ブロックチェーンゲームの2022年資金調達は約9900億円、ダップレーダーがレポート公開

分散型アプリケーション(DApps)やNFTなどの分析を行っているダップレーダー(DappRadar)は1月26日、ブロックチェーンゲームのレポートを公開した。

消費者と企業の両方がブロックチェーンを継続的に採用

同レポートによると、2022年の分散型アプリケーション業界は、ユニークアクティブウォレット(UAW)の数が大幅に増加している。2021年の1日平均UAW数は158万だったが、2022年には50%増の237万となった。このことから、同社は、「消費者と企業の両方がブロックチェーンを継続的に採用し、投資家からの支援も増えていることが、業界の回復力を高めている」という見解を示した。

また同レポートによると、ブロックチェーンゲーム業界においては、ブロックチェーンゲーミング分野のUAW数は今年60%増加し、1日平均115万UAWに達した。ゲームは、1日のブロックチェーンアクティビティ全体の49%を占めているという。さらに、オンチェーンゲーム取引は74億に達しており、2021年から37%、2020年からは3,260%の増加となった。

「ブロックチェーンゲームへの2022年の調達資本総額は約9,900億円」

また、同レポートでは、ムーブ・トゥ・アーン(M2E)アプリについても触れている。2021年12月下旬にローンチした「ステップン(STEPN)」は、2022年9月に月間ユーザー300万人を記録した。第3四半期から第4四半期にかけて月間アクティブユーザーが54%減少したが、カタールのFIFAワールドカップ2022に合わせて「世界各地:スニーカー強化スペシャル(around the world: sneaker enhancement special)」というアプリ内イベントを立ち上げていた。ダップレーダーは、ほかにも、オライブエックス(OliveX)が発表した「ダストランドランナー(Dustland Runner)」や、仮想ペットゲーム「ゲノペット(Genopets)」をM2Eゲームの成功例として挙げている。

ブロックチェーンゲームは投資対象として人気が高まっており、2022年の調達資本総額は76億ドル(約9,900億円)に達した。ダップレーダーは、このような状況に対して、「ベンチャーキャピタルやブロックチェーン業界の大手企業がブロックチェーンゲームに投資していることから、この業界が将来的に大きく成長することは明らかだ」と述べている。

参考
Amazon NFT Initiative Coming Soon: Exclusive

【こんな記事も読まれています】
ビットコイン急伸で2万ドル台回復、金融政策によっては再度下落の可能性も?
次世代Web3ゲームプラットフォームがポリゴンらから約15億円の資金調達に成功
ダップレーダーがフロー(Flow)エコシステムに関する2022年のパフォーマンスの分析結果発表

おすすめの記事
ビットポイント(BITPOINT)の口座開設・登録方法、キャンペーン・手数料・評判などを解説!
仮想通貨取引所
ビットポイント(BITPOINT)の口座開設・登録方法、キャンペーン・手数料・評判などを解説!
ビットポイント(BITPOINT)の口座開設方法を1から説明します。暗号資産(仮想通貨)取引を始めようと思っている初心者に向けて、1から丁寧に解説します。ビットポイント(BITPOINT)で口座開設を考えているなら、このページを読めば全て分かります!お得なキャンペーン情報もお届けします。
【墨汁速報】イーサリアムマイニング終了のThe Mergeを延期しない方向で合意 EIP-4488の導入を開発者が議論
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアムマイニング終了のThe Mergeを延期しない方向で合意 EIP-4488の導入を開発者が議論
イーサリアムは12月10日夜にコアデベロッパー会議を開催し、現在の非常に高いガス代(手数料)の対処となるEIP-4488について話し合った。このコアデベロッパー会議ではRollupを採用したArbitrumやOptimismを中心としたL2でのスケーリングでイーサリアムの手数料を下げることを優先するのか、マイニングを終了してイーサリアム2.0のPoSへ完全移行するThe Mergeとどちらを優先するかについて議論を行った。
【墨汁速報】破産裁判所が仮想通貨レンディング「ブロックファイ」の再建に向けた売却オークション計画を認可
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】破産裁判所が仮想通貨レンディング「ブロックファイ」の再建に向けた売却オークション計画を認可
米破産裁判所は、2022年11月に破産してチャプターイレブンで再建中の仮想通貨レンディング企業最大手ブロックファイ(BlockFi)が買収先を探すための入札を開始するための申立てを許可。破産裁判所の許可が降りたことでブロックファイは2023年中旬に向けて再建を目的とした自身の売却オークション手続きを開始することになる。