3日で280億円相当のイーサリアムを購入、仮想通貨クジラが強気市場に浮上

ブロックチェーン分析企業のスポット・オン・チェーン(Spot On Chain)によると、ある特定のアドレスの(暗号資産)仮想通貨クジラが、直近3日間にイーサリアム(ETH)を合計で64,501ETH購入したようです。これは現在の価格で1億8,700万ドル(約281億円)という巨額の取引です。イーサリアムのコミュニティでは、クジラが大規模なアキュムレーションを始めたとして、さまざまな憶測が飛び交っています。

資産を集積する1頭の巨大なクジラ

スポット・オン・チェーンは2月22日、クジラが2,947ドル(約44万3,000円)/ETHの価格で約13,526ETHを購入したことを公表しました。時価でおよそ3,900万ドル(約58億6,000万円)相当のイーサリアムは、すでにクジラの保有資産に追加されており、市場ではイーサリアムがさらなる強気に向かうという憶測を呼んでいます。

さらにデータが明かすところでは、その後このクジラは取引所バイナンス(Binance)から10,136ETHを引き出し、DeFiプラットフォームの1インチ(1inch)から3,390ETHを購入しています。最終的にクジラのアキュムレーションは、3日間で64,501ETHにまで達しました。
それに加えて、このクジラはバイナンスから4,000万USDTを引き出しており、今後追加でイーサリアムを購入する狙いがあると見られています。

スポット・オン・チェーンが公開したポートフォリオによると、このクジラのウォレットには合計で91,321ETHと約4,980万USDT、そして5,485stETH(LidoにステーキングされたETH)が保有されています。現時点での見積もりでは、総額3億3,400万ドル(約502億円)というケタ外れの金額です。

イーサリアムの価格動向と専門家の見解

イーサリアム価格は強気の動きが続いており、直近の1週間で6%近く値上がりしました。しかし2月21日に3,000ドル(約45万円)を超えてから、24時間でやや値を戻し22日正午(日本時間)時点では2,920ドル(約43万9,000円)前後で推移しています。

このわずかな値下がりを仮想通貨コミュニティは楽観的に見ており、大勢は今後再び上昇に転じるという見解です。イーサリアムのパフォーマンスについては多くの専門家が意見を述べていますが、シンガポールのデジタル資産プラットフォームOSL SG Pteの販売取引責任者、ステファン・フォン・ヘーニッシュ(Stefan von Haenisch)氏は、この先数ヶ月でイーサリアムのパフォーマンスはビットコイン(BTC)を超えると予測しています。その要因の一部についてヘーニッシュ氏は、アメリカでイーサリアム現物ETFが承認される可能性を挙げています。

また、仮想通貨コンサルタント企業MNトレーディング(MN Trading)のCEO(最高経営責任者)であるマイケル・ヴァン・デ・ポッペ(Michael van de Poppe)氏も、近いうちにイーサリアム価格が3,800ドル(約57万1,000円)から4,500ドル(約67万6,000円)にまで高騰するという大胆な予測を立てています。

参考
Ethereum Whale Buys $187 Million ETH In 3-Day Spree, Anticipating Further Surge?

【こんな記事も読まれています】
地域で異なるビットコインの価値、日本と南アフリカでは過去最高レベル
ビットコイン750万円台も視野に!?強気相場を後押しする2つの要素とは?
ビットメックスから大口の資金引き出し、ビットコイン・クジラの次の手は?

おすすめの記事
地域で異なるビットコインの価値、日本と南アフリカでは過去最高レベル
仮想通貨ニュース
地域で異なるビットコインの価値、日本と南アフリカでは過去最高レベル
ドル建てのビットコイン(BTC)価格は5万2,000ドル前後で推移しており、過去最高値の6万9,000ドルにはまだ遠く及びませんが、円建てと南アフリカランドではすでに過去最高値を更新しています。地域経済の状況により、ビットコインの価値が異なるという奇妙な状況が現れています。