【墨汁速報】顧客資産100億円以上使い込み発覚 仮想通貨カストディ「プライムトラスト」が破綻

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨(暗号資産)カストディアンでステーブルコイン「TUSD(True USD)」の提携先でもある「プライムトラスト(Prime Trust)」が、100億円以上の顧客資産を使って出金対応していたことが判明。プライムトラストは2023年6月23日にネバダ州当局から業務停止命令を受けており、TUSDを発行するトゥルーUSD社は影響はないとするも顧客に新規発行と償還停止を通知していた。

関連記事:【墨汁速報】最大手仮想通貨取引所「バイナンス」の問題か?ステーブルコイン”BUSD”の新規発行を停止

仮想通貨カストディアン「プライムトラスト」破綻

預かり仮想通貨を管理するカストディアンの「プライムトラスト」は、2023年6月23日にネバダ州当局から「顧客資産の出金に対応できない破産状態にある」とし、業務停止命令を受けていた。日本時間28日、ネバダ州当局はプライムトラストを管財人下に置く措置を取るとして同社の全ての業務を凍結すると発表した。

ネバダ州当局によるとプライムトラストは、顧客資産を預かり管理を行う「カストディアン」であるにも関わらず、顧客預かり資産の8,500万ドル(約122.4億円)に対してわずか300万ドル(約4.32億円)しか保有していないと発表。さらに管理している仮想通貨は6,950万ドル(約100億円)相当となっているものの、実際は6,860万ドル(98.7億円)しか有していないとしている。さらにネバダ州当局によるとプライムトラストは運営資金に1200万ドル(17.28億円)が不足しているとし、130億円以上の資金不足であるということになる。

カストディアンが顧客資産100億円以上の使い込み

プライムトラストが破綻に至った理由としては、カストディアンであるのに関わらず仮想通貨の管理ミスで預かり資産にアクセスできなくなったことが理由とされている。プライムトラストは2020年に仮想通貨セキュリティ提供企業である「ファイアブロックス(Fireblocks )」と提携、同社の提供するプラットフォーム上で2021年に新たな仮想通貨ウォレットに移行した後、2021年12月に移行前の古い「レガシーウォレット(Legacy Wallet)」に仮想通貨が残されているにも関わらずアクセスできなくなったことを発見したという。

ネバダ州当局によると、「2021年12月から2022年3月にかけて顧客の仮想通貨引き出しに対応するため、顧客の預かり資産から不足分の仮想通貨を購入することで対応していた」という。

TUSD問題に影響か

ステーブルコイン発行企業のトゥルーUSD社(TrueUSD)は、TUSD発行の提携パートナーの1つであるプライムトラストの影響を受けていないと主張しているにも関わらず、TUSDユーザーにプライムトラストの問題から新たにTUSDを発行/償還(ドルの引き出し)ができないと23日にメールで通知している。

28日時点でTUSDのドルに対するペッグは崩壊しておらず、1ドル付近を保っているもののTUSDが本当に影響を受けていないかは不明だ。プライムトラストは同じく最大手カストディアンであるビットゴー(BitGo)が買収を試みたものの断念しており、プライムトラストは事実上の経営破綻となる。本来顧客資産を預かることを事業としているカストディアンが顧客資産使い込みをするという由々しき事態は、今後米国における仮想通貨カストディの規制引き締めの引き金となると考えられるだろう。

関連記事:【墨汁速報】米バイナンス銀行でのドル入出金停止を発表 SECの仮想通貨取引所訴訟を受けて

▼仮想通貨(暗号資産)の仕組みや技術、規制の市場影響を勉強するなら「墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界」!リサーチリクエストや他では見ることができないより詳しい内容を投資家向けにわかりやすく解説

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】米司法省とSEC「1200億円の仮想通貨トラブル」のブローカレッジ「ジェネシス」とDCGの調査開始
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米司法省とSEC「1200億円の仮想通貨トラブル」のブローカレッジ「ジェネシス」とDCGの調査開始
ウィンクルボス兄弟のジェミニ(Gemini)と1200億円のトラブルを抱える仮想通貨ブローカレッジ最大手のジェネシス・トレーディング(Genesis Trading)と親会社のデジタル・カレンシー・グループ(DCG)は、米司法省と米証券取引委員会(SEC)から両社の資金関係の送金について密かに調査が開始されたという。