ウォレット

ウォレットとは、仮想通貨を保管するいわゆる銀行口座のようなものです。このウォレットは仮想通貨ごとに異なるウォレットを作成する必要があります。
ウォレットにはまず、オンラインとオフラインという分け方ができます。オンラインは、デスクトップ型、web型、モバイル型という分け方をすることができます。

オンライン型は、オフライン型に比べて利便性が高いという特徴があります。デスクトップ型は自身のPCにソフトウェアをインストールし、ローカルな環境で仮想通貨を管理することが可能です。しかし、自身のコンピュータが故障すると取り出せなくなってしまいます。

web型では、サービス提供者がウォレットを管理し、使用者はどのデバイスからでもアクセスすることができます。しかし、サービス提供側がハッキングされたり問題が起こると自身のウォレットにまで被害が及んでしまいます。モバイル型では、スマホ内にアプリをダウンロードすることによって使うことができます。QRコードが利用できるので実際に店舗で利用するのに便利です。

一方、オフラインはペーパー型とハードウェア型に分けることができます。オフライン型はオンライン型に比べ、セキュリティが堅いという点で優れています。ペーパー型はその名の通り、紙媒体で保管することができるので最も安全といえますが、実際に仮想通貨を使用するのにはあまり向いていません。

ハードウェア型は、専用の端末に仮想通貨を保管する方法です。PCとつなぐことによってデータを補完することができますが、故障すると取り出せなくなってしまうのが難点です。以上のように様々なウォレットがあります。オンライン型が一般的に有名ですが、自身の使用用途によって使うウォレットを変える必要がありそうです。

ウォレットのニュース一覧

ウォレットに関する最新ニュースやコラムなどを掲載しています
Segwitアドレス、ERCトークンにも対応!マルチカレンシーウォレット「Edge Wallet」の紹介

Segwitアドレス、ERCトークンにも対応!マルチカレンシーウォレット「Edg...

普段の少額使いにおすすめのマルチカレンシーモバイルウォレット「Edge Wallet」の紹介。AirbitzがリブランディングしたウォレットですがUIは抜群。筆者の平野氏も愛用するEdge Walletの特徴や今後期待する点を解説します。
ビットコインキャッシュウォレット「Yenom(エノム)」は、日常使い・少額決済に特化したシンプル設計

ビットコインキャッシュのウォレット「Yenom(エノム)」は日常使い・少額決済に...

3月末に開催されたサトシズビジョンカンファレンスのブースで出展していたビットコインキャッシュ専用のウォレットYenom(エノム)の紹介。日常使い、少額決済に特化したシンプルなアプリ。わかりやすい、使いやすいが故の使用時の注意点を解説します。
コールドウォレットとホットウォレットの違いとは?初心者でもわかりやすく解説

コールドウォレットとホットウォレットの違いとは?初心者でもわかりやすく解説

約一ヶ月ほど前に起きたコインチェック社のNEM(XEM)不正流出事件で焦点となったのは取引所によるウォレットの管理でした。今回は仮想通貨のウォレットのうち、ホットウォレットとコールドウォレットについてボリ平さんがわかりやすく解説します。

仮想通貨の保管に適しているのは?

ビットコインを始めとした仮想通貨のウォレットには色んな種類があります。トレザーやレッジャーは有名なハードウェアウォレットですが、最強なのはクリプトスティールとの併せ技。おさらいも兼ねて読んでみましょう。

BreadのICOから考えるウォレット事業のビジネスモデル

今回は人気のウォレットアプリbreadのICOから、ウォレットサービスを提供する会社のビジネスモデルの問題や業界の未来について考えてみましょう。

無料で送金できるFintechサービスが広まった時、ビットコインはどうなるのか

ビットコインは元々送金が安く、早くできるといわれていましたが、最近のフィンテックサービスを見ていると、暗号通貨以外でより無料で瞬時に送金ができるサービスが登場しています。これらのサービスが広まった時、ビットコインはどのようなニーズにこたえていくことになるのでしょうか?

94億円分のビットコインがハッキングで盗まれる

マイニングをする人たちに利用されていたナイスハッシュから大量のビットコインが盗まれた。

ビットコインのハードフォークで注意すべき3つのポイント

最近ビットコインハードフォークのブームが起きている状況が見受けられます。保有者からするとただでもらえておいしいわけですが、気を付けなければいけない点もあります。
アルトコインウォレット比較 後編

アルトコイン・ウォレット比較!それぞれの特徴を覗いてみよう 前編

今回はひろぴーが各アルトコインのウォレットについて比べてみています。どれもパソコンで使う公式のウォレットなので、実際の利用シーンで使うことは少ないかもしれませんが、各特長がよく分かります。
ビットコインの送金方法と所要時間をやさしく解説!

ビットコインの送金方法と所要時間をやさしく解説!

ビットコインを送るにはどうすればよいのだろうか。今回はある取引所から別の取引所にビットコインを送る場合を例にボリ平さんが①どのくらいの時間で送金できるか②どうやって送金するかの二つを解説。
ビットコインウォレットの仕組み

ビットコインウォレットの仕組み

ビットコインのアドレスや秘密鍵っていったい何?という初心者の方向けにウォレットの仕組みを解説します。プライベートキーは絶対に人に見せてはいけない、送受信するときはアドレスを使うなど・・・
1分でできる!ビットコインウォレットのバックアップの取り方

1分でできる!ビットコインウォレットのバックアップの取り方

ビットコインのウォレットは用意したけど復元フレーズをメモしていない人は要注意!後で後悔してもビットコインは戻ってきません。今回はスマホウォレットのバックアップの取り方を紹介します。
仮想通貨ウォレット

ビットコインウォレットは必要?

ビットコインを保有するために必要なウォレット。ビットコインを送り合う際の専用のお財布というとわかりやすい。しかし取引所で口座開設した人の中にはウォレットの存在を知らない人もいる。このウォレットは果たして本当に必要なのか?ウォレットの種類やそのメリット・デメリットをボリ平氏が解説します。
アルトコイン用のおすすめウォレット

アルトコイン用のおすすめウォレット

最近アルトコインを入手したものの、実はどのウォレットに入れればいいのか分からない!そんなビギナーのためのウォレット解説。イーサリアムやネム、ライトコインやドージコインなどおすすめのウォレットをお教えします。
ビットコインを保管するためのウォレット解説

ビットコインを保管するためのウォレット解説

ビットコインを安全に保管しておくために使う「ウォレット」ですが、初心者におすすめのウォレットにはどのようなものがあるのでしょう?どんな種類があってそれぞれどんな場面で使うのがよいのかをやさしく解説します。
取引所のハッキングから仮想通貨を守る一番簡単な方法

取引所のハッキングから仮想通貨を守る一番簡単な方法:ウォレット活用

海外では毎年どこかで起きているビットコイン取引所のハッキング。日本で起きているMt.GOXの事件を覚えいている人もいるはず。自分のビットコインをハッカーに取られてしまうリスクを抑えるために、初心者でも簡単にできる方法を紹介。

ウォレットとは、仮想通貨を保管するいわゆる銀行口座のようなものです。このウォレットは仮想通貨ごとに異なるウォレットを作成する必要があります。
ウォレットにはまず、オンラインとオフラインという分け方ができます。オンラインは、デスクトップ型、web型、モバイル型という分け方をすることができます。

オンライン型は、オフライン型に比べて利便性が高いという特徴があります。デスクトップ型は自身のPCにソフトウェアをインストールし、ローカルな環境で仮想通貨を管理することが可能です。しかし、自身のコンピュータが故障すると取り出せなくなってしまいます。

web型では、サービス提供者がウォレットを管理し、使用者はどのデバイスからでもアクセスすることができます。しかし、サービス提供側がハッキングされたり問題が起こると自身のウォレットにまで被害が及んでしまいます。モバイル型では、スマホ内にアプリをダウンロードすることによって使うことができます。QRコードが利用できるので実際に店舗で利用するのに便利です。

一方、オフラインはペーパー型とハードウェア型に分けることができます。オフライン型はオンライン型に比べ、セキュリティが堅いという点で優れています。ペーパー型はその名の通り、紙媒体で保管することができるので最も安全といえますが、実際に仮想通貨を使用するのにはあまり向いていません。

ハードウェア型は、専用の端末に仮想通貨を保管する方法です。PCとつなぐことによってデータを補完することができますが、故障すると取り出せなくなってしまうのが難点です。以上のように様々なウォレットがあります。オンライン型が一般的に有名ですが、自身の使用用途によって使うウォレットを変える必要がありそうです。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@