【墨汁速報】イーサリアム開発者会議にてEIP-1559のロンドン実装が決定 上海ハードフォークとは?

編集部おすすめ

【【墨汁速報】イーサリアム2.0遂に正式開始 約580億円分のETHがステーキングされる

イーサリアムコアデベロッパーは手数料モデル変更”EIP-1559”の実装をロンドンハードフォークで実装することに合意。ロンドンハードフォークはベルリンハードフォークの次に行われる大型アップデートであり、2021年7月に実装を目指す。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム重要アップデートEIP-1559会議開催 マイナーやASIC企業が参加

ロンドンハードフォークでのEIP-1559が決定

5日、イーサリアムの全コアデベロッパー会議が行われ、イーサリアムの手数料モデルを変更するEIP-1559の実装について話し合いが行われた。EIP-1559は主な手数料として支払われるベース手数料(Base fees)がネットワークから焼却(バーン)されるため、ETH価格の影響を及ぼす重要なファンダメンタルだ。

全コアデベロッパー会議107では、ベルリンハードフォークのEIPやスケジュール、上海ハードフォークと合わせてEIP-1559の実装をロンドンハードフォークで行うかが議論され、全コアデベロッパーにより実装が承認された。ロンドンハードフォークはディフィカルティボムの影響がではじめる7月前後の実装を予定しており、現時点では実装は決まったがブロックナンバーなどは決定していない。

シャンハイ(上海)ハードフォークでのEIP

またコアデベロッパーは

「EIP-1559の実装は大きな変更となる大型アップデートであるため、実装するEIPは最小にすべきだ。コミュニティの意見を聞いて他のEIPはロンドンハードフォークの次の実装となる”シャンハイ(上海)ハードフォーク”で行う」

と提案。

EIP-1559以外のEIPを実装する場合、より多くの時間を必要とするためロンドンハードフォークの実装の遅れの可能性を最小限にすることが目的となる。そのためEIP-1559と7月前後に影響が出てくるディフィカルティボムでのアイスエイジ(マイニングが困難になる次期のこと)を2022年夏まで遅延するEIP-3239の2つのみを実装することになる。

そのためこの2つのEIP以外には”シャンハイハードフォーク”として、ロンドンハードフォークの実装後に行う予定で合意した。

ベルリンハードフォーク

またロンドンハードフォーク前に実装予定であるベルリンハードフォークは、イーサリアムテストネットであるRopstenを3月10日前後、イーサリアム2.0のマルチクライアントテストネットであるPyrmontが展開されているGoerliテストネットを3月17日前後に予定している。

今回のコアデベロッパー会議によってEIP-2315”EVMのシンプルサブルーチン”のベルリンでの実装延期が決定した。EIP-2315の実装については必須確認事項が多くあり、一部のデベロッパーにより実装の反対が出ていたことなどが理由となっている。

ベルリンハードフォークは2021年4月14日付近を予定しており、#12,244,000ブロックを予定している。

関連記事:【墨汁速報】実装はいつ?イーサリアム大型アップデート”ベルリン(Berlin)”実装がほとんど完了

 

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界


前のニュースPayPalが仮想通貨事業に本格参入?思い描くスーパーアプリの構想とは
次のニュース暗号資産業界最大の独立系データプロバイダ「CoinGecko」創業者の小さく始める起業のススメ
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者