【墨汁速報】米SEC ValkyrieビットコインETF許可 22日よりNasdaqで取引開始予定

ProShares同様にビットコインETFを申請していたヴァルキリー(Valkyrie)は米国証券取引委員会(SEC)により許可を得て、22日金曜日にNasdaqに上場するという。

ValkyrieビットコインETF(BTF)上場へ

Valkyrieの広報によると、ProSharesやVanEckと同様のビットコイン先物ベースのビットコインETFである「Valkyrie Bitcoin Strategy ETF(ティッカー:BTF)」は22日金曜日にNasdaqに上場し、取引が開始されるという。

VanEckのビットコインETF(XBTF)は23日以降が許可となるため、Valkyrie Bitcoin Strategy ETFが米国2例目となり、VanEckは3例目となる見込みだ。Nasdaq上場時のティッカーはBTFのままとなっており、事前に変更しようとしてた「BTFD」は使用されない。

仮想通貨ファンド初の承認事例

ProSharesはブル型やベア型ETFなど多くのレバレッジ型ETFを有する投資信託であり、VanEckはゴールドETFの老舗であり既存金融での長い歴史を持つ。

対してValkyrieは2020年8月21日に設立されたGlayscaleのような仮想通貨ファンドで歴史は浅い。つまりProSharesとVanEckに続く3例目となるが、仮想通貨ファンドとして米国初の仮想通貨ETFの承認を勝ち取ったことになる。

ビットコインETF承認ラッシュ

コミュニティは当初、ProSharesのビットコインETF承認から連続した許可をSECが出すことはないと考えていた。その考えとは異なり、SECは10月末に入り既に3例目のビットコインETFのローンチを許可している。

これら3例以外にもGalaxy Bitcoin ETFやNYDIG Bitcoin ETFなどの有力ファンドが控えており、2021年末はビットコインETFの承認ラッシュとなる可能性が高いだろう。

おすすめの記事
ビットコイン・暗号資産相場動向の振り返り、店舗決済キャッシュレス化に関して:DMM Bitcoin代表(田口 仁)
仮想通貨ニュース
ビットコイン・暗号資産相場動向の振り返り、店舗決済キャッシュレス化に関して:DMM Bitcoin代表(田口 仁)
「仮想通貨・ブロックチェーンの普及拡大」=「ビットコインの普及拡大」とならないことがやっと浸透してきたように感じています。2018年7月までのビットコイン相場の振り返り、LINE(ライン)、ヤフー・ソフトバンクの店舗決済キャッシュレス化加速、ポイント・ギフト券の分散台帳技術を利用したトークンに関する可能性などに関して書きました。
仮想通貨の本を出したハイパーニートって何やってるの?カリスマブロガー”ポイン”に1日密着してみた
インタビュー
仮想通貨の本を出したハイパーニートって何やってるの?カリスマブロガー”ポイン”に1日密着してみた
仮想通貨界のカリスマブロガー“ポイン@ハイパーニート”とは一体どんな人物なのか?ディープな関係しか知らないポイン氏の私生活とは?今回はポイン氏が熱海旅行に行くというので1日密着取材を決行。お気に入り仮想通貨バーやポイン氏の著書の紹介もあり。