• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • ブロックチェーン
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ポートフォリオ
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • コインチョイス編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • coincheck(コインチェック)
  • DeCurret(ディーカレット)
  • GMOコイン
  • bitbank(ビットバンク)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • Huobi(フォビ)
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • Liquid by Quoine
  • 仮想通貨取引所比較
  • PR
  • イベントまとめ

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、分散型取引台帳と呼ばれています。
P2P(pear to pear)という第三者機関の存在なしにユーザー同士だけでシステムを管理できるシステムになっています。

ブロックチェーンと呼ばれている理由はというと、取引データの集まりであるブロックをチェーンのように結び付けているからです。このブロックチェーンのデータの中には、様々な取引が記録されています。そのブロックは、第三者機関によって承認されるのではなく、ユーザーがマイニングと呼ばれる承認活動を行うことによって承認されます。

その承認されたブロックは、その前に存在するブロックとチェーンのようにつながれるのです。 この一連の仕組みによって、すべての取引履歴はすべてのユーザに分散共有され、第三者機関に頼らずとも正当性が担保されます。そして、このブロックチェーンの技術によって仮想通貨が成立しているのです。

このブロックチェーンを用いるメリットとして大きく3つあります。1つは、データの改ざんが事実上不可能になることです。
これは、多くの人が同じデータを複数にコンピュータで管理しているため、ひとつのコンピュータが攻撃されても、他のコンピュータで改ざんをすぐに認知できるからです。

2つ目に、海外送金コストの削減があります。一般的に金融機関を通じて海外送金すると、莫大な手数料がかかってしまいます。
しかし、ネットの世界ではそのような国境は存在しないため、最小限の手数料に抑えることができます。

最後に、金融の中央集権化が防げることです。ユーザーが全員で管理しているため、誰か一人の恣意的な行動によってブロックチェーンをコントロールすることができないのです。以上のように、新しい枠組みとしてブロックチェーンは大変注目されているのです。

ブロックチェーンの記事一覧
ブロックチェーンに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

NFTは何を表現するのか

NFTは何を表現するのか

2021年のブロックチェーン業界で最もホットなトピックと言っても過言ではないNFT。今回はそんなNFTについて、「NFTが何を表現できるものなのか」「FTとどう異なるのか」といった点について考えていきます。
ストリーミング市場に透明性をもららす「Audius」の仕組みとは?

ストリーミング市場に透明性をもららす「Audius」の仕組みとは?

分散型音楽配信のプロトコルであり、そのプロトコルを用いたアプリケーションの名称でもあるAudius。デイリーアクティブユーザーが約500万にもなる現在急成長中のAudiusの仕組みについて解説します。
カルダノ(エイダコイン)の概要とステーキング方法

カルダノ(エイダコイン)の概要とステーキング方法

イーサリアムと同様にスマートコントラクトを用いたアプリケーションを開発できるブロックチェーンプロジェクトのカルダノ(Cardano)。今回は、そんなカルダノの概要とステーキングの方法について紹介します。
音楽ストリーミング市場の課題を解決する「Audius」が急成長中

音楽ストリーミング市場の課題を解決する「Audius」が急成長中

従来の音楽ストリーミングサービスより透明性の高い報酬分配設計がされた分散型ストリーミングサービスの「Audius(オーディウス)」。今回はそんな「Audius」の特徴など概要を詳しく紹介していきます。
資本効率性の優れた様々な仕組みを模索するDeFiプロジェクトの動向

資本効率性の優れた様々な仕組みを模索するDeFiプロジェクトの動向

最近のDeFi(分散型金融)での重要な動向として、資本効率性を追求していることがAMM型分散型取引所だけではなく、さまざまな場面でも見られています。今回は、そんなDeFiの重要なトレンドを紹介します。
コスモス(Cosmos)がロードマップ2.0で描くインターオペラビリティの先とは

コスモス(Cosmos)がロードマップ2.0で描くインターオペラビリティの先とは...

コスモス(COSMOS)は、開発者が独自ブロックチェーンを開発することができ、他のブロックチェーンとの接続可能を目指したプロジェクトです。そんなコスモスが今後どのような戦略を描いているのか解説します。
DeFi(分散型金融)の重要なトレンド 資本効率性の高いAMM型分散型取引所の模索

DeFi(分散型金融)の重要なトレンド 資本効率性の高いAMM型分散型取引所の模...

DeFi(分散型金融)のエコシステムは早い速度で発展しています。現在のDeFiの主要なトレンドの1つは資本効率性の高いAMM型分散型取引所の模索です。ユニスワップ(Uniswap)の例を挙げ、具体的に紹介していきます。
DeFi(分散型金融)の流出事件は今後も増加し、規制当局の関心高まる

DeFi(分散型金融)の流出事件は今後も増加し、規制当局の関心高まる

スマートコントラクトのバグやフラッシュローンの攻撃による資金流出が相次いでいるDeFi(分散型金融)。考えらえる要因とともに、最近増加傾向にあるDeFiの新規ユーザーが気をつけることなどもあわせて紹介します。
2021年上半期にDeFi(分散型金融)はどれだけ成長したか

2021年上半期にDeFi(分散型金融)はどれだけ成長したか

DeFi(分散型金融)は2021年上半期にどれほど成長したのでしょうか?DeFiの成長指標として頻繁に用いられるプラットフォームにロックされているアセットの時価総額を示す「TVL」などの数値で紹介します。
ブロックチェーンでワインの価格は下がるのか?

ブロックチェーンでワインの価格は下がるのか?

サプライチェーン領域においてブロックチェーン技術がどのような変革を起こしているのかについて、ワインを例に挙げて考えていきます。ブロックチェーンの活用でさらににワインの価格は下がるのでしょうか?
今さら聞けない「DAO(自律分散組織)」とは?

今さら聞けない「DAO(自律分散組織)」とは?

ブロックチェーンコミュニティ上では浸透しているDAO(自律分散組織)という概念について解説します。代表的なプロジェクト例を挙げその特徴を踏まえ、そもそもDAOとは何なのかを株式会社と比較して紹介します。
Mina(ミナ)プロトコルの概要とステーキングの方法

Mina(ミナ)プロトコルの概要とステーキングの方法

世界最軽量と謳われておりzk-SNARKという暗号技術を利用しているブロックチェーンのミナ(Mina)。そんなMinaの概要の解説とともに、Stakefishにデリゲートする形でのステーキング方法を紹介します。
Polkadot(ポルカドット)とKusama(クサマ)のパラチェーンオークションとは?

Polkadot(ポルカドット)とKusama(クサマ)のパラチェーンオークショ...

このほど、Kusama(クサマ)のパラチェーンオークションの実施が発表されました。パラチェーンとは何かというところから、2021年後半の重要なトピックとなりうるパラチェーンオークションがどのように行われるかなどその概要を紹介します。
【はじめての分散型取引所】ゼロから始める流動性提供(Pancake Swap編)

【はじめての分散型取引所】ゼロから始める流動性提供(Pancake Swap編)...

「分散型金融(DeFi)」という言葉は知っているものの、よく分からないから怖いという人もいるのではないでしょうか。今回は、「パンケーキ・スワップ(Pancake Swap)」を使って「流動性提供」と「ファーミング」の基本的な説明と使い方を解説します。
DeFi(分散型金融)利用者なら知っておきたい「MEV」とは?

DeFi(分散型金融)利用者なら知っておきたい「MEV」とは?

ここ数年で大きく成長してきた分野の1つとしてDeFi(分散型金融)があります。マネーレゴを基本に構成された一連のエコシステムは、その成長ととも複雑化してきています。今回はその一つである「MEV」について解説します。
「Decentralized Web」という新しい概念と関連プロジェクト

「Decentralized Web」という新しい概念と関連プロジェクト

「非中央集権型のWeb」を意味する「Decentralized Web」。このdWebと類似した概念のWeb3.0の違いを解説し、dWebの背後にある問題意識、主要なプロジェクトについて紹介します。
初のRollupのレイヤー2「Arbitrum One」がローンチ

初のRollupのレイヤー2「Arbitrum One」がローンチ

長い研究開発期間を経て徐々に実を結びつつあるレイヤー2。2021年5月29日にローンチした、Rollupと呼ばれる種類のレイヤー2の「アービトラム(Arbitrum)」について、その概要などを紹介します。
NFT販売によりアーティストの収益機会は増えるのか?2次販売とロイヤリティ支払いの現状

NFT販売によりアーティストの収益機会は増えるのか?2次販売とロイヤリティ支払い...

2021年に入り大きな注目を集めるようになったNFT(非代替性トークン)。この流れを受けGMOやメルカリなどもNFTプラットフォームへの参加を表明しています。そんなNFTの作成者や権利者に対するロイヤリティの現状について解説します。
日本円のステーブルコインJPYCとは?仕組みと概要を解説

日本円のステーブルコインJPYCとは?仕組みと概要を解説

日本円のステーブルコインであるJPYCとその使い方を紹介します。1JPYCが1円を上回ったり下回ったりした際に、1円に近づけるような仕組みがどのように機能しているかといった概要と、Amazonでの使い方も紹介します。
2021年の資金調達手法トレンド「IDO(Initial DEX Offering)」とは?

2021年の資金調達手法トレンド「IDO(Initial DEX Offerin...

2021年に入り急速に件数が増えている資金調達方法のIDO(イニシャル・DEX ・オファリング)。ICO(イニシャル・コイン・オファリング)などこれまでの資金調達方法を紹介しながら、IDOについて解説していきます。
マルチチェーンの時代を制するxDAIのステーキング方法

マルチチェーンの時代を制するxDAIのステーキング方法

イーサリアムベースのサイドチェーンとそのチェーン上のステーブルコインを指すxDAI。イーサリアム上のDAIよりも早く安く送金できるステーブルコインxDaiのstakefishを使ったステーキング方法を紹介します。
トップF1チームのレッドブル・ホンダがテゾスと提携

トップF1チームのレッドブル・ホンダがテゾスと提携

F1チームのレッドブル・レーシング・ホンダが5月20日、テゾス(Tezos)とのパートナーシップの締結を発表した。各関係者の同パートナーシップに対するコメントと共に、最近のNFTの動向をあわせて紹介します。
ソラナ(Solana)上の注目DEX、オルカ(Orca)の使い方を解説

ソラナ(Solana)上の注目DEX、オルカ(Orca)の使い方を解説

ソラナ(Solana)上の分散型取引所オルカ(Orca)について紹介します。デザインと機能面でユーザーにとって使いやすい仕様になっているオルカ(Orca)の特徴をふまえ、初心者の方でも理解できるよう使いかたを解説します。
エンタープライズブロックチェーン基盤の比較

エンタープライズブロックチェーン基盤の比較

ブロックチェーンと言えばビットコインが連想されがちですが、今回は企業による活用に注目します。エンタープライズ向けのブロックチェーンの種類と概要、さまざまな企業によるブロックチェーンの具体的な活用事例を紹介します。
急拡大するNFT×スポーツの世界

急拡大するNFT×スポーツの世界

バブルに突入したと言っても過言ではないNFT市場。そのなかでも注目される分野のひとつNFT×スポーツ。その先駆者的存在である「NBA Top Shot」の概要から、NFTがスポーツ業界で盛り上がる理由などについて紹介します。
新しいパブリックブロックチェーンやサイドチェーンが続々とEVM互換にする理由

新しいパブリックブロックチェーンやサイドチェーンが続々とEVM互換にする理由

多くのパブリックブロックチェーンが、イーサリアム(Ethereum)のバーチャルマシンであるEVM互換にシフトしています。EVMの基本的な概要から、EVM互換にすることによって得られるメリットまでを解説していきます。
1億円以上のデジタルアートが生まれたプロジェクト「Hashmasks」とは

1億円以上のデジタルアートが生まれたプロジェクト「Hashmasks」とは

2021年1月にスタートしたデジタルーアートのプロジェクト「Hashmasks」は、16,384個の似顔絵アートで、イーサリアム上でやり取りされるNFTです。1億円以上の価格でやりとりされるもの出ている同プロジェクトについて紹介します。
注目度が上がる新たなデジタル資産「NFT」とは!?

注目度が上がる新たなデジタル資産「NFT」とは!?

盛り上がりを見せる代替不可能なトークン(NFT)。アート業界を筆頭に、音楽やNABなどのスポーツ業界など、多種多様な業界でNFTに対する関心の高まりが見られます。そんなNFTの基本的な概要について解説します。
フロー所得!?ゲームやエンタメ・NFTで注目FLOWのステーキング方法

フロー所得!?ゲームやエンタメ・NFTで注目FLOWのステーキング方法

非代替性トークン(NFT)が大きな話題となっています。その火付け役となっているダッパーラボ(Dapper Lab)ブロックチェーンのフロー(Flow)のトークンをステーキングする方法について紹介します。
データで見るDeFi(分散型金融)、3月-4月の現状は?

データで見るDeFi(分散型金融)、3月-4月の現状は?

DeFi(分散型金融)の現状をデータで俯瞰します。2021年3月-4月上旬にかけてのDeFiの現状を数値で把握し、その規模感や成長スピードを理解を手助けする「TVL」などさまざまなデータをご紹介します。
ソラナ(SOL)のステーキングに参加する方法【stakefish編】

ソラナ(SOL)のステーキングに参加する方法【stakefish編】

保有する暗号資産をトレードせずに増やす方法の1つとしてステーキングがあります。今回は、ステーキング可能なブロックチェーンのソラナ(Solana)を例に、ステーキングサービスのStakefishを使ったステーキングの方法を紹介します。
ビットコインなど新しいパラダイムシフトに向き合うための「共同主観的事実の共有」

ビットコインなど新しいパラダイムシフトに向き合うための「共同主観的事実の共有」

最初はビットコイン(BTC)も虚構であり、共同幻想によって価値を獲得しつつあると考えるHashHubの平野氏。仮想通貨やパブリックブロックチェーンのような新しい概念と向き合うために重要な「共同主観的事実の共有」という概念について紹介します。
「給付金」とも例えられる暗号資産のエアドロップブームとは?

「給付金」とも例えられる暗号資産のエアドロップブームとは?

イーサリアム(Ethereum)上のDeFiプロトコルをはじめとしたプロジェクトによる暗号資産(トークン)のエアドロップの現状やその背景について紹介します。プロジェクトはどういった狙いでエアドロップを行うのでしょうか?
エンジンコイン(ENJ)が推進するイーサリアムのトークン規格ERC-1155とは?

エンジンコイン(ENJ)が推進するイーサリアムのトークン規格ERC-1155とは...

エンジンコイン(Enjin Coin)の開発チームによる独自のトークン規格「ERC-1155」。この「ERC-1155」の概要の説明から、具体的な利用例、金融分野にも拡大される例など、紹介していきます。
日本発のレイヤー2のNFTマーケットプレイス「nanakusa」がローンチ

日本発のレイヤー2のNFTマーケットプレイス「nanakusa」がローンチ

ウォレットサービス「GO Wallet」などを展開する株式会社スマートアプリが、NFTマーケットプレイス「nanakusa」のサービスリリースを発表。「nanakusa」はどのようなサービスなのか、その特徴などを紹介します。
ステーキングするなら知っておきたい!バリデータの選び方

ステーキングするなら知っておきたい!バリデータの選び方

ステーキングをするか検討している人の中で、どのようにしてバリデータを選べばいいのか分からないという方もいるのではないでしょうか。そんな方のために、さまざまな種類のバリデータの概要とそれぞれの特徴を紹介します。
Stargate:コスモスのインターオペラビリティ実現に向けた重要なアップグレード

Stargate:コスモスのインターオペラビリティ実現に向けた重要なアップグレー...

そのビジョンが「インターネット・オブ・ブロックチェーン」と表現される暗号資産コスモス(COSMOS)。そのコスモスアップグレード「スターゲート(Stargate)」がコミュニティーにどのおうな影響を与えるのかなど紹介します。
分散型金融(DeFi)で注目が集まるRaydiumとは?

分散型金融(DeFi)で注目が集まるRaydiumとは?

ソラナ(Solana)ブロックチェーン上に構築され、今注目を集めている分散型取引所(DEX)のレイディウム(Raydium)。従来のDeFiが抱える問題とRaydiumが提案する解決策について解説します。
DeFi(分散型金融)のガバナンストークンはファンダメンタルズ分析できる

DeFi(分散型金融)のガバナンストークンはファンダメンタルズ分析できる

DeFi(分散型金融)のガバナンストークンの価格が高騰しています。マーケットがDeFiの可能性に注目して、トークン価格も値上がりしている格好です。ガバナンストークンのファンダメンタルズ分析について紹介します。
Polkadot(DOT)のステーキング方法の解説

Polkadot(DOT)のステーキング方法の解説

Polkadot(DOT)のトークン保有者は所定の手続きをしステーキングすることで利子のようにDOTを増やすことができます。今回はstakefish(ステークフィッシュ)を使ったDOTのステーキング方法を解説します。
なぜPolkadotは注目されているか?基本的なコンセプトを解説

なぜPolkadotは注目されているか?基本的なコンセプトを解説

今最も注目されている新興ブロックチェーンと言っても過言ではないポルカドット(Polkadot)。「ブロックチェーンのインターネット」とも表現されるPolkadotの基本的なコンセプトについて解説します。
32イーサリアム(ETH)以下でもステーキングできる!Lido(リド)の概要

32イーサリアム(ETH)以下でもステーキングできる!Lido(リド)の概要

2020年にイーサリアムのステーキングができるようになって以来、さまざまなステーキングサービスが話題になりつつあります。今回はステーキングに興味があるものの、32ETH以下でも試してみたいという人のためのサービスを紹介します。
Binace Smart Chainの主要なプロジェクトを厳選して紹介

Binace Smart Chainの主要なプロジェクトを厳選して紹介

2020年9月に世界最大の取引所バイナンスによる新しいブロックチェーン「Binance Smart Chain」がローンチしました。そんなBinance Smart Chainの主要なDeFi(分散型金融)プロジェクトについて解説します。
仮想通貨BATを発行するブラウザBRAVE、1日のアクティブユーザーが800万人を突破

仮想通貨BATを発行するブラウザBRAVE、1日のアクティブユーザーが800万人...

仮想通貨BATを発行しているインターネットブラウザのブレイブ(BRAVE)が2月2日、1日あたりのアクティブユーザーが800万人を超えたことを発表。広告収益も28倍に増加したという。ブレイブのシステムも合わせて紹介する。
CBDCのパブリックテストが加速、企業サービスも登場

CBDCのパブリックテストが加速、企業サービスも登場

中国では2020年にその実験が開始された中央銀行が発行するデジタル通貨(CBDC)。2021年にはパブリックテストが加速し、CBDCを前提にした企業サービスの登場など今年のトレンドを予想して紹介します。
stakefishでATOM(COSMOS)をステーキングする方法を解説

stakefishでATOM(COSMOS)をステーキングする方法を解説

トークンを保有しているユーザーが報酬を獲得することができるPoS(プルーフ・オブ・ステーク)。ステーキングサービスのstakefishを使ってPoSの暗号資産の一つであるATOM(COSMOS)をステーキングする方法を紹介します。
国際決済銀行(BIS)がCBDCテストの新たなプラットフォームをローンチへ

国際決済銀行(BIS)がCBDCテストの新たなプラットフォームをローンチへ

国際決済銀行(BIS)がこのほど、中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関するプラットフォームをローンチすることを発表しました。今回の発表の詳細やBISイノベーションハブの責任者のコメントなどを紹介します。
米保険企業USAAとステートファーム、保険の処理にブロックチェーン活用へ

米保険企業USAAとステートファーム、保険の処理にブロックチェーン活用へ

アメリカの保険会社であるUSAAとステートファーム(State Farm)がこのほど、2社間の保険処理をブロックチェーン技術を活用し自動化することを発表した。これまで手作業で行われていたプロセスが改善されるという発表の内容を紹介する。
ブロックチェーン推進団体がBMWやフォードと提携、中古車やメンテナンスに活用

ブロックチェーン推進団体がBMWやフォードと提携、中古車やメンテナンスに活用

非営利団体であるモビリティオープンブロックチェーンイニシアチブ(MOBI)がこのほど、BMWやフォードなど大手自動車メーカーと協力し、車両登録などにブロックチェーンを活用することを発表した。内容を紹介します。
イーサリアム 2.0の分散性の重要性と、なぜその可視化が必要なのか

イーサリアム 2.0の分散性の重要性と、なぜその可視化が必要なのか

最初の段階として2020年12月にビーコンチェーンが公開されたイーサリアム 2.0。イーサリアム 2.0の分散性はなぜ重要なのか?そして分散していることが可視化されることの必要について考察し、解説します。

ブロックチェーンとは、分散型取引台帳と呼ばれています。
P2P(pear to pear)という第三者機関の存在なしにユーザー同士だけでシステムを管理できるシステムになっています。

ブロックチェーンと呼ばれている理由はというと、取引データの集まりであるブロックをチェーンのように結び付けているからです。このブロックチェーンのデータの中には、様々な取引が記録されています。そのブロックは、第三者機関によって承認されるのではなく、ユーザーがマイニングと呼ばれる承認活動を行うことによって承認されます。

その承認されたブロックは、その前に存在するブロックとチェーンのようにつながれるのです。 この一連の仕組みによって、すべての取引履歴はすべてのユーザに分散共有され、第三者機関に頼らずとも正当性が担保されます。そして、このブロックチェーンの技術によって仮想通貨が成立しているのです。

このブロックチェーンを用いるメリットとして大きく3つあります。1つは、データの改ざんが事実上不可能になることです。
これは、多くの人が同じデータを複数にコンピュータで管理しているため、ひとつのコンピュータが攻撃されても、他のコンピュータで改ざんをすぐに認知できるからです。

2つ目に、海外送金コストの削減があります。一般的に金融機関を通じて海外送金すると、莫大な手数料がかかってしまいます。
しかし、ネットの世界ではそのような国境は存在しないため、最小限の手数料に抑えることができます。

最後に、金融の中央集権化が防げることです。ユーザーが全員で管理しているため、誰か一人の恣意的な行動によってブロックチェーンをコントロールすることができないのです。以上のように、新しい枠組みとしてブロックチェーンは大変注目されているのです。

人気のインタビュー記事

最新記事