イーサリアム2022年第一四半期ネットワーク収益は24億ドルに大幅増

イーサリアム(Ethereum)ネットワークの2022年第1半期(Q1)の収益は、昨年の16億ドルから24億ドルへと46%増加しました。ネットワーク収益の大幅な成長に貢献したのは、非代替性トークン(NFT)市場であり、取引高は約19,000%余り上昇しました。

ETHネットワーク収益の21億ドルはバーン

Banklessのリポートによると、この収益の約87%に相当する21億ドルはバーンされたとしています。イーサリアムのバーンは、2021年8月に実行されEIP1559アップグレードによって可能になりました。

そのトークンバーンによって、ETHネットワークのインフレ率は、第1四半期に1.10%から0.51%にまで低下しました。

リポートによると、1日平均のアクティブアドレス数については、昨年の50万7662から52万9018に増加しました。またステーキング量は、520万ETHから1090万ETHに増加しました。

NFT市場取引量は1164億ドルに上昇

Banklessのリポートによると、NFT市場の取引量は約6億630万ドルから1,164億ドルまで上昇し、19,290%増を記録しました。これは、NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)とルックスレア(Looksrare)だけの数字です。また、22万6,176のユニークなウォレットがNFTの売買を行ったと報告されています。

ERC721トークンを保持するウォレットアドレスの数は、98万1315から398万306と300%近く増加しました

参考
ETH Network Q1 Revenue Grew 46% to $2.4 Billion, Token Inflation Rate Drops to 0.51%

【こんな記事も読まれています】
ビットコイン(BTC)先物基準価格が1年ぶりの底値に!市場価格には今後プラスの影響か?
【最新動向】イーサリアムマイニング終了はいつになる?ETH2移行の”The Merge”の進捗
仮想通貨市場は2030年までに時価総額200兆ドルに達するとの予測

おすすめの記事
【墨汁速報】ゴールドマン・サックス 約28億円以上投資可能な富裕層へビットコインへのフルアクセス提供
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】ゴールドマン・サックス 約28億円以上投資可能な富裕層へビットコインへのフルアクセス提供
ゴールドマン・サックスはビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨への投資を第二四半期から富裕層へ提供を開始するという。ゴールドマン・サックスはモルガン・スタンレーに続く形となり、ビットコインや仮想通貨を新たな「資産クラス」として見ている。