イーサリアム2022年第一四半期ネットワーク収益は24億ドルに大幅増

イーサリアム(Ethereum)ネットワークの2022年第1半期(Q1)の収益は、昨年の16億ドルから24億ドルへと46%増加しました。ネットワーク収益の大幅な成長に貢献したのは、非代替性トークン(NFT)市場であり、取引高は約19,000%余り上昇しました。

ETHネットワーク収益の21億ドルはバーン

Banklessのリポートによると、この収益の約87%に相当する21億ドルはバーンされたとしています。イーサリアムのバーンは、2021年8月に実行されEIP1559アップグレードによって可能になりました。

そのトークンバーンによって、ETHネットワークのインフレ率は、第1四半期に1.10%から0.51%にまで低下しました。

リポートによると、1日平均のアクティブアドレス数については、昨年の50万7662から52万9018に増加しました。またステーキング量は、520万ETHから1090万ETHに増加しました。

NFT市場取引量は1164億ドルに上昇

Banklessのリポートによると、NFT市場の取引量は約6億630万ドルから1,164億ドルまで上昇し、19,290%増を記録しました。これは、NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)とルックスレア(Looksrare)だけの数字です。また、22万6,176のユニークなウォレットがNFTの売買を行ったと報告されています。

ERC721トークンを保持するウォレットアドレスの数は、98万1315から398万306と300%近く増加しました

参考
ETH Network Q1 Revenue Grew 46% to $2.4 Billion, Token Inflation Rate Drops to 0.51%

【こんな記事も読まれています】
ビットコイン(BTC)先物基準価格が1年ぶりの底値に!市場価格には今後プラスの影響か?
【最新動向】イーサリアムマイニング終了はいつになる?ETH2移行の”The Merge”の進捗
仮想通貨市場は2030年までに時価総額200兆ドルに達するとの予測

おすすめの記事
【墨汁速報】米最古の銀行BNYメロンがビットコインカストディサービス参入 機関投資家の需要を受けて
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米最古の銀行BNYメロンがビットコインカストディサービス参入 機関投資家の需要を受けて
米国最古の銀行BNYメロン(バンク・オブ・ニューヨーク・メロン)は、ビットコインを始めとする仮想通貨(暗号資産)のカストディ(保管)サービスへ参入。ビットコインなどの保管や送金をBNYメロンのクライアントに提供するという。2020年に米国では「仮想通貨銀行」の設立が認められている。