アマゾンがついに仮想通貨とNFTに本格参入か?

テクノロジーおよびEコマース界の巨人アマゾン(Amazon)が、暗号資産(仮想通貨)業界での地歩固めに動き出したようです。仮想通貨ニュース・メディアを運営するブロックワークス(Blockworks)の報道によると、アマゾンは2023年春にNFT(非代替性トークン)プラットフォームをローンチする予定だということです。

アマゾンの参入はまずはNFTゲームからか

アマゾンはNFTプラットフォームをサポートするため、すでに10を超える仮想通貨プロジェクトと提携したとも伝えています。これが事実なら、2021年のピークから減速傾向にあるNFT市場が、再び活況を呈するようになる可能性があります。

アマゾンは手始めにNFTゲーミングに参入し、プラットフォームを通じてプレイヤーに独自のNFTアイテムを提供する計画のようです。

アマゾンはすでにPrimeサービスを通して、ビデオゲーム・プラットフォームにアクセスを提供するなどしていました。今後はNFTを提供することで、新規特典や報酬によりユーザー数を増やすことになるでしょう。

NFTプラットフォームは現在開発中であり、アマゾンウェブサービス(AWS)ではなくアマゾン公式サイトからリリースされると見られています。詳細については4月に発表される可能性がありますが、今のところアマゾンからの正式な声明はありません。

アマゾンの本気度は?

すでにメタやツイッターは、ユーザーとデジタル資産とをつなぐサービスを展開しています。ほかにもアマゾンと競合するイーベイ(e-Bay)は、NFTマーケットプレイスのノウンオリジン(KnownOrigin)を買収するなど、新規分野での主導権獲得に力を入れています。さらにイーベイは大規模なプラットフォームを展開するため、より多くの顧客をとり込もうとしています。そのため今後アマゾンが同様の買収に動く可能性は十分にあります。

2週間ほど前アマゾンは、アバランチ(Avalanche)ブロックチェーンを提供するアバ・ラボ(Ava Labs)との提携を発表して業界を驚かせました。この提携により、アバ・ラボに関わる数千という企業がAWSのネットワークにアクセスできるようになりました。

この発表時にAWSのスタートアップ支援部門責任者のハワード・リング(Howard Wring)氏は、「この先Web3とブロックチェーンは我々にとって必須のものになる。それがいつ主流になるのかは予測できないが、我々はこれまでの進歩をこの目で見てきた。今後さらに進歩が加速する業界に、我々が参入できることを喜ばしく思う」と述べています。

参考
Amazon NFT Initiative Coming Soon: Exclusive

【こんな記事も読まれています】
ビットコイン急伸で2万ドル台回復、金融政策によっては再度下落の可能性も?
次世代Web3ゲームプラットフォームがポリゴンらから約15億円の資金調達に成功
ダップレーダーがフロー(Flow)エコシステムに関する2022年のパフォーマンスの分析結果発表

おすすめの記事
【墨汁速報】破産した仮想通貨レンディング”セルシウス” 600億円規模のstETHを引出し開始
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】破産した仮想通貨レンディング”セルシウス” 600億円規模のstETHを引出し開始
2022年の仮想通貨長期下落トレンドの連鎖倒産で破産し、再生を目的としたチャプターイレブン中の仮想通貨レンディング企業”セルシウス(Celsius)”が運用していたイーサリアム(ETH)の引出しを開始した。これらの運用されていたETHは流動性ステーキングプロジェクトのライド(Lido)ファイナンスを介して行われており、約24万ETHが既にセルシウスによって引出しリクエストされている。
【墨汁速報】Fantom(FTM)やYearn(YFI)の創設者Andre氏 DeFiや仮想通貨の開発から離れることを発表
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】Fantom(FTM)やYearn(YFI)の創設者Andre氏 DeFiや仮想通貨の開発から離れることを発表
イーサリアムで莫大な人気を誇るDeFiのアグリゲーターYearn Finance(YFI)や、DAGベースのイーサリアムEVMを実装したFantom(FTM)で有名なAndre Cronje氏がDeFiや仮想通貨の開発を離れることを発表。このAndre氏の発表を受けてYFIは最大で約13%、FTMは約7%の下落となっている。