【墨汁速報】イーサリアム2.0テストネット 初のハードフォーク”アルタイル(Altair)”を無事実装

編集部おすすめ

【【墨汁速報】イーサリアム2.0遂に正式開始 約580億円分のETHがステーキングされる

イーサリアム2.0のBeacon Chainの大型アップデート「アルタイル(Altair)」がテストネットに実装された。このアルタイルはイーサリアム2.0の初のハードフォークとなり、HF1という仮名として知られている。

関連記事:イーサリアム2.0初のハードフォーク「HF1」とは?利点と目的

イーサリアム2.0テストネットのアルタイル実装

イーサリアムのテストネット「Goerli」上に展開しているイーサリアム2.0のBeacon Chainテストネット「Pyrmont」は、日本時間2021年8月19日のEpoch61650に初となる大型アップデート「アルタイル(Altair)」を無事に実装した。

このアルタイルは元々HF1という名前で計画されており、Beacon Chainでのハードフォークテストの意味も込められている。

新たなテストネット「Prater」ローンチ

Pyrmontはアルタイル実装に伴い、デベロッパーがバリデータの挙動をテストするために破棄されることが決定している。バリデータとしてBeacon Chainから登録を消去されるペナルティ「スラッシュ」の動作を確認するため、今後のバリデータのテストネットは「Prater」に移行することになる。

そのためETH2バリデータのステーキングテストや、ノード運用テストにはPraterで新たに32GoETHをステーキングする必要があるため注意が必要だ。

Praterテストネットでは現在21.6万バリデータが稼働しており、オンライン率は72%前後となっている。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアムPoS移行のETH1とETH2のマージがEIP-3675として開発者会議で議論

アルタイルの実装内容

イーサリアム2.0のアルタイル実装では主に

  1. バリデータのペナルティ
  2. バリデータの報酬体系
  3. ライトクライアントの準備

がメインとなっており、細かなバリデータの管理ルールの調整となっている。

イーサリアムは8月5日にロンドンハードフォークを実装し、EIP-1559が導入されたことで平均で1分に約100万円がバーンされている。またイーサリアム2.0のローンチから約9ヶ月でアルタイルの実装テストを行っており、年末から年始にかけてのETH1とETH2の統合「EIP-3675」のテストや議論が活発になっていくだろう。

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】イーサリアムウォレット「メタマスク」 EIP-1559の完全対応開始
2021年上半期のブロックチェーンや仮想通貨への投資が前年の2倍以上に
イーサリアム(ETH)への投資・投機熱上昇中!今後の金融政策で仮想通貨市場に影響はあるのか

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュースポリゴン(Polygon)ゼロ知識証明のHermezを買収、10億ドルの投資も
次のニュースOcean Protocol(オーシャンプロトコル)のユースケース紹介「ROBONOMICS」
墨汁うまい(トレーダー)
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者