ソラナ(Solana)今年3回目のハッカソン「IGNITION」を開催

Solana(ソラナ)が賞金最大500万ドル(約5億5,000万円)のグローバルハッカソン「IGNITION」開催を発表しました。Web3とDeFi(分散型金融)、ゲーム、NFTに焦点を当てており、世界中のチームがオンラインで参加できるほか、一部の都市ではイベントも開催されます。

ハッカソンについての詳細:https://solana.com/ignition 

ソラナは発表で「ソラナシーズンハッカソンの成功を受けて、グローバルなハッカソンをまた開催して欲しいという要望の高まりに応え、ソラナはさらなる参加者と競争、賞金がそろったイグニションをキックオフした」と述べています。

イグニションは今年の夏に開催された「Solana Season」ハッカソンの成功に続くもので、今年3回目、通算4回目のハッカソンです。前回のハッカソンでは、13,000人の登録者、数百のプロジェクトの応募があり、50以上のプロジェクトがSolanaの開発を続け、資金を調達しました。

マンゴーマーケットやJET、Saber、Marinadeなどエコシステムの中で有名なプロジェクトもハッカソンに参加し、賞金などをもとにプロジェクトを拡大しています。

マイクロソフトやジャンプトレーディングなども参画

#

マイクロソフトやジャンプ・トレーディング、スタンダード・チャータード、フォルテ、メタプレックスが、ソラナキャピタルと共にハッカソンのカテゴリースポンサーとして参加し、最大500万ドルの賞品とシードファンディングを提供します。

カテゴリースポンサーに加えて、エコシステムをリードするSerum、Mango、Pythネットワーク、Raydium、Solend、Stardust、Wormholeネットワークがそれぞれ3万ドルの賞金を提供し、Chainlinkからも5千ドルの賞金が提供されます。

このハッカソンは8月31日から10月8日まで開催されます。最優秀賞受賞者には、USDCで7万5千ドルの賞金とSolanaカンファレンス「Breakpoint」への参加チケットが与えられます。

イベント詳細:https://solana.com/ignition
参加申し込みページ:https://ignition.devpost.com/

最近100ドルを突破したSOLの価格はとっくに点火(ignition)済みに見えますが、まだまだSolanaのアツい時代はこれからだと言わんばかりのテーマのハッカソン。ここから次にどんなプロジェクトが登場するのか期待されます。

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアム重要アップデートEIP-1559会議開催 マイナーやASIC企業が参加
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアム重要アップデートEIP-1559会議開催 マイナーやASIC企業が参加
イーサリアムの手数料モデルを変更し、ETH価格の高騰と手数料緩和が期待できるEIP-1559のコミュニティ会議が26日に行われた。今回のコミュニティ会議ではイーサリアムマイニングプールやマイニング行うハードウェア”ASIC”の開発企業のCTOなどが参加しお互いの意見を共有した。
仮想通貨からの脱却を目指すロシア、CBDC取引への手数料設定と試験運用を準備中
仮想通貨ニュース
仮想通貨からの脱却を目指すロシア、CBDC取引への手数料設定と試験運用を準備中
中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)の開発に特に注力しているロシアですが、CBDCを利用した取引に手数料を付与することが検討されています。ただし、通常の電信送金などよりも非常に小さな額となり、その使いやすさから仮想通貨に依存している現状を脱却することが期待されています。
暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所おすすめ比較ランキング
仮想通貨取引所
暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所おすすめ比較ランキング
ビットコイン(BTC)などの暗号通貨(仮想通貨)を始めたいと思った時に必要となるのが、仮想通貨取引所での口座開設です。取引所によって違う取り扱い通貨の種類や手数料、そしてセキュリティなど選ぶ際のポイントの解説とともに、実際に使ったことのあるユーザーの口コミ・評判も紹介します。