【墨汁速報】米SEC ValkyrieビットコインETF許可 22日よりNasdaqで取引開始予定

ProShares同様にビットコインETFを申請していたヴァルキリー(Valkyrie)は米国証券取引委員会(SEC)により許可を得て、22日金曜日にNasdaqに上場するという。

ValkyrieビットコインETF(BTF)上場へ

Valkyrieの広報によると、ProSharesやVanEckと同様のビットコイン先物ベースのビットコインETFである「Valkyrie Bitcoin Strategy ETF(ティッカー:BTF)」は22日金曜日にNasdaqに上場し、取引が開始されるという。

VanEckのビットコインETF(XBTF)は23日以降が許可となるため、Valkyrie Bitcoin Strategy ETFが米国2例目となり、VanEckは3例目となる見込みだ。Nasdaq上場時のティッカーはBTFのままとなっており、事前に変更しようとしてた「BTFD」は使用されない。

仮想通貨ファンド初の承認事例

ProSharesはブル型やベア型ETFなど多くのレバレッジ型ETFを有する投資信託であり、VanEckはゴールドETFの老舗であり既存金融での長い歴史を持つ。

対してValkyrieは2020年8月21日に設立されたGlayscaleのような仮想通貨ファンドで歴史は浅い。つまりProSharesとVanEckに続く3例目となるが、仮想通貨ファンドとして米国初の仮想通貨ETFの承認を勝ち取ったことになる。

ビットコインETF承認ラッシュ

コミュニティは当初、ProSharesのビットコインETF承認から連続した許可をSECが出すことはないと考えていた。その考えとは異なり、SECは10月末に入り既に3例目のビットコインETFのローンチを許可している。

これら3例以外にもGalaxy Bitcoin ETFやNYDIG Bitcoin ETFなどの有力ファンドが控えており、2021年末はビットコインETFの承認ラッシュとなる可能性が高いだろう。

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアムマイニング終了のThe Mergeを延期しない方向で合意 EIP-4488の導入を開発者が議論
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアムマイニング終了のThe Mergeを延期しない方向で合意 EIP-4488の導入を開発者が議論
イーサリアムは12月10日夜にコアデベロッパー会議を開催し、現在の非常に高いガス代(手数料)の対処となるEIP-4488について話し合った。このコアデベロッパー会議ではRollupを採用したArbitrumやOptimismを中心としたL2でのスケーリングでイーサリアムの手数料を下げることを優先するのか、マイニングを終了してイーサリアム2.0のPoSへ完全移行するThe Mergeとどちらを優先するかについて議論を行った。