ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、分散型取引台帳と呼ばれています。
P2P(pear to pear)という第三者機関の存在なしにユーザー同士だけでシステムを管理できるシステムになっています。

ブロックチェーンと呼ばれている理由はというと、取引データの集まりであるブロックをチェーンのように結び付けているからです。このブロックチェーンのデータの中には、様々な取引が記録されています。そのブロックは、第三者機関によって承認されるのではなく、ユーザーがマイニングと呼ばれる承認活動を行うことによって承認されます。

その承認されたブロックは、その前に存在するブロックとチェーンのようにつながれるのです。 この一連の仕組みによって、すべての取引履歴はすべてのユーザに分散共有され、第三者機関に頼らずとも正当性が担保されます。そして、このブロックチェーンの技術によって仮想通貨が成立しているのです。

このブロックチェーンを用いるメリットとして大きく3つあります。1つは、データの改ざんが事実上不可能になることです。
これは、多くの人が同じデータを複数にコンピュータで管理しているため、ひとつのコンピュータが攻撃されても、他のコンピュータで改ざんをすぐに認知できるからです。

2つ目に、海外送金コストの削減があります。一般的に金融機関を通じて海外送金すると、莫大な手数料がかかってしまいます。
しかし、ネットの世界ではそのような国境は存在しないため、最小限の手数料に抑えることができます。

最後に、金融の中央集権化が防げることです。ユーザーが全員で管理しているため、誰か一人の恣意的な行動によってブロックチェーンをコントロールすることができないのです。以上のように、新しい枠組みとしてブロックチェーンは大変注目されているのです。

ブロックチェーンの記事一覧
ブロックチェーンに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

miyabi(ミヤビ)・mijin(ミジン)とは?ブロックチェーン技術利用システム開発に期待高まる

ビットフライヤー「miyabi」・Zaif「mijin」とは?ブロックチェーン技...

ブロックチェーンを採用した新たな分散処理システム「miyabi(ミヤビ)」「mijin(ミジン)」とは?。miyabiはbitFlyer、mijinはZaifが開発しました。特徴や今後の展望についてひろぴーさんに解説していただきました。

DMM ブロックチェーン技術採用のスマートコントラクト事業開始

株式会社DMM.comのブロックチェーン技術を使ったスマートコントラクト事業を開始リリース情報。昨今、ブロックチェーン技術を使った仮想通貨の取引が世間を賑わせておりますが、DMMは仮想通貨のマイニング事業に続き、さらにスマートコントラクト事業を行っていくとのこと。
ブロックチェーンの研究開発で日韓の団体が協定締結

ブロックチェーンの研究開発で日韓の団体が協定締結

ブロックチェーンの研究開発について、日本と韓国の団体が協定を結んだ。互いの知見を持ち寄ってブロックチェーンの普及につなげるのが目標となっている。

KyberNetworkに迫る!次世代分散型取引システムとは!?

今回は、話題の分散型取引所について解説!分散型取引所では、信頼を管理者ではなく、技術に置いているため、管理者の独断での不正のリスクを低減することができます。
ライトニングネットワークを使った暗号通貨スワップに成功

ライトニングネットワークを使った暗号通貨スワップに成功

ライトニングラブスからライトコインとビットコインのクロスチェーンスワップに成功したことが発表された。
ビットコインのハードフォーク(分裂)は、ラーメン屋の暖簾分けと同じ!?

ビットコインのハードフォーク(分裂)は、ラーメン屋の暖簾分けと同じ!?

久しぶりの記事更新です。今回の記事の分かり易い例えが思いつかなかったので、時間がかかってしまいました。内容は、よく聞くハードフォーク(分裂)についてです。「ビットコインクラシック開発中止の意味??ラーメン店の暖簾分けの揉め事と大差ない。」
スケーリングの解決が期待されるDAGに残る3つの課題とは?

スケーリングの解決が期待されるDAGに残る3つの課題とは?

ブロックチェーンの問題を解決するのではといわれているDAG。Byteballでも採用されているこの仕組みにはもちろんまだ課題も残っています。将来的には解決を目指しているものの、どのような課題が残っているのか、平野氏が解説します。
ビットコインの生みの親がブロックチェーンに残した言葉とは

ビットコインの生みの親がブロックチェーンに残した言葉とは

ビットコインの発案者サトシ・ナカモト。彼は一番最初に生成されたビットコインのブロックチェーンにあるメッセージを残しています。そこから読み取れるビットコイン誕生の背景とサトシ・ナカモトの願いとは?
ドイツ化学メーカーBASF、ブロックチェーンを使ったサプライチェーン管理に取り組む

ドイツ化学メーカーBASF、ブロックチェーンを使ったサプライチェーン管理に取り組...

ドイツ大手総合化学メーカーBASFは、サプライチェーンの追跡におけるブロックチェーンの可能性を探っているようだ。
サトシナカモトが描いたビットコインを巡る論争について

サトシナカモトが描いたビットコインを巡る論争について

8月の大分裂騒動の原因と言われる、ビットコインへの考え方の違い。この相違ポイントの一つとして、サトシナカモトの論文があります。今回は平野氏の視点で論点を整理し、意見を述べています。

ブロックチェーンとは、分散型取引台帳と呼ばれています。
P2P(pear to pear)という第三者機関の存在なしにユーザー同士だけでシステムを管理できるシステムになっています。

ブロックチェーンと呼ばれている理由はというと、取引データの集まりであるブロックをチェーンのように結び付けているからです。このブロックチェーンのデータの中には、様々な取引が記録されています。そのブロックは、第三者機関によって承認されるのではなく、ユーザーがマイニングと呼ばれる承認活動を行うことによって承認されます。

その承認されたブロックは、その前に存在するブロックとチェーンのようにつながれるのです。 この一連の仕組みによって、すべての取引履歴はすべてのユーザに分散共有され、第三者機関に頼らずとも正当性が担保されます。そして、このブロックチェーンの技術によって仮想通貨が成立しているのです。

このブロックチェーンを用いるメリットとして大きく3つあります。1つは、データの改ざんが事実上不可能になることです。
これは、多くの人が同じデータを複数にコンピュータで管理しているため、ひとつのコンピュータが攻撃されても、他のコンピュータで改ざんをすぐに認知できるからです。

2つ目に、海外送金コストの削減があります。一般的に金融機関を通じて海外送金すると、莫大な手数料がかかってしまいます。
しかし、ネットの世界ではそのような国境は存在しないため、最小限の手数料に抑えることができます。

最後に、金融の中央集権化が防げることです。ユーザーが全員で管理しているため、誰か一人の恣意的な行動によってブロックチェーンをコントロールすることができないのです。以上のように、新しい枠組みとしてブロックチェーンは大変注目されているのです。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@