2027年NFT市場規模は1兆7,800億円に成長、米調査会社マーケッツアンドマーケッツが予測

アメリカの調査会社であるマーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)は5月6日、NFT市場に関するレポートを発表した。同社は、このレポートの中で、世界のNFT市場規模が2022年の30億ドル(約4,000億円)から2027年には136億ドル(約1兆7,800億円)に成長すると予測している。

NFT市場の年間平均成長率は35.0%

今回のレポートの中でマーケッツアンドマーケッツは、NFT市場に関する2022年から2027年までの年間平均成長率(CAGR)を35.0%だと予測している。さらに、NFT市場の成長を後押しする要因として、著名人の影響力の増加、ゲーム業界の変革、デジタルアート作品に対する需要の緩やかながらも継続的な増加を挙げた。

ほかにも同社は、サプライチェーン管理、小売、ファッション業界などにおけるNFTのユースケースの増加、メタバース実現に向けた業界大手の取り組み、NFTのパーソナライゼーションなどの要因により、NFT市場のベンダーは有利な機会を得るだろうとも指摘している。

アジア太平洋地域が最も成長する見込み

今回のレポートの中では、アジア太平洋地域でのNFT市場の該当期間における年間平均成長率が高いと予測した。同社はこのように予測している理由を3つ挙げている。1つ目は、同地域ではNFTの開発や投資に関するグーグルでの検索が最も多いというデータだ。2つ目の理由として、中国とシンガポール、香港が、NFTに関する問い合わせの最も多い上位3カ国だと指摘している。最後の理由は、アジア太平洋諸国では、エコシステムにおいてクリエイターとバイヤーに平等な機会を与えるために、与えられた市場において絶え間ない開発とマーケットプレイスの立ち上げに向けて台頭していることだ。

そのほかにも同社は、NFTプラットフォームとして、マーケットプレイスの成長率が高いとも予想した。マーケットプレイスの代表的な存在として2017年に作成されたオープン・シー(OpenSea)を紹介している。オープン・シーでは、ユーザーがNFTをミントして取引すること、それらデータを閲覧すること、統計をチェックすることが可能だ。クリプトアートコレクションや、多くの人気ブロックチェーンゲームの膨大な数のアイテムが取り扱われている。

加えて同社は、NFTプラットフォーム成長の要因として、さまざまな組織が成長を拡大するためにNFTの領域に足を踏み入れているとも指摘した。米国の仮想通貨取引所であるコインベースは、NFTマーケットプレイスを立ち上げている。このような発展はNFT市場の成長に寄与すると、マーケッツアンドマーケッツは述べている。

参考
Non-Fungible Tokens Market worth $13.6 billion by 2027

【こんな記事も読まれています】
マイクロストラテジーCEO「退職後の資産に仮想通貨の追加を推奨」
イーサリアム2022年第一四半期ネットワーク収益は24億ドルに大幅増
ビットコイン(BTC)先物基準価格が1年ぶりの底値に!市場価格には今後プラスの影響か?

おすすめの記事
ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設・新規登録の方法、入金などの使い方や評判を解説!
仮想通貨取引所
ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設・新規登録の方法、入金などの使い方や評判を解説!
日本の暗号資産(仮想通貨)取引所の中でも知名度が高いbitFlyer(ビットフライヤー)。そんなビットフライヤーの口座開設方法の流れやアプリの使い方、お得なキャンペーン情報をまとめて紹介します!初心者でも分かりやすいよう、実際の画面画像を使いながら1つ1つ解説していきます。