アニモカブランズ・AWS・ポリゴンラボがWeb3スタートアップの開発で協業発表

香港のブロックチェーン関連企業であるアニモカブランズ(Animoca Brands)は11月16日、アマゾンウェブサービス(AWS)とポリゴンラボ(Polygon Labs)とともに、Web3製品やソリューションの開発を加速させる戦略的協業であるムーンレルム・エクスプレス・アクセラレーター(MoonRealm Express Accelerator)を発表した。

モカバース上で新しいアイデアやソリューションを開発することを奨励

ムーンレルム・エクスプレス・アクセラレーターは、アニモカ・ブランズの主力プロジェクトであるモカバース(Mocaverse)を通じて実施する。このプログラムでは、分散型アイデンティティ、ソーシャルファイ(SocialFi)、ゲームファイ(GameFi)などの新しい分野の開発を進めるために世界中の開発者を支援し、モカバース上で新しいアイデアやソリューションの開発を奨励する。

クリエイティブなアイデアの発想から、Web3マスタークラス、ビルダー中心のハッカソン、高品質なプロジェクトのインキュベーションまで、Web3スタートアップの成長サイクル全体を通してイノベーションを促進するという。

また、ムーンレルム・エクスプレス・アクセラレーターの第1期は、最近ポリゴンチェーン上で開始されたモカID(Moca ID)とレルムポイント(Realm Points)を中心に、モカバースの拡大するエコシステムの構築と拡張に焦点を当てる。2024年初頭には、このプログラムの最初のハッカソンが発表される予定だ。

AWSは、第1期コホートで最大500社の新興企業を支援するために110万ドル(約1.7億円)の投資を約束した。一方、ポリゴンラボは、急速に発展するこの分野で成功するために必要な知識とスキルを身に付けてもらうことを目的とし、ハッカソンの賞金や参加するWeb3スタートアップにワークショップを提供する。さらに、ポリゴンエコシステム内のソリューションプロバイダーは、参加するスタートアップを支援するサービスのクーポン券を提供するという。

「Web3は様々な分野に革命を起こす可能性を秘めている」

アニモカ・ブランズのヤット・シウ(Yat Siu)共同設立者兼エグゼクティブ・チェアマンは、「モカバースは、文化とエンターテインメントにおける最大のWeb3エコシステムを構築することで、アニモカ・ブランズのネットワークを成長させるという使命を追求している。私たちは、AWSとポリゴンラボと提携し、野心的なビルダーにこの成長するエコシステムに参加する機会を提供し、主要なWeb3アイデンティティとロイヤルティプラットフォームに貢献し、共同創造するための知識、ツール、リソースを提供できることを大変嬉しく思っている」と語った。

AWSのヤニブ・ドネンフェルド(Yaniv Donenfeld)Web3 GTM担当グローバルヘッドは、 「Web3は様々な分野に革命を起こす可能性を秘めており、すでに世界規模でイノベーションと成長を牽引している。私たちは、アニモカ・ブランズとポリゴンラボの協力のもと、AWSクラウドのパワーを活用することで、Web3スタートアップの成長とイノベーションを後押しできるようサポートできることを嬉しく思う」と述べている。

ポリゴンラボのアジャイ・ポンナ・ヴェンカテーシャ(Ajay Ponna Venkatesha)ディベロパースタジオ担当SVP(上席副社長)は、 「これは、Web3のエコシステムをさらに発展させ、その中でイノベーションを推進するエキサイティングな機会だ。ポリゴンラボは、エコシステムの参加者が協力してWeb3コミュニティを繁栄させ、革新的なプロジェクトの成長を加速させるという当社の価値を体現するこの取り組みを全面的に支援する。ポリゴンPoSは、創業者にとって好ましいチェーンであり、新しい世代が次の破壊的なWeb3プロジェクトを構築するのを支援できることを嬉しく思う」とコメントしている。

参考
Animoca Brands, Amazon Web Services, Polygon Labs announce strategic collaboration to accelerate Web3 startup development through Mocaverse

【こんな記事も読まれています】
ダッパーラボがディズニーのピンコレクション「ディズニーピナクル」発表
「減少が続くNFT取引高が一転10月に32%増加」ダップレーダーが10月のDapps業界レポート公開
欧州最大手のコインシェアーズがビットコインETFを視野にヴァルキリーを買収へ

おすすめの記事
なぜイーサリアム(ETH)のガス代が2018年レベルまで下がったのか?
仮想通貨ニュース
なぜイーサリアム(ETH)のガス代が2018年レベルまで下がったのか?
イーサリアム(ETH)の手数料を決定する「ガス代」はイーサリアム上の分散金融の黎明期であった2018年の水準まで5年ぶりに下落しており、非常に手数料が安い状態が継続しています。本稿では仮想通貨(暗号資産)最大手のコントラクトプラットフォームの手数料が大幅に下落したのかについて分かりやすく解説を行います。
【墨汁速報】仮想通貨最大手バイナンス 金融法に反して顧客資産流用か?=リーク
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】仮想通貨最大手バイナンス 金融法に反して顧客資産流用か?=リーク
仮想通貨最大手取引所のバイナンスは日本円にして1000億円を超える資金を企業収益と顧客資産と合わせて運用していたと元社員と元規制当局官がリーク。米国の金融法において顧客資産と取引所の資産を分けて保管する「分別管理」が求められており、バイナンスはこれに違反していたという。