メタバースプロジェクト取引高80%減少もNFT販売数は微減、ダップレーダーがレポート発表

分散型アプリケーション(DApps)やNFTなどの分析を行っているダップレーダー(DappRadar)は10月20日、最近のメタバースの需要の変化に関するレポートを公表した。

メタバースの土地価格は3Qに大きく下落

今回のレポートでは、2022年第3四半期におけるメタバースプロジェクトの取引高や販売数についても調べている。トップ10のメタバースプロジェクトの第3四半期の取引高は前四半期と比較して平均で約80%減少、一方で販売数は平均で11.55%減少したことが明らかになった。同社はこの調査結果について、「原因は関心の低下ではなく、仮想通貨の価値の下落がメタバース関連のプロジェクトの全体的な取引量に影響を及ぼしていた」とコメントした。

また土地の価格変動については、メタバースプロジェクトの1つであるアザーサイド(Otherside)の土地の最低価格が、9月30日段階で1.62ETH(約39万円)と、5月末から66.60%下落した。サンドボックス(The Sandbox)とディセットラランド(Decentraland)の土地最低価格も5月1日からそれぞれ41.44%(約35万円)、56.05%(約34万円)下落した。しかし、ザ・サンドボックスのETH価格を見ると、実際には2.90%上昇していた。

政府がブロックチェーンやメタバースを採用する例も

今回のレポートでは、資金調達額についての調査結果も公表している。資金調達額では、2022年の現時点まで、ブロックチェーンゲームとメタバースプロジェクトは約70億ドル(約1兆円)を調達しているという。第3四半期の資金調達額は、今年で最も低い数字だったとしても12億ドル(約1,800億円)に到達する見込み。

さらに第3四半期に行われた投資先の内訳は、ブロックチェーンゲームとメタバースプロジェクトが最も多く、合計で38.5%の資金を獲得している。他の投資先としては、インフラ関連が33.5%、投資会社が22.9%、残りの5%はメディアとNFTだ。

また同社は、第3四半期の特長の一つとして、複数のブランドがブロックチェーンやメタバースを採用したことを挙げている。ウォルト・ディズニーのスタートアップ支援プログラムである「ディズニー・アクセラレーター・プログラム」に今年は、ポリゴン(Polygon)やNFTのARソーシャルメディアアプリのフリックプレイ(Flickplay)、スタートアップ企業のロッカーバース(Lockerverse)といったWeb3企業3社などが選ばれた。

その他にもチケット販売会社のチケットマスター(Ticketmaster)、アメリカのスーパーマーケットチェーンであるウォルマート(Walmart)、自動車メーカーのフォード(Ford)などもブロックチェーンやメタバース参入準備を進めている。またダップレーダーは同レポートのなかで、「政府がブロックチェーンやメタバースを採用する例も見られており、特にアジア経済圏での採用が目立つ」という見解を示した。

参考
Metaverse Report #2: Demand for Metaverse Remains Amidst Crypto Turmoil

【こんな記事も読まれています】
web3に進出するゲーム開発会社ホーマが約147億円の資金調達に成功
Web3は2030年には12兆円規模にまで拡大、市場の見通しと課題
ゲーマーの約半数が「NFT聞いたことある」、それでも保有は3%

おすすめの記事
【墨汁速報】バイデン大統領ロシアの仮想通貨利用に対策か コインベースがロシアユーザーをブロック
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】バイデン大統領ロシアの仮想通貨利用に対策か コインベースがロシアユーザーをブロック
Bloombergへのリークによるとバイデン大統領はロシアが仮想通貨を利用して経済制裁を逃れる可能性から、仮想通貨規制の変更を行う大統領命令に今週署名をするという。また米コインベースはロシアに紐づくユーザーのアクセスとウォレットをブロックしたと発表した。
仮想通貨禁止から規制に変更したインド、違反者には超高額の罰金予定
仮想通貨ニュース
仮想通貨禁止から規制に変更したインド、違反者には超高額の罰金予定
インド政府は仮想通貨の規制に関する閣議決定書の公表を行いました。これまで仮想通貨を禁止する方向で進んでいた中、政府としてはブロックチェーン技術の発展などの面から規制する考えに至ったようです。しかし、違反者には1年以上の懲罰や最大3億円以上にもなる罰金を科すことが予定されています。