【墨汁速報】豪規制当局バイナンスの仮想通貨デリバティブライセンス取消しを発表

オーストラリアの規制当局である「オーストラリア証券投資委員会(ASIC=Australian Securities & Investments Commission)」は、バイナンス(Binance)のオーストラリア法人であるOztures Trading Pty Ltdのバイナンス・オーストラリアに対して6日付けでビットコインやイーサリアムなどの「仮想通貨デリバティブ」のライセンス取り消しを発表。バイナンスのオーストラリアユーザーは新規ポジションを持てず、21日までに全てのポジションをクローズする必要がある。

関連記事:【墨汁速報】米規制当局バイナンスとCEOを提訴 ビットコインは一時5%下落

豪規制当局バイナンスの派生商品ライセンス取り消し

オーストラリアにおける仮想通貨の規制を行うオーストラリア証券投資委員会(ASIC=Australian Securities & Investments Commission)は6日、バイナンスの豪州法人であるOztures Trading Pty Ltdに対して本日付けから適応されるライセンスのキャンセルを発表。バイナンス・オーストラリアはASICによって「オーストラリア金融サービスライセンス(AFSライセンス)」を付与されており、ASICによると”バイナンスによってライセンスのキャンセルを5日付けで求められた”ことが理由だとしている。

このライセンスキャンセルにより

・2023年4月14日より新規仮想通貨デリバティブポジションを持てない

・2023年4月21日までにクライアントの全てのポジションを閉じることを求める

・2021年4月21日にバイナンスは全てのポジションを閉じること

としている。

関連記事:【墨汁速報】SECトロンのジャスティン・サン氏を「TRXの価格操作と未登録証券」などの疑いで起訴

バイナンスのライセンス取り消し理由は?

このライセンスの取り消しによりバイナンスがオーストラリア金融紛争当局(Australian Financial Complaints Authority)のメンバーとして加わる要求への影響は2024年4月8日の終了までは影響はないとしている。バイナンスがASICにライセンス取り消しを求めた理由として下記が理由だと見られる。

ASICは卸売クライアントと一般顧客の分類を含むオーストラリアにおけるバイナンスの金融サービスビジネスを対象とした調査を開始。2023年3月29日、ASICはバイナンス・オーストラリアに対して2001会社法s915cにおいてASICがAFSライセンスのキャンセルまたは停止を求めるべきかの聴聞会を開くことを通知していたという。

ASICの議長Chair Joe Longo氏は、「我々のこのような顧客への害の程度にフォーカスした調査は継続していく」と述べている。

バイナンスへの警告が大きく影響

またこれらの調査をASICが開始した理由として2023年3月27日にCFTC(米証券先物取引委員会)からバイナンス及びCEOのCZ氏が訴えられたことを例にあげている。さらにバイナンスはイギリスや日本の金融庁、イタリア、シンガポール、オランダ、オンタリオなど複数の規制当局から警告を受けていると指摘。

2022年1月よりASICのAFSライセンスが買収により変更され、バイナンスオーストラリアとして2022年7月から開始されているという。これらの背景からバイナンスに対して調査を行い、バイナンス・オーストラリア側から5日付けでライセンスキャンセルのリクエストを受けたということになる。

バイナンスは2022年11月のFTXグループ破綻を後押しした後、2023年に入って自身の仮想通貨帝国陥落へのリスクにさらされているということが言えるだろう。

関連記事:仮想通貨の未来にはバイナンス帝国陥落は必要か?

▼墨汁サロンでは投資家向けに知られていないDeFiやNFTのセキュリティ対策、イーサリアム2.0の仕組みや技術、マージ対応の32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
GMOコインの口座開設・登録方法を解説、キャンペーンや評判・口コミも紹介
仮想通貨取引所
GMOコインの口座開設・登録方法を解説、キャンペーンや評判・口コミも紹介
暗号資産(仮想通貨)取引所の「GMOコイン」の口座開設方法を紹介します。実際の管理画面の画像を使って1から丁寧に解説していきます。最新のキャンペーンからアプリの使い方や特徴も調べあげているのでGMOコインで口座開設をしようと考えているなら、このページを読めば全て分かります!