【墨汁速報】DYDX給付金が1ユーザー最大1500万円を記録 DYDXの引出し(Claim)がついに開始

イーサリアム上の分散仮想通貨取引所dYdXのガバナンストークン「DYDX」のロックアップ期間が終了した。このロック終了に伴い対象ユーザーはDYDXをClaim(発行)することができるようになり、最大で1ユーザー1500万円の給付金となった。

仮想通貨DYDXとは?

dYdXはイーサリアム上の分散仮想通貨デリバティブ取引所で、最大で25倍のレバレッジをかけることができる。DYDXは独自ガバナンストークンであり、

  • dYdXでの売買手数料の割引
  • dYdXの今後の方向性の投票や提案

を行うことができる。

これはUniswapのUNIなどと同様であるものの、デリバティブ取引所という特性上の手数料割引などが違う点と言えるだろう。

DYDX価格が暴騰

Coingeckoによると、DYDX価格はClaim可能になった9日0時で約14.24ドルを記録。その後、執筆時点で価格は10ドル前後を推移している。

DYDX価格推移

またdYdXは「意図的に上場などはするつもりはない」と述べていたものの、Claim開始からわずか数時間で、OKExやHuobi Global、FTXなど数多くの仮想通貨取引所に上場されている。

Uniswapはイーサリアム上のコントラクトであるため誰でもDYDXの取引ペアを追加でき、すでに簡単にスワップできる状態だ。

最大1500万円のDYDX給付金

DYDXは取引量に応じて「給付金」と呼ばれている初期割当が決まる。最大で1.1億円以上をdYdXで過去に取引していると、9525~DYDXが付与されるということになる。価格は一時的に14ドルをつけたため約1,500万円が最大で787アカウントに付与されたことになる。

筆者のアカウントでは4349DYDX~が対象であったため、最大で約670万円の給付金になった。またDYDXは売買せずにレンディングしたアカウントも対象になっており、310DYDXが割り振られており、現在の価格でも最低1アカウント約34万円となっている。

DYDXを発行するにはdYdX Foundation(https://dydx.community/history)からできる。


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
ビットコイン(BTC)価格は今がピークの可能性?JPモルガンのアナリストが指摘
仮想通貨ニュース
ビットコイン(BTC)価格は今がピークの可能性?JPモルガンのアナリストが指摘
現在のビットコインの価格はピークを迎えているのか?JPモルガン(JPMorgan)のアナリストたちは、暗号資産(仮想通貨)の高騰がいつ崩れてもおかしくないと見ています。彼らの最新レポートも慎重な論調であり、現在の市場の活況が本来のポテンシャルを超えていることを指摘しています。