仮想通貨ATMがビットコインキャッシュのSLPトークンをサポート

仮想通貨ATMがSLPトークンをサポート

仮想通貨用ATM開発企業のジェネラル・バイツ(General Bytes)社は、同社のATMソフトウェアに、シンプル・レッジャー・プロトコル(SLP:Simple Ledger Protocol)トークンのサポートを実装したことを発表しました。これにより、General Bytes製ATMではSLPトークンの購入と売却が可能となっています。SLPはビットコインキャッシュ(BCH)のエコシステムでは一般的なアプリケーションで、これまでに数千というSLPトークンが発行されています。

General Bytesマーケティング・マネージャーのマーティン・ウィスメイヤー(Martijn Wismeijer)氏は今回の実装について、「SLPトークンは2014年にビットコイン(BTC:Bitcoin)チェーンで試験的に実行された、カラード・コイン(colored coin)やマスターコイン(Mastercoin)のアイデアに似ています。サイズの大きいBCHのチェーンなら、SLPのようなアプリケーションに適切に対応できることから、General Bytesが同様のシステムを実装するきっかけになりました」と説明しています。

General BytesのATMは独自のソフトウェアを使い、初めて仮想通貨用ATMにBCHを組み込みました。General Bytesの開発チームは、ATMにより多くの機能性を持たせるべきだと考えています。

SLPトークン拡大の動きは今後さらに加速する

ウィスメイヤー氏は、イーサリアム(Ethereum)の複雑なERC20トークンよりも、SLPトークンの方が、既存のエコシステムに実装しやすいと考えています。SLPトークンは実装に数時間しか要さず、スマートコントラクトにバグを残すようなリスクもないと述べました。

海外の掲示板サイトであるレディット(reddit)内のBCHコミュニティースレッドでは、ATMのSLPトークンサポートについて、さまざまな期待が寄せられています。中には「次にATMでサポートされるのは、おそらくステーブルコインとして、オネストコイン(USDH:honestcoin)が続くと思う」という投稿がありましたが、ウィスメイヤー氏も同様に「SLPトークンで、今後キラーアプリになるのはステーブルコインだろう。現在多くのステーブルコインがETHのプラットフォームで流通しているが、今後はSLPトークンで発行する方がより速く、より簡単だからだ」と今後の展望を語りました。

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格・相場・チャート

参考
General Bytes ATM Developers Add Two-Way Support for Bitcoin Cash-Based SLP Tokens

おすすめの記事
仮想通貨禁止から規制に変更したインド、違反者には超高額の罰金予定
仮想通貨ニュース
仮想通貨禁止から規制に変更したインド、違反者には超高額の罰金予定
インド政府は仮想通貨の規制に関する閣議決定書の公表を行いました。これまで仮想通貨を禁止する方向で進んでいた中、政府としてはブロックチェーン技術の発展などの面から規制する考えに至ったようです。しかし、違反者には1年以上の懲罰や最大3億円以上にもなる罰金を科すことが予定されています。