【墨汁速報】破産疑惑の仮想通貨取引所"フォビ"に不審な約300億円の入金 広報はジャスティの関与を否定

元中国三大仮想通貨取引所のフォビ(Huobi)は2022年末と同様に支払い不能となる破産疑惑が浮上しており、同社の仮想通貨(暗号資産)預かり残高が約1ヶ月で5億ドル(715億円)に減少、これに対応してか日本円で約300億円相当となる5000ETHとトロンチェーン上のUSDTが1アカウントから不審な入金がされた。

関連記事:【墨汁速報】内部トラブルリークによりフォビ(Huobi)からビットコイン出金が相次ぐ

破産疑惑再浮上のフォビへ不審な300億円の入金

イーサリアムとトロンのオンチェーン分析によると、破産疑惑が出ておりこの1ヶ月で700億円を超える出金が相次いでいる仮想通貨取引所、フォビ(Huobi)に1つのアカウントから合計で300億円相当のETHとUSDTが入金されたことが判明している。

イーサリアム上では5000ETHが入金されているが、不審なのはトロンチェーン上での入金だ。TRX保有上位10位以内に入る通称「鯨」アカウントがトロン上のレンディングであるジャストレンド(JustLend)から2億ドル相当のステーブルコイン「USDT」を引出し、その後フォビに入金をしたことが判明している。

一方でこの入金によりフォビの残高は回復しているものの、広報はフォビを買収したジャスティン・サン(Justin Sun)氏の入金によるものではないと否定している。

関連記事:【墨汁速報】USDT発行のテザー社 2023年Q2の利益でビットコインへ投資したことを認める

ジャスティン・サンとフォビの関係性

イーサリアム上でICOを行い、後にローンチしたトロンチェーンの創設者であるジャスティン・サン氏は2022年10月にフォビをファンド経由で買収しており、現在ではフォビのアドバイザーとして名を連ねている。

事実上フォビはジャスティン・サン氏の保有となっており、度々不審な高額送金が行われていたことは有名だ。同氏は一夜にして破産したテラフォーム・ラボのUSTをフォーク(コピー)したUSDDや裏付けが不明なstUSDTなどのリスクのあるプロダクトをトロン上で提供しており、他にも2016年に最大手に輝いた仮想通貨取引所”ポロニエックス(Poloniex)”を買収するなど、事業が廃れた取引所の買収などを多く手掛けている。

フォビ広報は否定しているものの、このようなリスクの高い現状が危惧されているフォビに約300億円を入金できる人物はごく少数と言えるだろう。今後もフォビとジャスティン・サン氏の動向に注視が必要だ。

関連記事:【墨汁速報】仮想通貨「バイナンスショック」を懸念 米司法省が起訴しない方向検討=リーク

▼仮想通貨(暗号資産)の仕組みや技術、規制の市場影響を勉強するなら「墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界」!他では見ることができないより詳しい内容を投資家向けにわかりやすく解説

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】FTX前CEO「投資家搾取」でSECから別件起訴 仮想通貨顧客資産の使い込みの疑い
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】FTX前CEO「投資家搾取」でSECから別件起訴 仮想通貨顧客資産の使い込みの疑い
米国証券取引委員会(SEC)は破綻した仮想通貨最大手FTXグループの前CEO、サム・バンクマン・フリード容疑者を別件起訴。米国証券取引委員会によるとフリード氏の投資会社で、破綻の原因となったアラメダリサーチへの顧客資産送金やFTX株主を騙すなどした長期間の詐欺容疑としている。