メタバース・ゲーム・スタジオが総額12億円の資金調達に成功、アニモカ・ブランズらが主導

ブロックチェーンゲームの開発を行っているメタバース・ゲーム・スタジオ(Metaverse Game Studios)は3月14日、総額1,000万ドル(約12億円)の資金調達に成功したことを発表した。

パンテラ・キャピタル、アニモカ・ブランズらが主導

今回の資金調達は、ブロックチェーンに特化した資金運用会社であるパンテラ・キャピタル(Pantera Capital)、香港のブロックチェーン会社であるアニモカ・ブランズ(Animoca Brands)などが主導して実施した。ほかにもベトナムのブロックチェーンゲームメイカーであるエンシェント8(Ancient8)、プレイ・トゥ・アーン(P2E)ゲームの無料プラットフォームであるレインメーカー(Rainmaker)なども投資家として参加している。

メタバース・ゲーム・スタジオは、目玉製品としてアンジェリック(Angelic)というゲームを開発している。このゲームは、没入感とプレイすることが楽しいというこだわりの下で作成されており、投資家やパートナーからも注目されている。また、より良いゲーム体験をつくることを第一に考え、仮想通貨ソラナ(Solana)のブロックチェーン技術の特徴をゲームに取り入れる予定だ。

多人数参加型メタバースを構築

アニモカ・ブランズのヤット・シウ(Yat Siu)共同設立者兼執行会長は、「エンジェリックは、洗練されたバックストーリーによって豊かになった深いゲームプレイ層を持つ、多人数参加型メタバースを構築している。これは、ブロックチェーンゲームとAAAゲームの間の溝を埋めるのに役立つ正しいアプローチであると信じている」と語っている。

また、パンテラ・キャピタルのポール・ヴェラディタキット(Paul Veradittakit)は、「パンテラ・キャピタルは、必要とされているトップレベルのゲーム製品であるエンジェリックゲームをブロックチェーンゲーム界にもたらす手助けできることを楽しみにしている」と話している。さらに、同氏は、「私たちの厳選された投資ポートフォリオにメタバース・ゲーム・スタジオを加えることができたのは、本当に喜ばしいことだ。私たちは多くのプロジェクトを見てきたが、このゲームは今後長い間Web3ゲームの定番となるに十分な洗練されたデザインを持っている数少ないゲームの1つだと言える」とその期待感を表現している。

参考
Angelic Announces $10 Million Investment Co-Led by Animoca Brands and Pantera Capital, along with Many Other Blockchain Industry Giants

【こんな記事も読まれています】
NFTで健康になって稼げる?話題のアプリSTEPN(ステップン)とは?
ソラナ(Solana)のゲーム&NFTプロジェクト、Aurory(オーラリー)とは?
NFTプラットフォームのボンドリー音楽サイトのバンドシンタウンと提携

おすすめの記事
【墨汁速報】米司法省バイナンスとCEOに仮想通貨マネーロンダリング関与の疑いで刑事告訴か
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米司法省バイナンスとCEOに仮想通貨マネーロンダリング関与の疑いで刑事告訴か
ロイターの報道によると、米国司法省が仮想通貨取引所最大手のバイナンス(Binance)及びCEOであるチャンポン・ジャオ氏(Changpeng Zhao)氏に対してマネーロンダリングの関与と刑事制裁違反の疑いで取り調べをしており、刑事告訴をするための十分な証拠を掴んでいるという。
【墨汁速報】米SEC 今年2度目の仮想通貨取引所クラーケン提訴「未登録の証券取引所」
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米SEC 今年2度目の仮想通貨取引所クラーケン提訴「未登録の証券取引所」
米国証券取引委員会(SEC)は、米老舗仮想通貨取引所のクラーケン(Kraken)の親会社であるペイワード社とペイワード・ベンチャーズ)を提訴した。クラーケンの提訴は今年2月にイーサリアムなどのステーキングサービスを証券であるとしてされており、今年で2回目となる異例の事態である。