取引所トークン「オーケービー(OKB)」とは?

2021年は暗号資産市場全体が活況となっているが、その中でも特に取引所トークンの上昇が目立っている。最も知名度の高い取引所トークンとしては、世界的に有名な暗号資産取引所であるバイナンス(Binance)が発行したバイナンスコイン(BNB)が挙げられるが、今年に入ってから暗号資産オーケービー(OKB)がその勢いを強めている。

OKBの価格は8月16日時点で2,458円と、年初来のパフォーマンスでは250%以上のリターンとなっている。代表的な暗号資産であるビットコイン(BTC)が69%であることから、そのパフォーマンスの良さもうかがえる。

取引所トークンの種類

取引所トークンは、OKExのような中央集権型の暗号資産取引所により発行されたトークンと、Uniswapのような非中央集権型の分散型取引所(DEX)のガバナンストークンを指す場合がある。

今回は、中央集権型の暗号資産取引所により発行されたトークンについて紹介する。

#
参照:CoinGecko

取引所トークンの時価総額で上位に名を連ねるのは、すでに紹介したBNBやOKBの他、以下の通り。

  • FTXトークン(FTT):暗号資産取引所FTXが発行
  • クリプトドットコムコイン(CRO):暗号資産取引所クリプトドットコム(Crypto.com)が発行
  • レオトークン(LEO):暗号資産取引所ビットフィネックス(Bitfinex)の親会社アイフィネックス・インク(iFinex Inc)が発行
  • フォビトークン(HT):暗号資産取引所フォビグローバル(Huobi Global)が発行

国内暗号資産取引所で購入できる取引所トークンは?

主な取引所トークンのうち、国内で暗号資産交換業の登録を受けている取引所で取扱いがあるのは「OKB」と「HT」だ。

なかでもOKBは、2021年6月30日に日本で取扱いが開始されたばかり。中国三大取引所の一つであるOKGroupのの日本法人であるOkCoinJapanが取扱いを発表した。OKBの史上最高値は今年5月の約4,830円 。その後は一服したものの、直近では暗号資産全体の相場環境も追い風となり、8月16日時点のOKB価格は、日本でのリスティング後から2倍以上となっている。

#
出典:CoinMarketCap

#
参照:TradingView

OKCoinJapanの主な特徴として以下の2つが挙げられる。

①迅速な入出金
24時間365日、即時処理を行なっているため、効率的に資金を運用することができる。

②業界最狭水準のスプレッド
板取引に注力しており、スプレッドが狭いので、取引コストを抑えて利益の最大化が狙える。

OKBの概要

OKBは、グローバル展開する暗号資産取引所OKExの暗号資産(トークン)で、いわゆる取引所トークンの1つ。OKBはイーサリム(Ethereum)ブロックチェーンを利用して発行・移転をする分散型デジタル資産であり、イーサリアムブロックチェーンのトークン規格ERC-20で作られた。

また、定期的にバーン(焼却)を行い、通貨価値の安定を図っているという特徴がある。

■参考:暗号資産『オーケービー(OKB)』とは?

おすすめの記事
竹中平蔵氏に聞く、ビットコインは儲かりますか?
インタビュー
竹中平蔵氏に聞く、ビットコインは儲かりますか?
仮想通貨の話が出てきて、印象的だったのは2014年にマウントゴックスが経営破綻です。当時は仮想通貨のような概念が可能と頭ではわかっていましたけれど、それと一緒に問題が残ったという印象を受けました。振り返ると、ビットコインが登場したのが2009年。その頃は、まだ第四次産業革命っていう言葉もありませんでした。