• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、分散型取引台帳と呼ばれています。
P2P(pear to pear)という第三者機関の存在なしにユーザー同士だけでシステムを管理できるシステムになっています。

ブロックチェーンと呼ばれている理由はというと、取引データの集まりであるブロックをチェーンのように結び付けているからです。このブロックチェーンのデータの中には、様々な取引が記録されています。そのブロックは、第三者機関によって承認されるのではなく、ユーザーがマイニングと呼ばれる承認活動を行うことによって承認されます。

その承認されたブロックは、その前に存在するブロックとチェーンのようにつながれるのです。 この一連の仕組みによって、すべての取引履歴はすべてのユーザに分散共有され、第三者機関に頼らずとも正当性が担保されます。そして、このブロックチェーンの技術によって仮想通貨が成立しているのです。

このブロックチェーンを用いるメリットとして大きく3つあります。1つは、データの改ざんが事実上不可能になることです。
これは、多くの人が同じデータを複数にコンピュータで管理しているため、ひとつのコンピュータが攻撃されても、他のコンピュータで改ざんをすぐに認知できるからです。

2つ目に、海外送金コストの削減があります。一般的に金融機関を通じて海外送金すると、莫大な手数料がかかってしまいます。
しかし、ネットの世界ではそのような国境は存在しないため、最小限の手数料に抑えることができます。

最後に、金融の中央集権化が防げることです。ユーザーが全員で管理しているため、誰か一人の恣意的な行動によってブロックチェーンをコントロールすることができないのです。以上のように、新しい枠組みとしてブロックチェーンは大変注目されているのです。

ブロックチェーンの記事一覧
ブロックチェーンに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

「ブロックチェーンがビジネスの基盤になるには10年かかる」は本当か?

「ブロックチェーンがビジネスの基盤になるには10年かかる」は本当か?

ブロックチェーンがさまざまビジネスで実際に活用されるにはあと10年必要だとする調査会社のレポートが発表されました。技術的な視点やビジネスの側面など、10年がかかる考えられている理由を3つにわけて紹介します。
暗号通貨投資家が認識しておくべき量子コンピュータがビットコインの脅威になるか否か

暗号通貨投資家が認識しておくべき量子コンピュータがビットコインの脅威になるか否か...

Googleが10月に量子コンピューターによる「量子超越性」を実証したとの報道がありました。量子コンピューターによってビットコイン(BTC)のシステムが成立しなくなると憶測がありますが、果てして正しいのでしょうか?

【墨汁速報】Nexus ビットコインベースのブロックチェーンにスマートコントラク...

ビットコインベースのブロックチェーンの機能が拡張可能なNexusが、新たにスマートコントラクト機能をもたらすネットワークアップグレードを行うと発表。11月4日にデプロイされ、11月11日に実装がアクティベートされるという。
コンセンシス(ConsenSys)がリリースをした金融企業向けツールCodefiとは?

コンセンシス(ConsenSys)がリリースをした金融企業向けツールCodefi...

コンセンシス(ConsenSys)がリリースした貿易や金融機関、投資機関、不動産などさまざまな業界企業が利用できるコーディファイ(Codefi)について解説します。その特徴やなぜ利用するのかなどを紹介します。
知っておくべきパブリック・コンソーシアムブロックチェーンのそれぞれの魅力

知っておくべきパブリック・コンソーシアムブロックチェーンのそれぞれの魅力

ビットコイン(BTC)をはじめとするパブリックブロックチェーンを強く支持する人はコンソーシアムブロックチェーンに関心がないという人もいると思います。その逆もあり、理解すべきそれぞれの魅力について紹介します。
【レポート】R3社主催イベント「CordaCon」、出展したCTIAの独自分散台帳技術TaaSとは?

【レポート】R3社主催イベント「CordaCon」、出展したCTIAの独自分散台...

エンタープライズ向けのブロックチェーンソフトウェアを開発・提供するR3社が10月23,24日にロンドンでCORDACON LONDON 2019を開催。主なトピックと出展したCTIAの独自分散台帳技術TaaSについて紹介します。
ブロックチェーンプロジェクトを調べると耳にする「VC」と個人投資家が知っておくべきこと

ブロックチェーンプロジェクトを調べると耳にする「VC」と個人投資家が知っておくべ...

仮想通貨とブロックチェーンプロジェクトについてリサーチすると耳にする「VC(ベンチャーキャピタル)」。業界におけるVCの概要と役割とは?そしてVCを理解した上で個人投資家はどのようなことを考えるべきかを紹介します。
リブラ(Libra)がブロックチェーンで実現されるべき3つの理由

リブラ(Libra)がブロックチェーンで実現されるべき3つの理由

発表されてから数ヶ月が経過したFacebookがイニシアチブをとる新しい暗号通貨プロジェクトのリブラ(Libra)。なぜリブラがブロックチェーンで実現されるべきなのか、共同創業者のデビッド・マーカス氏の考察を紹介します。
Web3時代のGithHubを目指すTerminalがローンチ、開発ツールの充実が重要な理由

Web3時代のGithHubを目指すTerminalがローンチ、開発ツールの充実...

分散型アプリケーション(DApps)開発に最適化された新しい開発者プラットフォームを作るプロジェクトのターミナル(Terminal)がローンチ。その特徴となぜ非開発者にとっても開発ツールが重要かを紹介します。

ブロックチェーンが可能にした医療現場の変革とは?

医療分野との親和性が高かったブロックチェーンだが、活用事例がいくつも出てきており、医療分野への改革が起きるかもしれない。今回、プロジェクトが実際に動いている様子から、どのような内容のソリューションを提供しているのかを詳しく見てみよう。
ユーザーインターフェイスが優れた3つの分散型取引所(DEX)とは?

ユーザーインターフェイスが優れた3つの分散型取引所(DEX)を紹介

仮想通貨を保有しているユーザーの中でも、分散型取引所(DEX)と呼ばれるものは、なんとなく使いにくい、難しいと敬遠している人もいるのではないでしょうか?本コラムでは初めてでも使いやすい3つのDEXを紹介します。
【イベントレポート】ブロックチェーンのディスカッションイベント「Singapore Blockchain Association」が大阪で開催

【イベントレポート】ブロックチェーンのディスカッションイベント「Singapor...

シンガポールを拠点に活動する団体「Blockchain Association」の主催によるブロックチェーンに関するディスカッションイベントが10月1日大阪で開催された。当日に取り上げられたテーマなどを紹介する。
ICOプラットフォーム「COMSA CORE」はブロックチェーンの枠を超える可能性

ICOプラットフォーム「COMSA CORE」はブロックチェーンの枠を超える可能...

2017年に日本発の大型ICOとして動き出したトークンスワッププラットフォームの「コムサ(COMSA)」製品版が公開された。ICOやIEOだけでなく、さまざまな分野への活用も考えられ、トークンエコノミーの更なる成長も予想される。
NASAがブロックチェーン技術の人材募集、月面基地や火星上の未来都市開発か?

NASAがブロックチェーン技術の人材募集、月面基地や火星上の未来都市開発か?

米航空宇宙局(NASA)がリンクドインでデータサイエンティストを募集。募集条件にはブロックチェーンや仮想通貨の知識がある人歓迎との記載も!なぜNASAの考える宇宙開発にブロックチェーンの知識が必要なのか?
ステーブルコインとDeFi(分散型金融)におけるレンディングの金利はなぜ高いのか?

ステーブルコインとDeFi(分散型金融)におけるレンディングの金利はなぜ高いのか...

ステーブルコインとDeFi(分散型金融)におけるレンディングの金利は高止まりしています。低金利の時代にステーブルコインのレンディングはなぜ金利が高いのか?そしてステーブルコインにおけるリスクを整理していきます。

KYC(本人確認)もブロックチェーンで?身分証明に最適とされる理由

個人情報の管理やプライバシー問題などデジタル社会においては常々大きな論点となっています。さまざまなサービスでは本人確認はつきものですが、そのような手続き・認証処理はブロックチェーンを用いることで改善することができます。
イーサリアムクライアントのPantheonが改称してHyperLedgerプロジェクトに参画

イーサリアムクライアントのPantheonが改称してHyperLedgerプロジ...

イーサリアムクライアントであるパンテオン(Pantheon)がHyperledger Besuと改称して、HyperLedgerプロジェクトに加わることが発表された。Hyperledger Besの特徴などを紹介します。

なぜブロックチェーンが使われる?スタンフォード大学が各分野の調査レポートを発表

これまでエネルギー分野や医療、サプライチェーンなどさまざまな分野で活用され始めてきているブロックチェーンですが、はたして最も活用されているのはどの分野なのでしょう?スタンフォード大学が発表した調査レポートから確かめてみましょう。
DAppsリスティングサイトに投資集まる、DApp.comとDAppRaderが1億円以上の資金調達

DAppsリスティングサイトに投資集まる、DApp.comとDAppRaderが...

分散型アプリケーション(DApps)のリスティングサイトとして知られるダップドットコム(Dapp.com)やダップレーダー(DsppRadar)がそれぞれ1億円以上の資金調達したことを発表した。サイトの動向を考察します。
暗号通貨・ブロックチェーン業界の開発者の2019年上半期の動向まとめ

暗号通貨・ブロックチェーン業界の開発者の2019年上半期の動向まとめ

エレクトリック・キャピタル(Electric Capital)がこのほど、ここ最近の仮想通貨・ブロックチェーン業界の開発者数の推移に関するレポートを発表しました。さまざまな指標があるなかでも主要な要素について紹介します。
企業系ブロックチェーンは中央集権?大手企業がつまずく理由

企業系ブロックチェーンは中央集権?大手企業がつまずく理由

以前に比べ、著名な企業のブロックチェーン技術活用を耳にする機会も増えてきました。しかし、その中には多くの失敗もあります。どうして大手企業でも失敗してしまうのか?IBMを例を、企業系ブロックチェーンの在り方を今一度見直してみましょう。
コインベースが世界の大学を調査、ブロックチェーンクラスや生徒の関心について

コインベースが世界の大学を調査、ブロックチェーンクラスや生徒の関心について

米国最大の取引所コインベースが世界の大学における暗号通貨・ブロックチェーンの関心の高まりについてのレポートを発表し、56%の大学でブロックチェーンのクラスを提供していることが分かった。日本の状況とも比較する。
2025年までにヘルスケア分野のブロックチェーン市場規模が1,700億円に

2025年までにヘルスケア分野のブロックチェーン市場規模が1,700億円に

世界の市場に関するリサーチとコンサルティングを行うグローバル・マーケット・インサイツが、世界のヘルスケア分野におけるブロックチェーン市場は2025年までに1,700億円達するとのレポートを発表。詳細を紹介する。

ブロックチェーン技術の活用進む自動車産業の現状問題とこれから

BMWやフォードといった海外大手自動車メーカーが2018年頃よりブロックチェーン技術の活用を進めています。自動車情報や部品のサプライチェーン管理といったことが主になっていますが、どのように用いられているのでしょうか?
クリプトゾンビがリブラ(Libra)のコーディングチュートリアルのリリースを発表

クリプトゾンビがリブラ(Libra)のコーディングチュートリアルのリリースを発表...

イーサリアム(Ethereum)を中心にしたDApps(分散型アプリケーション)開発のチュートリアルを提供する学習サイトのクリプトゾンビが、リブラ(Libra)のコーディングチュートリアルのリリースを発表。
ブロックチェーン企業が大麻サプライチェーン向けソリューションの特許申請

ブロックチェーン企業が大麻サプライチェーン向けソリューションの特許申請

ブロックチェーン企業のセキュリティ・マターズ(Security Matters)が大麻のサプライチェーン向けのブロックチェーンソリューションに関する特許をアメリカで申請していたことが明らかになった。その内容などを紹介。
ベルリンのブロックチェーンウィーク中のハッカソンで開発されたアイデア5選

ベルリンのブロックチェーンウィーク中のハッカソンで開発されたアイデア5選

8月にベルリンで開催されたブロックチェーンウィークではさまざまなイベント催さました。今回は700人の開発者が集まった大規模ハッカソンのEthBerlinで開発されたアイディアのなかから5つを紹介していきます。
コスモスが8月に達成したマイルストーン、COSMOS HUBの次期アップデートは9月15日に

コスモスが8月に達成したマイルストーン、COSMOS HUBの次期アップデートは...

ブロックチェーンのインターオペラビリティを可能にするプロジェクトとして注目を集めるコスモス(COSMOS)の8月の状況概観とCOSMOS HUBの時期アップデートなど今後のロードマップについて紹介します。
アプリケーションが生まれる続けるDeFi(分散型金融)、拡大するスマートコントラクト金融

アプリケーションが生まれる続けるDeFi(分散型金融)、拡大するスマートコントラ...

イーサリアム(Ethereum)におけるスマートコントラクトを用いた金融アプリケーションに関するプロジェクトが誕生し続けています。最近のこれらを利用した新しいスマートコントラクト層について紹介します。
プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の発明から今までの歴史

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の発明から今までの歴史

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用したトークン・ブロックチェーンが目立つようになってきた2019年。最初のPoSを採用した暗号通貨は2012年にリリースされています。そこで改めてPoSの歴史を振り返ります。
KeepとSummaがクロスチェーンのワーキンググループを発表、トラストレスなビットコインとイーサリアムのブリッジを目指す

KeepとSummaがクロスチェーンのワーキンググループを発表、トラストレスなビ...

キープ(Keep)とスンマ(Summa)がクロスチェーンのワーキンググループを発表。WBTCのようにカストディがある形式ではない方法でビットコインをイーサリアム上に持ち込むことを目指します。tBTCについて紹介します。

AIと医療を繋ぐブロックチェーン:Ocean Protocolの提携続く

さまざまな分野で活用され始めている分散型データ交換プロトコルのオーシャンプロトコル(Ocean Protocol)が、AIと医療の架け橋となり得る提携を発表しました。機密性の高い分野において、より存在感を高めています。
世界中のCEOが2019年上半期に最も関心があるのはAI、ブロックチェーン、IoT

世界中のCEOが2019年上半期に最も関心があるのはAI、ブロックチェーン、Io...

世界のビジネスに関する情報を提供する調査会社のグローバルデータ(GlobalData)がこのほど、世界トップのCEOが2019年上半期に破壊的技術おける関心を示したテーマを発表し、ブロックチェーンがその1つであることが分かった。
nemgraph 使い方ガイド(CoinChoice編集部ver)

nemgraph 使い方ガイド(CoinChoice編集部ver):画像投稿型S...

先日リリースされたNEMブロックチェーンを活用した「nemgraph」画像投稿型のSNS。インスタグラムが先行している状況だが、いいね、写真投稿に投げnemを行うことで価値を付与することが出来る点が異なる。利用方法などの解説
PoSトークンのステーキングをするユーザーの実態とは?アンケート調査が発表

PoSトークンのステーキングをするユーザーの実態とは?アンケート調査が発表

このほどStakingrewords.comによるPoSトークンのステーキングをするユーザーを対象にした調査結果が公表されました。バリデータプールを選ぶ際に重視していることや、ガバナンスへの参加意思などが明らかになりました。
コスモス(COSMOS)をベースにしたブロックチェーン開発で新しい言語が利用可能に

コスモス(COSMOS)をベースにしたブロックチェーン開発で新しい言語が利用可能...

アプリケーション開発者が独自ブロックチェーンを作ることができるフレームワークのCOSMOS SDKで新しい言語が利用可能になりました。追加された3つの言語の特徴と開発フレームワークの競争を紹介します。

ブロックチェーンで中古車情報を管理!シンガポール企業がOcean protoco...

中古車情報をブロックチェーンで管理できるマーケットプレイスの構築を目指し、オーシャンプロトコル(Ocean protocol)がシンガポール企業と提携しました。日本国内でも情報改ざん問題があり、注目すべきケースではないでしょうか。
トリュフ(Truffle)が新しい3つのブロックチェーンに対応、企業向けの活用促進へ

トリュフ(Truffle)が新しい3つのブロックチェーンに対応、企業向けの活用促...

開発者向けツールのトリュフ(Truffle)が新しいブロックチェーン3つに対応をすることを発表しました。また同社の最高経営責任者(CEO)は、今後エンタープライズブロックチェーンにフォーカスをすることも明らかにしています。

ブロックチェーン版Google?DApps開発も可能な「Nebulas」の真価

中国版イーサリアム(Ethereum)と呼ばれたNEOの共同創業者が、新たなプロジェクトを立ち上げていました。検索エンジンとDApps開発のプラットフォームを兼ね備えた「ネビュラス(Nebulas)」の概要を解説します。
IBMブロックチェーンを用いて農業サプライを改善する南米企業

ブロックチェーンで農業改善!南米スタートアップの挑戦

南米のスタートアップが、IBMのブロックチェーンテクノロジーを活用して、サプライチェーンの改善に努めています。透明性・追跡可能性・改ざん耐性を持ち合わせたブロックチェーンを用いることはひとつの最適解と言えるのではないでしょうか。
コスモス(ATOM)をステーキングをして毎日報酬をもらう方法【Ledger編】

コスモス(ATOM)をステーキングをして毎日報酬をもらう方法【Ledger編】

トークンの保有量などで次のブロックを生成する人を決めるPoS(プルーフ・オブ・ステーク)が採用され、今注目を集めているプロジェクトの1つCosmos。Ledgerを使って少数からでもステーキングに参加する方法を紹介します。
コスモス(Cosmos)のコンセンサスアルゴリズムTendermintはどのように機能するか

コスモス(Cosmos)のコンセンサスアルゴリズムTendermintはどのよう...

Cosmos HUBのブロックチェーンが稼働するテンダーミント(Tendermint)について解説します。100のバリデーターが交代しながら行う提案などブロックが構築される手順や今後の動きなどについて紹介。
デジタルドレスに100万円、バーチャルアイテムになぜ価値がつくのか?

デジタルドレスに100万円、バーチャルアイテムになぜ価値がつくのか?

デジタルアイテムに価値がつくというトレンドが生まれています。ブロックチェーン業界ではMy Crypto Herosなどのゲームの例がよく取り上げられますが、ゲーム以外のバーチャルアイテムの事例も紹介し考察します。
ブロックチェーンで偽造医薬品撲滅へ、ウガンダ政府がスタートアップと協力

ブロックチェーンで偽造医薬品撲滅へ、ウガンダ政府がスタートアップと協力

医薬品に関するブロックチェーンプロジェクトのメディコネクト(MediConnect)がこのほど、偽造医薬品問題の解決に向けてウガンダ共和国と協力することを発表した。プロジェクトと同国の問題についても紹介する。
「ブロックチェーンのインターネット」を実現するコスモス(COSMOS)を簡単解説

「ブロックチェーンのインターネット」を実現するコスモス(COSMOS)を簡単解説...

長年ブロックチェーンコミュニティーで注目されていたプロジェクトのコスモス(COSMOS)。ブロックチェーンの相互運用を実現すると期待されている同プロジェクトとトークンのATOMについて簡単に解説していきます。
へルスケアのブロックチェーン市場規模は2026年までに1,800億円以上に

へルスケアのブロックチェーン市場規模は2026年までに1,800億円以上に

アキュメン・リサーチ・アンド・コンサルティングがこのほど、ヘルスケアの分野におけるブロックチェーンの市場規模が2026年までに約1,800億円に到達するとの予想を展開した調査レポートを発表。内容を紹介する。

Facebookに次ぐSNS企業のブロックチェーン業界参入!韓国Kakaoも「K...

韓国では人気を誇るメッセージアプリ「カカオトーク(Kakao Talk)」の開発企業であるKakaoも先日、独自ブロックチェーンのメインネットを公開しました。Facebookの参入に続き、SNS業界が本格的に動き始めています。
ブロックチェーンサプライチェーン市場は2025年までに1兆円規模に?

ブロックチェーンサプライチェーン市場は2025年までに1兆円規模に?

アメリカの調査会社であるアライドマーケットリサーチ(AMR)がこのほど、世界のブロックチェーンサプライチェーン市場規模が2025年までに約1兆円に達するとのレポートを発表した。レポートの内容も紹介します。
分散型ストレージなどを構築する3Boxが約2億7,000万円資金調達、そのサービスとは?

分散型ストレージなどを構築する3Boxが約2億7,000万円資金調達、そのサービ...

アプリ開発者のための分散型ストレージおよびアイデンティティツールを構築するスタートアップの3Box が約2億7,000万円の資金調達に成功。Facebookなどの企業のデータ利用に対する不信感への解決策となりうるサービスを紹介。
ブロックチェーンにスニーカーの鑑定記録を保存するキクシー(KCKC)がリリース

ブロックチェーンにスニーカーの鑑定記録を保存するキクシー(KCKC)がリリース

ブロックチェーンの技術を活用し、安心してスニーカーの売買ができるアプリサービスのキクシー(KCKC)がリリース。高級ブランドを傘下におさめるコングロマリットのLVMHのブロックチェーンの取り組みも紹介。

ブロックチェーンとは、分散型取引台帳と呼ばれています。
P2P(pear to pear)という第三者機関の存在なしにユーザー同士だけでシステムを管理できるシステムになっています。

ブロックチェーンと呼ばれている理由はというと、取引データの集まりであるブロックをチェーンのように結び付けているからです。このブロックチェーンのデータの中には、様々な取引が記録されています。そのブロックは、第三者機関によって承認されるのではなく、ユーザーがマイニングと呼ばれる承認活動を行うことによって承認されます。

その承認されたブロックは、その前に存在するブロックとチェーンのようにつながれるのです。 この一連の仕組みによって、すべての取引履歴はすべてのユーザに分散共有され、第三者機関に頼らずとも正当性が担保されます。そして、このブロックチェーンの技術によって仮想通貨が成立しているのです。

このブロックチェーンを用いるメリットとして大きく3つあります。1つは、データの改ざんが事実上不可能になることです。
これは、多くの人が同じデータを複数にコンピュータで管理しているため、ひとつのコンピュータが攻撃されても、他のコンピュータで改ざんをすぐに認知できるからです。

2つ目に、海外送金コストの削減があります。一般的に金融機関を通じて海外送金すると、莫大な手数料がかかってしまいます。
しかし、ネットの世界ではそのような国境は存在しないため、最小限の手数料に抑えることができます。

最後に、金融の中央集権化が防げることです。ユーザーが全員で管理しているため、誰か一人の恣意的な行動によってブロックチェーンをコントロールすることができないのです。以上のように、新しい枠組みとしてブロックチェーンは大変注目されているのです。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram