【墨汁速報】最大手決済企業”PayPal”がイーサリアム上でステーブルコイン”PYUSD”発行=報道

決済最大手のPayPal(ペイパル)は独自のステーブルコインとなる”PayPal USD=PYUSD”の発行をすると発表。PayPalのステーブルコインは1ドルにペッグ(同じ価値を持つ)し、BUSDやUSDPを発行しているパクソス(Paxos Trust)社と提携して行われるという。

関連記事:【墨汁速報】最大手仮想通貨取引所「バイナンス」の問題か?ステーブルコイン”BUSD”の新規発行を停止

PayPalがステーブルコインを発行へ

ブルームバーグの報道によると、決済最大手のPayPalがドルと同じ価値を持つステーブルコイン、PayPal USD=PYUSDを発行すると現地時間月曜日に発表したという。

PayPalは2021年から仮想通貨(暗号資産)事業に参入しており、2022年には仮想通貨の売買だけでなく出金にも対応したことは記憶に新しい。発表によるとPayPalのPYUSDはドルに償還をすることが可能で、同社の仮想通貨取引でビットコインやイーサリアムと売買をすることができる。

PYUSDは米国ユーザーにPayPalのアプリである”Venmo”で利用できるようになるとしており、最終的にPayPalとVenmoのウォレット間で送金が可能となるとしている。PayPalの公式プレスリリースによると、PYUSDはイーサリアム上でERC20トークンとして発行されるという。

他社競合であるサークル社の発行するUSDCや、テザー社のUSDTと同様にPYUSDの発行として入金されたドルは米国債やキャッシュ相当の金融資産により裏付けされることになる。

関連記事:【墨汁速報】USDT発行のテザー社 2023年Q2の利益でビットコインへ投資したことを認める

BUSD発行を中止もPayPalが参入

PayPalがステーブルコインを発行するために提携したパクソス社(Paxos)は仮想通貨取引所最大手のバイナンスが発行していたステーブルコイン、”BUSD=Binannce USD”の発行先であり、PayPalはブランドライセンスを購入してパクソスが発行するということになる。

PayPalは2022年6月にニューヨーク規制当局であるNYDFSから仮想通貨事業を許可する”ビットライセンス(BitLicense)”の認可を受けており、パクソス社も同様だ。米国証券取引委員会(SEC)は2023年2月、このパクソス社に対してBUSDの発行を証券とし、訴訟を行うと警告していたが、PayPalの新規発行を考慮するとバイナンス側の問題であったということが明白となる。

初期段階ではPayPal及び関連する外部ウォレット間での送金のみを許可しているものの、イーサリアム上のERC20トークンという性質上DeFi(分散金融)でもPYUSDが利用できる日はそう遠くないと考えられるだろう。

 

関連記事:【墨汁速報】仮想通貨「バイナンスショック」を懸念 米司法省が起訴しない方向検討=リーク

▼仮想通貨(暗号資産)の仕組みや技術、規制の市場影響を勉強するなら「墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界」!他では見ることができないより詳しい内容を投資家向けにわかりやすく解説

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】破産した仮想通貨レンディング”セルシウス” 600億円規模のstETHを引出し開始
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】破産した仮想通貨レンディング”セルシウス” 600億円規模のstETHを引出し開始
2022年の仮想通貨長期下落トレンドの連鎖倒産で破産し、再生を目的としたチャプターイレブン中の仮想通貨レンディング企業”セルシウス(Celsius)”が運用していたイーサリアム(ETH)の引出しを開始した。これらの運用されていたETHは流動性ステーキングプロジェクトのライド(Lido)ファイナンスを介して行われており、約24万ETHが既にセルシウスによって引出しリクエストされている。
【墨汁速報】米最古の銀行BNYメロンがビットコインカストディサービス参入 機関投資家の需要を受けて
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米最古の銀行BNYメロンがビットコインカストディサービス参入 機関投資家の需要を受けて
米国最古の銀行BNYメロン(バンク・オブ・ニューヨーク・メロン)は、ビットコインを始めとする仮想通貨(暗号資産)のカストディ(保管)サービスへ参入。ビットコインなどの保管や送金をBNYメロンのクライアントに提供するという。2020年に米国では「仮想通貨銀行」の設立が認められている。