【墨汁速報】 VISA イーサリアム上のドル“USDC”を利用した決済の社会実験を開始

編集部おすすめ

【【墨汁速報】イーサリアム2.0遂に正式開始 約580億円分のETHがステーキングされる

クレジットカード世界最大手のVISA Incは自社の支払いネットワークにおいて、イーサリアム上のドル「USDC」を決済に使用することができる社会実験を開始したと発表。USDCはステーブルコインと呼ばれるイーサリアム上でドルと1:1に発行されるトークンであり、DeFi(非中央集権金融)の重要な要である。

関連記事:【墨汁速報】米国立”仮想通貨”銀行が誕生 OCCがAnchorageの米国立信託銀行の設立認可

VISAのイーサリアム上でのUSDC送金

ロイターによると、VISAは仮想通貨プラットフォームのCrypto.com、2021年1月に連邦通貨監督庁(OCC)より設立認可を受けた仮想通貨銀行「Anchorage」と提携。Anchorageが管理するVISA保有のイーサリアムアドレスにUSDCを送金する初のトランザクションを完了したという。

今まではユーザーがCrypto.comが発行するVISAカードを利用して決済する場合、一度ドルに換金する必要があった。今後はVISAが直接AnchorageのイーサリアムアドレスにUSDCを受け取ることで決済を完了とし、USDCからドルへの換金が不要となる。

仮想通貨のクライアントとコンシューマー両者の需要増加

VISAの仮想通貨主任カイ・シーフィールド(Cuy Sheffield)氏は、「世界中のコンシューマーの仮想通貨保有、決済使用するという需要の増加を感じ、同様にクライアントがコンシューマーに対するサービス提供を行う需要の増加も確認している」と述べている。

ステーブルコインはイーサリアムのセキュリティと発行する企業が保管するドルの裏付けにより、DeFiを構成することを可能にしている。2021年3月29日現在のUSDCの時価総額は109.5億ドルとなっており、この1年で約16.8倍に上昇しており需要の増加が分かるだろう。

出典:Coingecko – USDC時価総額チャート

また銀行を介した仮想通貨の事業活用は2020年から加速しており、米最古の銀行BNYメロンの仮想通貨カストディ事業の参入や、AnchorageやKraken Financialなどの仮想通貨銀行の設立など今後もイーサリアムのステーブルコインの需要は増加していくだろう。

【こんな記事も読まれています】
仮想通貨に投資した人の70%が儲けている事実!利益を出している人の特徴とは?
著名投資家のレイ・ダリオ氏が指摘するビットコイン(BTC)の最大のリスク
【墨汁速報】米最古の銀行BNYメロンがビットコインカストディサービス参入 機関投資家の需要を受けて

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

参考:Exclusive: Visa moves to allow paymentsettlements using cryptocurrency


前のニュース盛り上がりを見せるNFTとソラナ(Solana)のNFTインフラ
次のニュースビットコイン(BTC)詐欺の男に罰金など約627億円の支払い命令
墨汁うまい(トレーダー)
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者