仮想通貨(暗号資産)はいくらから買える?少額で始める方法とメリット
Bitcoin and bokeh light with copy space

株など従来の金融商品で投資を始めるには、ある程度まとまった資金が必要です。
しかし、仮想通貨(暗号資産)は少ない金額から投資ができます。

今回は、仮想通貨投資に興味がある、もしくは始めたいと考えている初心者の方に、少額から始める仮想通貨投資について解説します。

仮想通貨(暗号資産)投資はいくらから始められる?

まず結論から言うと、仮想通貨(暗号資産)への投資は1,000円程度あれば十分始められます。

仮想通貨には通貨単位と呼ばれるものがあります。
例えば、ビットコインは「BTC」、イーサリアムは「ETH」と表されますが、それ自体が通貨単位になります。

そして仮想通貨の売買を行うための取引所では、それぞれ最小取引単位という仮想通貨の売買が成立するために最低限必要な金額を定めています。
国内取引所では、最小取引単位を「BTC」もしくは「円」で設定しており、取引所によっては100円からビットコインを購入することもできます。

仮想通貨(暗号資産)を少額から始める3つのメリット

仮想通貨(暗号資産)投資を少額から始めるメリットは大きく分けて3つあります。

主に「少額で大きなリターンを狙える」「分散投資しやすい」「投資のきっかけになる」というのがポイントです。

では、それぞれを詳しく見ていきましょう。

少しの資金で大きな利益を獲得できる可能性

仮想通貨(暗号資産)は他の投資方法に比べて値動きの幅が大きいため、少額投資でも大きな利益を狙うことができます。

また、仮想通貨も為替や株の先物取引のように、レバレッジをかけての取引を行うこともできます。
レバレッジについては後ほど詳しく説明しますが、少額でもレバレッジをかけた取引で大きな値幅を捉えることができれば、十分な利益を得ることも可能です。

分散投資をしてリスクを抑えられる

投資先を分散してリスクを軽減することは投資の基本です。
仮想通貨(暗号資産)の場合はBTCやETH、リップル(XRP)やライトコイン(LTC)など、さまざまな銘柄を購入することで、ひとつの通貨が万が一暴落しても、他の通貨も購入することで暴落のダメージを減らすことができます。

少額投資の場合だと、一回ずつの購入にかかる資金が少ないので、分散しやすくなります。
ただし、あまりにも投資先を分散しすぎると混乱してしまうため、バランス良く投資をしましょう。

投資を勉強するいいきっかけになる

仮想通貨(暗号資産)の少額投資を始めることは、投資の知識を身につける良いきっかけになります。
日本だと投資よりも貯蓄という考え方が根強く、銀行に預けていても金利は年々下がっていることから、元金から資金が増える機会はほとんどありません。

仮想通貨投資は少ない資金から始められるため、それが投資について学ぶきっかけとなり、株式や投資信託などその他の金融商品への投資にも興味が湧くこともあるでしょう。

少額投資で注意すべき点

少額投資は、初心者にオススメの投資方法です。

しかし、いくら少額と言っても投資に失敗して損をしてしまっては意味がありません。
また、あくまで投資であることは忘れないようにしましょう。

それでは、これから始めるにあたって、注意すべき2つの点について解説します。

よく考えてから投資すること

少額投資であっても適当に投資するのではなく、きちんと情報を集めたうえで考えて投資するようにしましょう。

もともとの金額が少ない少額投資では、大きく損することはありません。
そのため、慎重さを欠いたトレードを行ってしまい、損失につながることになります。

「なくなってもいい」という考えで投資をしていると、このように損をしがちになります。
また、いざという時に資金を投入しても、同じように途中で投げやりになったり感情的になったりすることもあるので、少額投資を行う間から考えることを習慣づけておくことが重要です。

余剰資金で行うこと

仮想通貨(暗号資産)への投資は必ず余剰資金で行うようにしましょう。

いくら扱う金額が少なくても、トレードは人を熱中させます。
少額であっても損が膨れ上がり、気がつくと生活に必要なお金まで投資につぎ込んでいた…なんてことにもなりかねません。

失っても普段の生活に影響が出ない金額で投資することをおすすめします。

暗号資産(仮想通貨)の少額投資の方法

ここでは、少額投資をするにはどのような方法があるのかを解説します。

レバレッジで大きな利益を狙う

レバレッジとは、自分の資金を超えた金額で取引を行う方法です。

例えば、Aさんが1万円を資金にレバレッジ2倍でとあるコインを購入したとします。
数日後、コインの金額をみたら2倍になっていたので、その購入したコインを売るとすると、「1(万円) × 2(倍) × 2(倍) – 1(万円) = 3(万円)」が利益になります。

レバレッジとは元手を担保により大きなお金で投資したことにする方法であるため、レバレッジを活用すると少額投資でも大きな利益を生むことができます。

ただし、その分損も大きくなる・もしくは元手すべてを失うこともあるので、リスクについては理解しておきましょう。

積立投資で毎月コツコツ投資をする

積立投資とは、金融商品の値段に関係なく、一定の資金を都度投資に充てていく手法です。
「ドルコスト平均法」とも呼ばれており、長期投資には有効な手法の一つでもあります。

積み上げる資金が少額でも続けていけば、価格が上がったときにまとまった資金を得ることができるでしょう。

仮想通貨取引所でも設定をしておくだけで自動的に定額で仮想通貨の積み立てを行ってくれるサービスを提供しているところもあります。
コインチェック」では月々もしくは毎日の積み立てを自動でできますので、いちいち取引するのが面倒という方はこちらを利用するのも良いかもしれません。

コインチェックで積立投資を始める

仮想通貨(暗号資産)投資は少額の余剰資金でまずは楽しもう

仮想通貨(暗号資産)投資は1,000円程度から始めることができます。
少額で投資しておけば、値動きがあった際にも大きく損をすることはなく、レバレッジを活用すればより大きな利益を狙うことも可能です。

ただし、仮想通貨は値動きの激しい金融商品であるため、多額の資金を投入するにはリスクが高いものです。
まずは少額で、かつ余剰資金のうちで投資に慣れていくことから始めましょう。

仮想通貨取引所の口座も最短で10分で開設することができるので、興味がある方はひとまず口座開設して、様子を見てみても良いかもしれません。

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアムとソラナ(SOL)のブリッジWormhole損失補填にHOLEトークンを機関投資家に売却か
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアムとソラナ(SOL)のブリッジWormhole損失補填にHOLEトークンを機関投資家に売却か
2月にハッキングを受けて12万ETH(約450億円)以上の被害を受けたイーサリアムとソラナ(SOL)のブリッジプロジェクトである「ワームホール(Wormhole)」は、その損失の補填として約245億円を調達するためHOLEトークンを機関投資家向けにプライベートセールを行うというリークがあった