【墨汁速報】米SEC VanEckビットコインETF(XBTF)を2例目として承認 取引開始は最短来週月曜か?

米国証券取引委員会(SEC)はVanEckが申請していたビットコイン先物ETFをProSharesに続いて2例目として承認したことを発表。VanEckは2018年からビットコインETFを申請しており、米政府閉鎖などに伴い申請取下げを2回していた。

VanEckビットコイン先物ETFが承認

VanEckは、SolidXと共同でビットコイン現物を運用するビットコインETFを2018年7月に申請し大きな話題を呼んだ。その後トランプ政権で予算の署名に同意が得られないことで米政府が一部閉鎖し、SECの審議にも影響が出たことでVanEckはビットコインETF申請を取下げ、再度ProSharesと同様のビットコイン先物ETFである「Bitcoin Strategy ETF(ティッカー:XBTF)」を申請していた。

SECは米国時間20日、VanEckの「Bitcoin Strategy ETF」を23日付でProSharesと同形式で承認と公表。米国におけるProSharesに続くビットコインETF2例目となる見込みだ。

今回承認されたVanEckのビットコインETFはProSharesと同様であるため、CMEビットコイン先物をベースとしている。そのためSECの発行登録書には、「VanEck Bitcoin Strategy ETFはビットコインまたはその他仮想通貨に直接投資をしない」と明記されている。

取引開始は10月25日か

SECから公開された発行登録書によると、2021年10月23日土曜日以降にVanEckのBitcoin Strategy ETFの取引を許可するという。そのため早ければXBTFの取引開始は2021年10月25日の月曜日に米国2例目のビットコインETFが取引開始されることになる。

同様の仕組みとなるProSharesの$BITOは19日よりニューヨーク証券取引所で取引が開始されており、初日の出来高は10億ドルを記録している。VanEckのビットコインETFが新たに取引が開始されることで、ビットコイン市場はより活気が溢れていくことになるだろう。

#

おすすめの記事
【墨汁速報】米最古の銀行BNYメロンがビットコインカストディサービス参入 機関投資家の需要を受けて
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米最古の銀行BNYメロンがビットコインカストディサービス参入 機関投資家の需要を受けて
米国最古の銀行BNYメロン(バンク・オブ・ニューヨーク・メロン)は、ビットコインを始めとする仮想通貨(暗号資産)のカストディ(保管)サービスへ参入。ビットコインなどの保管や送金をBNYメロンのクライアントに提供するという。2020年に米国では「仮想通貨銀行」の設立が認められている。
マイニングプール大手のF2Poolが8周年記念にNFTオークションを開催!収益の一部はカーボンクレジット購入に充当
仮想通貨ニュース
マイニングプール大手のF2Poolが8周年記念にNFTオークションを開催!収益の一部はカーボンクレジット購入に充当
マイニングプール大手のF2poolが8周年を迎え、その記念にNFTアートのオークションを開催することを発表しました。韓国でも著名なアーティストの作品をNFT化したものが販売され、収益の一部は地球温暖化対策としてカーボンクレジットの購入に充てられます。
【墨汁速報】テラのUSTペッグ崩壊で4分の1へ暴落 アンカーが金利を最大6分の1へ減少する緊急措置を提案
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】テラのUSTペッグ崩壊で4分の1へ暴落 アンカーが金利を最大6分の1へ減少する緊急措置を提案
ステーブルコインチェーンのテラプロトコル(Terra Protocol)上に展開するアンカー(Anchor)は、LUNAの下落とLUNAをバーンして発行するUSTの1ドルへのペッグが2日で半分以下になったことで年間利回りの~19%を最大で6分の1の3.5~5.5%へ減少させる緊急措置を提案している。