取引所トークン「オーケービー(OKB)」とは?OKBがもらえるキャンペーン実施中!

編集部おすすめ

取引所トークン オーケービー(OKB)とは?OKBがもらえるキャンペーン実施中!

2021年は暗号資産市場全体が活況となっているが、その中でも特に取引所トークンの上昇が目立っている。最も知名度の高い取引所トークンとしては、世界的に有名な暗号資産取引所であるバイナンス(Binance)が発行したバイナンスコイン(BNB)が挙げられるが、今年に入ってから暗号資産オーケービー(OKB)がその勢いを強めている。

OKBの価格は8月16日時点で2,458円と、年初来のパフォーマンスでは250%以上のリターンとなっている。代表的な暗号資産であるビットコイン(BTC)が69%であることから、そのパフォーマンスの良さもうかがえる。

取引所トークンの種類

取引所トークンは、OKExのような中央集権型の暗号資産取引所により発行されたトークンと、Uniswapのような非中央集権型の分散型取引所(DEX)のガバナンストークンを指す場合がある。

今回は、中央集権型の暗号資産取引所により発行されたトークンについて紹介する。

#
参照:CoinGecko

取引所トークンの時価総額で上位に名を連ねるのは、すでに紹介したBNBやOKBの他、以下の通り。

  • FTXトークン(FTT):暗号資産取引所FTXが発行
  • クリプトドットコムコイン(CRO):暗号資産取引所クリプトドットコム(Crypto.com)が発行
  • レオトークン(LEO):暗号資産取引所ビットフィネックス(Bitfinex)の親会社アイフィネックス・インク(iFinex Inc)が発行
  • フォビトークン(HT):暗号資産取引所フォビグローバル(Huobi Global)が発行

国内暗号資産取引所で購入できる取引所トークンは?

主な取引所トークンのうち、国内で暗号資産交換業の登録を受けている取引所で取扱いがあるのは「OKB」と「HT」だ。

なかでもOKBは、2021年6月30日に日本で取扱いが開始されたばかり。中国三大取引所の一つであるOKGroupのの日本法人であるOkCoinJapanが取扱いを発表した。OKBの史上最高値は今年5月の約4,830円 。その後は一服したものの、直近では暗号資産全体の相場環境も追い風となり、8月16日時点のOKB価格は、日本でのリスティング後から2倍以上となっている。

#
出典:CoinMarketCap

#
参照:TradingView

OKCoinJapanの主な特徴として以下の2つが挙げられる。

①迅速な入出金
24時間365日、即時処理を行なっているため、効率的に資金を運用することができる。

②業界最狭水準のスプレッド
板取引に注力しており、スプレッドが狭いので、取引コストを抑えて利益の最大化が狙える。

OKBの概要

OKBは、グローバル展開する暗号資産取引所OKExの暗号資産(トークン)で、いわゆる取引所トークンの1つ。OKBはイーサリム(Ethereum)ブロックチェーンを利用して発行・移転をする分散型デジタル資産であり、イーサリアムブロックチェーンのトークン規格ERC-20で作られた。

また、定期的にバーン(焼却)を行い、通貨価値の安定を図っているという特徴がある。

■参考:暗号資産『オーケービー(OKB)』とは?

OKBを手に入れるには?

国内での購入方法は、OKBを取扱っているOKCoinJapanに登録を行う必要があるが、現在は取扱いを記念してOKBがもらえるキャンペーンを開催している。

okキャンペーン
■キャンペーン詳細:【国内初!OKB取扱い開始Wキャンペーン②】先着300名様は必ずもらえる!新規口座開設で総額1000 OKBプレゼントキャンペーン

2021年9月30日までの期間中に「キャンペーン専用リンク」を経由して口座開設をしたユーザーに、下記の内容のOKBがプレゼントされる。

① 先着300名様に2 OKBをプレゼント
② 先着1000名様の中から抽選で10名様に30 OKBをプレゼント
③ 全員の中から抽選で2名様に50 OKBをプレゼント

まだOKCoinJapanに口座を保有していない場合は、早めに登録することでOKBを無料で手に入れることができるため、取引所トークンを保有しておきたい方にはおすすめ。8月16日時点のOKBの価格を基準にすれば、国内の新規口座開設ボーナスとしては最も高い金額に相当する量がもらえる。

取引手数料の割引キャンペーン実施中

okキャンペーン

2021年8月10日~9月10日の期間で取引手数料の割引キャンペーンも開催している。

取引所の全銘柄を対象に、取引量に関係なく一律でメイカー手数料が-0.02%、テイカー手数料が0.05%となるため、この機会に暗号資産取引を始めたい方にもおすすめだ。

■キャンペーン詳細:サービス開始1周年記念!取引手数料割引キャンペーン

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュース仮想通貨取引所のビットコイン(BTC)保有量減少中、投資家たちは強気市場でも貯め込む傾向に
次のニュースソラナ(Solana)11月に大型カンファレンスをポルトガルで開催
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。