【墨汁速報】破産危機のジェネシス 仮想通貨取引所の顧客資産1206億円を凍結か

ビットコインビリオネアとして知られるウィンクルボス兄弟の仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)が提供するレンディングプロダクトの「ジェミニ・アーン(Gemini Earn)」は、提携先のジェネシストレーディング(Gemesis Trading)がFTX破産の影響で出金を停止したことで顧客資産が約3週間凍結された状態となっている。

リークによるとジェネシストレーディングはジェミニの顧客資産となる約9億ドル(約1206億円)相当の仮想通貨を預かっており、引出しができない状況だという。

関連記事:【墨汁速報】仮想通貨最大手ブローカレッジ「ジェネシス」破産の可能性を警告 FTX破産の連鎖倒産か?

ジェミニの顧客資産1206億円が凍結か

フェイスブック(メタ)のマーク・ザッカーバーグとの訴訟後、ビットコインへ投資を行ってビリオネアとなったとして知られるウィンクルボス兄弟(=テイラー&キャメロン・ウィンクルボス)。彼らが2015年にローンチした仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)は破産したFTXと同様の高金利レンディングプロダクト「ジェミニ・アーン(Gemini Earn)」を提供しており、FTX破産による影響で資金凍結されている状態となっている。

というのもジェミニ・アーンはユーザーから預けられたビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を提携先であるジェネシス・トレーディングに貸付ており、FTXグループ破産後の2022年11月16日に同社のレンディングユニットは新規ローン及び引出しの停止を発表。

リーク情報によるとジェネシス・トレーディングはジェミニの顧客資産約9億ドル(約1206億円)相当の仮想通貨を預かっているという。同社は株主に対して資金調達に苦戦していると述べており、チャプターイレブンの申請による破産の可能性を警告している状態だ。

関連記事:【墨汁速報】FTXグループが破産申請 4社を除くグループ約130社が再建手続きへ

ジェネシスの破産危機による連鎖倒産の可能性

ジェネシストレーディングは1.75億ドル(235億円)の資金が破産したFTXに凍結状態となっていると11日に発表しており、その後FTXグループは破産を発表した。この破産を受けて新規ローンと出金を停止したジェネシス・トレーディングは破産を避けるために資金調達目標を10億ドル(1343億円)としていたものの苦戦しており、半額となる5億ドル(671億円)としている。

さらに債権者達は破産を防ぐために「再建弁護士」を雇用しており、親会社となるDCG(デジタル・カレンシー・グループ)と奔走している。一方で約1206億円という巨額の顧客資金が凍結されているジェミニは新たに債権者委員会を組成、凍結された仮想通貨を取り戻そうとしているという。

FTX破産の影響はさらに続くか?

世界最大手仮想通貨ファンドのグレースケール(Gray Scale)の親会社でもあるDCGは20億ドル、日本円で2686億円もの支払い債務があり、うち2283億円は2つのローンを介して子会社であるジェネシス・トレーディングが有しているという。

さらに今回のFTX破産の大本の原因となった仮想通貨ヘッジファンドのスリー・アローズ・キャピタル(=3AC)の破産により2022年7月に11億ドル、日本円で1477億円もの損失を負っている。FTX破産から仮想通貨業界全体での資金調達が困難となっており、破産した企業を買収する動きが強くなっていることからもDCGのような最大手でも資金難に苦戦しているということだろう。

ジェネシス・トレーディングは既に破産の可能性を株主に伝えていることから、最悪のケースでは小規模仮想通貨取引所と言えるウィンクルボス兄弟のジェミニの連鎖倒産、さらにはウィンクルボス兄弟への損失につながる可能性が浮上しており、今最も注意しなければいけない仮想通貨業界の動向と言えるだろう。

関連記事:FTXの破産はどこまで仮想通貨に影響する?連鎖倒産の経緯と今後

▼墨汁サロンでは投資家向けに知られていないDeFiやNFTのセキュリティ対策、イーサリアム2.0の仕組みや技術、マージ対応の32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
2022年第二四半期にはイーサリアム(ETH)の価格が約100万円に?著名アナリストが予測
仮想通貨ニュース
2022年第二四半期にはイーサリアム(ETH)の価格が約100万円に?著名アナリストが予測
ビットコイン(BTC)よりも大幅なリターンや成長が期待されているイーサリアム(ETH)ですが、DeFiやメタバースのさらなる普及によって成長を続けると、2022年第二四半期には現価格から2倍の9,000ドル(約102万9,500円)に到達すると、とある著名なアナリストは推測しています。
イーサリアムベルリンのETHへの影響は? 同期できないバグの原因
テクノロジー
イーサリアムベルリンのETHへの影響は? 同期できないバグの原因
イーサリアムは2021年初の大型アップデート「ベルリンハードフォーク」を実装。この実装では、イーサリアムクライアントOpenEthereum(元Parity)に不具合があり、一部サービスに影響が出ました。本稿ではベルリンアップデートのトラブルとETHにどのような影響があるのかについて解説します。
ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設・新規登録の方法、入金などの使い方や評判を解説!
仮想通貨取引所
ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設・新規登録の方法、入金などの使い方や評判を解説!
日本の暗号資産(仮想通貨)取引所の中でも知名度が高いbitFlyer(ビットフライヤー)。そんなビットフライヤーの口座開設方法の流れやアプリの使い方、お得なキャンペーン情報をまとめて紹介します!初心者でも分かりやすいよう、実際の画面画像を使いながら1つ1つ解説していきます。
【墨汁速報】バイナンスがFTX買収を断念か? ビットコインはドル建てで2022年最安値更新
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】バイナンスがFTX買収を断念か? ビットコインはドル建てで2022年最安値更新
流動性危機に直面していた世界最大手仮想通貨取引所のFTXを救済目的で買収するとしていたバイナンスがデューデリジェンス後に難色を示しているという。米規制当局は原因となったサム・バンクマン・フリード氏の投資会社であるアラメダリサーチとFTXとの関係性を調査しているという。