ChainlinkとSolanaが提携、Dapps標準プライスオラクルとすることを計画

編集部おすすめ

ChainlinkとSolanaが提携、Dapps標準プライスオラクルとすることを計画
ソラナ(Solana)はスマートコントラクトが実行できる2020年にローンチをする汎用ブロックチェーンです。「高速な処理ができるブロックチェーン」と表現されるプロジェクトは他にも複数存在しますが、その多くが秒間50-100トランザクションです。ソラナの場合は、秒間で5万トランザクションを実行できる点でゲームチェンジャーだと期待されます。

ソラナについて基礎的な紹介はこちらの記事で行いました。 

ソラナがチェーンリンクの価格オラクルをDapps標準に

業界標準のオラクルソリューションとしての地位を確立しつつあるチェーンリンク(Chainlink)とソラナがパートナーシップを結んだことがこのほど明らかになりました。今回の提携により、ソラナで稼働するDapps(分散型アプリケーション)の標準としてチェーンリンクをプライスオラクルとして利用することが計画されています。

ソラナは独自のコンセンサスメカニズムであるプルーフ・オブ・ヒストリー(Proof of History)を採用しており、トランザクション性能は少なくとも秒間5万以上まで高めます。またファイナリティは1秒以内に得ることができ、覆らないブロックとして確定することができます。このようなハイスループットな性質を持つソラナ上に構築されるDappsとして期待されるものとして、スマートコントラクトにより自動化された金融システム、いわゆるDeFi(分散型金融)アプリケーションを挙げることができます。

DeFiとは、信頼できる第三者が仲介することで成立する従来の金融システムとは異なり、スマートコントラクトを用いてデータが直接コントラクトの実行と決済を自動的に処理する金融システムを指します。このようにDeFiはデータ駆動型の金融システムであるため、原資産の価格変動や市場の出来事に反応する金融商品を取り扱う以上は、それらの価格に影響を与える価格データを安全にアプリケーションへと提供する必要性があります。今回のチェーンリンク提携により、上記の価格データをチェーンリンクの価格オラクルを通じて、安全にソラナのDappsへと反映させることが可能になります。

チェーンリンクとは

チェーンリンクは、ブロックチェーンの外(オフチェーン)に存在するデータや出来事を、ブロックチェーン内部(オンチェーン)に伝えるミドルウェアとして機能するオラクルを提供するプロジェクトです。スマートコントラクトのエンドツーエンドのセキュリティを維持するためには、その基礎となるブロックチェーン同様にオラクルメカニズム自体も安全でなければなりません。

チェーンリンクは、この安全性を確保するために単一ノードではなく、複数の独立したノードで構成される分散型オラクルネットワークとして機能しており、単一障害点を回避しています。またこれと同様に、複数のデータソースから価格データを参照することで、誤ったデータを配信するノードを参照する危険を回避しており、30の独立したノードのうち、少なくとも7つのノードによってバックアップされた価格参照コントラクトを介して市場にデータを提供しています。

参考
Chainlink and Solana Integration: High-Speed Price Oracle Data for Better DeFi Applications