【墨汁速報】約135億円相当のイーサリアム(ETH)やトークンが盗難 ハーモニー(ONE)のブリッジがハッキングを受ける

イーサリアムと同じスマートコントラクトを使えるEVM経済圏のハーモニー(Harmoney)は、イーサリアムからETHをブリッジする「ホライゾンブリッジ(Horizon Bridge)」がハッキングされたと発表。

約135億円相当の被害となっており、イーサリアム上のビットコイン(WBTC)やステーブルコインのUSDCやUSDT、AAVEなどの複数のトークンが盗まれた。

関連記事:【墨汁速報】約104億円のハッキング DeFiプロジェクト”Fei Protocol”が被害を受ける

ハーモニー(ONE)のブリッジコントラクトがハッキング

EVM経済圏と呼ばれるイーサリアムと同じスマートコントラクトを利用できるハーモニー(Harmoney)の公式によると、主な被害は下記の通り。

  • 13100ETH
  • 592WBTC
  • 4120万USDC
  • 998万USDT
  • 607万DAI
  • 553万BUSD
  • 11万FXS(Frax Finance)
  • 41.5万SUSHI(Sushiswap)
  • 990AAVE(Aave)
  • 562万FRAX(Frax Finance)
  • 8462万AAG

ハッカーはビットコインやステーブルコインをロンダリング

ハーモニーの発表よると、ハッカーのアドレスは0x0d043128146654C7683Fbf30ac98D7B2285DeD00となっており、24日9:03AM時点では85837ETHを保有している。

ハッカーの送金履歴を分析すると、990AAVE以外のビットコインやステーブルコインを0x9E91ae672E7f7330Fc6B9bAb9C259BD94Cd08715に送金しており、すでにイーサリアム上の分散取引所ユニスワップ(Uniswap)で売却し、ETHを購入している。

ハッキングが行われたのは約12時間前で、ETH以外のトークンやステーブルコインはすでに約3時間かけてロンダリングをされ、ハッカーは被害額の大半をETHで保有している状態だ。

ステーブルコインなどの凍結

この理由としてドルと1:1の価値を持つステーブルコインは、発行元がハッカーのアドレスをブラックリストに入れて凍結することができるため、資金を退避させたと見られる。

またWBTCのようなUSDCやUSDTと同じ発行元を持つイーサリアム上のビットコインも、このようなハッキング報告で凍結される可能性があるため、即座に売却したと見られる。

このハッキング被害により、ハーモニー(ONE)上で発行されているETHやステーブルコインは価値の裏付けを失うことになるため、直接のハッキング被害を受けていないユーザーも資産を失ったことになる。セルシウスや3ACなどのデフォルト危機のある下落相場だが、ハッキング被害にも引き続き注意が必要だ。

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】仮想通貨ヘッジファンド3ACにより迫る連鎖倒産の危機 スリーアローズキャピタルの損失が膨らむ
【墨汁速報】イーサリアム(ETH)暴落で2018年仮想通貨バブルの最高値をドル建てで下回る
【墨汁速報】仮想通貨ヘッジファンド3ACにより迫る連鎖倒産の危機 スリーアローズキャピタルの損失が膨らむ

▼墨汁サロンでは投資家向けにDeFiやイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
イーサリアムをさらに拡張するL2とは?ArbitrumなどのRollupが有力な理由
仮想通貨ニュース
イーサリアムをさらに拡張するL2とは?ArbitrumなどのRollupが有力な理由
イーサリアムは年末から来年初旬にかけてイーサリアム2.0への完全移行となる「The Merge」を控えており、DeFi(分散型金融)やNFTなども含め最も使用されている仮想通貨といえるでしょう。 本稿ではイーサリアム2.0のさらに先のイーサリアムを拡張するL2(レイヤー2)について詳しく解説します。