Solana(ソラナ)のハイスピードトランザクションを体感、dApp「Break」

ソラナは、2020年にローンチしたスマートコントラクトが実行できる汎用ブロックチェーンです。「高速な処理ができるブロックチェーン」と表現されるプロジェクトは他にも複数存在しますが、その多くが秒間50-100トランザクションです。ソラナの場合は、秒間で5万トランザクションを実行できる点でゲームチェンジャーだと期待されます。ソラナについて基礎的な情報はこちらの「Solanaとは?秒間5万トランザクションを処理できるブロックチェーン」で紹介しています。

今回はそんなソラナの高速処理を体感できるdApp「Break」を紹介します。

ソラナのハイスピードトランザクションを体感できる「Break」

「Break」はリアルタイムでソラナのトランザクションスピードを体感することができるアプリケーションです。プレイ方法は15秒の間にキーボードを叩き続けてトランザクションを送信、処理していくという極めてシンプルなものですが、それ故に多くのトランザクションをどのくらいの速度で処理することができるのかが実感しやすくなっています。

上動画は実際にプレイした様子を記録したものです。キーボードを一度叩くと黒のブロックを1つ生成し、これがトランザクションをクライアントからサーバーに送信したことを表します。

ソラナブロックチェーンで行われる処理プロセス

動画内ではブロックの色が黒から緑へと変わっていく様子が分かるかと思いますが、この緑へ変わる過程で以下の1〜6のプロセスをソラナブロックチェーンで処理しています。

  1. クライアントからサーバーにトランザクションを送信
  2. サーバーからブロックプロデューサーに転送
  3. ブロックに追加され、ネットワークに伝播
  4. ネットワーク内の全員が投票
  5. サーバーによって検出された投票の2/3以上で承認
  6. クライアントに送り返し、クライアントはボックスを緑にする通知を受け取る

高速処理を謳うブロックチェーンは数多くありますが、実際に負荷をかけて体験してみなければ、それが本当に安価で速く処理できるチェーンなのかを判断することはできません。

Breakはソラナのメインネットに構築されているため、実際にSOLトークンを用いてその速さと安価さを体験することができます。もし、SOLを保有していない場合でも、アプリ内でテストネットに切替えして、利用すれば処理スピードだけを体験することもできます。

【こんな記事も読まれています】
ソラナ財団(Solana Foundation)のビジョンと主な取り組み
ソラナ(Solana)とパートナーシップを結ぶ11のプロジェクトまとめ

おすすめの記事
仮想通貨はどこへ向かうのか?GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷正寿氏が描く未来
インタビュー
仮想通貨はどこへ向かうのか?GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷正寿氏が描く未来
グループ会社に仮想通貨交換業を営むGMOコインを持つ、GMOインターネットグループ代表の熊谷正寿氏に2019年の仮想通貨業界とこれからの動き、そしてGMOインターネットグループで発行予定のステーブルコイン「GYEN」について聞きました。