• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • モナコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • リスク 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアムクラシック 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • BitTrade (ビットトレード)
  • バイナンス(BINANCE)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • coincheck(コインチェック)
  • クラーケン (Kraken)
  • みんなのビットコイン
  • ポートフォリオ
  • PR

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、分散型取引台帳と呼ばれています。
P2P(pear to pear)という第三者機関の存在なしにユーザー同士だけでシステムを管理できるシステムになっています。

ブロックチェーンと呼ばれている理由はというと、取引データの集まりであるブロックをチェーンのように結び付けているからです。このブロックチェーンのデータの中には、様々な取引が記録されています。そのブロックは、第三者機関によって承認されるのではなく、ユーザーがマイニングと呼ばれる承認活動を行うことによって承認されます。

その承認されたブロックは、その前に存在するブロックとチェーンのようにつながれるのです。 この一連の仕組みによって、すべての取引履歴はすべてのユーザに分散共有され、第三者機関に頼らずとも正当性が担保されます。そして、このブロックチェーンの技術によって仮想通貨が成立しているのです。

このブロックチェーンを用いるメリットとして大きく3つあります。1つは、データの改ざんが事実上不可能になることです。
これは、多くの人が同じデータを複数にコンピュータで管理しているため、ひとつのコンピュータが攻撃されても、他のコンピュータで改ざんをすぐに認知できるからです。

2つ目に、海外送金コストの削減があります。一般的に金融機関を通じて海外送金すると、莫大な手数料がかかってしまいます。
しかし、ネットの世界ではそのような国境は存在しないため、最小限の手数料に抑えることができます。

最後に、金融の中央集権化が防げることです。ユーザーが全員で管理しているため、誰か一人の恣意的な行動によってブロックチェーンをコントロールすることができないのです。以上のように、新しい枠組みとしてブロックチェーンは大変注目されているのです。

ブロックチェーンの記事一覧
ブロックチェーンに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

ブロックチェーンプロジェクトの成否は、時間軸とタイミングが重要~ドットコムバブルから学べること~

ブロックチェーンプロジェクトの成否は、時間軸とタイミングが重要~ドットコムバブル...

ブロックチェーンプロジェクトが成功するかしないかは、時間軸とタイミングが重要とされています。なぜこの2つが重要なのか?過去に起きたドットコムバブルの事例(NetflixやAmazonなど)、から学べることを紹介します。
ブロックチェーンにおけるスマートコントラクトの本質的価値とはなにか?

ブロックチェーンにおけるスマートコントラクトの本質的価値とはなにか?

よく聞くスマートコントラクトという言葉を訳すと契約の自動執行と説明される場合が多いですが、本質価値をわかりにくくしている場合が多くあるのが現状。本コラムではブロックチェーンにおけるスマートコントラクトの本質的価値について考えました。
セグウィット(Segwit)とは?導入に至った背景とメリット・デメリットを解説!

セグウィット(Segwit)とは?導入に至った背景とメリット・デメリットを解説!...

仮想通貨やブロックチェーンのことを調べると必ずといっていいほど聞いたことがある「セグウィット(Segwit)」とは?この仕組は一体どういったものなのか?そして導入に至った背景や実装する上でのメリット・デメリットなども併せて解説します。
ブロックチェーンとは?分散型台帳との違い、利用が進むその魅力とは?

ブロックチェーンとは?分散型台帳との違い、利用が進むその魅力とは?

仮想通貨が話題になったと同時に認知が広まったブロックチェーン。これを説明してと言われても答えに困ってしまう方は多いのではないでしょうか。本コラムではブロックチェーンとは?といった基本知識から、分散型台帳との違いや今後について解説します。
2019年に立ち上がる暗号通貨のインカムマーケット、PoSに関連する市場

2019年に立ち上がる暗号通貨のインカムマーケット、PoSに関連する市場

ビットコインなどの暗号通貨(仮想通貨)はインカムゲインがないアセットでしたが、2019年は暗号通貨を通じたインカムマーケットが立ち上がり始めていることに注目が集まっています。本コラムではその中の「ステーキング」について深ぼって解説します。
ブロックチェーン技術開発で躍進の気配をみせるサムスン、スマホ「ギャラクシーS10」など

ブロックチェーン技術開発で躍進の気配をみせるサムスン、スマホ「ギャラクシーS10...

サムスンがブロックチェーンに関するさまざまなプロジェクトを進め、業界で最先端に躍り出る勢いを見せています。仮想通貨ウォレットの搭載が噂されている最新のスマートフォン「ギャラクシーS10(Galaxy S10)」など紹介します。
暗号通貨・ブロックチェーン業界でオープンソースソフトウェアは非常に重要

暗号通貨・ブロックチェーン業界でオープンソースソフトウェアは非常に重要

暗号通貨やブロックチェーンの業界では、オープンソフトウェアは重要とされています。なぜ重要か?過去のオープンソースは、ソフトウェアの発展をどのくらい早めたか?等をふまえ、オープンソフトウェア企業のビジネスモデルを学ぶべき理由などを紹介します。
ブロックチェーンゲームのトークン化されたアイテムのファンダメンタルとは?

ブロックチェーンゲームのトークン化されたアイテムのファンダメンタルとは?

My Crypto Heroesをはじめ徐々にユーザー数が増加しているブロックチェーンのゲーム系のアプリケーション。個人間で簡単かつ確実に売買できるゲーム内のアセット化されたアイテムのファンダメンタルズについて解説します。
違法な画像がブロックチェーンに含まれる事件が発生、共有の問題点とは?

違法な画像がブロックチェーンに含まれる事件が発生、共有の問題点とは?

違法であると考えられる画像がブロックチェーン上に含まれる事象が発生。画像を直接ブロックチェーンに書き込みブロックチェーン上に保管されることにより、誰でも複製可能となる点など、ブロックチェーンで共有することによる問題点を解説します。
0x(ゼロエックス)のプロトコルでZRXトークンを用いてアップデートする投票がスタート

0x(ゼロエックス)のプロトコルでZRXトークンを用いてアップデートする投票がス...

0x(ゼロエックス)のプロトコルを、ZRXトークンを使ってアップデートをする投票がスタート。今回、ZEIP23として提案されたMultiAssetProxy (MAP) とは一体どういったものなのかを解説します。
ローンチ間近の日本発のブロックチェーンプロジェクト3社と2019年の動向予想~HashHub新年会より

日本発のブロックチェーンプロジェクト3社と2019年の動向予想~HashHub新...

HashHub新年会が1月24日に開催され、ブロックチェーンスタートアップによるパネルディスカッションが行われました。日本のスタートアップであるBlockBaseとdigglue、Neukindの事業と今後の動向について紹介します。
ブロックチェーンアプリ開発プログラム「NextBase」参加者インタビュー③ ~未来の参加者に向けて~

ブロックチェーンアプリ開発プログラム「NextBase」参加者インタビュー③ ~...

2018年に開催された次世代のブロックチェーン業界を牽引する人材を育成するための学生支援プログラムNextBase。参加者のインタビューをお届けするシリーズ最終回は、メンターとの関係や未来の参加者に向けたメッセージをお伝えします。
「ブロックチェーンの理解促進が社会貢献に」、体験して学ぶ「EnterChain」に込めた思いとは?

「ブロックチェーンの理解促進が社会貢献に」、体験して学ぶEnterChainに込...

ビットコインを説明できない人でもオンラインで体験しながら学習できるサービスの「EnterChain」を提供するdigglueの原英之CEOに、ブロックチェーンについて学ぶ意義などをお聞きしました。ビジネスパーソンが学習する意味とは?
ブロックチェーンアプリ開発プログラム「NextBase」参加者インタビュー②~プロジェクト開発の苦悩~

ブロックチェーンアプリ開発プログラム「NextBase」参加者インタビュー②~プ...

2018年10月から12月にかけて開催された次世代のブロックチェーン業界を牽引する人材を育成するためのプログラムNextBase(ネクストベース)参加者インタビュー連載。第2回では、反省点や印象に残ったエピソードなどお聞きしました。
ブロックチェーンアプリ開発プログラム「NextBase」参加者インタビュー①~現役大学生が開発するプロダクトとは~

ブロックチェーンアプリ開発プログラム「NextBase」参加者インタビュー①~現...

2018年10月から12月にかけて開催された次世代のブロックチェーン業界を牽引する人材を育成するためのプログラムNextBase(ネクストベース)で発表されたプロジェクトを紹介。参加した学生たちの感想とは?
ブロックチェーン関連の仕事は稼げるのか?世界の職種別給与の調査レポート公開

ブロックチェーン関連の仕事は稼げるのか?世界の職種別給与の調査レポート公開

仮想通貨とブロックチェーンに特化した仕事検索サイトのCryptocurrency Jobsが、地域と職種別の給与を調査したレポートを発表しました。最も給与水準が高ったのはどのような職種でいくらぐらいなのか?
ビットフューリー(Bitfury)がライトニングネットワークのプロダクトを続々とリリース

ビットフューリー(Bitfury)がライトニングネットワークのプロダクトを続々と...

ジョージアを拠点にする企業のビットフューリー(Bitfury)が、ライトニングネットワーク(Lightning Network)関連のプロダクトを数多く発表。ウォレットをはじめとする、さまざまなプロダクトを紹介。
ナスダックなどブロックチェーン企業に出資、今後の開発の試金石

ナスダックなどがブロックチェーン企業に出資、今後の開発の試金石

ナスダック(Nasdaq)がこのほど、ブロックチェーンスタートアップ企業シンビオント(Symbiont)による2,000万ドル資金調達を主導。注目を集めるナスダックの動きと、シンビオントの事業内容などを紹介する。
分散型取引所プロトコルである0xのアクセラレータプログラムがスタート、採択される基準とは?

分散型取引所プロトコルである0xのアクセラレータプログラムがスタート、採択される...

分散型取引所(DEX)のプロトコルである「0x(ゼロエックス)」のアクセラレータプログラムがスタートしました。同プログラムの概要、そして採択されるプロジェクトの基準、これまでどういったプロジェクトが支援されてきたのかなどを紹介します。
仮想通貨とブロックチェーンのハブを目指すコロラド州、新法案や積極的な姿勢の知事

仮想通貨とブロックチェーンのハブを目指すコロラド州、新法案や積極的な姿勢の知事

2019年1月にコロラド州で仮想通貨関連企業を証券取引法の提供から除外する法案が提出されました。ブロックチェーンの取り組みに積極的な姿勢をみせる同州知事など、仮想通貨とブロックチェーンのハブを目指す動きを紹介。
DApss、DEXという言葉の意味を考える、分散化はミドルウェアプロトコルに変容するという仮説

DApss、DEXという言葉の意味を考える、分散化はミドルウェアプロトコルに変容...

非中央集権なアプリケーション、非中央集権なエクスチェンジといった意味のDAppsとDEX。しかし管理者がいることも事実です。そこで改めて言葉の意味を考え、分散化するとミドルウェアプロトコルに変容するという仮説を考察します。
日本国内初NFTのマーケットプレイスがローンチ間近、国内ブロックチェーンゲームシーンに大きな前進

日本国内初NFTのマーケットプレイスがローンチ間近、国内ブロックチェーンゲームシ...

日本国内初となるNFT(Non-Fungible Token)のマッチングプラットフォーム「bazaaar」のリリースが発表、ローンチは1月下旬予定とのこと。本稿ではNFTのマーケットプレイスが今まで国内で存在しなかった理由等を紹介します。
米国で最も優れたアクセラレータが見出した5つの暗号通貨・ブロックチェーンスタートアップ

米国で最も優れたアクセラレータが見出した5つの暗号通貨・ブロックチェーンスタート...

アメリカにおいて最も優れたアクセラレータのY Combinator(Yコンビネータ)が見出したとされる企業を振り返ると、同プログラムから様々な暗号通貨・ブロックチェーンスタートアップが生まれています。本稿ではそのうち5つを紹介し概観します。
ブロッブロックチェーン業界で聞くWeb3.0のビジョンとは何か、実現するハードルとは?クチェーンに関わるWeb3.0のビジョンとは何か、実現するハードルとは?

ブロックチェーン業界で聞くWeb3.0のビジョンとは何か、実現するハードルとは?...

ブロックチェーン業界で広く聞かれるWeb3.0。現在、私たちが使うインターネットと違い、Web3.0は一言で言うならば、より分散的なインターネットを目指す活動です。このWeb3.0のビジョンと実現へのハードルを紹介します。
仮想通貨・ブロックチェーン インフルエンサー

仮想通貨・ブロックチェーン界隈で影響力がある著名人のインフルエンサーリスト

仮想通貨・ブロックチェーン業界で、発言力のあるインフルエンサー・有識者・著名人を集めました。Twitterは情報収集の場として、活用できるので、まだフォローしていない人がいる場合はチェックしてみましょう。
起業家としてブロックチェーン領域に向き合う上で大切にしていること

起業家としてブロックチェーン領域に向き合う上で大切にしていること

自社プロダクト開発や、ブロックチェーン開発者や起業家向けのコワーキングスペースの提供を行うHashHubの共同創業者の平野氏が、起業家としてブロックチェーンに取り組む上で大切にしていることを紹介します。
ブロックチェーンを使用した予測市場Veilがローンチ、2つのプロトコル(Augur・0x)を使用

ブロックチェーン利用の予測市場Veilがローンチ、2つのプロトコル(Augur・...

ブロックチェーンを使った予測市場「Veil」がローンチしました。Augurと0xという2つのプロトコルを使用されているとのこと。この予測市場について、Augurと0xを組み合わせた技術についてメリットなどを紹介します。
2019年のブロックチェーン業界予想: Fat Protocols”のみ”時代の終焉

2019年のブロックチェーン業界予想: Fat Protocols”のみ”時代の...

まだまだ可能性を秘めるブロックチェーン技術。2019年も多くの人がブロックチェーン業界の予想を行っています。HashHabコミュニティーが予想する、「Fat Protocols”のみ”時代の終焉」について解説していただきました。
ブロックチェーンが2019年に抱える7つの法的問題とは

ブロックチェーンが2019年に抱える7つの法的問題とは

ビットコインETFやグローバルな規制枠組みなど2019年も仮想通貨を取り巻く環境が変わっていくことが予想されています。今回は、弁護士のジェニー・リョン氏が提言するブロックチェーンに関する7つの法的問題を紹介します。
最短1ヶ月、仕事で使えるブロックチェーン講座【HashHub】

最短1ヶ月!ビジネスで使えるブロックチェーン講座【HashHub】

ブロックチェーンコワーキングスペースなどを運営する株式会社HashHubが、最短1か月~のブロックチェーン講座を開講しています。将来ビジネスで使えるようなブロックチェーンの基礎・応用が学べて、しかも最短1ヶ月という超短期集中型のコースもあります。
サムスン(Samsung)が独自ブロックチェーンスマートフォン開発か?

サムスン(Samsung)が独自ブロックチェーンスマートフォン開発か?

サムスンがブロックチェーンスマートフォンを開発中かもしれません。 2018年12月にブロックチェーンベースのスマホ機能に関する3つの商標権を申請していたことで開発が噂されています。一連のサムスンの動きを紹介します。
ニューヨークにブロックチェーンセンターがオープン、教育機会の提供とサポートで業界促進へ

ニューヨークにブロックチェーンセンターがオープン、教育機会の提供など業界促進へ

ニューヨーク市のマンハッタン地区に1月10日、NYCブロックチェーンセンターがオープンした。起業家や投資家のシェアスペースやブロックチェーンに関する教育機会を提供するという同センターの概要を紹介する。
イギリスで仮想通貨やブロックチェーン企業への投資が過去最高を記録、275億円上回る

イギリスで仮想通貨やブロックチェーン企業への投資が過去最高を記録、275億円上回...

イギリスのブロックチェーンや仮想通貨のスタートアップへの2018年の投資が2億ポンド(約275億円)を上回り、過去最高を記録していたことが分かった。どうのような企業が投資を受けたのか、ロンドン&パートナーズの発表を紹介する。
シンガポールが2019年にブロックチェーン・暗号資産領域で存在感を出す可能性

シンガポールが2019年にブロックチェーン・暗号資産領域で存在感を出す可能性

2019年、シンガポールがブロックチェーンや暗号資産の領域でさらなる活発な動き、そして存在感が出てくる可能性について考察を行いました。Binance(バイナンス)のシンガポール進出を筆頭にその他の可能性について解説します。
イーサリアム(Ethereum)の創業者ヴィタリック氏が考えるブロックチェーン金融以外の活用法とは?

イーサリアム(Ethereum)の創業者ヴィタリック氏が考えるブロックチェーン金...

金融業界で活発に行われるブロックチェーン領域のアプリケーション開発。金融業界以外でもブロックチェーンの活用事例を提案しているイーサリアム(Ethereum)の創業者であるヴィタリック氏の考えを紹介します。
2018年にブロックチェーンプロジェクト・ICO・STOへの投資を統計した詳細レポートが発表

2018年にブロックチェーンプロジェクト・ICO・STOへの投資を統計した詳細レ...

2018年にブロックチェーンプロジェクトやICO、そして最近話題となっているSTOへ投資について、その統計を詳細に記したレポートがINWARA(リサーチ会社)から発表されました。今回はその中でも特に気になる4つのポイントについて解説します。
ライトニングネットワーク(Lightning Network)を解説、2019年はさらなる進歩に期待

ライトニングネットワーク(Lightning Network)を解説、2019年...

ビットコイン(BTC)のトランザクション処理能力の問題を解決する方法として期待されているライトニングネットワーク(Lightning Network)について解説します。そもそもライトニングネットワークとは?そして2019年の展望とは?
イーサリアム(Ethereum)を学習したい人にオススメ、アプリケーションを作って学ぶサイト「Zastrin」とは?

イーサリアム(Ethereum)を学習したい人にオススメ、アプリケーションを作っ...

世界的に人材不足とされるブロックチェーン界隈の開発者。そこで実際にアプリケーションを作ってイーサリアム(Ethereum)を学習するサイト「Zastrin」を紹介します。その特徴や提供されるコース、サポートする機能などを解説。
ブロックチェーンの価値とビジネスを考える上で重要な点とは?

ブロックチェーンの価値とビジネスを考える上で重要な点とは?

2018年12月18日に開催された「ブロックチェーン・ビジネスサミット ~Beyond PoC~」からHashHubの共同創業者である平野淳也氏のプレゼンテーションの内容を紹介。ブロックチェーンのビジネスを考える上で重要な点とは?
ブロックチェーンにおけるハードフォークの問題点とその必要性とは?

ブロックチェーンにおけるハードフォークの問題点とその必要性とは?

2018年11月に話題となったビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォーク。そもそもブロックチェーンのハードフォークはどのようにして起こるのか?そして知っておきたいその問題点と必要性について解説します。
国内を代表するプレーヤーが考えるブロックチェーンの価値、ビジネスへの適用方法とは?

国内を代表するプレーヤーが考えるブロックチェーンの価値、ビジネスへの適用方法とは...

2018年12月18日に開催された「ブロックチェーン・ビジネスサミット ~Beyond PoC~」のパネルディスカッションの内容を紹介。国内の業界を代表するプレイヤーたちが考えるブロックチェーン価値、そしてビジネスへの適用法とは?
2018年のブロックチェーンビジネスを振り返る~概念実証から実用フェーズへ

2018年のブロックチェーンビジネスを振り返る~概念実証から実用フェーズへ

12月18日に開催された「ブロックチェーン・ビジネスサミット ~Beyond PoC~」で行われた「2018年のブロックチェーンビジネスを振り返る」をテーマにしたトークセッションから、登壇者らによる業界の傾向などに関する見解を紹介します。
ブロックチェーン開発者、2018年の米国トップの新興職業に台頭

ブロックチェーン開発者、2018年の米国トップの新興職業に台頭

米ソーシャルメディア大手リンクトイン(Linkedin)が発表したレポートで、ブロックチェーン開発者の求人が2017年から33倍も急速に伸びていることが明らかになりました。開発者に求められるスキルや知識なども紹介します。
ブロックチェーンに期待高まるニュージーランド、経済成長に重大な影響

ブロックチェーンに期待高まるニュージーランド、経済成長に重大な影響

IT分野が輸出の第三の業界となるニュージーランドでは、ブロックチェーンにより今後さらなる成長が期待されている。キャラハン・イノベーションが発表した同国におけるブロックチェーンの可能性を調査したレポートを紹介。
Facebookの写真流出問題など最近の動向とブロックチェーンへの取り組み

Facebookの写真流出問題など最近の動向とブロックチェーンへの取り組み

Facebook社が最大で680万人の写真を流出した可能性があると問題になっている件について触れ、なぜ問題が起きてもユーザーがそこまで離れないのか、そこから見る最近の同社の動向、そしてブロックチェーンへの取り組みについて考察を行いました。
2019年はブロックチェーン革新と採用、トークン化された証券の年に

2019年はブロックチェーン革新と採用、トークン化された証券の年に

下落が続いた2018年の仮想通貨市場。多くの専門家が2019年には市場が回復すると予想しています。来年の仮想通貨市場は一体どうなるのか?またブロックチェーン業界は?専門家のさまざまな見解を紹介します。
ブロックチェーン in 東南アジア!各国のブロックチェーン事情を見てみよう

ブロックチェーン in 東南アジア!各国のブロックチェーン事情を見てみよう

ブロックチェーン関連の話題は欧米諸国や東アジアでの報道が多く見受けられるが、東南アジアにおいても注目されている。本稿では東南アジア各国(シンガポール,マレーシア,インドネシア,ベトナム,フィリピン)におけるブロックチェーン事情を紹介します。
ブロックチェーンに積極的な米バーモント州が政府機関主導の研究グループ設立

ブロックチェーンに積極的な米バーモント州が政府機関主導の研究グループ設立

アメリカのバーモント州司法長官が12月10日、州の政府機関で構成するブロックチェーンの研究グループを設立することを発表。同グループが取り組むテーマと、バーモント州のブロックチェーンに関する積極的な姿勢を紹介する。
ユニセフ(UNICEF)が6つのブロックチェーン・スタートアップ企業に10万ドル投資

ユニセフ(UNICEF)が6つのブロックチェーン・スタートアップ企業に10万ドル...

ユニセフが12月10日、ブロックチェーン関連のスタートアップ6社に合計10万ドル(約1,100万円)を投資することを発表した。今回投資を受けることになった6社のブロックチェーンを使った国際的な問題を解決する取り組みを紹介する。
ブロックチェーンゲームの流行に必要な3つの要素とは?

ブロックチェーンゲームの流行に必要な3つの要素とは?

2017年にリリースされたクリプトキティーズ(CryptoKitties)を皮切りに、さまざまなブロックチェーンを利用したゲームが登場しています。本コラムでは、ブロックチェーンゲームが流行るために必要な要素を考えていきます。

ブロックチェーンとは、分散型取引台帳と呼ばれています。
P2P(pear to pear)という第三者機関の存在なしにユーザー同士だけでシステムを管理できるシステムになっています。

ブロックチェーンと呼ばれている理由はというと、取引データの集まりであるブロックをチェーンのように結び付けているからです。このブロックチェーンのデータの中には、様々な取引が記録されています。そのブロックは、第三者機関によって承認されるのではなく、ユーザーがマイニングと呼ばれる承認活動を行うことによって承認されます。

その承認されたブロックは、その前に存在するブロックとチェーンのようにつながれるのです。 この一連の仕組みによって、すべての取引履歴はすべてのユーザに分散共有され、第三者機関に頼らずとも正当性が担保されます。そして、このブロックチェーンの技術によって仮想通貨が成立しているのです。

このブロックチェーンを用いるメリットとして大きく3つあります。1つは、データの改ざんが事実上不可能になることです。
これは、多くの人が同じデータを複数にコンピュータで管理しているため、ひとつのコンピュータが攻撃されても、他のコンピュータで改ざんをすぐに認知できるからです。

2つ目に、海外送金コストの削減があります。一般的に金融機関を通じて海外送金すると、莫大な手数料がかかってしまいます。
しかし、ネットの世界ではそのような国境は存在しないため、最小限の手数料に抑えることができます。

最後に、金融の中央集権化が防げることです。ユーザーが全員で管理しているため、誰か一人の恣意的な行動によってブロックチェーンをコントロールすることができないのです。以上のように、新しい枠組みとしてブロックチェーンは大変注目されているのです。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@





@coinchoice