【墨汁速報】DeFi規制か?米SEC イーサリアム最大手分散取引所Uniswap開発チームを調査

ウォール・ストリート・ジャーナルへのリークによると、イーサリアムDeFi(分散型金融の最大手分散取引所ユニスワップ(Uniswap)の開発チームUniswap Labsが調査を受けているという。Uniswapは規制懸念から7月に特定DeFiトークンの取引を公式からアクセス制限をしていた。

SEC Uniswap Labsを調査

ウォール・ストリート・ジャーナルに寄せられたリークによると、SEC(米国証券取引委員会)はイーサリアム最大の分散取引所であるUniswapの開発元Uniswap Labsを調査しているという。このリーク者によると、SECは仮想通貨投資家がどのようにしてUniswapを介してマーケットを構築し、使用しているのかについて詳しく調査をしているとしている。

DeFi規制の懸念

イーサリアム上での金融、通称DeFiに火がついたのは約1年前でありイールドファーミングや流動性マイニングによる不労所得で現在も高い需要を誇っている。Uniswap Labsは2020年9月17日、Uniswapの今後の方向性を決める投票権を持つガバナンストークンのUNIをローンチし、この1年でUniswap上で運用されている資金は急速に拡大している。

またUniswapは最新バージョンとなるUniswap v3を今年ローンチし、Uniswap v3だけで29.4億ドルもの運用資金にのぼっており、DeFiで最も使用されている分散取引所と言えるだろう。その一方で今年7月にはDeFi規制を懸念してか、Synthetixが提供する米株のデリバティブや仮想通貨デリバティブを公式から取引を終了する対策を取っていた。

#

規制当局との協力

ウォール・ストリート・ジャーナルによると「DeFi市場の発展のために規制当局が求める情報を提供する」とUniswap Labsの広報は述べており、SECはこの件に対してのコメントは控えるとしている。この1年で急激な成長をしたDeFi市場はUniswapを含む全体で約10倍に運用資産が増加しており、1000億ドルに迫りつつある。

これは3年前の2018年の100倍となっており、イーサリアム上で新たな経済圏が成長している一方、ずさんなコピープロジェクトなどへの攻撃による損害は後を絶えない。これらのことからDeFi市場は成長に伴う規制導入が今後の発展のために必要不可欠でもあるといえるだろう。

#

▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】米SECバイナンスUSの資産凍結へ動く 仮想通貨最大手バイナンスとCEOを提訴後
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米SECバイナンスUSの資産凍結へ動く 仮想通貨最大手バイナンスとCEOを提訴後
仮想通貨最大手のバイナンスとCEOのチャンポン・ジャオ(CZ)氏を提訴した米国証券取引委員会(SEC)は同社米法人の「バイナンスUS」の資産を凍結する一時的な保全命令の動議を申請した。SECはこの資産凍結はバイナンスUSの顧客の利益になると考えているという。
【墨汁速報】イーサリアム2.0初の大型アップデート”アルタイル(Altair)”の実装が無事成功
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアム2.0初の大型アップデート”アルタイル(Altair)”の実装が無事成功
イーサリアム2.0のBeacon ChainメインネットがEpoch74240を迎え、初となる大型アップデート「アルタイル」ハードフォークが実装された。テストネットでは8月に既にテスト実装されており、メインネットでの実装予定が10月27日前後となっていた。詳細を解説します。