• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、分散型取引台帳と呼ばれています。
P2P(pear to pear)という第三者機関の存在なしにユーザー同士だけでシステムを管理できるシステムになっています。

ブロックチェーンと呼ばれている理由はというと、取引データの集まりであるブロックをチェーンのように結び付けているからです。このブロックチェーンのデータの中には、様々な取引が記録されています。そのブロックは、第三者機関によって承認されるのではなく、ユーザーがマイニングと呼ばれる承認活動を行うことによって承認されます。

その承認されたブロックは、その前に存在するブロックとチェーンのようにつながれるのです。 この一連の仕組みによって、すべての取引履歴はすべてのユーザに分散共有され、第三者機関に頼らずとも正当性が担保されます。そして、このブロックチェーンの技術によって仮想通貨が成立しているのです。

このブロックチェーンを用いるメリットとして大きく3つあります。1つは、データの改ざんが事実上不可能になることです。
これは、多くの人が同じデータを複数にコンピュータで管理しているため、ひとつのコンピュータが攻撃されても、他のコンピュータで改ざんをすぐに認知できるからです。

2つ目に、海外送金コストの削減があります。一般的に金融機関を通じて海外送金すると、莫大な手数料がかかってしまいます。
しかし、ネットの世界ではそのような国境は存在しないため、最小限の手数料に抑えることができます。

最後に、金融の中央集権化が防げることです。ユーザーが全員で管理しているため、誰か一人の恣意的な行動によってブロックチェーンをコントロールすることができないのです。以上のように、新しい枠組みとしてブロックチェーンは大変注目されているのです。

ブロックチェーンの記事一覧
ブロックチェーンに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

ブロックチェーンベンチャーのConsenSysが公開したトークンセールプラットフォームとは?

ブロックチェーンベンチャーのConsenSysが公開したトークンセールプラットフ...

ブロックチェーンベンチャーのコンセンシス(ConsenSys)が発表したトークンセールプラットフォーム「アクティベート(Activate)」の特徴について紹介します。セール形式のダッチオークションについても解説します。
テゾス(Tezos)のようなオンチェーンガバナンスはなぜ必要?ビットコインのガバナンス問題

テゾス(Tezos)のようなオンチェーンガバナンスはなぜ必要?ビットコインのガバ...

ビットコイン(ETH)はそのソフトウェアのアップデートの決定手法に関して透明性が欠けているのではないかという指摘があります。そこでテゾス(Tezos)のようなオンチェーンガバナンスの必要性について考えていきます。
テゾス(Tezos)コミュニティで進む分散型金融(DeFi)動向、DAO BakerとSLOTトークン

テゾス(Tezos)コミュニティで進む分散型金融(DeFi)動向、DAO Bak...

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)形式のブロックチェーンであるテゾス(Tezos)。このテゾスのステーキングをより便利にすることを目的としたDAO Bakerというオープンソースのプロトロコルや、DeFiの動向について紹介します。
テゾス(Tezos)上でガバナンスを管理する企業StakerDAOと販売する投資商品Blend

テゾス(Tezos)上でガバナンスを管理する企業StakerDAOと販売する投資...

テゾス上の初のDeFi(分散型金融)のアプリケーションであるStakerDAOがメインネットで公開されました。今回はそのStakerDAOとセキュリティ・ガバナンストークンであるSTKR、もう一つのトークンであるBLNDについて紹介します。
SOLトークンがFTX上場、テスラ車ギブアウェイとエアドロップ実施

SOLトークンがFTX上場、テスラ車ギブアウェイとエアドロップ実施

ソラナ(Solana)のSOLトークンがFTXに新たに上場し、日本時間2020年7月27日21時より開始されました。そこで注目されている暗号資産取引所のFTXと、エアドロップキャンペーンについて紹介します。
ソラナ上のDEXプロジェクトSerumはDeFiの新たなフェーズとなるか

ソラナ上のDEXプロジェクトSerumはDeFiの新たなフェーズとなるか

Serum FoundationがSolana(ソラナ)ブロックチェーン上に「Serum」と名付けられたDEX(分散型取引所)構築を計画していることが明らかになりました。DeFiの状況などもあわせて紹介します。
Kinブロックチェーンの目的、及びこれまでの歩み

Kinブロックチェーンの目的、及びこれまでの歩み

2018年に立ち上がった暗号資産で、ソラナ(Solana)ブロックチェーンへの移行を表明しているキン(Kin)を概観します。ICOで1億ドル近くを調達したKinがどのような目的で設計されたのかなどこれまでの歩みも合わせて紹介します。
分散型金融の需要が大幅に増加、短期的なものでもDeFi自体は有望

分散型金融の需要が大幅に増加、短期的なものでもDeFi自体は有望

2020年6月の分散型金融(DeFi)の需要が大幅に増加しました。コンパウンド(Compound)のトークンであるCOMPを配布するスケジュール発表が要因とも考えれています。今後のDeFiについて考えます。
分散型金融のレンディングプラットフォームCompoundの独自トークンCOMPとは?

分散型金融のレンディングプラットフォームCompoundの独自トークンCOMPと...

ブロックチェーン上の分散型レンディングプラットフォームとしては最大手のコンパウンド(Compound)が6月15日からの配布している独自トークンのCOMPについて、その特徴や仕組みなどを解説します。
開発の柔軟性を担保したサイドチェーンをSKALEが公開

開発の柔軟性を担保したサイドチェーンをSKALEが公開

イーサリアム(Ethereum)のスマートコントラクトを拡張して、サイドチェーンを構築するスケーリングソリューションのSKALEがこのほど、メインネットでの稼働を発表。SKALEの特徴について紹介します。
イーサリアム(Ethereum)上のDeFi(分散型金融)プロトコルのCompoundとはなにか

イーサリアム(Ethereum)上のDeFi(分散型金融)プロトコルのCompo...

活況を帯びるイーサリアム(Ethereum)上のDeFi(分散型金融)。2018年8月にローンチしたイーサリアム上で稼働する短期金融市場のプロトコルであるコンパウンド(Compound)の特徴などについて解説していきます。
ファイルコイン(Filecoin)とは?約200億円を調達した分散型ファイルプロジェクトが間もなく公開

ファイルコイン(Filecoin)とは?約200億円を調達した分散型ファイルプロ...

約200億円を調達した大型プロジェクトであるファイルコイン(Filecoin)のテストネットが公開されました。メインネットの稼働も近々予定されているファイルコインについてその特徴や概要などを紹介します。
数字で見るDeFi(分散型金融)、ユーザー数・成長率・ユーザーの多いプロトコルは?

数字で見るDeFi(分散型金融)、ユーザー数・成長率・ユーザーの多いプロトコルは...

イーサリアム(Ethereum)上で活発な金融のムーブメントでもあるDeFi(分散型金融)。このほどアメリカのベンチャーキャピタルが実施した、DeFiのユーザー数・成長率・ユーザーの多いプロトコルに関する調査結果を紹介します。
ソラナ(Solana)とパートナーシップを結ぶ11のプロジェクトまとめ

ソラナ(Solana)とパートナーシップを結ぶ11のプロジェクトまとめ

秒間で5万トランザクションを実行できる点でゲームチェンジャーだと期待されているブロックチェーンのソラナ(Solana)。今回はそんなソラナとパートナーシップを結ぶ11のプロジェクトをまとめてご紹介します。
世界最大の取引所バイナンスによる新しいブロックチェーン「Binance Smart Chain」とは?

世界最大の取引所バイナンスによる新しいブロックチェーン「Binance Smar...

世界最大の取引所であるバイナンス(Binance)は2020年4月に新しい独自ブロックチェーン、「Binance Smart Chain」を発表しました。今回は既に運用している「Binance Chain」との違いや特徴を解説します。
Solana(ソラナ)8つのイノベーション、「Pipelining」「Cloudbreak」「Archivers」解説

Solana(ソラナ)8つのイノベーション、「Pipelining」「Cloud...

スマートコントラクトを実行できる2020年にローンチ予定の汎用ブロックチェーンのSolana(ソラナ)。そんなソラナのブロックチェーンを構成する8つの主要なイノベーションから「Pipelining」を含む3つについて解説。
「ブロックチェーンは戦略上重要と55%が回答」デロイトが調査結果を発表

「ブロックチェーンは戦略上重要と55%が回答」デロイトが調査結果を発表

デロイト(Deloitte)がこのほど、2020年版の「グローバルブロックチェーン調査」を発表した。ブロックチェーンの重要性に関する意識調査では、全体の55%が重要で戦略上の優先度でトップ5に入ると回答。その他のデータもあわせて紹介する。
Solana(ソラナ)8つのイノベーション「Sealevel」を解説

Solana(ソラナ)8つのイノベーション「Sealevel」を解説

スマートコントラクトを実行できる2020年にローンチ予定の汎用ブロックチェーンのSolana(ソラナ)。そんなソラナのブロックチェーンを構成する8つの主要なイノベーションの1つである「Sealevel」について解説します。
ソラナ財団(Solana Foundation)のビジョンと主な取り組み

ソラナ財団(Solana Foundation)のビジョンと主な取り組み

ソラナプロトコルのエコシステム拡大と発展を後押しすることなどを通じて、公共財としての分散型技術の普及促進することを目的に設立された組織であるソラナ財団について、そのビジョンや主な取り組みなどを紹介します。
積水ハウスがブロックチェーンを使った内覧・契約の簡略化サービスを発表

積水ハウスがブロックチェーンを使った内覧・契約の簡略化サービスを発表

住宅メーカー積水ハウスがこのほどブロックチェーン技術を活用した賃貸物件の内覧や契約手続きを簡略化するサービスの開発を発表。使用されるのは企業間情報連携推進コンソーシアム「NEXCHAIN(ネクスチェーン)」 のブロックチェーン。
Solana(ソラナ)8つのイノベーション、「Tower BFT」+「Turbine」解説

Solana(ソラナ)8つのイノベーション、「Tower BFT」+「Turbi...

Solana(ソラナ)のブロックチェーンは、Proof of History(PoH)をはじめとする8つの主要なイノベーションによって構成されています。そこで今回は、「Tower BFT」と「Turbine」について解説します。
分散型APIソリューションPocket(ポケット)がSolana(ソラナ)を統合

分散型APIソリューションPocket(ポケット)がSolana(ソラナ)を統合...

分散型APIソリューションPocket(ポケット)がSolana(ソラナ)を統合することを発表しました。Pocketネットワークの基本的な情報から、PocketがSolanaを統合することによる影響などを紹介します。
なぜKinはステラ(Stellar)からソラナ(Solana)への移行を検討しているのか

なぜKinはステラ(Stellar)からソラナ(Solana)への移行を検討して...

KINが現在のステラ(Stellar)ブロックチェーンベースから、ソラナ(Solana)ブロックチェーンへの移行を検討する理由とは?これまでのKINの歩みの振り返りと特徴、今回の検討に関する解説をあわせて紹介します。
テゾス(Tezos)関連団体が勅許公認会計士会とブロックチェーンの推進を目的に提携

テゾス(Tezos)関連団体が勅許公認会計士会とブロックチェーンの推進を目的に提...

Tezos東南アジア(TSA)がこのほど、勅許公認会計士会(ACCA)と提携したことを発表しました。今後、会計士向けのブロックチェーンに関するトレーニングコースの開設や、ワーキンググループの結成を計画しています。
Solanaネットワーク上の初のステーブルコインTerraとは?

Solanaネットワーク上の初のステーブルコインTerraとは?

ソラナネットワーク上で利用可能となる初のステーブルコインのTerra(テラ)。主にEコマースでの活用を目的としたステーブルコインで、決済ネットワークやEコマースと協業し着実な成長を見せているTerraにつてい紹介します。
テゾス(Tezos)にChainlinkのオラクルが統合、開発者は価格フィードを取得できるように

テゾス(Tezos)にChainlinkのオラクルが統合、開発者は価格フィードを...

金融や不動産分野との親和性が高いと言われているテゾス(Tezos)。このほどチェーンリンク(Chainlink)がezosのブロックチェーン上でオラクルを統合することが発表されました。詳細を紹介します。
【インタビュー】ノードの開発・販売を通して分散社会を実現するNeukind

【インタビュー】ノードの開発・販売を通して分散社会を実現するNeukind

ブロックチェーン企業のNeukind(ニューカインド)にインタビューを実施。同社の事業であるブロックチェーンのノードを運用しやすいシングルボードのコンピュータを販売や、目指す分散社会について聞きました。
Solanaが流動性マイニングキャンペーン開始を発表

Solanaが流動性マイニングキャンペーン開始を発表

ソラナ(Solana)がハミングボット(Hummingbot)チームと協力し、流動性マイニングキャンペーンの開始を発表しました。約80万円の報酬が提供される予定です。流動性マイニングについて紹介します。
中国のブロックチェーンの社会実装は諸外国の10年先を行く

中国のブロックチェーンの社会実装は諸外国の10年先を行く

2019年に習近平氏がブロックチェーンを国家戦略にすると声明を出すなど、中国は世界に先駆けてブロックチェーンの社会実装を進めています。そこで今回は、中国におけるブロックチェーンの活用のスピード感について考察します。
Tezosのアクセラレータプログラム、秋バッチの受付を開始

Tezosのアクセラレータプログラム、秋バッチの受付を開始

スマートコントラクトが実行でき安全性が高いブロックチェーンプラットフォームのテゾス(Tezos)。今回は、TezosのアクセラレータプログラムであるTZ Ventures(TZベンチャーズ)について紹介します。
FacebookのLibraの新しいホワイトペーパーを読み主要な変更点を整理する

FacebookのLibraの新しいホワイトペーパーを読み主要な変更点を整理する...

このほどFacebookが主導するLibraプロジェクトの新しいホワイトペーパーが公開されました。ステーブルコインを新たにサポートすることなど今回明らかになった主な変更点を整理し、リブラの意図を考えます。
テゾス(Tezos)のICOに関する訴訟問題:背景と現在の状況整理

テゾス(Tezos)のICOに関する訴訟問題:背景と現在の状況整理

スマートコントラクトが実行でき式検証を行うことができるためその安全性が高いブロックチェーンプラットフォームのテゾス(Tezos)。今回はそんなテゾスが抱えるICOに関する訴訟問題の背景と現状を整理します。
世界経済フォーラムが供給チェーン向け初のブロックチェーンツールキット公開

世界経済フォーラムが供給チェーン向け初のブロックチェーンツールキット公開

世界経済フォーラム(WEF)がこのほど、ブロックチェーンに関する新しいレポートとツールキットを発表しました。レポートの内容やサプライチェーンの改題、実際にツールキットが使用された例などをあわせて紹介します。
個人の時間やTwitterなどの広告枠をトークン化して取引するマーケットプレイスが登場

個人の時間やTwitterなどの広告枠をトークン化して取引するマーケットプレイス...

個人の時間や自分のツイッターやブログを広告枠としてトークン化して取引するマーケットプレイスが登場しました。その活用方法からイーサリアムを活用した仕組み、成功した際にどのようなことが可能になるのかなどを紹介します。
世界最大の掲示板サイトRedditがブロックチェーンを使用したポイントシステムを実装

世界最大の掲示板サイトRedditがブロックチェーンを使用したポイントシステムを...

世界最大の掲示板サイトのレディット(reddit)がブロックチェーンを使用したポイントシステムの実装を発表しました。イーサリアム(Ethereum)上で発行したコミュニティポイントとしてERC20トークンについて紹介。
中国がブロックチェーン・サービス・ネットワーク(BSN)を25日にも運用開始

中国がブロックチェーン・サービス・ネットワーク(BSN)を25日にも運用開始

中国が4月25日にも国家プロジェクトとして進めてきたブロックチェーン・サービス・ネットワーク(BSN)を公開、運用を開始しようとしています。このBSNの概要や特徴、懸念されている点などについて紹介します。
RustやLibraの開発言語でスマートコントラクト開発が可能なソラナ(Solana)

RustやLibraの開発言語でスマートコントラクト開発が可能なソラナ(Sola...

「高速な処理ができるブロックチェーン」と表現され、ブロックチェーンのゲームチェンジャーだと期待されているSolana(ソラナ)。そのユニークさの1つである開発環境とインターオペラビリティの可能性について紹介します。
ブロックチェーンにインターオペラビリティ実現近づく、IBCのデモが公開

ブロックチェーンにインターオペラビリティ実現近づく、IBCのデモが公開

ブロックチェーンのインターオペラビリティと呼ばれ期待されるコスモス(COSMOS)の異なるブロックチェーンを接続する仕組みであるIBCと呼ばれる機能のデモが公開されました。期待されるプロジェクトの一つであるKavaについても紹介。
【インタビュー後編】オントロジー(ONT)の注力領域と今後

【インタビュー後編】オントロジー(ONT)の注力領域と今後

オントロジーファウンデーションのアンディ・ジ(Andy Ji)氏へのインタビュー後編。オントロジー(ONT)が注力しているという金融をはじめとする3つの領域、オントロジーの今後の展望などについてお聞きしました。
【インタビュー前編】オントロジー(ONT)のエンタープライズの動きと中国の戦略

【インタビュー前編】オントロジー(ONT)のエンタープライズの動きと中国の戦略

スマートコントラクトプラットフォームのオントロジー(Ontology)。今回はそんなオントロジーファウンデーションのアンディ・ジ(Andy Ji)氏に中国におけるブロックチェーン事情とオントロジーの取組について聞いたインタビューをお届けします。
Solanaの高速なトランザクションを実現させているProof of Historyとは

Solanaの高速なトランザクションを実現させているProof of Histo...

「高速な処理ができるブロックチェーン」と表現され、ゲームチェンジャーとして期待されるソラナ(Solana)。今回は、独自のコンセンサスメカニズムのプルーフ・オブ・ヒストリー(Proof of History)について解説します。
ChainlinkとSolanaが提携、Dapps標準プライスオラクルとすることを計画

ChainlinkとSolanaが提携、Dapps標準プライスオラクルとすること...

ブロックチェーンのソラナ(Solana)がこのほど、オラクルソリューションとしての地位を確立しつつあるチェーンリンク(Chainlink)との提携を発表しました。ソラナの特徴、チェーンリンクとの提携で何が可能になるかなどを紹介します。
コインチェックに上場をしたクオンタム(Qtum)とは?特徴や可能性、リスクを解説

コインチェックに上場をしたクオンタム(Qtum)とは?特徴や可能性、リスクを解説...

コインチェック(Coincheck)にも上場したクオンタム(Qtum)。プルーフ・オブ・ステーク(PoS)のコンセンサスメカニズムで稼働するスマートコントラクトを実行できるブロックチェーンのクオンタムについて、その特徴やリスクを解説します。
オンチェーンガバナンスで自動的にアップデートするテゾス【テゾスジャパン 香川氏インタビュー前編】

オンチェーンガバナンスで自動的にアップデートするテゾス【テゾスジャパン 香川氏イ...

パブリックなブロックチェーンの1種でスマートコントラクトが実行可能なテゾス(Tezos)について紹介。特徴や開発コミュニティの現状、ファウンデーションが力を入れている分野などテゾスジャパン香川氏のインタビューをお届けします。
テゾス(Tezos)の共同創業者が会社を設立し、カードゲームをテゾス上でリリース

テゾス(Tezos)の共同創業者が会社を設立し、カードゲームをテゾス上でリリース...

テゾス(Tezos)の共同創業者の1人がこのほどゲーム企業の設立とカードゲーム「Emergents」をリリースし、テゾスのブロックチェーン上で構築することを発表した。詳細やブロックチェーンゲームの現状についても紹介する。
Solanaとは?秒間5万トランザクションを処理できるブロックチェーン

Solanaとは?秒間5万トランザクションを処理できるブロックチェーン

ソラナ(Solana)はスマートコントラクトが実行できる2020年にローンチをする汎用ブロックチェーンです。秒間5万トランザクションを実行できることから期待が集まるSolanaについて解説していきます。
ユニスワップ(Uniswap)の仕組みとは?アルゴリズムのみで制御されるイーサリアム上のピュアDEX

ユニスワップ(Uniswap)の仕組みとは?アルゴリズムのみで制御されるイーサリ...

イーサリアム(Ethereum)上で稼働するDEX(分散型取引所)のユニスワップ(Uniswap)は、しっかりとした取引ボリュームを持ちながらその存在感を高めているプロジェクトの1つです。今回はその仕組みについて解説していきます。
DeFi(分散型金融)の現在地、将来どのように企業活動や既存金融と結びつくのか

DeFi(分散型金融)の現在地、将来どのように企業活動や既存金融と結びつくのか

イーサリアムの最も主要なユースケースになりつつあるDeFi(分散型金融)。オープンソースの金融プロトコルが関連し合いサービスを構築できることが特徴のDeFiの現在地と、将来における金融との関わりについて紹介します。
DeFiレンディングが組み込まれたプロダクトのユーザーエクスペリエンスとは?

DeFiレンディングが組み込まれたプロダクトのユーザーエクスペリエンスとは?

暗号通貨をデポジットして使えるデビットカードが多数リリースされています。アメリカやヨーロッパで利用できるものが多く、暗号通貨決済に対応していなくてもカードさえ使えれば決済可能です。今回は、さまざまなカードについて紹介します。

ブロックチェーンで強化される食のトレーサビリティ

サプライチェーンへの活用が期待されるブロックチェーンだが、食品業界でも大きな期待があるとされる。食の安全性や情報の透明性を改善すべく、ブロックチェーンのトレーサビリティ能力がどのように期待されているのだろうか。

ブロックチェーンとは、分散型取引台帳と呼ばれています。
P2P(pear to pear)という第三者機関の存在なしにユーザー同士だけでシステムを管理できるシステムになっています。

ブロックチェーンと呼ばれている理由はというと、取引データの集まりであるブロックをチェーンのように結び付けているからです。このブロックチェーンのデータの中には、様々な取引が記録されています。そのブロックは、第三者機関によって承認されるのではなく、ユーザーがマイニングと呼ばれる承認活動を行うことによって承認されます。

その承認されたブロックは、その前に存在するブロックとチェーンのようにつながれるのです。 この一連の仕組みによって、すべての取引履歴はすべてのユーザに分散共有され、第三者機関に頼らずとも正当性が担保されます。そして、このブロックチェーンの技術によって仮想通貨が成立しているのです。

このブロックチェーンを用いるメリットとして大きく3つあります。1つは、データの改ざんが事実上不可能になることです。
これは、多くの人が同じデータを複数にコンピュータで管理しているため、ひとつのコンピュータが攻撃されても、他のコンピュータで改ざんをすぐに認知できるからです。

2つ目に、海外送金コストの削減があります。一般的に金融機関を通じて海外送金すると、莫大な手数料がかかってしまいます。
しかし、ネットの世界ではそのような国境は存在しないため、最小限の手数料に抑えることができます。

最後に、金融の中央集権化が防げることです。ユーザーが全員で管理しているため、誰か一人の恣意的な行動によってブロックチェーンをコントロールすることができないのです。以上のように、新しい枠組みとしてブロックチェーンは大変注目されているのです。

人気のインタビュー記事

最新記事

SBIVCスクエアバナー
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram