【墨汁速報】SECトロンのジャスティン・サン氏を「TRXの価格操作と未登録証券」などの疑いで起訴

米証券取引委員会(SEC)は仮想通貨のトロン(Tron)でICOを介して資金調達を行ったジャスティン・サン(Justin Sun)氏を「未登録の証券の販売を行った」として訴訟を起こした。トロンの「TRX」とビットトレントの「BTT」を証券として指摘、SECの訴状によるとジャスティン・サン氏はTRXの価格操作も行っていたという。このトロン訴訟によってTRXは約12%の下落を記録した。

関連記事:【墨汁速報】NY規制当局「ETHは証券」として米仮想通貨取引所クーコイン(KuCoin)を訴える

SECがジャスティン・サン氏を起訴

米証券取引委員会(SEC)は中国人仮想通貨起業家で、イーサリアム上で2017年にICOを行ったトロン・ファンデーション(Tron Foundation)の創設者であるジャスティン・サン氏を起訴した。

訴状によるとジャスティン・サン氏は

・非登録の証券をオファーと売却
・TRXの仮装売買による価格操作
・違法な売り込み

を行ったとしている。

トロン・ファンデーションは2018年7月にP2Pネットワークを提供するビットトレンド(BitTorrent)を買収しており、その後2019年2月にBTT(ビットトレントトークン)を発行した。今回のSECの訴訟ではICOを行うために発行したTRXとこの買収後に発行したBTTを「未登録の証券」だと指摘しており、その他多くの容疑がジャスティン・サン氏にはあるという。

TRXの価格操作を行う仮装売買

SECは、仮想通貨投資家の興味を集めるためにジャスティン・サン氏が意図的にTRX価格の安定を見せるために仮装売買による価格操作を行っていたと指摘している。この価格操作をジャスティン・サン氏はトロン・ファンデーションの社員に指示を行っており、最低でも1つの委任アカウントを作成して取引を行ったという。

このTRX価格操作において委任アカウントと100%ジャスティン・サン氏がコントロールするアカウント間で何十万ものTRXを売買しており、「これらの取引は所有権の変更や正当な経済的目的がない」とSECは指摘している。

関連記事:【墨汁速報】仮想通貨取引所に米銀行サービス問題が直面 バイビットが突如ドル入金を停止

有名人を使ったステルス広告

またジャスティン・サン氏はSNSで数百万フォロワーを持つAustin Mahone氏とDeAndre Cortez Way氏などの有名人にTRXとBTTを広告費として支払っていたという。

2021年2月にジャスティン・サン氏は「有名人がトロンを広告費を支払って宣伝していた場合、彼らにその事実を開示することを求める」と述べていた。実際に広告費を支払っており、その事実が開示されていないことを知っていたという。

関連記事:仮想通貨の未来にはバイナンス帝国陥落は必要か?

▼墨汁サロンでは投資家向けに知られていないDeFiやNFTのセキュリティ対策、イーサリアム2.0の仕組みや技術、マージ対応の32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】仮想通貨最大手バイナンス 金融法に反して顧客資産流用か?=リーク
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】仮想通貨最大手バイナンス 金融法に反して顧客資産流用か?=リーク
仮想通貨最大手取引所のバイナンスは日本円にして1000億円を超える資金を企業収益と顧客資産と合わせて運用していたと元社員と元規制当局官がリーク。米国の金融法において顧客資産と取引所の資産を分けて保管する「分別管理」が求められており、バイナンスはこれに違反していたという。
【墨汁速報】仮想通貨最大手ブローカレッジ「ジェネシス・トレーディング」チャプターイレブン破産申請
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】仮想通貨最大手ブローカレッジ「ジェネシス・トレーディング」チャプターイレブン破産申請
仮想通貨コングロマリットのデジタル・カレンシー・グループ(DCG)の子会社でジェネシス・トレーディング(Genesis Trading)としても知られる「ジェネシス・グローバル・キャピタル(Genesis Global Capital LLC)」が連邦破産法11条、チャプターイレブンを申請して破産。