墨汁速報】バイナンスの「買収撤回によりFTX破産」の可能性浮上 米司法省もFTX事件の調査を開始
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】バイナンスの「買収撤回によりFTX破産」の可能性浮上 米司法省もFTX事件の調査を開始
バイナンスがFTXの買収を断念する可能性が高いというリーク後、正式にFTXの買収を断念することを発表。さらにWSJの報道によると米国証券取引委員会(SEC)と米国先物取引委員会(CFTC)によるFTXの顧客資産使い込みやレンディングの調査に米国司法省が加わるという。