• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ポートフォリオ
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • コインチョイス編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • coincheck(コインチェック)
  • DeCurret(ディーカレット)
  • GMOコイン
  • bitbank(ビットバンク)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • Huobi(フォビ)
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • Liquid by Quoine
  • 仮想通貨取引所比較
  • PR
  • イベントまとめ

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、分散型取引台帳と呼ばれています。
P2P(pear to pear)という第三者機関の存在なしにユーザー同士だけでシステムを管理できるシステムになっています。

ブロックチェーンと呼ばれている理由はというと、取引データの集まりであるブロックをチェーンのように結び付けているからです。このブロックチェーンのデータの中には、様々な取引が記録されています。そのブロックは、第三者機関によって承認されるのではなく、ユーザーがマイニングと呼ばれる承認活動を行うことによって承認されます。

その承認されたブロックは、その前に存在するブロックとチェーンのようにつながれるのです。 この一連の仕組みによって、すべての取引履歴はすべてのユーザに分散共有され、第三者機関に頼らずとも正当性が担保されます。そして、このブロックチェーンの技術によって仮想通貨が成立しているのです。

このブロックチェーンを用いるメリットとして大きく3つあります。1つは、データの改ざんが事実上不可能になることです。
これは、多くの人が同じデータを複数にコンピュータで管理しているため、ひとつのコンピュータが攻撃されても、他のコンピュータで改ざんをすぐに認知できるからです。

2つ目に、海外送金コストの削減があります。一般的に金融機関を通じて海外送金すると、莫大な手数料がかかってしまいます。
しかし、ネットの世界ではそのような国境は存在しないため、最小限の手数料に抑えることができます。

最後に、金融の中央集権化が防げることです。ユーザーが全員で管理しているため、誰か一人の恣意的な行動によってブロックチェーンをコントロールすることができないのです。以上のように、新しい枠組みとしてブロックチェーンは大変注目されているのです。

ブロックチェーンの記事一覧
ブロックチェーンに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

ソラナ(SOL)のステーキングに参加する方法【stakefish編】

ソラナ(SOL)のステーキングに参加する方法【stakefish編】

保有する暗号資産をトレードせずに増やす方法の1つとしてステーキングがあります。今回は、ステーキング可能なブロックチェーンのソラナ(Solana)を例に、ステーキングサービスのStakefishを使ったステーキングの方法を紹介します。
ビットコインなど新しいパラダイムシフトに向き合うための「共同主観的事実の共有」

ビットコインなど新しいパラダイムシフトに向き合うための「共同主観的事実の共有」

最初はビットコイン(BTC)も虚構であり、共同幻想によって価値を獲得しつつあると考えるHashHubの平野氏。仮想通貨やパブリックブロックチェーンのような新しい概念と向き合うために重要な「共同主観的事実の共有」という概念について紹介します。
「給付金」とも例えられる暗号資産のエアドロップブームとは?

「給付金」とも例えられる暗号資産のエアドロップブームとは?

イーサリアム(Ethereum)上のDeFiプロトコルをはじめとしたプロジェクトによる暗号資産(トークン)のエアドロップの現状やその背景について紹介します。プロジェクトはどういった狙いでエアドロップを行うのでしょうか?
エンジンコイン(ENJ)が推進するイーサリアムのトークン規格ERC-1155とは?

エンジンコイン(ENJ)が推進するイーサリアムのトークン規格ERC-1155とは...

エンジンコイン(Enjin Coin)の開発チームによる独自のトークン規格「ERC-1155」。この「ERC-1155」の概要の説明から、具体的な利用例、金融分野にも拡大される例など、紹介していきます。
Solana x SerumハッカソンさまざまなDeFi(分散型金融)プロジェクトを紹介

Solana x SerumハッカソンさまざまなDeFi(分散型金融)プロジェク...

3月に開催された最近注目が高まるブロックチェーンソラナ(Solana)とその上に構築された分散型取引所セラム(Serum)のハッカソンで、高い評価を受けたさまざまなプロジェクトについて、特徴などを紹介していきます。
ソラナ(Solana)のユースケース、アプリケーションとは?

ソラナ(Solana)のユースケース、アプリケーションとは?

ソラナ(Solana)のウェブサイトには100以上のアプリケーションやエコシステムパートナーが掲載されています。その中でも、Solanaブロックチェーンの利用イメージがしやすしアプリケーションについて解説します。
盛り上がりを見せるNFTとソラナ(Solana)のNFTインフラ

盛り上がりを見せるNFTとソラナ(Solana)のNFTインフラ

かつてないほどの盛り上がりを見せるノン・ファンジブル・トークン(NFT)。NFT用のブロックチェーンであるフロー(Flow)やNFTの性質を再確認し、NFTで利用されるソラナの(Solana)インフラについても紹介します。
日本発のレイヤー2のNFTマーケットプレイス「nanakusa」がローンチ

日本発のレイヤー2のNFTマーケットプレイス「nanakusa」がローンチ

ウォレットサービス「GO Wallet」などを展開する株式会社スマートアプリが、NFTマーケットプレイス「nanakusa」のサービスリリースを発表。「nanakusa」はどのようなサービスなのか、その特徴などを紹介します。
Solana X SerumのDeFiハッカソン結果発表!500万円分の賞金を手にしたプロジェクトは?

Solana X SerumのDeFiハッカソン結果発表!500万円分の賞金を手...

Solana Foundation(ソラナファンデーション)が2週間にわたって実施したDeFi(分散型金融)ハッカソンの受賞者が発表されました。今回は、Mango MarketsとPsyOptionsについて紹介します。
ステーキングするなら知っておきたい!バリデータの選び方

ステーキングするなら知っておきたい!バリデータの選び方

ステーキングをするか検討している人の中で、どのようにしてバリデータを選べばいいのか分からないという方もいるのではないでしょうか。そんな方のために、さまざまな種類のバリデータの概要とそれぞれの特徴を紹介します。
Stargate:コスモスのインターオペラビリティ実現に向けた重要なアップグレード

Stargate:コスモスのインターオペラビリティ実現に向けた重要なアップグレー...

そのビジョンが「インターネット・オブ・ブロックチェーン」と表現される暗号資産コスモス(COSMOS)。そのコスモスアップグレード「スターゲート(Stargate)」がコミュニティーにどのおうな影響を与えるのかなど紹介します。
分散型金融(DeFi)で注目が集まるRaydiumとは?

分散型金融(DeFi)で注目が集まるRaydiumとは?

ソラナ(Solana)ブロックチェーン上に構築され、今注目を集めている分散型取引所(DEX)のレイディウム(Raydium)。従来のDeFiが抱える問題とRaydiumが提案する解決策について解説します。
DeFi(分散型金融)のガバナンストークンはファンダメンタルズ分析できる

DeFi(分散型金融)のガバナンストークンはファンダメンタルズ分析できる

DeFi(分散型金融)のガバナンストークンの価格が高騰しています。マーケットがDeFiの可能性に注目して、トークン価格も値上がりしている格好です。ガバナンストークンのファンダメンタルズ分析について紹介します。
Polkadot(DOT)のステーキング方法の解説

Polkadot(DOT)のステーキング方法の解説

Polkadot(DOT)のトークン保有者は所定の手続きをしステーキングすることで利子のようにDOTを増やすことができます。今回はstakefish(ステークフィッシュ)を使ったDOTのステーキング方法を解説します。
なぜPolkadotは注目されているか?基本的なコンセプトを解説

なぜPolkadotは注目されているか?基本的なコンセプトを解説

今最も注目されている新興ブロックチェーンと言っても過言ではないポルカドット(Polkadot)。「ブロックチェーンのインターネット」とも表現されるPolkadotの基本的なコンセプトについて解説します。
Solana(SOL)でステーキングが稼働開始

Solana(SOL)でステーキングが稼働開始

ソラナ(Solana)のバリデータコミュニティはステーキング報酬とそれに伴うインフレーションを承認しました。プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の概要から、SOLをステーキングする際に注意したいことまでを紹介します。
Human ProtocolがSolanaの統合を発表

Human ProtocolがSolanaの統合を発表

HUMAN Protocol(ヒューマンプロトコル)がSolana(ソラナ)の統合計画を発表しました。HUMAN Protocolとはどのようなプロジェクトなのかその概要と、掲げるマルチチェーン構想などもあわせて紹介します。
32イーサリアム(ETH)以下でもステーキングできる!Lido(リド)の概要

32イーサリアム(ETH)以下でもステーキングできる!Lido(リド)の概要

2020年にイーサリアムのステーキングができるようになって以来、さまざまなステーキングサービスが話題になりつつあります。今回はステーキングに興味があるものの、32ETH以下でも試してみたいという人のためのサービスを紹介します。
ソラナ(Solana)のトランザクションが100億回を突破

ソラナ(Solana)のトランザクションが100億回を突破

ソラナネットワーク上でのトランザクション数が、100億件を突破しました。ソラナは秒間5万トランザクションを処理できたり、送金手数料が安い点などで注目されています。DeFi(分散型金融)やSOL価格についても紹介します。
Binace Smart Chainの主要なプロジェクトを厳選して紹介

Binace Smart Chainの主要なプロジェクトを厳選して紹介

2020年9月に世界最大の取引所バイナンスによる新しいブロックチェーン「Binance Smart Chain」がローンチしました。そんなBinance Smart Chainの主要なDeFi(分散型金融)プロジェクトについて解説します。
仮想通貨BATを発行するブラウザBRAVE、1日のアクティブユーザーが800万人を突破

仮想通貨BATを発行するブラウザBRAVE、1日のアクティブユーザーが800万人...

仮想通貨BATを発行しているインターネットブラウザのブレイブ(BRAVE)が2月2日、1日あたりのアクティブユーザーが800万人を超えたことを発表。広告収益も28倍に増加したという。ブレイブのシステムも合わせて紹介する。
CBDCのパブリックテストが加速、企業サービスも登場

CBDCのパブリックテストが加速、企業サービスも登場

中国では2020年にその実験が開始された中央銀行が発行するデジタル通貨(CBDC)。2021年にはパブリックテストが加速し、CBDCを前提にした企業サービスの登場など今年のトレンドを予想して紹介します。
stakefishでATOM(COSMOS)をステーキングする方法を解説

stakefishでATOM(COSMOS)をステーキングする方法を解説

トークンを保有しているユーザーが報酬を獲得することができるPoS(プルーフ・オブ・ステーク)。ステーキングサービスのstakefishを使ってPoSの暗号資産の一つであるATOM(COSMOS)をステーキングする方法を紹介します。
ソラナ(Solana)と開発者向けツールDecentologyのインテグレーション

ソラナ(Solana)と開発者向けツールDecentologyのインテグレーショ...

開発者向けのツールを提供するDecentologyがソラナ(Solana)ブロックチェーンへの対応を発表しました。ソラナの開発者コミュニティの拡大につながるとして、その期待が高まっています。Decentologyの使い方を紹介します。
国際決済銀行(BIS)がCBDCテストの新たなプラットフォームをローンチへ

国際決済銀行(BIS)がCBDCテストの新たなプラットフォームをローンチへ

国際決済銀行(BIS)がこのほど、中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関するプラットフォームをローンチすることを発表しました。今回の発表の詳細やBISイノベーションハブの責任者のコメントなどを紹介します。
米保険企業USAAとステートファーム、保険の処理にブロックチェーン活用へ

米保険企業USAAとステートファーム、保険の処理にブロックチェーン活用へ

アメリカの保険会社であるUSAAとステートファーム(State Farm)がこのほど、2社間の保険処理をブロックチェーン技術を活用し自動化することを発表した。これまで手作業で行われていたプロセスが改善されるという発表の内容を紹介する。
ブロックチェーン推進団体がBMWやフォードと提携、中古車やメンテナンスに活用

ブロックチェーン推進団体がBMWやフォードと提携、中古車やメンテナンスに活用

非営利団体であるモビリティオープンブロックチェーンイニシアチブ(MOBI)がこのほど、BMWやフォードなど大手自動車メーカーと協力し、車両登録などにブロックチェーンを活用することを発表した。内容を紹介します。
イーサリアム 2.0の分散性の重要性と、なぜその可視化が必要なのか

イーサリアム 2.0の分散性の重要性と、なぜその可視化が必要なのか

最初の段階として2020年12月にビーコンチェーンが公開されたイーサリアム 2.0。イーサリアム 2.0の分散性はなぜ重要なのか?そして分散していることが可視化されることの必要について考察し、解説します。
急速に拡大するソラナ(Solana)エコシステムとユースケース

急速に拡大するソラナ(Solana)エコシステムとユースケース

安価で高速であることを特徴とし、その可能性が期待されているブロックチェーンのソラナ(Solana)。今回は、ブロックチェーンの発展に重要となってくるエコシステムとそのユースケースについて紹介します。

仮想通貨チリーズ、イタリアの名門サッカーチームACミランとの提携を発表

仮想通貨チリーズ(Chiliz)がこのほど、イタリアの名門サッカーチームであるACミランと提携したことを発表した。提携団体の数はこれで20となった。ACミランとチリーズのプラットフォームであるソシオスドットコム関係者のコメントも紹介する。
Binance Smart Chainの拡大戦略を5つに整理

Binance Smart Chainの拡大戦略を5つに整理

昨年ローンチした、世界最大の取引所バイナンスによる新しいブロックチェーン「Binance Smart Chain(バイナンス・スマート・チェーン)」と、DeFi(分散型金融)拡大戦略を5つの要点に整理して紹介。
エバーレジャー年間2億ドル超のダイヤモンドを取り扱うレアカラットと提携

エバーレジャー年間2億ドル超のダイヤモンドを取り扱うレアカラットと提携

ブロックチェーン関連スタートアップのエバーレジャー(Everledger)がこのほど、アメリカのダイヤモンド取り扱い大手のレアカレット(Rare Carat)との提携を発表した。今回の提携の内容を紹介します。
Solanaのトークン規格SPLとその影響とは?

Solanaのトークン規格SPLとその影響とは?

ソラナ(Solana)ではSPLというトークン規格が定められており、この規格にのっとった形でトークンの発行を行います。そもそもなぜトークン規格がどういうものなのか、そしてソラナのSPLという規格について解説します。
stakefishで簡単にEthereum2.0のステーキングをする方法

stakefishで簡単にEthereum2.0のステーキングをする方法

ステークフィッシュ(stakefish)がEthereum2.0のステーキングサービスをローンチしました。stakefishの特徴を紹介しながら、Ethereum2.0のステーキングをする方法を解説します。
Serumで優れたインターフェースを提供するBonfidaとは

Serumで優れたインターフェースを提供するBonfidaとは

海外取引所大手のFTXが提供するSolanaブロックチェーン上に分散型取引所セラム(Serum)。セラムの課題を解決する可能性のある、Serum用のGUIとウォレットのBonfidaについて解説します。
イーサリアムの大きな方針としてレイヤー2を主軸にする方向性

イーサリアムの大きな方針としてレイヤー2を主軸にする方向性

アプリケーションのユーザー数が増加の一途をたどるイーサリアム(Ethereum)は、これまで以上にスケーリングの技術が求められています。すでに実用化も始まっており、開発の中心にもなるRollupについて紹介します。
2021年はレイヤー2が普及フェーズに、Rollupとは?

2021年はレイヤー2が普及フェーズに、Rollupとは?

ブロックチェーンの限定的なトランザクション処理能力を解決するために開発されている技術のレイヤー2が2021年に普及フェーズに入りそうです。現在、注目されているレイヤー2のRollupと呼ばれる技術について紹介します。
ソラナ(Solana)が進めるインターオペラビリティ戦略とは?

ソラナ(Solana)が進めるインターオペラビリティ戦略とは?

2020年にローンチしたブロックチェーンのソラナ(Solana)は、秒間5万トランザクションを実行できる点で期待されています。今回は、そんなソラナが進めるインターオペラビリティ戦略について紹介します。
シンガポールがアジアのシリコンバレー実現を目指す、手始めにブロックチェーン商用化

シンガポールがアジアのシリコンバレー実現を目指す、手始めにブロックチェーン商用化...

シンガポールが、アジアのシリコンバレーの実現を目指して力強く動き始めています。中でも2020年12月に発足したシンガポール・ブロックチェーン・イノベーション・プログラム(SBIP)について紹介します。
ウクライナのDX省がステラと覚書署名、仮想通貨の戦略的開発へ

ウクライナのDX省がステラと覚書署名、仮想通貨の戦略的開発へ

ウクライナのデジタルトランスフォーメーション省とステラ開発財団2020年12月28日に覚書に署名した。東ヨーロッパの金融市場における革新的な国としてのウクライナの地位強化などに取り組むという。詳細を紹介します。
【ステーキング方法解説】テゾス(Tezos)のステーキングをstakefishでやってみよう

【ステーキング方法解説】テゾス(Tezos)のステーキングをstakefishで...

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)と一言に言ってもさまざまな種類があり、デリゲート(委任)という仕組みを持っているものもあります。今回は、テゾス(Tezos)のステーキングをstakefishで行う方法を紹介します。
企業が取り組むブロックチェーンによる売掛債権の現金化・流動化とは?

企業が取り組むブロックチェーンによる売掛債権の現金化・流動化とは?

さまざまな業界でその活用方法が注目されているブロックチェーン。現在ではさまざまな企業が取り組みを開始しているブロックチェーンによる売掛債権の現金化・流動化について解説し、ブロックチェーンによるメリットを紹介します。
メガバンクも採用する貿易業務向けブロックチェーンの活用方法とは?

メガバンクも採用する貿易業務向けブロックチェーンの活用方法とは?

貿易金融との相性が良いことでも知られているブロックチェーン。日本でも三井住友銀行が企業向けの貿易業務のブロックチェーンに参画しています。そんな貿易業務におけるブロックチェーンの利用のされ方について解説します。
2020年のDeFi(分散型金融)トレンド振り返りと広がるエコシステム

2020年のDeFi(分散型金融)トレンド振り返りと広がるエコシステム

2020年はDeFi(分散型金融)の年といっても過言ではないほどに盛り上がりをみせました。そこで今回は、今年のDeFiのトレンドを振り返りながらイーサリアム(Ethereum)以外のDeFiの動きをあわせて紹介します。
相次ぐDeFi(分散型金融)からの資金流出、その攻撃手法とはなにか?

相次ぐDeFi(分散型金融)からの資金流出、その攻撃手法とはなにか?

2020年に注目を集め順調に成長してきたDeFi(分散型金融)。約1兆4,000億円がイーサリアムのスマートコントラクトにロックされています。その一方で、資金流出も起きています。その攻撃方法などを解説します。
ブロックチェーンがもたらす全く新しい概念を3つのポイントで解説

ブロックチェーンがもたらす全く新しい概念を3つのポイントで解説

あらゆる産業のビジネスを変革すると期待されているブロックチェーン。2030年までに3兆ドル以上の価値を創出するとも言われています。ブロックチェーンが社会にもたらす大きな3つの変化について解説していきます。
ETH2.0のステーキングを始める前に知っておきたい注意点・リスク

ETH2.0のステーキングを始める前に知っておきたい注意点・リスク

12月1日にイーサリアム 2.0のBeacon Chainがローンチされたことで、ステーキングに興味を持った人も多いのではないでしょうか?魅力的なステーキング報酬だけでなく、注意しておきたいリスクについて紹介します。
ブロックチェーン関連企業が英サッカークラブのマンチェスターシティと提携

ブロックチェーン関連企業が英サッカークラブのマンチェスターシティと提携

ブロックチェーン企業のアニモカ・ブランズ(Animoca Brands)がサッカーチームであるマンチェスターシティを運営するシティフットボールクラブとの提携を発表した。デジタルグッズの販売も行う予定。
グラスゴー大学が偽造ウィスキー問題対策のためブロックチェーン企業と協力

グラスゴー大学が偽造ウィスキー問題対策のためブロックチェーン企業と協力

スコットランドのグラスゴー大学がこのほど、偽造スコッチウイスキー問題に取り組むためブロックチェーン会社エバーレジャーとの協力を発表した。専門家によると、レアヴィンテージウイスキーの40%が偽物である可能性があるという。

DeFi=開発者を信用しなくてい良いはウソ!?Admin Keyリスクとは?

その勢いはとどまる事を知らないないDeFi(分散型金融)。特徴の1つとしてよくあげられるのが、DeFiはノンカストディであり取引所などを信用しなくても良いということです。しかしこれは正しいのでしょうか?

ブロックチェーンとは、分散型取引台帳と呼ばれています。
P2P(pear to pear)という第三者機関の存在なしにユーザー同士だけでシステムを管理できるシステムになっています。

ブロックチェーンと呼ばれている理由はというと、取引データの集まりであるブロックをチェーンのように結び付けているからです。このブロックチェーンのデータの中には、様々な取引が記録されています。そのブロックは、第三者機関によって承認されるのではなく、ユーザーがマイニングと呼ばれる承認活動を行うことによって承認されます。

その承認されたブロックは、その前に存在するブロックとチェーンのようにつながれるのです。 この一連の仕組みによって、すべての取引履歴はすべてのユーザに分散共有され、第三者機関に頼らずとも正当性が担保されます。そして、このブロックチェーンの技術によって仮想通貨が成立しているのです。

このブロックチェーンを用いるメリットとして大きく3つあります。1つは、データの改ざんが事実上不可能になることです。
これは、多くの人が同じデータを複数にコンピュータで管理しているため、ひとつのコンピュータが攻撃されても、他のコンピュータで改ざんをすぐに認知できるからです。

2つ目に、海外送金コストの削減があります。一般的に金融機関を通じて海外送金すると、莫大な手数料がかかってしまいます。
しかし、ネットの世界ではそのような国境は存在しないため、最小限の手数料に抑えることができます。

最後に、金融の中央集権化が防げることです。ユーザーが全員で管理しているため、誰か一人の恣意的な行動によってブロックチェーンをコントロールすることができないのです。以上のように、新しい枠組みとしてブロックチェーンは大変注目されているのです。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのTelegram