アニモカ・ブランズ子会社ら「AFF三菱電機カップ」のNFT発行を発表 

スポーツマーケティングを手掛けるスポルトファイブ(SPORTFIVE)と香港のブロックチェーン企業であるアニモカ・ブランズ(Animoca Brands)の子会社ビー・メディア(Be Media)が11月3日、東南アジアサッカー選手権大会「2022 AFF三菱電機カップ」のための初のNFTコレクション「オンサイド(Onside)」を共同で発売することを発表した。

ポリゴンブロックチェーン上でNFTを発行

「2022 AFF三菱電機カップ」は、12月20日から2023年1月16日まで開催される。今回の提携で発行されるNFTはポリゴンブロックチェーン上で行われる。

NFTは、OnsideCollection.comで発売されます。またオンサイドは大会以降の公式NFTのホームとなり、ファンはスタイリッシュなマスクや大会の象徴的な試合の瞬間などのデジタル製品を所有することができます。 さらにオンサイドは、リワードや実体験の提供へと拡大する予定だ。例えば、ピッチへのアクセス権や試合後の記者会見への参加権、アニモカ・ブランズのエコシステム内でのデジタルゲームやリワードなどを提供するという。

新たなレベルのファンエンゲージメントと体験をもたらすだろう

スポルトファイブのロベルト・ミュラー・ヴァン・バルテュロス(Robert Müller von Vultejus)氏は、「我々は、アニモカ・ブランズおよびビー・メディアと提携し、このエキサイティングなプロジェクトを共同で立ち上げ、地域におけるファンエンゲージメントの経験をさらに次のレベルに引き上げることができることを楽しみにしている」と語っている。また、同氏は、「AFF三菱電機カップは、東南アジアで非常に権威のあるサッカー大会だ。我々は、ファンがブロックチェーン技術を使用して試合やヒーローに近づくことができるように、イベントやそれ以降でファンに所有権の機会を提供できることを非常にうれしく思っている。これはスポルトファイブにとって重要な注力分野であり、近い将来の発展にとても期待している」とも述べている。

アニモカ・ブランズのヤット・シウ(Yat Siu)共同創業者兼エグゼクティブチェアマンは、「スポルトファイブ、およびASEANサッカー連盟と協力して、エキサイティングなデジタルコレクティブルを提供できることを非常にうれしく思う」と語っている。また「NFTとリッチなデジタル体験を通じてより深いレベルの体験をもたらすことで、世界のサッカーファンはこれまで以上にサッカーを身近に感じ、美しいゲームへの情熱を表現する新しい方法を生み出すことができる」と述べた。

参考
SPORTFIVE partners with Be Media and Animoca Brands to launch first NFT digital collectibles for ASEAN football

【こんな記事も読まれています】
2032年までにNFTの復活でコレクション・マ-ケットは1兆ドル規模に成長
【墨汁速報】香港規制当局ビットコインETF承認の可能性を示唆 規制緩和の公開専門協議会を発足
メタバースプロジェクト取引高80%減少もNFT販売数は微減、ダップレーダーがレポート発表

おすすめの記事
仮想通貨からの脱却を目指すロシア、CBDC取引への手数料設定と試験運用を準備中
仮想通貨ニュース
仮想通貨からの脱却を目指すロシア、CBDC取引への手数料設定と試験運用を準備中
中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)の開発に特に注力しているロシアですが、CBDCを利用した取引に手数料を付与することが検討されています。ただし、通常の電信送金などよりも非常に小さな額となり、その使いやすさから仮想通貨に依存している現状を脱却することが期待されています。
【墨汁速報】破産の仮想通貨ヘッジファンド3ACの資産凍結 スリーアローズの創業者は雲隠れ
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】破産の仮想通貨ヘッジファンド3ACの資産凍結 スリーアローズの創業者は雲隠れ
米ニューヨーク破産裁判所の連邦裁判官は、7月4日に米国で破産申請をした仮想通貨ヘッジファンドの”スリーアローズキャピタル(Three Arrows Capital)”通称3ACが所有する残りの資産を凍結。現地時間火曜に行われた法廷審問で緊急動議として許可をしたという。
ビットコイン(BTC)先物基準価格が1年ぶりの底値に!市場価格には今後プラスの影響か?
仮想通貨ニュース
ビットコイン(BTC)先物基準価格が1年ぶりの底値に!市場価格には今後プラスの影響か?
現在は市場価格にあまり変化がなく、停滞気味に見えるビットコイン(BTC)ですが、その裏で先物市場における基準価格は一年ぶりの底値を迎えようとしています。前例もいくつかあり、その際は共に回復傾向に変わるとプラスの影響がありましたが、今回はどのような結果となるのでしょうか。