「今年ビットコインは大幅に下落する」著名アナリストが大胆予測

著名な暗号資産(仮想通貨)アナリストのベンジャミン・コーエン(Benjamin Cowen)氏は、ビットコイン(BTC)が今年多くの人々を仰天させるほどの、大きな値動きを見せることを予測しています。

2023年後半に到来するビットコインの下落

仮想通貨ニュース・プラットフォームのアルトコイン・デイリー(Altcoin Daily)とのセッションで、コーエン氏はビットコインが今年後半に大きく値下がりし、売りのパニック状態を引き起こすという大胆な予測を語りました。

コーエン氏は、「今は値上がりしてるから、みんなハッピーだろう。でもこれは2015年と2019年に、すでに我々が経験してきたことが再び起きているだけのことだ。私の予測では、今年後半にビットコインは再び値下がりする。それは多くの人々を驚かすと思うが、きわめて自然なことだ。我々が次の半減期を迎える前に、そして経済が量的緩和に移行する前に、降伏させるほどの恐怖が訪れるだろう」という見解を述べています。

2024年には一転して強気市場に

コーエン氏は、2024年に米国連邦準備制度理事会(FRB)が金融政策を変えると見ており、その後ビットコインの強気相場が到来すると言います。

彼の予想では、FRBはそれまでに債券購入などの方法で市場の流動性を高め、高金利政策を転換すると同時に、量的緩和政策に移行するとのことです。

セッションでもコーエン氏は、「これまでビットコインは、現在のような高金利を経験してこなかった。しかしFRBが無期限に金利を上げ続けることはできない。遅くとも2024年までには、再び量的緩和が実行され低金利政策に戻り、その時こそビットコインが強気相場に移行すると私は信じている。しかも現在銀行業界に起こっていることも、ビットコインの強気を後押しすることになるだろう」との見方を示しました。

ビットコイン下落の根拠とは?

コーエン氏は、アルトコイン市場の流動性がビットコインに流れ込んでいることが、現在の値上がりにつながっていると見ています。そして流動性が枯渇すると、ビットコイン価格は下落すると予測しています。

最後にコーエン氏は、「現在のビットコインの状況は、ドミナンス(市場占有率)に反映されている。アルトコイン市場の流動性が、大きな流れとなってビットコインのドミナンスを高めている。」
「しかしアルトコインの流動性が尽きてしまったら、ビットコイン価格を支えるものがあるだろうか。その時こそ再びビットコインが値下がりして、恐怖を味わうことになる。そこから心機一転、2024年を迎えることにしよう」と述べ、2024年の強気市場を予見してセッションを結びました。

参考
Analyst Benjamin Cowen Says Bitcoin (BTC) Is About To Scare Everyone With Big Move – Here’s What He Means

【こんな記事も読まれています】
マイナーのビットコイン保有量が大幅に減少、価格下落と弱気市場の兆し?
【墨汁速報】ビットコイン急落「仮想通貨マイニングの電気に段階的な30%課税」バイデン大統領発言で
仮想通貨の未来にはバイナンス帝国陥落は必要か?

おすすめの記事
【墨汁速報】BlockFi仮想通貨レンディングが証券の可能性か?SECによる調査を受ける
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】BlockFi仮想通貨レンディングが証券の可能性か?SECによる調査を受ける
SEC(米国証券取引委員会)はビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の高金利レンディング企業BlockFiを綿密に調査しているという。BlockFiは最大で年間利回り9.5%を提供するレンディング企業であり、金利を提供するBIAが証券に当たる可能性があると考えられている。
【墨汁速報】米Kraken一時イーサリアムが7万円代へ暴落し-60% なにがあったのか?
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米Kraken一時イーサリアムが7万円代へ暴落し-60% なにがあったのか?
イーサリアム価格は米仮想通貨取引所クラーケン(Kraken)で一時700ドル(約7万3,000円)へ約60%の急落。市場平均価格を大幅に上回る記録的暴落となり、10分後には1,700ドルまで回復した。この暴落の背景にはイーサリアム上でのDeFi(分散型金融)が引き金となったと見られる。