ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、分散型取引台帳と呼ばれています。
P2P(pear to pear)という第三者機関の存在なしにユーザー同士だけでシステムを管理できるシステムになっています。

ブロックチェーンと呼ばれている理由はというと、取引データの集まりであるブロックをチェーンのように結び付けているからです。このブロックチェーンのデータの中には、様々な取引が記録されています。そのブロックは、第三者機関によって承認されるのではなく、ユーザーがマイニングと呼ばれる承認活動を行うことによって承認されます。

その承認されたブロックは、その前に存在するブロックとチェーンのようにつながれるのです。 この一連の仕組みによって、すべての取引履歴はすべてのユーザに分散共有され、第三者機関に頼らずとも正当性が担保されます。そして、このブロックチェーンの技術によって仮想通貨が成立しているのです。

このブロックチェーンを用いるメリットとして大きく3つあります。1つは、データの改ざんが事実上不可能になることです。
これは、多くの人が同じデータを複数にコンピュータで管理しているため、ひとつのコンピュータが攻撃されても、他のコンピュータで改ざんをすぐに認知できるからです。

2つ目に、海外送金コストの削減があります。一般的に金融機関を通じて海外送金すると、莫大な手数料がかかってしまいます。
しかし、ネットの世界ではそのような国境は存在しないため、最小限の手数料に抑えることができます。

最後に、金融の中央集権化が防げることです。ユーザーが全員で管理しているため、誰か一人の恣意的な行動によってブロックチェーンをコントロールすることができないのです。以上のように、新しい枠組みとしてブロックチェーンは大変注目されているのです。

ブロックチェーンのニュース一覧

ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラムなどを掲載しています
サムスンが業界に先駆けてロジスティクス管理にブロックチェーン技術実装へ

サムスンが業界に先駆けてロジスティクス管理にブロックチェーン技術実装へ

韓国最大手電子機器メーカーのサムスン電子(Samsung Electronics Co.)が、世界中に展開している同社供給チェーンネットワークを管理するため、ブロックチェーン技術を実装することを計画している。実現...
バンク・オブ・アメリカ:ブロックチェーン

バンク・オブ・アメリカ:ブロックチェーン利用のデータ保存システムを特許申請

バンク・オブ・アメリカが、40以上の特許申請を行った旨をブルームバーグが報道しました。内容としては、ブロックチェーンを利用したデータ保存システムということ。今後、ブロックチェーンを利用したサービス、仕組みなどが様々と世に出てくると考えられるが、特許の取り合いになることも懸念されてるのも事実だ。
ロックフェラー財団、仮想通貨事業参入へ:ブロックチェーン投資を決定

ロックフェラー財団が仮想通貨業界参入、ブロックチェーン関連企業への投資を開始

ロックフェラー財団が仮想通貨業界に参入する意向を発表した。投資会社のVenrockは仮想通貨投資グループのCoinFundと提携をしブロックチェーンのスタートアップ企業へ投資をしていくとのこと。ブロックチェーン技術に期待をしての提携と考えられる。
欧州委員会:ブロックチェーン技術は世界的に主流なテクノロジーとなる

欧州委員会:ブロックチェーン技術は世界的に主流なテクノロジーとなる

欧州委員会は、ブロックチェーン技術が今後のテクノロジーの主流分野の1つであることを強調。また、人工知能(AI)と同様にブロックチェーン技術を取り入れていくべきとも発言しており、欧州が世界をリードできるよう、欧州に政策推進を促したとのこと。
ブロックチェーンが凄いのは技術だけではない!?次世代の経済システムとは?

ブロックチェーンが凄いのは技術だけではない!?次世代の経済システムとは

ブロックチェーンはただの技術というわけではなく、既存の経済システムに革命を起こす技術と言われています。ブロックチェーンが開発され、過去では不可能だった経済システムに活かす為、様々な研究が行われています。具体的にはどういった事なのか解説します。
LINE(ライン)が韓国にブロックチェーン技術の子会社「Unblock」を設立

LINE(ライン)が韓国にブロックチェーン技術の子会社「Unblock」を設立

韓国に拠点を置く人気のメッセージアプリを提供するLINEが、新たにブロックチェーン技術利用の子会社を韓国に設立することを発表した。会社名はUnblock (アンブロック)と名付けられ、ブロックチェーン技術およびその応用の可能性を研究する。
ソウル市仮想通貨

韓国ソウル:ブロックチェーン発展のため独自の仮想通貨「Sコイン」を発行計画

コインデスクコリアのインタビューで朴ウォンソー市長が、ソウル市独自の仮想通貨である「Sコイン」を発行する考えを話した。ブロックチェーンの技術を利用して、ソウル市内のインフラなどの整備含め様々なことに影響を及ぼすことが出来ると語った。
勝者には高額賞金!シンガポールで「ブロックチェーン技術×ビジネス活用」コンペが開催

勝者には高額賞金!シンガポールで「ブロックチェーン技術×ビジネス活用」コンペが開...

シンガポールにおいてブロックチェーン技術を利用したコンペが開催されることが発表された。「起業家部門」と「情報伝達部門」の2部門に分けられ勝者には高額賞金が用意されている。開催企業はブロックチェーンの未来について考えがあるようだが、その考えとは?
ブロックチェーンとAI / MLの相乗効果は計り知れない

ブロックチェーン技術とAI/ML(人工知能と機械学習)の相乗効果は計り知れない…...

ブロックチェーン技術とAI(人工知能)/ML(機械学習)は協力しあい、様々なプロジェクトが誕生しています。なぜこれらで相乗効果が得られているのか、AI、ML、APIなどの基礎的な部分の解説を五月雨まくら氏に解説していただきました。
ブロックチェーンエンジンmijin v.2(Catapult)ベータ版発表、新機能について考える

ブロックチェーンエンジン「mijin v.2(Catapult)」ベータ版発表、...

NEMのプライベートブロックチェーン「mijin」のv.2である「Catapult(カタパルト)」のベータ版がついに発表されました。今回は、西内氏に新たに加えられた2つの機能の紹介・解説をしていただきました!
次世代の暗号通貨はより賢く安定した世界へ:Crypto2.0を実現する為の重要トピックとは?

次世代の暗号通貨はより賢く安定した世界へ:Crypto2.0を実現する為の重要ト...

次世代の暗号通貨がもたらす世界について。暗号通貨はさらに使いやすくスマートな未来になると言われています。今回はCrypto 1.0やCrypto 2.0の詳細や、Crypto2.0を実現するための重要トピックを解説しています。
miyabi(ミヤビ)・mijin(ミジン)とは?ブロックチェーン技術利用システム開発に期待高まる

ビットフライヤー「miyabi」・Zaif「mijin」とは?ブロックチェーン技...

ブロックチェーンを採用した新たな分散処理システム「miyabi(ミヤビ)」「mijin(ミジン)」とは?。miyabiはbitFlyer、mijinはZaifが開発しました。特徴や今後の展望についてひろぴーさんに解説していただきました。

DMM ブロックチェーン技術採用のスマートコントラクト事業開始

株式会社DMM.comのブロックチェーン技術を使ったスマートコントラクト事業を開始リリース情報。昨今、ブロックチェーン技術を使った仮想通貨の取引が世間を賑わせておりますが、DMMは仮想通貨のマイニング事業に続き、さらにスマートコントラクト事業を行っていくとのこと。
ブロックチェーンの研究開発で日韓の団体が協定締結

ブロックチェーンの研究開発で日韓の団体が協定締結

ブロックチェーンの研究開発について、日本と韓国の団体が協定を結んだ。互いの知見を持ち寄ってブロックチェーンの普及につなげるのが目標となっている。

KyberNetworkに迫る!次世代分散型取引システムとは!?

今回は、話題の分散型取引所について解説!分散型取引所では、信頼を管理者ではなく、技術に置いているため、管理者の独断での不正のリスクを低減することができます。
ライトニングネットワークを使った暗号通貨スワップに成功

ライトニングネットワークを使った暗号通貨スワップに成功

ライトニングラブスからライトコインとビットコインのクロスチェーンスワップに成功したことが発表された。
ビットコインのハードフォーク(分裂)は、ラーメン屋の暖簾分けと同じ!?

ビットコインのハードフォーク(分裂)は、ラーメン屋の暖簾分けと同じ!?

久しぶりの記事更新です。今回の記事の分かり易い例えが思いつかなかったので、時間がかかってしまいました。内容は、よく聞くハードフォーク(分裂)についてです。「ビットコインクラシック開発中止の意味??ラーメン店の暖簾分けの揉め事と大差ない。」
スケーリングの解決が期待されるDAGに残る3つの課題とは?

スケーリングの解決が期待されるDAGに残る3つの課題とは?

ブロックチェーンの問題を解決するのではといわれているDAG。Byteballでも採用されているこの仕組みにはもちろんまだ課題も残っています。将来的には解決を目指しているものの、どのような課題が残っているのか、平野氏が解説します。
ビットコインの生みの親がブロックチェーンに残した言葉とは

ビットコインの生みの親がブロックチェーンに残した言葉とは

ビットコインの発案者サトシ・ナカモト。彼は一番最初に生成されたビットコインのブロックチェーンにあるメッセージを残しています。そこから読み取れるビットコイン誕生の背景とサトシ・ナカモトの願いとは?
ドイツ化学メーカーBASF、ブロックチェーンを使ったサプライチェーン管理に取り組む

ドイツ化学メーカーBASF、ブロックチェーンを使ったサプライチェーン管理に取り組...

ドイツ大手総合化学メーカーBASFは、サプライチェーンの追跡におけるブロックチェーンの可能性を探っているようだ。
サトシナカモトが描いたビットコインを巡る論争について

サトシナカモトが描いたビットコインを巡る論争について

8月の大分裂騒動の原因と言われる、ビットコインへの考え方の違い。この相違ポイントの一つとして、サトシナカモトの論文があります。今回は平野氏の視点で論点を整理し、意見を述べています。
アトミックスワップとは?仮想通貨の技術が実現するトラストレスな未来

アトミックスワップとは?仮想通貨の技術が実現するトラストレスな未来

アトミック・スワップって聞いたことはあるけれど、何がそんなにいいのか分からない?今回は平野さんがアトミックスワップの解説と、この技術がもたらす未来について考えます。
ビットコインの仕組み:ピア2ピアってなぁに?

ビットコインの仕組み:ピア2ピアってなぁに?

ビットコインを理解しようとして張り切って勉強してみても、ハッシュ等難しい言葉がたくさん出てきます。今回はピア・ツー・ピアというコンセプトについて分かりやすく解説します。
ビットコインとは?今さら聞けない!?ブロックチェーンの仕組みをおさらい!

ビットコインとは?今さら聞けない!?ブロックチェーンの仕組みをおさらい!

ビットコインの取引を記録する重要な部分を担うブロックチェーン。このブロックチェーンの仕組みって一体どうなっているのだろう?今回はなんとなくわかったつもりになりがちな取引データを安全に記録しておく仕組みについて分かりやすく解説します。
ロシアの航空会社、チケット発行にブロックチェーン技術を活用

ロシアの航空会社、チケット発行にブロックチェーン技術を活用

ロシアの航空会社S7がイーサリアムのブロックチェーンを使ったチケット発行に取り組み始めたと発表された。ロシアのライバル航空会社Aeroflotもブロックチェーンに関する公募を行っており、これに先立っての動きだと考えられる。
ビットコインSegwitがロックイン:8月22日頃にアクティベーションか

ビットコインSegwitがロックイン:8月22日頃にアクティベーションか

8月9日の明け方にSegwitがロックイン。アクティベーションは約2週間後となるため8月22日頃ではないかと予想される。Segwitが有効になるとブロックにこれまでより多くの取引が記録できるようになるほか、マリアビリティの問題も解決される。
ビットコイン分裂、その時チャートはどうなった?

ビットコイン分裂、その時チャートはどうなった?

8月1日に起きたビットコインのハードフォーク。その時の相場の反応をボリ平さんと一緒に振り返りましょう。まずは8月1日21:36のビットコイン/円の現物チャートから。予定の時刻から相場は急落・・・
富士通、2017年中にブロックチェーン関連技術を活かした製品を計画中

富士通、2017年中にブロックチェーン関連技術を活かした製品を計画中

富士通研究所がブロックチェーンの取引性能を2.7倍高速化させる技術を発表。これはHyperledgerで開発しているFabricというブロックチェーン技術に関するものだ。
分裂を8月1日に控えたビットコインの相場は?

分裂を8月1日に控えたビットコインの相場は?

8月1日の日本時間夜9時頃にブロックチェーンが分岐してビットコイン(BTC)とビットコイン・キャッシュ(BCCまたはBCH)の2つの異なる仮想通貨として開発や取引が行われることとなる。ハードフォークを翌日に控えたビットコインの相場はどのような状況なのだろうか。
学生のうちからビットコインに触れる機会を、海外大学で配布キャンペーン実施

学生のうちからビットコインに触れる機会を、海外大学で配布キャンペーン実施

海外の11エリアで大学生向けにビットコインを配布するイベントが行われる。これは2014年からBENという団体によって行われており、学生が気軽にビットコインについて知ることができる。
ビットコイン、長期的にはどのように拡大するのか

ビットコイン、長期的にはどのように拡大するのか

インターネットの発達やLinuxの最初の8年間と比較したビットコインの現状や展望はどのようなものなのだろうか。The New Context Conference での伊藤穣一氏やラスティ・ラッセル氏のスピーチでは...
BIP148:8月1日に備えるためのビットコイン初心者ガイド

BIP148:8月1日に備えるためのビットコイン初心者ガイド

最近ビットコイナーの間で問題になっているBIP148。これによって8月1日にビットコインが分岐するかもしれません。トレードにしか興味が無い場合でも、この前後で相場が動く可能性があるためぜひ知っておいていただきたいトピックです。
ウエスタンユニオンCTO、ブロックチェーンを使った送金の未来を語る

ウエスタンユニオンCTO、ブロックチェーンを使った送金の未来を語る

ブロックチェーンを活用した国際送金について、ウエスタンユニオンのCTOがマドリードで開かれたMoney Conf2017にて語っている。ユーザーからも「仮想通貨は?」との声があるようだが、規制の観点から厳しい部分もあるようだ。
8月1日:ビットコインUASFのやさしいQ&A

8月1日:ビットコインUASFのやさしいQ&A

UASFってどんなものだっけ、そもそも最近ビットコインを始めたばかりでSegwitもBIP148も詳しくないし、よくわからない。なんで8月1日?フォークって何!?そんな質問を集めたQ&Aです。
Consensus2017でのビットコインスケーリング合意

Consensus2017でのビットコインスケーリング合意

ニューヨークでビットコインの大きなイベントが開催されるさなか、デジタルカレンシーグループによるSEGWIT+2MB合意が発表された。ビットコインの取引所やマイニング企業などがこれに参加しているが、コア開発者の不在といった懸念も残る。
カナダ中央銀行:ホールセールにブロックチェーンは使わない

カナダ中央銀行:ホールセールにブロックチェーンは使わない

カナダの中央銀行によるブロックチェーン活用の実証実験の結果について、中央銀行の総裁代理が語っている。インターバンク間の決済システムにブロックチェーンんを導入するには、スケーラビリティ、決済の処理速度などの課題が浮き彫りになったようだ。
ビットコインのブロックサイズ問題とは

ビットコインのブロックサイズ問題とは

ビットコイン史上最大のピンチ?Segwitやハードフォークを理解するためにも、開発者やマイナーの間で意見が割れ大きな溝を作ってしまっているブロックサイズの問題が何であるかを知っておこう。

ブロックチェーンとは、分散型取引台帳と呼ばれています。
P2P(pear to pear)という第三者機関の存在なしにユーザー同士だけでシステムを管理できるシステムになっています。

ブロックチェーンと呼ばれている理由はというと、取引データの集まりであるブロックをチェーンのように結び付けているからです。このブロックチェーンのデータの中には、様々な取引が記録されています。そのブロックは、第三者機関によって承認されるのではなく、ユーザーがマイニングと呼ばれる承認活動を行うことによって承認されます。

その承認されたブロックは、その前に存在するブロックとチェーンのようにつながれるのです。 この一連の仕組みによって、すべての取引履歴はすべてのユーザに分散共有され、第三者機関に頼らずとも正当性が担保されます。そして、このブロックチェーンの技術によって仮想通貨が成立しているのです。

このブロックチェーンを用いるメリットとして大きく3つあります。1つは、データの改ざんが事実上不可能になることです。
これは、多くの人が同じデータを複数にコンピュータで管理しているため、ひとつのコンピュータが攻撃されても、他のコンピュータで改ざんをすぐに認知できるからです。

2つ目に、海外送金コストの削減があります。一般的に金融機関を通じて海外送金すると、莫大な手数料がかかってしまいます。
しかし、ネットの世界ではそのような国境は存在しないため、最小限の手数料に抑えることができます。

最後に、金融の中央集権化が防げることです。ユーザーが全員で管理しているため、誰か一人の恣意的な行動によってブロックチェーンをコントロールすることができないのです。以上のように、新しい枠組みとしてブロックチェーンは大変注目されているのです。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@