人気急上昇中のPolygon(Maticトークン)ステーキング方法

ポリゴン(Polygon)は、2017年にイーサリアムのスケーリング問題の解決を目指してマティック(Matic)という名称で始まったプロジェクトです。2021年2月にポリゴン(Polygon)としてリブランディングしました。最近ではSushiSwapやAaveなどさまざまなDeFi(分散型金融)でもポリゴンに対応したものが登場しており、注目度が高まっています。

polygon defi image
出典:https://awesomepolygon.com/

【関連記事】
Polygon(仮想通貨Matic)の基本情報と今後の展望
Polygon(ポリゴン)のエコシステムDeFi(分散型金融)でも活用進む

今回はそんなポリゴンのトークンであるMATICのステーキング方法を紹介します。

Maticトークンについて

Polygonプロジェクトは暗号資産MATICを発行しています。MATICトークンはまだ国内での取り扱いはありませんが、海外ではバイナンスやコインベース、フォビグローバルなどに上場しています。

バリデータは下記のウェブサイトから一覧を見ることができます。
Matic Staking

Matick Staking

Maticのステーキング方法

では今回は大手バリデータサービスを提供するstakefishを利用してステーキングする方法を見てみましょう。

①Wallet.matic.networkにアクセスして、
②メタマスクを接続します。
#

③アプリケーションをクリックしてステークを選択
#
④デリゲートをクリック

#
⑤金額を入力
#

とても簡単にステーキングに参加することができました。より詳しい手順を知りたい方は、下記の動画を参照してみてください。

【こんな記事も読まれています】
ステーキングの参加方法は?stakefish(ステークフィッシュ)の使い方
ステーキングするなら知っておきたい!バリデータの選び方
stakefishとは?マイニング大手F2Poolの共同創業者が立ち上げたステーキング事業


#

この記事はstakefishからコンテンツ協力を得て提供しています。stakefishは暗号資産ユーザー向けのステーキングサービスを提供しています。Ethereumをはじめとした様々なノード運用の実績を元にサービスを提供しており、ユーザーは秘密鍵を渡すことなくステーキングができます。stakefishによるステーキングサービスの詳細を知りたい方は是非下記のリンクをご参照ください。
参照:https://stake.fish/ja/

おすすめの記事
【墨汁速報】ゴールドマン・サックス 約28億円以上投資可能な富裕層へビットコインへのフルアクセス提供
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】ゴールドマン・サックス 約28億円以上投資可能な富裕層へビットコインへのフルアクセス提供
ゴールドマン・サックスはビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨への投資を第二四半期から富裕層へ提供を開始するという。ゴールドマン・サックスはモルガン・スタンレーに続く形となり、ビットコインや仮想通貨を新たな「資産クラス」として見ている。