ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、分散型取引台帳と呼ばれています。
P2P(pear to pear)という第三者機関の存在なしにユーザー同士だけでシステムを管理できるシステムになっています。

ブロックチェーンと呼ばれている理由はというと、取引データの集まりであるブロックをチェーンのように結び付けているからです。このブロックチェーンのデータの中には、様々な取引が記録されています。そのブロックは、第三者機関によって承認されるのではなく、ユーザーがマイニングと呼ばれる承認活動を行うことによって承認されます。

その承認されたブロックは、その前に存在するブロックとチェーンのようにつながれるのです。 この一連の仕組みによって、すべての取引履歴はすべてのユーザに分散共有され、第三者機関に頼らずとも正当性が担保されます。そして、このブロックチェーンの技術によって仮想通貨が成立しているのです。

このブロックチェーンを用いるメリットとして大きく3つあります。1つは、データの改ざんが事実上不可能になることです。
これは、多くの人が同じデータを複数にコンピュータで管理しているため、ひとつのコンピュータが攻撃されても、他のコンピュータで改ざんをすぐに認知できるからです。

2つ目に、海外送金コストの削減があります。一般的に金融機関を通じて海外送金すると、莫大な手数料がかかってしまいます。
しかし、ネットの世界ではそのような国境は存在しないため、最小限の手数料に抑えることができます。

最後に、金融の中央集権化が防げることです。ユーザーが全員で管理しているため、誰か一人の恣意的な行動によってブロックチェーンをコントロールすることができないのです。以上のように、新しい枠組みとしてブロックチェーンは大変注目されているのです。

ブロックチェーンの記事一覧
ブロックチェーンに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

Airbnbが目指す分散化オーナーシップとブロックチェーンとの関わり

ブロックチェーン業界も注目すべきAirbnb(エアビーアンドビー)が目指す分散化...

Airbnbが同社のサービスのホストに自社株式を貸与できるようにしたいと考えていることをアナウンス。分散化されたオーナーシップを目指す今回のAirbnbの動きはブロックチェーン技術との関連もありそうです。
ブロックチェーンベース決済プラットフォームがドバイ政府機関で導入開始

ブロックチェーンベース決済プラットフォームがドバイ政府機関で導入開始

ドバイ政府財務庁(DoF)は、 ドバイスマートシティー化プロジェクトを進めるSmart Dubai Office(SDO)と提携して、ブロックチェーンベースの決済プラットフォームを警察や交通局などに導入することを開始した。
イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンを活用した商品取引プラットフォーム開設へ

イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンを活用した商品取引プラットフォー...

イーサリアム(Ethereum)ベースのブロックチェーンを活用した石油や穀物などの商品取引プラットフォームが開設。シェルなどの石油会社や大手銀行など15社が提携し、取引の合理化と業界標準を目指した次世代取引プラットフォームとなる。
中国版Amazon「アリババ(Alibaba)」のブロックチェーンへの取り組み

中国版Amazon「アリババ(Alibaba)」のブロックチェーンへの取り組み

中国のAmazonとも言われるほど最大級のECサイトを運営する「アリババ(Alibaba)」のブロックチェーンに対する取り組みや、創業者のジャック・マー氏のブロックチェーンに対する思いの背景を紹介し、今後のアリババについて考察を行いました。
米国で「ブロックチェーン協会」結成、規制など仮想通貨の問題解決へ

米国で「ブロックチェーン協会」結成、規制など仮想通貨の問題解決へ

米国で結成された「ブロックチェーン協会(Blockchain Assoiciation)」。ホワイトハウスや米連邦準備制度理事会(FRB)など政府機関に影響力を行使し、規制など仮想通貨の問題を解決をするきっかけになりそうでうす。
イーサリアム(Ethereum)とEOSをつなぐ初のクロスチェーン分散型流動性ネットワーク「BancorX」

イーサリアム(Ethereum)とEOSをつなぐ初のクロスチェーン分散型流動性ネ...

ブロックチェーンスタートアップであるBancor(バンコール)が、イーサリアム(Ethereum)とイオス(EOS)をつなぐクロスチェーン分散型流動性ネットワーク「BancorX」のテストネット運用をスタート。概要や今後の動向を考察。
ビットコイン(BTC)がライフラインに?紛争地域でブロックチェーン技術が果たす役割とは

ビットコイン(BTC)がライフラインに?紛争地域でブロックチェーン技術が果たす役...

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は、金融制度が整っていない発展途上国や紛争地域などで、効果を発揮することが期待されてきた。現在も紛争の渦中にあるパレスチナで仮想通貨はどのような役割を果たしているのか。
ブロックチェーン技術はパーム油産業の問題を解決し、持続可能性を実現できるのか?

ブロックチェーン技術はパーム油産業の問題を解決し、持続可能性を実現できるのか?

ブロックチェーン技術がパーム油産業の問題を解決し、持続可能性を実現するかもしれません。ここ10年で需要が高まってきたパーム油は、シャンプーやアイスクリームなどさまざまな商品に使われてきましたが、不透明なサプライチェーンが問題となっています。
ブロックチェーンが環境問題に役立つ可能性を世界経済フォーラムが発表

ブロックチェーンが環境問題に役立つ可能性を世界経済フォーラムで発表

先日開催された世界経済フォーラムにて、ブロックチェーンが環境問題に役立つポテンシャルを持っているというレポートが報告された。報告ではブロックチェーンによる6分野・65のユースケースについても解説されている。
ブロックチェーン技術は農業が直面する問題をどう解決するのか

ブロックチェーン技術は農業が直面する問題をどう解決するのか

ブロックチェーン技術の可能性は仮想通貨に限ったことではありません。国内の食品の安全性が問題となっている中国の企業をはじめ、世界中の食品事業の関係者が出荷に関する不正防止や食品追跡にブロックチェーン技術の応用を検討しています。
ブロックチェーンのスタートアップが一般に受け入れられるまでの道のり

ブロックチェーンのスタートアップが一般に受け入れられるまでの道のり

新しい仮想通貨プラットフォームが一般大衆に受け入れられるための道のりとは?スケーラビリティーの欠如など乗り越えるべき障害と、それに対するICO(イニシャル・コイン・オファリング)などの解決策を解説します。
ブロックチェーン技術で変革する世界の株式市場

ブロックチェーン技術で変革する世界の株式市場

仮想通貨の根幹となるブロックチェーン技術を応用することで、株式市場にも大きな変化が訪れようとしている。株式取引の決済の高速化やさまざまなコスト削減など、株取引におけるブロックチェーンの可能性を探った。
オープンソースブロックチェーンのHyperLedger(ハイパーレッジャ―)解説イベントin HashHub

オープンソースブロックチェーンのHyperLedger(ハイパーレッジャ―)解説...

オープンソースのブロックチェーンプラットフォーム「HyperLedger(ハイパーレッジャ―)」の解説イベントが、ブロックチェーンスタジオHashHubにて、IBM東京基礎研究所の吉濱氏を招き学生向けに開催。当日の様子をレポートします。
イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーン、ハリケーンの被災者補償で活躍

イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーン、ハリケーンの被災者補償で活躍

近年アメリカを襲う巨大ハリケーン。その甚大な被害に解決策の一つして、保険会社によるイーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンの応用が注目されている。災害時の膨大な補償申請の対応を効率化し、コスト削減にもつながるという。
ノーベル賞受賞歴を持つ2人の経済学者がブロックチェーン研究企業の委員会メンバーに

ノーベル賞受賞歴を持つ2人の経済学者がブロックチェーン研究企業の委員会メンバーに...

ブロックチェーン研究企業の「Crptic Labs」がノーベル経済学賞受賞者である2人の経済学者が同社の経済諮問委員会のメンバーとして参加することを発表。ゲーム理論やメカニズムデザインに造詣が深いマスキン氏とマクロ経済学が専門のピサリデス氏が就任した。
イノベーションはウズベキスタンのような途上国から生まれるのかもしれない

イノベーションはウズベキスタンのような途上国から生まれるのかもしれない

ウズベキスタン政府と韓国のブロックチェーンビジネス協会(KOBEA)が、政府認可の仮想通貨取引所を設立するため覚書に署名したと発表。今後ウズベキスタンは仮想通貨、ブロックチェーン産業に力を入れる。こういった経済発展に関する考察を行った。
0x(分散型取引所のプロトコル)と証券トークンプロジェクトのHarborが提携、分散型金融への取り組み

“0x”(分散型取引所のプロトコル)と証券トークンプロジェクト“Harbor”が...

分散型取引所のプロトコルの『0x』と証券トークンプロジェクトの『Harbor』が提携、今回が正式な発表ということになった。これらが提携することにより期待されることや、0xのメジャーアップデートにより可能となること等を紹介。
米国と欧州の亀裂深まる、ドイツ外相がSWIFTに代わる独自システム採用呼び掛け

米国と欧州の亀裂深まる、ドイツ外相がSWIFTに代わる独自システム採用呼び掛け

2018年8月下旬、ドイツのマース外相が地元ドイツ誌にコメントを寄せ、現在の国際送金システムSWIFTとは別となる欧州独自のシステムを創設を呼びかけた。何がきっかけなのか?SWIFTからの離脱はブロックチェーン技術国際決済の朗報となるのか?
韓国ゲーム大手企業とブロックチェーン、注目されるゲーム市場の行方

韓国ゲーム大手企業とブロックチェーン、注目されるゲーム市場の行方

韓国はブロックチェーンを新たな産業とした発展をの動きを見せている。今後はあらゆる分野にブロックチェーン技術が使用されていくことが期待される。本稿ではその中でもアツイ市場であるゲーム分野×ブロックチェーンの今後の行方を考察した。
ブロックチェーン大学 FLOC

今後のビジネスに必ず役立つ!ブロックチェーン知識を深める無料講座体験コース

最近増加しつつあるブロックチェーン学校(スクール)の無料体験講座に参加したレポート記事です。ブロックチェーンの成り立ちから技術的なところまでサポートしてくれるものとなっているので、興味のある方はこちらをお読みになって、一度参加してみると良いでしょう。なかには怪しいものもあるのでご注意ください。
世界最大手の中国工商銀行が金融サービス強化でブロックチェーン技術を導入する意図?

世界最大手の中国工商銀行が金融サービス強化、ブロックチェーン技術を導入する意図

総資産世界最大の中国工商銀行(ICBC)が、ブロックチェーン技術を活用することに焦点を当てている。現在「e-ICBC3.0」という電子プラットフォームを開発中。実用化に向けサービスを強化する動きがあるようだ。
IBMが銀行向けにStellarベースの国際決済システムを発表、既存システムに接続可能

IBMが銀行向けにStellarベースの国際決済システムを発表、既存システムに接...

米国の大手IBM社が、Stellarベースの銀行向け国際決済システム「Blockchain World Wire(BWW)」を発表した。このシステムは秒単位での国際決済が可能になるという。システム開発の意図や特徴などを紹介。
ブロックチェーンで仮釈放者を管理するプロジェクトが中国で開始

ブロックチェーンで仮釈放者を管理するプロジェクトが中国で開始

広東省中山市がブロックチェーンを利用したシステムを使い仮釈放者の監視を行うことに。仮釈放者の居場所の特定などに利用され、市の職員の負担が軽減される見込み。
Twitter社CEOが米議会で言及、ブロックチェーン技術の探求は詐欺対策のため

Twitter社CEOが米議会で言及、ブロックチェーン技術の探求は詐欺対策のため...

Twitter社のジャック・ドーシー(Jack Dorsey)CEOが、米下院議会にてブロックチェーンに関して言及した。同社がブロックチェーン技術を探求する理由の1つとして詐欺対策(撲滅)の為である旨をコメントし、今後の動きが注目される。
マイクロソフトがOffice365、SharePointなど主要製品をブロックチェーンと連結する理由とは?

マイクロソフトがOffice365など主要製品をブロックチェーンと連結する理由と...

海外仮想通貨メディアのCoindeskが大手マイクロソフト(Microsoft)社はOffice365などの主要製品をブロックチェーンと接続する方向性にあることを報じた。正式に公表される日が待たれる。
英国海運業界がブロックチェーンを利用した船級登録ツール作成に向けて動き出す

英国海運業界がブロックチェーンを利用した船級登録ツール作成に向けて動き出す

英国の大手船級協会であるLloyd’s Register(ロイド・レジスターグループ)がブロックチェーン技術を利用した船舶登録ツールをApplied Blockchain社と提携し開発を行うと発表。ブロックチェーンを採用した理由を紹介。
オーストラリア証券取引所(ASX)、ブロックチェーン決済システムの実装を延期

オーストラリア証券取引所(ASX)、ブロックチェーン決済システム実装を2021年...

オーストラリア証券取引所(ASX)がブロックチェーン決済システムの導入の延期を決定。当初は2020年末までの導入を予定していたが、2021年までは現行のCHESS精算決済システムを利用することとなった。
中国アリババ(Alibaba)、2018年ブロックチェーン関連特許出願数で米IBM上回りトップに

中国アリババ(Alibaba)、2018年ブロックチェーン関連特許出願数で米IB...

アリババ(Alibaba)グループが2017年ブロックチェーン関連特許数が全体の10%を占めたことがわかった。また、アリババグループはブロックチェーンを利用した食品偽装の防止、また消費者向けに食品の品質を保証するというプロジェクトも始動している。
サムスンが初の銀行向けブロックチェーン認証プラットフォーム「BankSign」を発表

サムスンが銀行向けブロックチェーン認証プラットフォーム「BankSign」を発表...

2018年8月末、韓国大手企業サムスン(Samsung)のIT部門、サムスンSDSが銀行向けブロックチェーン認証プラットフォームの「BankSign」を発表した。BankSignの概要や特徴、メリットなどを紹介する。
Enigma(エニグマ)プロジェクト、8つのパートナー概要や取り組みを紹介

Enigma(エニグマ)プロジェクト、8つのパートナー概要や取り組みを紹介

先日、Enigma(エニグマ)の公式Mediumブログにて、8つのローンチパートナーが紹介された。各パートナーの概要、Enigma(エニグマ)との取り組み内容を紹介し、今後の展望などに対し考察を行った。
ブロックチェーン技術や仮想通貨に対する大学側の考え、今後の教育についてを考察

ブロックチェーン技術や仮想通貨に対する大学側の考え、今後の教育についてを考察

ブロックチェーン・仮想通貨に関する講義(授業/コース)が国内外問わず大学などで増加してきている。本稿では、大学側のブロックチェーンに対する考え方や今後のブロックチェーンの社会的な立ち位置などについて考察を行った。
BTCボックス 三宅俊也

ブロックチェーンと履歴書の融合ソリューション

ブロックチェーンを履歴書に活用することで、転職市場がどのように活性化するかを考察した記事になっています。今後、個人を軸にした採用が増えてくると考えており、その際に履歴書や職務経歴書などをブロックチェーンで管理していくことが、合理的であると思っています。
米国への投資増目立つ、アジアに台頭するブロックチェーン・スタートアップ企業

米国への投資増目立つ、アジアに台頭するブロックチェーン・スタートアップ企業

アジアのブロックチェーンや仮想通貨関連のスタートアップ企業が、業界に新たな風を吹き込み、市場を進展させているという。そしてアジアに台頭する企業は米国の市場に目を向けている。それは一体なぜかを解説する。
専門技術は教育機関の利用がベスト?仮想通貨・ブロックチェーンを取り扱う大学の紹介

専門技術は教育機関の利用がベスト?仮想通貨・ブロックチェーンを取り扱う大学の紹介...

仮想通貨やブロックチェーンを勉強できる大学は日本にはまだ数少ない。しかし世界中に見を向けてみると学べる機会、大学は様々ある。本稿では中でも有名な米国の仮想通貨・ブロックチェーンコースを取り扱っている大学をピックアップして紹介する。
現在のブロックチェーンの問題点、そしてEnigma(エニグマ)のビジョンとは?

現在のブロックチェーンの問題点、Enigma(エニグマ)のビジョンとは?

進化を続けるブロックチェーン技術だが、問題点もある。その問題点とは一体何か?そしてその問題点が解決に向かうと考えられているものがEnigma(エニグマ)である。本稿ではEnigmaが考えるシークレットコントラクトという概念を紹介。
セゾン情報システムズが取り組むブロックチェーンサービスと将来性

セゾン情報システムズが取り組むブロックチェーンサービスと将来性

セゾンと言えばクレジットカード会社のクレディセゾンだが、本稿ではセゾングループ中のIT情報分野“セゾン情報システムズ”が取り組むブロックチェーンサービスに注目。バルコやドン・キホーテと取り組む宅配ボックス等の事例から今後の将来性を考察した。
シンガポール ブロックチェーン技術導入の業務提携

シンガポールでブロックチェーンを活用した資産取引の仕組みを検討

シンガポール金融管理局が、ブロックチェーン技術を取り入れるために4社と業務提携を発表しました。証券や資産を移したりすることを効率的に行うことを考えており、今後、シンガポール含め海外動向は注視していかなければなりません。
ブロックチェーンベース世銀債「Bond-i」が予定上回る8100万米ドルを調達

ブロックチェーンベース世銀債「Bond-i」が予定上回る8100万米ドルを調達

2018年8月10日に発表していた世界銀行が発行する債券「Bond-i」が投資家からの支持を集め目標資金である7300万米ドルを超え8000万米ドル(約1億1000万豪ドル)に達したことがわかった。
ブロックチェーン業界で働く人が、技術知識・既存の金融などの理解、両面を持つ必要性

ブロックチェーン業界で働く人が、技術知識・既存の金融などの理解、両面を持つ必要性...

ブロックチェーン業界で働くことに必要なこと、それは技術の知識、既存の金融の両面となる。ブロックチェーンが好きだけでは出来ることは限られてくる。これらの2つの必要性とは?
ソフトバンク(Softbank)はグローバル戦略を重視、CBSGは世界に対して影響力を持てるのか?

ソフトバンク(Softbank)はグローバル戦略を重視、CBSGは世界に対して影...

日本の3大キャリアの一つSoftbank(ソフトバンク)はCBSGという組織を立ち上げ、日本のブロックチェーン技術を世界に発信しようと研究・開発を進めている。ソフトバンクのCBSGとしての動き、今後のプラン・展望について考察を行った。
米下院議会でアメリカ主要ブロックチェーン企業を集め、ICOに関する議論を行う

米下院議会でアメリカ主要ブロックチェーン企業を集め、ICOに関する議論を行う

2018年9月に米下院議会にてアメリカの主要ブロックチェーン企業などが招聘し、ICOに規制に関する議論を行う予定であることがわかった。暗号通貨・ブロックチェーン関連企業がアメリカに集中していることからわかる重要点を解説。
新たなプロジェクト「Hedera Hashgraph」とは?PoWに変わるコンセンサスを実現できるのか

新たなプロジェクト「Hedera Hashgraph」とは?PoWに変わるコンセ...

ブロックチェーン技術を利用し、新たなコンセンサスを実現するプロジェクト「Hedera Hashgraph」がユニークなアプローチを採用という点に注目。そもそものコンセプト、仕組みの紹介、将来の考察を行った。
ビットコインETFの申請却下を尻目に躍進が期待されるブロックチェーンETFを紹介

ビットコインETFの申請却下を尻目に躍進が期待されるブロックチェーンETFを紹介...

ビットコインETFの申請が相次いで却下されている。ビットコインETFがダメならブロックチェーンETFに注目してみるのも良いかもしれない。2018年に入り、ブロックチェーンETFが6本上場している。その6つの詳細・特徴を紹介。
インドネシアにブロックチェーン・ハブがオープン、技術進歩に遅れない意欲

インドネシアにブロックチェーン・ハブがオープン、技術進歩に遅れない意欲

インドネシアにブロックチェーン・ハブがオープンした。インドネシアはブロックチェーンに積極的で、教育と人材育成を目指しブロックチェーンの開発を進めている。インドネシアのハブは、金融システムを変革するプロジェクトになるため活動を行う。
KDDI・日立が協力しブロックチェーン技術のサービス展開、日本の大手企業の活躍に期待

KDDI・日立が協力しブロックチェーン技術のサービス展開、日本の大手企業の活躍に...

日立(HITACHI)とKDDIが協力し、ブロックチェーンサービスを展開するため開発を進めている。2018年7月下旬には独自技術によるクーポン決済テストを実施したばかり。2社は日本国内でのブロックチェーン技術の拡大に積極的である。
ゲーム業界は仮想通貨・ブロックチェーンが拡大する重要なキーとなるのか?

ゲーム業界は仮想通貨・ブロックチェーンが拡大する重要なキーとなるのか?

現在多くの分野でブロックチェーン技術を使ったプロジェクト、商品開発の競争が行われている。その中でゲーム分野はブロックチェーンの重要な技術を世の中に普及する手段となるのか?ゲームの過去、現在を見た上で、今後の行く末を考察する。
韓国政府:ブロックチェーン・AIの部門に対し、2019年に1兆ウォン以上の投資へ

韓国政府:ブロックチェーン・AIなどの部門に対し、2019年に1兆ウォン以上の投...

韓国政府は「イノベーション成長分野」のプロジェクトに対し、5兆ウォンを投資する計画である。8つの部門があり、その中のブロックチェーンやAIなどの部門には1兆ウォンを投資するという。公式発表の内容を一部紹介。
欧州サッカー連盟がブロックチェーンベースのモバイル発券システムを導入

欧州サッカー連盟(UEFA)がブロックチェーンベースのモバイル発券システムを導入...

欧州サッカー連盟(UEFA)が、ブロックチェーンを活用した観戦チケットのモバイル発見システム(アプリ)を導入した。すでに8月15日のUEFAスーパーカップの決勝チケットがこのシステムで発券された。開発の目的や使い方などを紹介。
Enigma(エニグマ)プライバシープロトコルのユースケースとは?

Enigma(エニグマ)プライバシープロトコルのユースケースとは?

Enigma(エニグマ)のプライバシープロトコルはどういった用途で使われるのだろうか?Enigmaはブロックチェーンのセカンドレイヤーとして機能するために開発が進められている。Enigmaのユースケース、今後の未来について考察する。
スケーリング問題を巡るオンチェーン/オフチェーンの議論をわかりやすく解説

スケーリング問題を巡るオンチェーン/オフチェーンの議論をわかりやすく解説

スケーリング問題という言葉を耳にしたことはないだろうか?BTCやETHなど様々な仮想通貨で議論されるこの問題、そしてスケーリング問題を巡るオンチェーンとオフチェーンの議論などについて、わかりやすく解説。

ブロックチェーンとは、分散型取引台帳と呼ばれています。
P2P(pear to pear)という第三者機関の存在なしにユーザー同士だけでシステムを管理できるシステムになっています。

ブロックチェーンと呼ばれている理由はというと、取引データの集まりであるブロックをチェーンのように結び付けているからです。このブロックチェーンのデータの中には、様々な取引が記録されています。そのブロックは、第三者機関によって承認されるのではなく、ユーザーがマイニングと呼ばれる承認活動を行うことによって承認されます。

その承認されたブロックは、その前に存在するブロックとチェーンのようにつながれるのです。 この一連の仕組みによって、すべての取引履歴はすべてのユーザに分散共有され、第三者機関に頼らずとも正当性が担保されます。そして、このブロックチェーンの技術によって仮想通貨が成立しているのです。

このブロックチェーンを用いるメリットとして大きく3つあります。1つは、データの改ざんが事実上不可能になることです。
これは、多くの人が同じデータを複数にコンピュータで管理しているため、ひとつのコンピュータが攻撃されても、他のコンピュータで改ざんをすぐに認知できるからです。

2つ目に、海外送金コストの削減があります。一般的に金融機関を通じて海外送金すると、莫大な手数料がかかってしまいます。
しかし、ネットの世界ではそのような国境は存在しないため、最小限の手数料に抑えることができます。

最後に、金融の中央集権化が防げることです。ユーザーが全員で管理しているため、誰か一人の恣意的な行動によってブロックチェーンをコントロールすることができないのです。以上のように、新しい枠組みとしてブロックチェーンは大変注目されているのです。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@





@coinchoice