NFTとAIを融合させ未来を切り開くSynesis Oneとは?

シネシス・ワン(Synesis One)はNFT(代替不可能トークン)テクノロジーを介して、言葉が持つ無限に近い価値を引き出すことができます。Synesis Oneはプレイ・トゥー・アーン(Play-to-earn)のデータファーミングを組み込んだ、世界初のDAO(自律分散型組織)です。

AI育成プロジェクトSynesis One

Synesis OneはNFTと人々の知恵、データの流れの収益化を活用することでAIを教育します。

ウォレットにあるNFTがSynesis Oneのエコシステムを通して、収益を生み出すことを想像してみてください。
NFTをステーキングすることやゲームを楽しむこと、AIをトレーニングするデータセットを準備することなどにより、誰もがSynesis Oneに参加して収入を得ることが可能になります。

Synesis OneはAI育成の全く新しいコンセプトでもあります。
ユーザーがAIのためのデータセットを準備し、そのデータセットはNFTと連動します。あるプロジェクトがそのAIを利用するために料金を支払うことで、それがNFT保有者の収入になるのです。

Synesis Oneはこのコンセプトを完全に1から構築することが可能であり、世の中に同じようなコンセプトは存在しません。このプロジェクトは真の必要性から生まれたものであり、Synesis Oneの創始者たちは、「Mind AI」を育成する最適な方法を見つけられなかったため、彼ら自身でその方法を創造し構築することにしたのです。

「Mind AI」には多くの可能性がありますが、育成のための高品質なデータとデータセットがなくては、そのポテンシャルを最大限に引き出すことはできません。この問題をマーケットに提示するためにSynesis Oneが生まれたのです。

AIマーケットの将来性

Synesis Oneを受け入れるマーケットは、数百万というデジタル分野で働く人々を包含するほど巨大であり、AI育成データのマーケットは驚異的な成長を遂げ、今後も継続していくと予想されています。

実際にAI育成データセットのマーケットは、2021年から年平均成長率にして23.14%ずつ拡大し、2030年までには100億ドル(約1兆1,380億円)に到達すると予測されています。

予想される課題とは?

AIの進化には人が与えるデータが必要であり、AI業界は指数関数的に成長しています。今後AIのパフォーマンスを向上させるためには、質の高いデータが必要ですが、大手のテック企業はデータの共有をしません。質の高いデータにアクセスできなければ、多くのプロジェクトはAIから利益を得ることができなくなるでしょう。この現状は、以下のような課題を生み出しています。

・AIのためのデータ構築には多くの手間と時間が必要。
・プロジェクトはしばしば仲介者を通じてデータを調達しなければならない
・AI用データを創出するクラウドソースの提供者は低賃金で働いている

現状の解決策は?

Synesis OneとそのPlay-to-earn2.0システムは、データ創出者によって強化されます。プレイヤーは最初にNFTをステークし、それを読み取り、フィードバックを行いながら利益を手にすることができます。その仕組みには以下の3者も含まれます。

・設計者:AI育成データセットを創出する
・構築者:AIに対してフィードバックを提供する
・検証者:構築者のフィードバックを検証~承認する

Synesis Oneのメタバースはデータ創出者自身により生み出されますが、コレクターのコミュニティーは「意味」によって結合されます。意味とはビジュアルを通して表現されるものであり、さらに言葉ではより強力に表現されます。

NFTによる利益の生成はPlay-to-earnのエコシステムに依拠します。Synesis Oneは最も頻繁に使用される10,000の言葉をNFTに変換。NFTのステーキング活動はコミュニティーにインセンティブを与え、彼らの相互的な交流を活発化させ、バックエンドではNFTがAIを育成します。すでにSynesis Oneは、独自のAIデータにアクセスするユーザーを獲得しています。

ソラナ(Solana)から始まるクロスチェーンの試み

Synesis Oneは、暗号資産(仮想通貨)界で急速に発達を遂げたブロックチェーン・エコシステム上に構築されています。Synesis Oneは超高速のトランザクション処理が可能なソラナ(Solana)のブロックチェーンを使うことで、ユーザーにエキサイティングで楽しさに満ちたゲームプレイを提供できるのです。

今後はスケーラビリティーの解決のため、ポリゴン(Polygon)を統合し、クロスチェーンを実現するためにイーサリアム(Ethereum)のエコシステムとも連携するでしょう。その結果Synesis Oneは、分散型アプリケーション(dApps)や分散型金融(defi)、Web3、NFTなどとも自在に相互作用することが可能になるはずです。

おすすめの記事
仮想通貨からの脱却を目指すロシア、CBDC取引への手数料設定と試験運用を準備中
仮想通貨ニュース
仮想通貨からの脱却を目指すロシア、CBDC取引への手数料設定と試験運用を準備中
中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)の開発に特に注力しているロシアですが、CBDCを利用した取引に手数料を付与することが検討されています。ただし、通常の電信送金などよりも非常に小さな額となり、その使いやすさから仮想通貨に依存している現状を脱却することが期待されています。