SBIバーチャルカレンシーズ口座開設・VCTRADEの使い方

5436

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)
SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)(https://www.sbivc.co.jp/)より

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)の使い方

2018年6月4日、SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)のサービスが開始されました。サービス開始日の2018年6月4日時点では、2017年10月の先行予約で口座開設の申し込みをしたユーザー限定でサービスが解放されています。一般ユーザーの口座開設申し込み受け付けは7月中のようです。

参考:SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)のサービス開始のお知らせ

それでは、SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)の使い方を解説していきます。

ログイン

トップページへアクセスすると上部に「ログイン」ボタンがあります。それをクリックしてログインページへ移動しましょう。

ログインをしよう

ログインの手順は3点です。

登録済みメールアドレスを入力
パスワードを入力
ログインを入力

これでログイン完了です。

ホーム画面を確認

ログインをするとホーム画面が表示されます。

ホーム画面を確認

ホーム画面では

・取扱い通貨
・お知らせ
・仮想通貨資産の確認

上記、3点の確認ができます。

先行リリースでは、リップル(XRP)のみの取り扱いですが、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)と銘柄は拡大予定です。

画面真ん中に表示されている銘柄(リップル:XRP)、もしくは画面上部の「取引」をクリックして取引ページへ移動できます。

取引ページの機能について

取引ページでは仮想通貨の売り買い取引を行えます。画面の青い部分に表示されている「銘柄選択」をクリックすると取引する銘柄の変更が行えます。サービス開始時でリップル(XRP)オンリーですが、銘柄が増えるのを待ちましょう。

取引ページの機能について

注文では「成行」と「価格指定」二つの選択肢から選べます。注文画面の横に取引履歴が表示されるのは便利ですね。

青部分の「チャート」をクリックするとチャートが現れます。

チャートの使い方

シンプルなチャートです。この期間の値動きをよく見たい、という場合は拡大をしてみましょう。詳しく見たい期間をドラックで選択します。淡く黄色で囲まれると選択中です。

チャートの使い方

チャートを拡大すると向かって右上にボタンが現れます。虫眼鏡マーク、もしくは十字のアイコンはクリックで変更ができます。虫眼鏡の時はチャートを横スクロール可能、十字の時はドラック選択でさらに拡大ができます。ぐるりとまわった矢印マークは拡大したチャートを元に戻せます。

入出金について

入出金」ページでは「クイック入金」と「出金」が行えます。

入出金について

出金には銀行口座登録が必要なので、まだの場合は登録をしましょう。

口座管理について:取引履歴とお客様情報

口座管理」では「取引履歴」と「お客様情報」の確認が行えます。

口座管理について:取引履歴とお客様情報

取引履歴では「約定履歴」と「注文履歴」の確認ができます。

お客様情報では登録情報の変更や、二段階認証の設定が行えます。

以上がSBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)の解説になります。取扱い通貨も拡大予定、低手数料のSBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)が楽しみですね。


以下、2017年10月6日に執筆した先行予約方法に関しての記事になります。


このページではSBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)の口座開設先行予約の手順を紹介します。

「SBI」は様々な事業を展開する大手事業なので一度は耳にしたことがあると思います。

SBIバーチャルカレンシーズ株式会社は、SBI証券や住信SBIネット銀行などの金融サービスを手掛けるSBIグループの中の仮想通貨事業を行う子会社で、先日(2017年9月28日に)金融庁から発表された「仮想通貨交換事業者登録」も「関東財務局長 第00005号」として登録されています。

公式サイトには「ストレスフリーな仮想通貨取引を」「仮想通貨取引をもっとスマートに」をモットーにしていると発表しており、今後の取扱通貨の増加などのサービス拡大が期待されます。

現在はまだサービス開始はされていないのですが、2017年10月5日より、口座開設の「先行予約」がスタートしました。事前に先行予約した方については、登録したメールアドレスへサービス開始のご案内がくる仕組みになっているようです。

2017年10月31日の段階で、サービス提供開始のタイミングについて公式ページで発表がありましたが、ビットコイン分裂などの仮想通貨市場の状況も踏まえた上で、適切なサービス提供開始時期を決定しますという内容だったので、まだサービス開始日は未定のようです。

ということで、サービス開始される前に口座開設の先行予約をしてみましたので、今回はその手順を紹介したいと思います。

公式ページにアクセスして先行予約をする

まず、SBIバーチャルカレンシーズ公式ページにアクセスします。

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)公式トップページ

すると、『仮想通貨取引 口座開設 先行予約受付中!』と赤文字で書かれた画面になりますので、画像部分(どこでもよい)にカーソルを合わせてクリックします。

ブルーの近未来的な画面に切り替わり、口座開設先行予約について解説されたページになります。
ここの青いボタン『先行予約』を押して次のページへ。

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)先行予約の解説ページ

すると「SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)仮想通貨取引口座開設 予約フォーム」にの画面になるので、必要事項を記入していきます。

まだ「先行予約」段階なので、必要なのは「氏名」と「Eメールアドレス」のみ。
※半角英数字のみ入力可

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)仮想通貨取引口座開設_先行予約フォーム

全て入力したら、『入力内容のご確認』という青いボタンを押してください。

そうすると、自分が入力した情報の確認画面になるので、間違いがないか確認後、右下の『送信』ボタンを押してください。

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)仮想通貨取引口座開設_先行予約フォーム_入力情報の確認画面

これで先行予約の入力はおしまいです。

自動送信メールが受信されているか確認する

先ほど入力したメールアドレスに、自動送信で入力完了の旨のメールが届いてるはずなので、確認しましょう。

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)仮想通貨取引口座開設_先行予約完了メール

このメールが確認できたら、あとはサービス開始を待つのみです。

このページで紹介した手順はあくまで「先行予約」の手順となります。
SBIバーチャルカレンシーズから口座開設のお知らせが届いた後に、本登録をする流れとなります。

サービス開始が待ち遠しいですね。でも今は、ただただ待機です!
以上が、SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)での口座開設の手順でした。

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)はこちら