【墨汁速報】米テスラ 年次報告で1578億円分のビットコイン投資 BTC市場最高値470万円を記録

編集部おすすめ

【【墨汁速報】イーサリアム2.0遂に正式開始 約580億円分のETHがステーキングされる

ビットコインを支持するイーロン・マスク率いる米テスラは、SECへ提出した年次報告書内で15億ドルに相当するビットコインへの投資を公表。ビットコイン価格は市場最高値を再度更新し、460万円を記録した。

関連記事:【墨汁速報】S&P DJIインデックス 仮想通貨版S&P500指数を2021年ローンチ予定

テスラ長期的な目線でビットコインへ投資

テスラ社の年次報告によると、投資方針のアップデートとして15億ドル(約1,578億円)をビットコインへ投資したことを公表。ビットコインへの投資の他にも多様性のため仮想通貨のようなデジタル資産や、ゴールド、ゴールドETFなどにも投資する可能性について述べている。

このビットコインへの投資は長期的にビットコインを保有するとしており、さらにテスラの支払いオプションとして「ビットコイン支払い」を将来的に行うことも発表。ビットコイン支払いは適用法令に基づき最初は限定的に受付を開始するという。

イーロン・マスクの「#bitcoin」

1月29日日本時間9時、イーロン・マスクはTwitterのプロフィール欄に突如「#bitcoin」と記載。この記載により330万円を推移していたビットコインは約70万円の高騰となる400万円へ上昇していた。既にイーロン・マスクは#bitcoinを消去しており、プロフィール欄には何も記載れていない。

出典:墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界 – テクニカル分析の重要ポイント
2021年01月23日~29日

ビットコイン市場最高値460万円を記録

テスラの年次報告書でのビットコイン投資の発表により、1月8日に記録した435万円を有に超え466万円を記録。29日のイーロン・マスクの「#bitcoin」は、テスラがビットコインへ投資している可能性を考えて投機が行われ、1日足らずに上昇分が全戻しとなっていた。

一方、8日の年次報告では「#bitcoin」から実に38%もの上昇を記録。年始に一時失速していたビットコインの高騰をさらに促す形となったことがわかるだろう。2021年はCMEイーサリアム先物の開始や、S&P500で有名なS&Pダウ・ジョーンズインデックスの仮想通貨指数の開始など、機関投資家の流入が更に加速していくことになるだろう。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】VanEckの新たな現物裏付けビットコインETN ドイツ取引所に上場
ビットコイン(BTC)ピークは数年後で価格は20倍に?バイナンスCEOが予測
一時400万円を超えたビットコイン(BTC)、アナリストたちの見方は?

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

参考:Tesla, Inc. ANNUAL REPORT


前のニュース【2021年版】テゾス(XTZ)を買うなら知っておきたい基礎知識
次のニューステスラのビットコイン購入を分析、購入した理由と今後の注視する動向は?
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者