マイクロストラテジーCEO「退職後の資産に仮想通貨の追加を推奨」

マイクロストラテジー(MicroStrategy)の創業者兼最高経営責任者(CEO)であるマイケル・セーラー(Michael Saylor)氏はこのほど、資産運用大手のフィデリティ・インベストメンツ(Fidelity Investments)が確定拠出年金401Kの一環としてビットコイン(BTC)のオプション提供を発表したことを受けて、人々は自身の退職後の資産ポートフォリオに暗号資産(仮想通貨)を追加すべきだと語りました。

ビットコイン(BTC)大量保有するマイクロストラテジー社の確信

ビットコイン支持者のセーラー氏は5月3日の同社第一四半期(Q1)会議で、大量のビットコインを保有する同社の収益が2021年同期比2.92%減の1億1930万ドルだったことを認めながら、ビットコインは金(ゴールド)より優れた資産であると主張しています。

セーラー氏は、ビットコインが退職後のために投資する最もリスクの低い資産であると言います。同氏は「ビットコインについて考え勉強すればすぐに、あなたが退職ポートフォリオに入れることができる最もリスクの低いものだと気が付くだろう」と次のように語ります。

「フィデリティからの401Kの提供は、大規模な教育イベントである。ファイナンシャルアドバイザーやリタイアメントプランナー、大手金融業界全体がこの商品を前面に押し出し、最終的にまったく新しい層の投資家にビットコインを紹介し、資産クラスを拡大することになると思います」。

企業戦略は第1に「どこでも情報」、第2にビットコインの取得

マイクロストラテジーはQ1決算会議で、同社が3月31日時点で12万9218ビットコインを保有していると報告しました。その市場価格は59億ドルであり、「19億ドルの含み益もしくはほぼ50%の上昇を反映している」ことを公表しました。同氏はソフトウエア企業として現在、仮想通貨を長期的に取得、保持する戦略に基づいており、ビットコインを販売する予定はないとしています。同社はQ1に4,827ビットコインを、市場価格2億1500万ドル、平均価格4万4645ドルで購入しています。

マイクロストラテジー社は、大手の独立系上場分析およびビジネスインテリジェンス企業です。同社の企業戦略の1つにビットコインを取得と保有を挙げています。同社は、金融政策に縛られない、堅牢で公開されたオープンソースのアーキテクチャに支えられた信頼できる価値の貯蔵手段であるとの考えを示しています。

参考
Bitcoin (BTC) Is the Least Risky Thing To Have in a Retirement Portfolio, Says MicroStrategy CEO Michael Saylor
MicroStrategy Announces First Quarter 2022 Financial Results

【こんな記事も読まれています】
ビットコイン(BTC)先物基準価格が1年ぶりの底値に!市場価格には今後プラスの影響か?
イーサリアム2022年第一四半期ネットワーク収益は24億ドルに大幅増
リップルとライトコインの反騰へ?人気アナリストが予測

おすすめの記事