2017年12月の締めくくり、リップルは1年間で約300倍の上げ幅を見せました。
昨年の5月以降、なかなか上がらなかった相場に一度火が付くと、こんな感じになるのかと驚きを隠せません。

1月1日から11日までのリップル相場動向について解説します。

XRPがついにここまで上昇


出所:コインチェック Tradeview(XRP/JPY)日足チャート1月4日

2018年スタートからリップル上昇、ちなみに仮想通貨市場は、土日祝日、もちろん”お正月”も関係なく相場が動きますので”休日感ゼロ”

元旦のリップル価格


出所:コインチェックのウィジェットとスマホアプリ

新年スタート、コインチェック銘柄全体的に好発進です。リップルは241円スタート。
翌日1月2日には250円に到達し、エンジンがかかってきました。

リップル250円到達


1月3日リップル289円、「リップル300円」が見えて来ました。この2日間で資産的には100万円も増えています。

リップル300円超え!


1月4日早朝、ついにリップルが「300円」を超えました。

そろそろガラると思っていたらまだまだ上昇しそうです。しかしここまで来ると上昇のスピードが速すぎますね・・・コインチェックの資産が1000万円を超えました。

リップル400円!


おなじく1月4日夜、ついにリップル価格が「400円」に到達。

400円の達成感の売りのあと、相場は徐々に下落。1月8日に中国マイニング規制、コインマーケットキャップによる韓国レートの排除があり、仮想通貨全体が暴落。特に韓国マネーが多いリップルにとっては大打撃となりました。

ついにリップル暴落↓


出所:コインチェック Tradeview(XRP/JPY)日足チャート1月11日
最高値400円から考えると、半額近い価格まで下落しています。

リップル相場のポイント

チャート的には、ここをフィボナッチの61.8%または半値戻しと考えると、そろそろ上がってきてもよさそうな雰囲気です。

これまでの通り、相場は行きつくところまで行った後は、急落の覚悟が必要です。ですから下落の分を差し引いて考えると”上がるときはどんどん上がってほしい”のです。くれぐれも最高値時の「みなし資産」を自分の基準値にしないようにしましょう。

また、「現物取引」なので相場が急落しても慌てて売る必要はありません。それよりも余裕資金があればナンピン(買い増し)や塩漬けでいいと思います。ここは「レバレッジ取引」とは感覚が違うところです。

ふたたび200円台から!


10日後(1月11日)気が付けば、リップルはだいたいお正月の時の価格に戻っています。

ちなみにリップルは下落しても売らずにガチホします。(これでも十分すぎるくらい利益が乗っているので)

そして、リップルのポジションはそのままに、別の銘柄も買い始めました。(さて何でしょう?)
資産の入れ替えも行ったので、ここからはリップルだけで変動しなくなりました。これについては、また別の機会に書きたいと思います。

リップル価格・相場・チャートはこちら

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアム2.0初の大型アップデート”アルタイル(Altair)”の実装が無事成功
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアム2.0初の大型アップデート”アルタイル(Altair)”の実装が無事成功
イーサリアム2.0のBeacon ChainメインネットがEpoch74240を迎え、初となる大型アップデート「アルタイル」ハードフォークが実装された。テストネットでは8月に既にテスト実装されており、メインネットでの実装予定が10月27日前後となっていた。詳細を解説します。
【墨汁速報】モルガン・スタンレー ビットコイン投資を富裕層へ提供するとリーク
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】モルガン・スタンレー ビットコイン投資を富裕層へ提供するとリーク
モルガン・スタンレーは、富裕層クライアントへビットコイン投資を行うことができるビットコインファンドへのアクセスを提供するという。JPモルガンの間接的な仮想通貨への投資を行うバスケット取引に対し、モルガン・スタンレーは米投資銀行として初となる富裕層へのビットコインへの投資を提供することになる。
【墨汁速報】イーサリアムステーキング10万アカウント突破 イーサリアムの今後に貢献する理由とは?
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアムステーキング10万アカウント突破 イーサリアムの今後に貢献する理由とは?
イーサリアムのステーキング数は320万ETH(約4,700億円)を超え、イーサリアム2.0上でアクティベート(正式登録)されたバリデータ数は記念すべき10万を超えた。バリデータ数の増加は今後のイーサリアム2.0の次の開発となる「フェイズ1」のセキュリティを確保する重要な指標となる。
【墨汁速報】Fantom(FTM)やYearn(YFI)の創設者Andre氏 DeFiや仮想通貨の開発から離れることを発表
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】Fantom(FTM)やYearn(YFI)の創設者Andre氏 DeFiや仮想通貨の開発から離れることを発表
イーサリアムで莫大な人気を誇るDeFiのアグリゲーターYearn Finance(YFI)や、DAGベースのイーサリアムEVMを実装したFantom(FTM)で有名なAndre Cronje氏がDeFiや仮想通貨の開発を離れることを発表。このAndre氏の発表を受けてYFIは最大で約13%、FTMは約7%の下落となっている。