• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、分散型取引台帳と呼ばれています。
P2P(pear to pear)という第三者機関の存在なしにユーザー同士だけでシステムを管理できるシステムになっています。

ブロックチェーンと呼ばれている理由はというと、取引データの集まりであるブロックをチェーンのように結び付けているからです。このブロックチェーンのデータの中には、様々な取引が記録されています。そのブロックは、第三者機関によって承認されるのではなく、ユーザーがマイニングと呼ばれる承認活動を行うことによって承認されます。

その承認されたブロックは、その前に存在するブロックとチェーンのようにつながれるのです。 この一連の仕組みによって、すべての取引履歴はすべてのユーザに分散共有され、第三者機関に頼らずとも正当性が担保されます。そして、このブロックチェーンの技術によって仮想通貨が成立しているのです。

このブロックチェーンを用いるメリットとして大きく3つあります。1つは、データの改ざんが事実上不可能になることです。
これは、多くの人が同じデータを複数にコンピュータで管理しているため、ひとつのコンピュータが攻撃されても、他のコンピュータで改ざんをすぐに認知できるからです。

2つ目に、海外送金コストの削減があります。一般的に金融機関を通じて海外送金すると、莫大な手数料がかかってしまいます。
しかし、ネットの世界ではそのような国境は存在しないため、最小限の手数料に抑えることができます。

最後に、金融の中央集権化が防げることです。ユーザーが全員で管理しているため、誰か一人の恣意的な行動によってブロックチェーンをコントロールすることができないのです。以上のように、新しい枠組みとしてブロックチェーンは大変注目されているのです。

ブロックチェーンの記事一覧
ブロックチェーンに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

DeFi(分散型金融)の現在地、将来どのように企業活動や既存金融と結びつくのか

DeFi(分散型金融)の現在地、将来どのように企業活動や既存金融と結びつくのか

イーサリアムの最も主要なユースケースになりつつあるDeFi(分散型金融)。オープンソースの金融プロトコルが関連し合いサービスを構築できることが特徴のDeFiの現在地と、将来における金融との関わりについて紹介します。
DeFiレンディングが組み込まれたプロダクトのユーザーエクスペリエンスとは?

DeFiレンディングが組み込まれたプロダクトのユーザーエクスペリエンスとは?

暗号通貨をデポジットして使えるデビットカードが多数リリースされています。アメリカやヨーロッパで利用できるものが多く、暗号通貨決済に対応していなくてもカードさえ使えれば決済可能です。今回は、さまざまなカードについて紹介します。

ブロックチェーンで強化される食のトレーサビリティ

サプライチェーンへの活用が期待されるブロックチェーンだが、食品業界でも大きな期待があるとされる。食の安全性や情報の透明性を改善すべく、ブロックチェーンのトレーサビリティ能力がどのように期待されているのだろうか。
ブロックチェーンを巡るパブリックブ・コンソーシアム論争の無意味さと向き合い方について

ブロックチェーンを巡るパブリックブ・コンソーシアム論争の無意味さと向き合い方につ...

最近では企業でのユースケースも確立がも進んでいるブロックチェーン。しかし、暗号通貨と支持者のなかには企業の活用について批判的な人も多いです。そこでブロックチェーンを巡るパブリックブ・コンソーシアム論争について考えます。
金融領域で広まるテゾス(Tezos)の利用、世界中の証券トークン業者が続々と統合

金融領域で広まるテゾス(Tezos)の利用、世界中の証券トークン業者が続々と統合...

Tezosの特徴の1つとしてあげられる、金融分野での利用。最近では証券トークン関連の事業者間でTezosのブロックチェーンの統合が進んでいます。そこで、実際の企業の例をまじえながら、その背景について紹介していきます。
テゾス(Tezos)上の最初のDeFiアプリケーション「StakerDAO」とは?

テゾス(Tezos)上の最初のDeFiアプリケーション「StakerDAO」とは...

スマートコントラクトで執行される金融機能および金融サービスの総称であるDeFi。イーサリアム(Ethereum)上で構築されていましたが、Tezos上でも初のDeFiアプリケーションが発表。その「StakerDAO」について紹介します。
Tezos上で行われるレイヤー2の研究開発、Plasmaから着想を受けるMarigold

Tezos上で行われるレイヤー2の研究開発、Plasmaから着想を受けるMari...

テゾス(Tezos)上のレイヤー2技術としてマリーゴールド(Marigold)があります。プラズマ(Plasma)の着想を得たとされるこのマリーゴールドの特徴と、新しいスマートコントラクト言語について紹介します。
パクソストラストがブロックチェーンを使った証券取引システムを発表

パクソストラストがブロックチェーンを使った証券取引システムを発表

パクソススタンダードトークン(PAX)を発行するパクソス・トラスト・カンパニー(Paxos Trust Company)がブロックチェーンを活用した証券取引システムを発表した。同社CEOのコメントなどもあわせて紹介する。
暗号通貨・ブロックチェーンの研究開発からプロダクションまでの時間軸

暗号通貨・ブロックチェーンの研究開発からプロダクションまでの時間軸

暗号通貨・ブロックチェーンの研究開発から製品となりローンチするまでどのような時間軸が必要となるのでしょうか?また、投資判断にも役立つと考えられるこの時間軸への理解をプロジェクトの例をふまえて紹介します。
盛り上がりを見せるブロックチェーンゲーム、NFTは投資対象になるか?

盛り上がりを見せるブロックチェーンゲーム、NFTは投資対象になるか?

今ではその数が増加してきたブロックチェーンゲーム。NFTとして表現されるゲーム内のアセットのなかには、100万円以上で取引されるものも珍しくありません。そこで、ブロックチェーンゲームにおけるNFTは投資対象になるか考察します。
STO事業を展開するスタンダードキャピタルがブロックチェーン企業のLuxTagとパートナーシップ締結

STO事業を展開するスタンダードキャピタルがブロックチェーン企業のLuxTagと...

STO事業を展開するスタンダードキャピタルがブロックチェーン企業のLuxTagとパートナーシップ締結を発表。安全なSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)市場の構築をはじめ、各国における金融のデジタル化への対応を支援する。
2020年に投資対象として注目できるかもしれないトークンKNCとは?

2020年に投資対象として注目できるかもしれないトークンKNCとは?

取引ボリュームが伸びているカイバーネットワーク(Kyber Network)。そんなカイバーネットワークの特徴を説明するとともに、独自トークンであるKNCの特徴と関係するさまざまなデータをあわせて紹介していきます。
投資家視点でのテゾス(XTZ)を考える、新興スマートコントラクトプラットフォームのトークン

投資家視点でのテゾス(XTZ)を考える、新興スマートコントラクトプラットフォーム...

新興スマートコントラクトブロックチェーンのテゾス(Tezos)のネイティブトークンであるXTZについて、投資家の視点から考えていきます。ビットコイン(BTC)との関係やステーキングについて紹介します。
ゲーム以外のNFTビジネス、会員権としてブロックチェーン上のトークンを応用する事例

ゲーム以外のNFTビジネス、会員権としてブロックチェーン上のトークンを応用する事...

ユニークな値を与えられることからゲーム領域で頻繁に利用されるNFT(ノンファンジブル・トークン)。日本では比較的ビジネスを立ち上げやすい状況にあるNFTに関して、ゲーム以外の分野の応用例を紹介します。
Tezosのコンセンサスアルゴリズム、LPoSの仕組みとは?

Tezosのコンセンサスアルゴリズム、LPoSの仕組みとは?

テゾス(Tezos)には形式検証を使った安全なスマートコントラクトの他にも、ステーキングができるという特徴があります。今回はそのテゾスのコンセンサスアルゴリズムに関して、ブロック生成の仕組みなどを紹介します。
増加する0xのDEXの取引ボリューム、ZRXのトークン設計変更の影響に引続き期待

増加する0xのDEXの取引ボリューム、ZRXのトークン設計変更の影響に期待

DeFi(分散型金融)のエコシステムの中でも最も古いプロジェクトのうちの1つであるゼロエックス(0x)。開発者は簡単にノンカストディの分散型取引所(DEX)を構築できます。2020年も引き続き0xに注目すべき理由を紹介します。
テゾス(Tezos)の利用事例、金融領域と相性が良いのか?

テゾス(Tezos)の利用事例、金融領域と相性が良いのか?

スマートコントラクトが実行でき、形式検証を行うことができるためその安全性が高いブロックチェーンプラットフォームのテゾス(Tezos)。そんなテゾスは実際にどのように活用されているのかを紹介していきます。
ブロックチェーンのノード運用の困難さと意味すること

ブロックチェーンのノード運用の困難さと意味すること

ビットコインとイーサリアムではブロックチェーンのノードを運用する難しさは異なります。さまざまなブロックチェーンのノード運用の難易度のランキングとともに、ノード運用の困難さが意味することについて考察します。
どのような分散型金融(DeFi)プロトコルを使うべきか?「DeFi Score」による評価

どのような分散型金融(DeFi)プロトコルを使うべきか?「DeFi Score」...

DeFi(分散型金融)の分野にはさまざまなプロトコルが存在しています。しかし、どのツールのリスクが高いかなど分かりにくい状態にあります。そこでDeFiプロトコルの信用度をスコアリングするプロジェクト「DeFi Score」を紹介します。
新興のスマートコントラクトブロックチェーンIOSTとは?分散性とトランザクション性能を重視

新興のスマートコントラクトブロックチェーンIOSTとは?分散性とトランザクション...

新興のスマートコントラクトブロックチェーンIOSTの概要について紹介します。トランザクション性能と分散性の両立を目指すIOSTのコンセンサスアルゴリズムや開発が進められているアプリケーションなども解説します。
なぜEYはパブリックブロックチェーン上でのトランザクション秘匿化にこだわるのか?

なぜEYはパブリックブロックチェーン上でのトランザクション秘匿化にこだわるのか?...

4大会計事務所の1つアーンスト・アンド・ヤング(Ernst & Young)はイーサリアム(Ethereum)のブロックチェーン上のトランザクションを秘匿化を公開。なぜ同社はトランザクションの秘匿化にこだわるのでしょうか?
DeFi(分散型金融)の周辺で立ち上がるビジネスレイヤーとポータルサイトとは

DeFi(分散型金融)の周辺で立ち上がるビジネスレイヤーとポータルサイトとは

これまでDeFi(分散型金融)の領域で盛り上げりを見せてきたのはメイカーダオ(MakerDAO)などのプロトコルレイヤーでした。今回は最近になって資金が流れ始めたアプリケーションレイヤーについて紹介していきます。
HTCが目指すブロックチェーンスマートフォンの未来、プライバシーを重視

HTCが目指すブロックチェーンスマートフォンの未来、プライバシーを重視

ブロックチェーンスマートフォンを開発していることでも知られているHTC。同社が開発するブロックチェーンスマートフォンの価値とは?またHTCが目指しているブロックチェーンスマートフォンの未来について紹介します。
新しいスマートコントラクトブロックチェーンTezosとは?仕組みや特徴など

新しいスマートコントラクトブロックチェーンTezosとは?仕組みや特徴など

新しいスマートコントラクトブロックチェーンであるテゾス(Tezos:XTZ) について連載形式で紹介します。第一回目となる今回は、テゾスの仕組みから自律的なアップデートなどを含む3つの特徴まで詳しく説明していきます。
パリティとイーサリアムコミュニティの衝突、競争で揺れるブロックチェーンコミュニティ

パリティとイーサリアムコミュニティの衝突、競争で揺れるブロックチェーンコミュニテ...

パリティ・テクノロジーズ(Parity Technologies)の関係者とイーサリアム(Ethereum)コミュニティの関係が複雑になっています。パリティとイーサリアムコミュニティの関係が悪化した原因と背景、今後の動きなどを紹介します。
アジアの業界人による2020年の暗号通貨・ブロックチェーンの動向予想

アジアの業界人による2020年の暗号通貨・ブロックチェーンの動向予想

2020年におけるブロックチェーン・仮想通貨業界はどのような動きをみせるのか?アジアの業界人らによる今年の予想や見解を紹介します。業界人が注目するのは中国の動向のほかどのような事象があるのでしょうか?
2020年に期待される3つの仮想通貨エコシステム

2020年に期待される3つの仮想通貨エコシステム

仮想通貨の世界は2020年にどうなるか?期待されている、次世代取引所と言われる分散型取引所(DEX)と分散型自律組織(DAO)、分散型金融(DeFi)について各分野におけるそれぞれのトレンドなどを紹介します。
Forbesがロックチェーンを利用した会員システムを採用、その仕組みは?

Forbesがブロックチェーンを利用した会員システムを採用、その仕組みは?

アメリカの経済誌ォーブス(Forbes)がブロックチェーンを利用した会員システムの仕組みを採用することを発表しました。イーサリアム(Ethereum)上で発行される7日と30日という2種類の会員権トークンなどその特徴を紹介します。
日本国内におけるセキュリティトークンの法的取り扱い、主要な事業者は?

日本国内におけるセキュリティトークンの法的取り扱い、主要な事業者は?

既存の金融商品のトーン化を指すセキュリティトークン。日本では、2020年施行の金商法改正法案で適用対象となるトークンの範囲について明確化されます。そこで、国内のセキュリティトークンに取り組む主要な事業者を紹介します。
金融領域でのブロックチェーンの活用について主要な領域5つ紹介

金融領域でのブロックチェーンの活用について主要な領域5つ紹介

ブロックチェーンはさまざまな分野に適用できる技術ですが、最も期待される分野の1つに金融というジャンルがあります。そこで、金融領域で特に事例が豊富な5つの分野におけるブロックチェーンの活用方法を紹介します。
オントロジー(Ontology)上で構築される分散型データ取引所(DDXF)の仕組み

オントロジー(Ontology)上で構築される分散型データ取引所(DDXF)の仕...

スマートコントラクトを実行できるパブリックブロックチェーンのオントロジー(Ontology)。今回はオントロジーのデータ交換プラットフォームである「DDFX」に関して、その概要やユーザーがデータを販売する仕組みについて紹介します。
サプライチェーンファイナンス領域でのブロックチェーンの活用の可能性とは?

サプライチェーンファイナンス領域でのブロックチェーンの活用の可能性とは?

ブロックチェーンとサプライチェーンファイナンスは相性がよく、適用により情報とお金に関する透明性と追跡性を高めることが期待されています。サプライチェーンファイナンスとは?そして、ブロックチェーンがどのように変えるのかを紹介します。
COSMOS SDKで独自ブロックチェーンを作る代表的なプロジェクトとは?

COSMOS SDKで独自ブロックチェーンを作る代表的なプロジェクトとは?

独自ブロックチェーンを構築できるフレームワークのコスモスSDK(COSMOS SDK)。さまざまなプロジェクトがこのCOSMOS SDK)を活用してブロックチェーンを開発しています。そこで代表的なプロジェクトを紹介します。
イーサリアムから離れるプロジェクトも?独自ブロックチェーン開発という新しいトレンド

イーサリアムから離れるプロジェクトも?独自ブロックチェーン開発という新しいトレン...

これまで多くのブロックチェーンのアプリケーションはーサリアムやイオスなど既存のブロックチェーン上で開発されることが一般的でした。しかし、最近になって独自ブロックチェーンを開発するという新しいトレンドが出てきています。
習近平の発言により加速する中国民間事業者でのブロックチェーン活用

習近平の発言により加速する中国民間事業者でのブロックチェーン活用

2019年11月に中国から中央銀行発行のデジタル通貨などブロックチェーン業界に関するさまざまなニュースが発表されました。そんな中で、民間企業のブロックチェーン活用が加速しています。さまざまな事例を紹介します。
オントロジー(Ontology)の分散型情報管理ONT IDの仕組みとメリット

オントロジー(Ontology)の分散型情報管理ONT IDの仕組みとメリット

スマートコントラクトを実行できるパブリックブロックチェーンであるオントロジー(Ontology)の特徴の1つであるIDのフレームワーク「ONT ID」がどのような仕組みで、どのような問題は解決するのかを紹介します。
セキュリティトークン用のブロックチェーンをPolymathが開発中

セキュリティトークン用のブロックチェーンをPolymathが開発中

セキュリティトークンに関連するプロジェクトのポリーマス(Polymath)が、セキュリティトークン用のブロックチェーンである「Polymesh(ポリメッシュ)」を開発中であると発表。詳細を紹介します。
仮想通貨とスポーツの深い関係、ブロックチェー技術を活用するゲームなど

仮想通貨とスポーツの深い関係、ブロックチェーン技術を活用するゲームなど

スポーツと仮想通貨・ブロックチェーンとの関わりが深まっています。プロスポーツチームや選手、協会などはブロックチェーンを活用し、新しい市場開拓の機会を生み出そうとしており、スポーツ×ブロックチェーンのさまざまな例を紹介します。
国内企業Chaintopeが開発する独自ブロックチェーン「Tapyrus」とは?

国内企業Chaintopeが開発する独自ブロックチェーン「Tapyrus」とは?...

Chaintope(チェーントープ)は国内初のパブリックブロックチェーンとして、Tapyrus(タピルス)をオープンソースで提供を開始しました。PoAで実装されたこのブロックチェーンの特徴などを紹介します。
イーサリアム企業連合(EAA)がデジタル商工会議所と戦略的パートナーシップを提携

イーサリアム企業連合(EAA)がデジタル商工会議所と戦略的パートナーシップを提携...

イーサリアム企業連合(EEA)がブロックチェーン業界団体であるデジタル商工会議所(Chamber of Digital Commerce)と戦略的パートナーシップを結んだことを発表。業界の支援やトークン周りの取り組みを強化する。
市場規模拡大が期待されるブロックチェーンゲームの動向:ミートアップレポート

市場規模拡大が期待されるブロックチェーンゲームの動向:ミートアップレポート

12月9日に東京・銀座にて行われた「ブロックチェーンゲームミートアップ#2」にて、現在のブロックチェーンゲーム市場や新作に関する情報などを得ることができた。その中でも、日本国内における講演を行った2名の内容をレポートしよう。
インターオペラビリティの実現はいつ頃?COSMOSのIBCの開発状況について

インターオペラビリティの実現はいつ頃?COSMOSのIBCの開発状況について

「インターネットオブブロックチェーン」と表現されるビジョンを掲げるコスモス(COSMOS)。独自ブロックチェーンと他のブロックチェーンを接続するIBC(Inter-Blockchain Communication)の開発状況について紹介します。
韓国版Libra?韓国大企業による新しいブロックチェーンのクレイトン(Klaytn)とは?

韓国版Libra?韓国大企業による新しいブロックチェーンのクレイトン(Klayt...

韓国版Libraとも言われることがある、韓国のインターネットコングロマリットであるKakaoが主導するブロックチェーンのクレイトン(Klaytn)とは?20を超える参画企業とその特徴などを紹介します。
日本発のOSSをクリプトエコノミクスで支援するプロジェクト「Dev」のホワイトペーパー公開

日本発のOSSをクリプトエコノミクスで支援するプロジェクト「Dev」のホワイトペ...

日本発のOSS(オープンソースソフトウェア)をクリプトエコノミクスで支援するプロジェクトのDevがホワイトペーパーを公開しました。OSSとは何かというところから、Devの特徴から提案までを紹介します。
Ontology上のDAppsの概況、アプリケーションにはどのようなものが存在するか?

Ontology上のDAppsの概況、アプリケーションにはどのようなものが存在す...

スマートコントラクトプラットフォームのオントロジー(Ontology)の分散型アプリケーション(Dapps)にはどのうなものが存在するのか、そしてそのアプリケーションの特徴をあわせて紹介していきます。
ビジネスでも利用される中国発パブリックブロックチェーンOntology(ONT)とは?

ビジネスでも利用される中国発パブリックブロックチェーンOntology(ONT)...

あらゆる形態の企業や事業に応用可能なパブリックチェーンを目指す中国発のプロジェクトであるオントロジー(Ontology)。今回は、オントロジーの概要や3つの基本的な機能やコンセンサスアルゴリズムなどを紹介します。
東京オリンピックはサイバー攻撃やチケット転売防止にブロックチェーン技術の出番?

東京オリンピックはサイバー攻撃やチケット転売防止にブロックチェーン技術の出番?

2020年の東京オリンピックにおける、サイバー攻撃や不法なチケット転売にブロックチェーン技術が重要な役割を果たす可能性があるとの考えあります。そこで、過去のサイバー攻撃の例や今後の動向ともに紹介します。
DeFi(分散型金融)が向かう次のステージとは?Maker財団CEOによる論考

DeFi(分散型金融)が向かう次のステージとは?Maker財団CEOによる論考

開発者カンファレンスDevcon5にてMaker財団のルーン・クリステンセンCEOがDeFi(分散型金融)が次にどのようなステージに向かうかにつてのプレゼンテーションを行いました。同氏が語った内容を紹介します。
韓国の金融機関でブロックチェーンIDシステムを採用、国としての強さ

韓国の金融機関でブロックチェーンIDシステムを採用、国としての強さ

アイデンティティ情報の管理はブロックチェーンの活用領域として期待されている分野の1つです。韓国ではスマートフォンに格納されたモバイルアイデンティティ情報で口座開設ができりるようになるなど、進歩がみられます。
分散型金融(DeFi)の新ジャンルとして現れた新たな資金調達法「DAT」とは?

分散型金融(DeFi)の新ジャンルとして現れた新たな資金調達法「DAT」とは?

分散型金融(DeFi)を用いた新たな資金調達方法が、とあるヘルスケア企業によって行われています。ICOやIEOなどに比べて高い流動性を持ち、マルタで行われたサミットでも注目を集め、これからの発展が期待されます。

ブロックチェーンとは、分散型取引台帳と呼ばれています。
P2P(pear to pear)という第三者機関の存在なしにユーザー同士だけでシステムを管理できるシステムになっています。

ブロックチェーンと呼ばれている理由はというと、取引データの集まりであるブロックをチェーンのように結び付けているからです。このブロックチェーンのデータの中には、様々な取引が記録されています。そのブロックは、第三者機関によって承認されるのではなく、ユーザーがマイニングと呼ばれる承認活動を行うことによって承認されます。

その承認されたブロックは、その前に存在するブロックとチェーンのようにつながれるのです。 この一連の仕組みによって、すべての取引履歴はすべてのユーザに分散共有され、第三者機関に頼らずとも正当性が担保されます。そして、このブロックチェーンの技術によって仮想通貨が成立しているのです。

このブロックチェーンを用いるメリットとして大きく3つあります。1つは、データの改ざんが事実上不可能になることです。
これは、多くの人が同じデータを複数にコンピュータで管理しているため、ひとつのコンピュータが攻撃されても、他のコンピュータで改ざんをすぐに認知できるからです。

2つ目に、海外送金コストの削減があります。一般的に金融機関を通じて海外送金すると、莫大な手数料がかかってしまいます。
しかし、ネットの世界ではそのような国境は存在しないため、最小限の手数料に抑えることができます。

最後に、金融の中央集権化が防げることです。ユーザーが全員で管理しているため、誰か一人の恣意的な行動によってブロックチェーンをコントロールすることができないのです。以上のように、新しい枠組みとしてブロックチェーンは大変注目されているのです。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram