人気急上昇中のPolygon(Maticトークン)ステーキング方法

ポリゴン(Polygon)は、2017年にイーサリアムのスケーリング問題の解決を目指してマティック(Matic)という名称で始まったプロジェクトです。2021年2月にポリゴン(Polygon)としてリブランディングしました。最近ではSushiSwapやAaveなどさまざまなDeFi(分散型金融)でもポリゴンに対応したものが登場しており、注目度が高まっています。

polygon defi image

【関連記事】
Polygon(仮想通貨Matic)の基本情報と今後の展望
Polygon(ポリゴン)のエコシステムDeFi(分散型金融)でも活用進む

今回はそんなポリゴンのトークンであるMATICのステーキング方法を紹介します。

日本円でNFTを購入したい人には 「SBI Web3ウォレット 」がおすすめ

#

「SBI Web3ウォレット 」は、SBI VCトレードに口座開設するだけで利用でき、日本円でNFTの売買が可能になります。

またNFTの購入に必要な「①暗号資産の購入」「②外部ウォレットの作成」「③暗号資産の送付」の3つの作業を省略してNFTを取引できるので特に初心者の方にオススメです。

Maticトークンについて

Polygonプロジェクトは暗号資産MATICを発行しています。MATICトークンはまだ国内での取り扱いはありませんが、海外ではバイナンスやコインベース、フォビグローバルなどに上場しています。

バリデータは下記のウェブサイトから一覧を見ることができます。
・Matic Staking

Matick Staking

Maticのステーキング方法

では今回は大手バリデータサービスを提供するstakefishを利用してステーキングする方法を見てみましょう。

①Wallet.matic.networkにアクセスして、
②メタマスクを接続します。
#

③アプリケーションをクリックしてステークを選択
#
④デリゲートをクリック

#
⑤金額を入力
#

とても簡単にステーキングに参加することができました。より詳しい手順を知りたい方は、下記の動画を参照してみてください。

日本円でNFTを購入したい人には 「SBI Web3ウォレット 」がおすすめ

#

【こんな記事も読まれています】
ステーキングの参加方法は?stakefish(ステークフィッシュ)の使い方
ステーキングするなら知っておきたい!バリデータの選び方
stakefishとは?マイニング大手F2Poolの共同創業者が立ち上げたステーキング事業


#

この記事はstakefishからコンテンツ協力を得て提供しています。stakefishは暗号資産ユーザー向けのステーキングサービスを提供しています。Ethereumをはじめとした様々なノード運用の実績を元にサービスを提供しており、ユーザーは秘密鍵を渡すことなくステーキングができます。stakefishによるステーキングサービスの詳細を知りたい方は是非下記のリンクをご参照ください。
参照:https://stake.fish/ja/

おすすめの記事
【墨汁速報】仮想通貨最大手ブローカレッジ「ジェネシス・トレーディング」チャプターイレブン破産申請
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】仮想通貨最大手ブローカレッジ「ジェネシス・トレーディング」チャプターイレブン破産申請
仮想通貨コングロマリットのデジタル・カレンシー・グループ(DCG)の子会社でジェネシス・トレーディング(Genesis Trading)としても知られる「ジェネシス・グローバル・キャピタル(Genesis Global Capital LLC)」が連邦破産法11条、チャプターイレブンを申請して破産。