フロー(FLOW)のDappsエコシステムの第3四半期におけるレポート公開

分散型アプリケーション(DApps)やNFTなどの分析を行っているダップレーダー(DappRadar)は10月26日、フロー(Flow)のダップエコシステムの第3四半期におけるレポートを公開した。

フローのUAWは前四半期から178%増加

今回のレポートによると、フローのユニーク・アクティブ・ウォレット(UAW)は、前四半期から178%増加したという。さらに、同社は、この増加の主要な要因としてゲームであると明言している。一方で、トランザクション数は36%減少したということだった。

フローは10月5日、プラットフォーム上に完全にEVMと同等の方法を導入することを目的として、「EVM on Flow」という提案を開始した。これにより、開発者はイーサリアムのすべてのツールとネットワーク効果を利用しながら、フロー用独自プログラミング言語であるケイデンス(Cadence)のすべてのパワーと機能の恩恵を受けることができるという。

フローのNFTオンチェーン活動は前四半期の40%から9%に減少している。ダップレーダーは、この数字について、「NFTセクターの世界的な縮小を背景に、フローのNFT取引量は、その強固なコミュニティとプラットフォームの安定性の証となっている」と語っている。

ダイナミックで進化するエコシステム

今回のレポートでは、フローのNFT取引についての分析も行っている。第3四半期の内訳では、アメリカのバスケットリーグのNFTコレクションである「NBAトップショット」が39%で560万ドル(約8.43億円)、アメリカフットボールリーグのNFTコレクションである「NFLオールデイズ」が34%で480万ドル(約7.2億円)を記録した。この結果に対して、ダップレーダーは、「フローのNFTアリーナにおけるスポーツの優位性をさらに強調している」とまとめた。

ダップレーダーは、2023年第3四半期のフローのエコシステムについて、「ダイナミックで進化するエコシステム」と評している。さらに、同社は、フローのEVM互換に向けた動きについて、「相互運用性の新時代の到来を告げるものであり、開発者、ユーザー、そしてより広範なフローコミュニティにとって、さらに活気ある未来を約束するものだ」とコメントしている。

参考
Flow Dapp Ecosystem Q3 Report

【こんな記事も読まれています】
ビットコイン(BTC)に機関投資家が本格参入?これまでの市場とは異なる動向にさまざまなアナリストが反応
仮想通貨の冬の終わりと春の到来か?モルガン・スタンレーが過去のサイクルから判断
https://coinchoice.net/metaverse-game-life-beyond-darewise-raised-3-5-million/

おすすめの記事
【墨汁速報】ETF最大手ブラックロック(BLK) コインベースと提携しビットコインETF申請へ=リーク
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】ETF最大手ブラックロック(BLK) コインベースと提携しビットコインETF申請へ=リーク
ETFジャイアントのブラックロック(BLK)がコインベースと提携してビットコイン現物を運用するETFの申請間近だという。同社は仮想通貨に関連するETFを2022年にすでにローンチしており、ビットコイン先物をベースとしたETFは2021年に承認され米国市場において複数のファンドが提供している。